菅官房長官 望月。 【望月記者問題】立民・杉尾「出来る限り事実に基づいて質問しようとしてる」⇒ 菅官房長官「事実誤認のまま断定的に言い放っている」(国会動画)

菅官房長官の「あなたに答える必要はない」発言について解説…根本的に勘違いをしている望月衣塑子記者

菅官房長官 望月

ついにプロの記者たちの堪忍袋の緒が切れた。 毎日新聞記者の秋山信一記者は、「桜を見る会」に関して菅官房長官に厳しい質問をぶつけ、多くの記事を書いてきた人物だ。 その彼でさえも、「望月衣塑子記者による「官房長官と番記者によって記者会見から排除された」とのツィートは、まったくのデマであり、削除すべき」と毎日新聞のオンライン紙面で怒りの猛反論を行った!しかも、この望月記者は自分のTwitterでの発言なのに「会社を通してくれ!」などと逃げるだけでなく、東京新聞はまるで怪しい健康商品のように「個人の見解です」と逃亡している。 どうしようもない記者と新聞社だ。 そして、他の記者やリベラル知識人ですら、秋山記者を応援し、望月記者を批判する動きまで出てきた。 ついに、望月氏が記者でもなんでもなく、デマを拡散する左翼ブロガーでしかないことがプロによって実証されつつあるわけだ。 秋山記者は、菅官房長官がもっとも嫌がる男!その彼は望月記者の何をデマと指摘したのか 今回、望月記者のデマを批判し、東京新聞にも突撃取材を仕掛けた秋山記者とはいったいどういう人物なのか。 彼は他の記者と「桜を見る会」に関して菅官房長官に厳しい質問をぶつけ、「追及ブラザーズ」と言われるほどだったという。 ( ) 複数の記者やジャーナリストが、秋山記者の質問に関しては、望月記者の時と違い、「菅官房長官は本気で嫌な顔をしていた」と語るほど鋭い質問であった。 望月記者がデマとしつこいだけのピコピコハンマーならば、秋山記者は居合抜きというわけだ。 一方で、秋山記者は徴用工問題では、安倍政権の主張を全面的に肯定しつつ、日韓関係改善を求めるなど、バランス感覚があることでも知られている。 ( ) その秋山記者が激怒し、オンラインの紙面で批判したのは、次の投稿だった。 先週 に抗議して以降、3回連続で指されず。 なんと番記者たちが「望月が手を挙げても指させない」と内々で決めたとの情報が届いた。 長官が他の記者を指名し続け時間切れとなり、 の発言を受けた幹事社が会見を打ち切れば、特定の記者を排除できる。 秋山記者の記事を見ながら、詳しく見てみよう。 秋山記者「望月衣塑子「氏」は、記者としての基本動作である裏取りもしていない」「菅官房長官は単に忙しいだけであり、望月記者は自分で欠席していたことも2回ある」と大批判! 2月6日、秋山記者は「 」という記事を配信した。 それによれば、望月記者は、菅官房長官によって質問できなくされていると主張するが、これは「新型コロナウイルスの感染拡大や「桜を見る会」に関する質問が急増したうえ、菅氏の通常国会での拘束時間が長くなって会見に割ける時間が限られ」て時間がなくなっただけだと秋山記者は指摘する。 つまり、望月記者の「意図的に質問できなくさせている」との主張は、まったくのデマだというのだ。 しかも、アゴラ編集長の新田哲史氏が指摘しているが、秋山記者は「会見に頻繁に参加する東京新聞の望月衣塑子 氏」と「記者」を付けていない。 ジャーナリストに値しない望月記者の無能さとデマへの怒りが伝わってくる。 ( ) また、秋山記者は、番記者たちが質問させないようにしているとの望月記者による珍説を全否定した。 それも「 事実に基づかない情報を発信した。 内閣記者会側に望月氏からの事実確認はなかった。 記者としての基本動作を怠ったまま発信したようだ。 」とボロクソに論評し、「 メディアの世界にいる者として情けない。 」とまで断言した。 しかも、望月記者は、そもそも官房長官記者会見にオブザーバー参加の資格であり、これを正規資格の参加にするような手続きを記者クラブにとっておらず、菅官房長官に時間の余裕があった記者会見を二度も欠席しているとも暴露した。 要するに望月記者はマッチポンプの上に、自分が勝手に欠席したくせに、その分質問させろと騒いでいたのだ。 満州事変もびっくりの所業だ。 望月記者、東京新聞は逃亡!江川紹子氏や他の記者たちも秋山記者に同調!一方、東京新聞労組はデマかどうかは優先順位が低いと珍説! 秋山記者によれば、望月記者に投稿の削除を強く要望したという。 しかし、望月記者は、「会社を通してくれ」と逃亡しつつ、以下の軌道修正した投稿を行ったという。 「内々で決めた」との情報だったが、実際は、私の抗議以降 側が激怒し、番記者が指名を促しづらい状況に追い込まれているようだ。 本日の午前は報道室長が「次が最後」と私の手前で打ち切り。 「いいですか」と確認する幹事に「あります」と言ってみたが、そのまま終了。 また、東京新聞側も秋山記者の抗議と取材に対し、「個人の投稿だ」と逃亡したのである。 こうしたプロの記者の追及に対し、政権に批判的な江川紹子氏や記者たちから同調する動きが広がっている。 まさに望月記者はプロ失格なのである。 悪者にされたメディアの側からの反論。 記者の事実に反する主張を冷徹に追及。 これはプロの仕事です。 「望月記者は指させない」…事実に反するツイート拡散 菅長官会見巡る異常事態 — 毎日新聞 — 澤田克己『反日韓国という幻想』2月15日発売 SawadaKatsumi 実は私も詳しい事情を知っているわけではありません。 その上で、一番怖いと思うのは「望月記者の言うことなら間違いない」とか「齊藤が言うんだからそうなのだろう」などと、中身を精査せずに信じてしまうことだと思います。 秋山はとても鋭い記者です。 望月さんのツイートが不正確だったことを(続く) — 齊藤信宏 nobusaitoh 着実に狭まるジャーナリストによる立場を超えた、望月包囲網に東京新聞労組が焦ったのか、またもや珍説を投稿する。 本当におつむが心配になる望月氏だ。 一番大事なのは 「望月記者のツイート内容の 事実誤認の有無」ではなく 「官邸の記者会見のあり方」であり 「内閣記者会が政権に対峙する姿勢」 がどうなのか、です。 つまり、東京新聞は嘘でもデマでも反政権なら許されると主張しているのだ。 ついに自分たちがデマ製造機であると自白したに等しい。 これに対しては、別の記者などから呆れる声が多数寄せられた。 恐ろしいことを発信しておられる。 事実誤認があれば官邸の会見のあり方を問う主張そのものが力を失う。 会見のあり方を追及するためには一つ一つの根拠が事実でなければならない。 秋山記者はそれを問うてる。 新聞社の中の人が事実誤認かどうかは関係ないとか言うこと自体がちょっと信じられない。 もっとも菅官房長官に厳しい毎日新聞記者、そして、他の新聞記者や江川紹子氏からも「記者失格」と認定された望月記者。 もはや望月記者は、デマ製造機でド素人でしかないと業界で認められたのだから、さっさと東京新聞を辞職し、「いそこのブログ」管理人に転職されてはいかが?.

次の

東京新聞の望月衣塑子記者、ドキュメント映画が好評で菅官房長官の選挙区から出馬が現実味|日刊サイゾー

菅官房長官 望月

望月 そうですね、その後、第2次安倍政権になり「安倍一強」となりましたが、「官邸の一存」の強さが悪い方に加速していると思うんです。 加計学園問題の資料を出すか出さないか、森友学園の8億円値引きの経緯についての行政文書を出すか出さないかも「官邸の一存」次第。 権力の中枢部でいったい何が起きているのかという疑問がすごく湧いてきました。 望月 おまけに私が取材していた武器輸出を巡って、経産省、財務省の役人を呼びつけていろいろ指示していたのが和泉(洋人)補佐官。 加計学園問題でもキーパーソンとして名前が挙がって驚きました。 ここもつながりますか、と。 これだけ何も答えてもらえないと、質問していても嫌になりませんか? 望月 「問題ない」以外言えないのかな? って思いますけどね(笑)。 番記者の方たちは2年半以上取材している方も多いそうなので、「菅話法」に慣れと諦めがあるのかもしれません。 私は「菅話法」のことをまったく知らずに飛び込んでいったので、その強みはあったのかな。 そもそも部外者なので、怖さを知らない(笑)。 ここは重要だったと思います。 その後、だんだん怖さがわかってきて、杉田さん(和博・内閣官房副長官/内閣人事局長)もいろいろ聞くと怖いですね。 「問題ない」「私の担当ではない」と言い続けるしかないし、本当は答えられるようなことも「何か言ってはマズい」と防御反応が働くから同じ答弁を繰り返すしかないのかもしれません。 この前、TBS『あさチャン!』で菅さんが「国会で総理が説明した通り」「国会でお答えした通り」と同じ内容の答えを同じ日の記者会見で計10回も繰り返していたと放送していました。 それが望月さんの空気を読まない質問でわかりました。 一方、今は首相に記者が直接取材する「ぶら下がり」がないんですよね。 望月 8月3日の内閣改造発表後の記者会見でも、決まった社しか指していないと思います。 安倍さんが加計学園の疑惑に対して、記者の取材に直接答えるのが一番理想ですけど、官邸は、安倍総理を何が何でも護ろうと必死ですから、そうはならないでしょうね。 だから、ある意味、菅さんが一番大変だと思います。 総理の疑惑の矢面に立ち、答え続けなければいけないので。 望月 ないですよね。 私たちがノックできる扉はそこしかないんですから。 菅さんは菅さんで、自分の役回りを充分理解されていると思います。 私も周りから「いつまでやるんですか?」と聞かれますが、しんどい時もありますが、疑惑が尽きない限り、他の人が質問をぶつけないのならば、私が行かざるを得ない。 行かなくなったら行かなくなったで、「何かあったのか?」「消されたのか?」と思われてしまうでしょうし(笑)。

次の

菅義偉

菅官房長官 望月

来歴 [ ] 生い立ち [ ] 秋ノ宮村(後の、現、)中央部旧国道沿いに家があったに長男として生まれる。 現住所は神奈川県1丁目。 家族は父、母、姉2人、弟1人。 父、は末期、職員として当時の首都だったでを迎えた。 引き揚げ後、郷里の秋ノ宮で農耕に従事。 「秋の宮」のブランド化に成功して、秋の宮いちご生産出荷組合組合長や、雄勝町議会議員、湯沢市いちご生産集出荷組合組合長などを歴任し、に93歳で死去した。 母や叔父、叔母は元教員であり、2人の姉もとなった。 雄勝町立秋ノ宮小学校(現、)卒業後、雄勝町立秋ノ宮中学校(現、)に進学する。 中学卒業後は、自宅から最も近いに2時間かけて通学し、第3学年では進学組に所属した。 後に、「」から「特に目立った成績ではなく、姉が進学したを受験したが不合格となった」と報道されたが、の取材では菅本人は当時教員にだけはなりたくないと考えており、北海道教育大の受験はしていないと述べている。 父からへの進学を勧められたが断り、高校卒業後、で上京する。 「へ行けば何かが変わる」と夢を持ち上京したが、秋田時代と変わらぬ日々をので過ごし、現実の厳しさを痛感する。 上京から2年後、当時の中で一番学費が安かったという理由でへ進学する。 、大学を卒業し、建電設備株式会社(現、株式会社)に入社した。 横浜市会議員へ [ ] 、を志して相談した法政大学就職課の伝で、OB会事務局長から法政大学出身の第57代秘書を紹介され、で同じ派閥だったの秘書となる。 以後11年にわたり秘書を務めた [ ]。 、小此木の就任に伴い大臣秘書官を務める。 、の選挙に選挙区から出馬し、初当選。 その後市議を2期務めた。 横浜市政に大きな影響力を持っていた小此木の死後、当選回数わずか2回にも関わらず、小此木の事実上の代役として、秘書時代に培った政財官の人脈を活かして辣腕を振るい、市長から人事案などの相談を頻繁に受けるなど、「影の横浜市長」と呼ばれた。 衆議院議員へ [ ] と ウィキソースに の原文があります。 10月、への放送命令に定義されている放送事項に、「」という具体的な内容を加える方針を示した。 日本の33条には「国際放送等の実施の等」という項目があり、そこには「は、協会に対し、放送区域、放送事項その他必要な事項を指定して国際放送を行うべきことを命ずることができる」とある(12月の放送法改正で「命令」から「要請」に変更された)。 には、放送事項に「による日本人拉致問題に特に留意すること」を追加する命令をに出した。 一方で「は守らなければならない。 番組内容や放送回数を指示する訳ではない」とNHKに対して編集権の配慮も示した。 放送法44条には「編集権」に関して「放送番組の編集等」という項目があり、そこでは「NHKは、国際放送の放送番組の編集に当たっては、海外同胞に適切な慰安を与えるようにしなければならない」とある。 また、当時海外から放送していた、『』に対して、を交付し、日本国内からの放送に道を開いた(放送局の免許は全て本省決裁で、免許者は総務大臣)。 に発覚したでは、のを差し置き、総務大臣の菅が検証を担当した。 のと会談後、生田から総裁辞任の申し出があったことを発表した。 その後、後任の日本郵政公社総裁には、出身のが就任することが発表された。 なお、生田自身が政府に辞任を申し入れたことはない。 、の立ち上げに参加。 この議連は実質、ポストを選出するに、を擁立する原動力になった。 結果 [ ]、総裁選で安倍は勝利する。 同年9月に発足したでは当選わずか4回で(を兼務)に任命され、初入閣する。 同年12月、()の補職辞令を受けた。 、敗北を受けたでは、安倍は菅の(次善案として)起用を模索した [ ]が、直前に菅に事務所費問題が発覚して実現せず、に就任した。 菅は就任早々「私の仕事は首を切ること」と発言し、候補者の大幅な調整を示唆した [ ]。 同年9月、安倍の首相退陣に伴い行われたではを支持する宏池会の方針に反してを支持し、推薦人にも名前を連ねた。 の下で、選挙対策総局長を格上げしたにが就任すると、古賀に手腕を買われ、同副委員長として引続き衆院選対策にあたることになった。 古賀の配慮で選対総局長時代の部屋を選挙対策副委員長室として引き続き使用した [ ]。 発足後は麻生の側近として低にあえぐを支え、やら党内の反麻生派を硬軟取り混ぜた様々な手段で抑えた [ ]。 また、積極的な政策提言を行い、や発行、制限を唱えた [ ]。 7月、古賀が敗北の責任を取る形で辞任。 麻生の解散予告後だったこともあり、選対委員長代理として総選挙を取り仕切ることになる [ ]。 同年8月のでは、神奈川2区でのの猛追を受けるも548票の僅差で三村を破り、5選(三村は比例復活。 において、96年当選同期の大村や・と共にの推薦人になるとともに、宏池会を退会した。 、及び長代理に就任。 、長に就任。 4月、改正案の採決で、賛成する党の方針に反して反対した。 に先立ち、に呼びかけて安倍晋三の総裁復帰を画策し、麻生太郎を引き入れて安倍を返り咲きさせた。 同年9月、安倍の就任に伴い、に起用された。 同年12月のでは、三村をも許さずに破り6選。 官房長官へ [ ] マイケル・フロマンと 12月、の発足に伴い、に任命される。 、の考えにそぐわないとして、社長を就任わずか6か月で退任させ、顧問職からも解任した。 同年に発生したでは、の反対を押し切り、前例のないの派遣を行った。 5月、の局長人事を主導し、局長に内定していたに代わりを任命したとされる。 元のによると、局長人事を機にを統制下に置き「歴代官房長官の中でも屈指の情報収集能力」を持つようになったという。 同年7月、自らが出演した『』の放送内容について、放送後のNHKにを通じて間接的に圧力をかけたと報じられたが、事実や関与を否定した。 さらに、同年11月にはによる執行を安倍に進言した。 7月7日、内閣官房長官の在職期間が1,290日となり、歴代1位の在職日数を記録した。 、にて新元号を発表 4月1日、での記者会見にて同年より施行される新元号を 「新しい元号は『』であります」と発表した。 同年5月9日-11日、官房長官となってからは初となる訪問。 初日から、国防長官代行(直後にに指名)、10日にはと会談した。 との面会はなかったとはいえ、政権を動かしている実務畑の3人と会談できたことは異例の厚遇として報道されている。 ニューヨークへ移動してからは、、を訪問し、アメリカ経済界のトップらとの交流をもったほか、本部で開かれていたシンポジウムで基調演説も行った。 同年6月には菅に近い自民党無派閥議員13人による政策勉強会「令和の会」が発足、同月20日に菅を招いて初会合が開かれた。 政策 [ ]• に賛成。 の行使を禁じた政府のを見直すことに賛成。 について検討すべきでないとしている。 の新基準を満たしたは再開すべきとしている。 の創設に反対。 に選択的制度の導入を求める請願を出している。 一方、のアンケートでは、選択的夫婦別姓制度導入に反対、としている。 「私はの長男だが地方ではが衰退しており集約化が必要だ。 都市農業はなど税制で支援すべき。 日本は資源のない島国。 をつくるのが政治家の仕事だ」として日本の参加に賛成。 人物 [ ] 評価 [ ]• のとの合同世論調査によると、「第2次安倍晋三内閣で最も評価する閣僚」の1位となった (2位は )。 エピソード [ ]• 「安倍が最も信頼する側近の1人」とされ 、が閣僚のスキャンダルや問題発言などで混乱する中、存在感を増していった。 など19本の法案を成立させるとともに、の提唱や、における省内委員会の設置を行うなど、閣僚のスキャンダルが続出したにあって安定した存在感を発揮した。 2012年(平成24年)のに際しては早くから安倍擁立に動き、第2次安倍内閣では念願だった内閣官房長官に抜擢された。 菅の先輩に当たるが自民党に復党した際に、平沼のに関する賛同について評価した上で「自民党としてさまざまな問題の中で判断され、復党が認められたと思う」と述べた。 地元の事務所の車のは「548」。 これは、自民党に大逆風が吹いた2009年の総選挙の際に2位に548票差まで迫られ辛勝したことから、選挙の厳しさを忘れないため。 問題とされた閣僚へ高まる批判に対して、落ち着いた様子での対応から「安定のガースー」、鉄壁の危機管理から「鉄壁のガースー」という俗称もある。 ただし、学校法人「」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐる問題では「異常なほどに熱くなり、冷静さを欠いた」と『』に批判された。 元号「」を発表したため、1989年に元号「」を発表したになぞらえ、ネット上で「 令和おじさん」と呼ばれて人気となり、イベント「2019」にも参加した。 酒は飲まない(いわゆる)。 朝に身体を動かしたり、情報収集したり、様々な人を会ったりする「朝活」を日課としている。 は午前5時頃に起床し、柔軟運動や100回のの後、新聞朝刊各紙や『NHKニュースおはよう日本』で見たニュースを整理しながら、東京・のから40分ほどをしつつ、近くのホテルに向かう。 ここで、、ドリンクなど一汁一菜の軽いをとりつつ、政治家や官僚、企業人らと話して世間の動きなどを情報収集する。 外国人材の受け入れ拡大を図る改正に向け動いたのも、この場で介護業界の深刻な人手不足を聞いたことがきっかけであった。 2019年にアメリカを訪問した際にも、米国側の警護員を牽き連れる形で市内で日課の散歩を行った。 2019年11月27日の記者会見ではについて「一義的定義は定まっていない」と答えた。 交友関係 [ ]• 師と仰いだから「は自分たちの考えがあり、政治家に説明するとき、必ずそれを入れてくる。 おまえなんかすぐに騙される」と言われたことから、幅広い分野の有識者と交友関係を持って情報を収集するように務めているとされる。 第2次安倍内閣で内閣官房長官に就任した際には、梶山の墓前にも就任を報告した。 の支持母体の幹部と太いパイプがある。 の導入を巡り自民党が公明党と一時対立した際は、「これで参院選に責任が持てますか」とまくし立て、安倍首相に公明党の主張を受け入れるよう求め、軽減税率の導入を主導した。 時代にだったと頻繁に意見交換を行う。 竹中が株価を上げるためを利用することを提案すると、菅はの反対を押し切って即座に有識者会議を設置した。 竹中によると、なども菅の主導によるものではないかという。 社長のと交友があり、政策のため、沖縄でのテーマパーク展開を検討していた運営会社社長を、新浪から紹介された。 改革の際は、会長兼社長のから意見を聞いた。 であるサード・ポイントのと面会し、に関して意見交換を行った。 を2013年から4年間務めたとは毎月会食を行っていた。 秘書室長とは、李がを務めていた時代から関係を作り、大使離任後も電話で会談を行う。 性格 [ ]• によると、菅は自ら表に出ることは少なく、人と話すときもあまり喋らずに聞き役に徹するタイプであるという。 高校の同級生だった(現・秋田県)元町長のも、父・菅和三郎とは異なり、菅はあまり目立たない生徒で、自分の殻に閉じこもっているような印象を持っていたとする。 また菅自身、自らを地味で真面目な性格で、特にが苦手だという。 の定例において、に因んだ冗談はあったのかと記者に問われた際、「私は非常に堅物で、ユーモアのない、一つ一つ着実な発言ばかり」であるとした上で、官房長官の立場もあり嘘や冗談は控えていると答えている。 政治資金 [ ] 所有ビルの事務所費 [ ] 菅が代表を務める自民党支部と後援会が、いずれも菅本人の所有ビルに「主たる事務所」を置き、2005年分のに計約1956万円の事務所費を計上していたことが、2007年に報じられている。 によると、この報道により、第1次安倍内閣での官房長官就任が見送られたとされている。 総務大臣在任時の政治資金パーティー [ ] 第1次安倍内閣の総務大臣任期中に開催したパーティによる収入約3180万円が、に記載されていることが報じられている。 菅が代表を務める政党支部が、の補助金の交付決定を受けた横浜市の造園会社から2011年~2013年に計29万円のを受けていたことが明らかになったことが報じられている。 また、同支部は2014年の衆院選公示直前、国の公共工事を受注していた横浜市の業者から15万円の献金を受けていたと報じられた。 白紙領収書への後日金額記入 [ ] 他の国会議員の政治資金パーティーに参加した際の費用の領収書を白紙でもらい、事務所で金額を記入していた。 その理由について、「パーティー主催者の了解のもと、実際の日付、宛先、金額を正確に記載した」とし、「数百人規模の出席者全員の宛先と金額を書いてもらうと、受け付けが混乱する」と述べている。 を所管するは「領収書作成方法の規定はない。 主催者から了解を得ていれば法律上の問題は生じない」との見解を示している。 総務省の手引では受領者側が領収書に追記するのは不適当とされている。 、自民党は党所属の全ての国会議員に対し、領収書を出す際には金額など必要事項を事前に記載するよう、を行った。 所属団体、議員連盟 [ ]• (副会長)• (副会長)• (幹事長)• (顧問) 著書 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 週刊新潮2019年9月5日号. 2019年9月28日閲覧。 文春オンライン2019年3月29日. 2019年9月28日閲覧。 2020年4月14日閲覧。 「」2012年12月26日 [ ]• 神奈川県選挙管理委員会 2019年11月26日. 2019年12月2日閲覧。 2010年6月28日• P1、『』2015年10月号• 『安倍官邸の正体』()P168。 同書に「法政大学夜間部卒という噂があるが、これは間違いだ」との記述がある。 また、「影の権力者 内閣官房長官菅義偉」()p97にも、菅本人の発言として、昼(1部)に入学し卒業したと紹介している。 要証明• P2、SAPIO 2015年10月号• 「」 ニュース(2012年12月26日)2014年5月20日閲覧。 プレジデントオンライン. 2013年3月15日. 2014年1月13日閲覧。 『PRESIDENT』2014年4月14日号• 2017年7月22日閲覧。 「官房長官の実像」『』2015年4月26日(第4面)• 『』 2007年4月. 2009年7月4日閲覧。 『』 2007年7月19日. 2009年7月4日閲覧。 『総理』• 『読売新聞』2009年9月16日• 『』2012年4月13日• NHK政治マガジン. 日本放送協会 2019年11月27日. 2019年12月14日閲覧。 ZAKZAK. 2015年5月8日. 2015年5月9日閲覧。 「官房長官の実像」『』2015年4月26日(第4面)• 『日本経済新聞』2016年7月7日• 『中央日報』 2019年5月13日. 2019年5月20日閲覧。 - 産経新聞 2019年6月20日 、2019年6月21日閲覧。 - 『』 2019年6月20日 、2019年6月21日閲覧。 2014年4月20日閲覧。 第154回国会 - 衆議院 - 法務委員会 - 20号 平成14年07月30日• 『朝日新聞』、2014年衆院選、朝日・研究室共同調査、2014年。 『神奈川新聞』2011年10月30日]• 2014年5月19日. 2017年7月25日閲覧。 『読売新聞』2006年9月27日• 2007年3月2日. 2009年7月2日閲覧。 [ ]• プレジデントオンライン. 2013年12月19日. 2014年1月13日閲覧。 『』 2015年10月2日. 2015年10月2日閲覧。 2017年10月14日. 2017年10月19日閲覧。 広池慶一 2017年6月18日. 毎日新聞. l 2019年4月15日閲覧。 産経新聞. 2017年6月18日. 2017年9月30日閲覧。 2017年9月23日閲覧。 (『』2019年4月28日)• 『毎日新聞』朝刊別刷り・日曜くらぶ1面(2019年9月1日)2019年9月11日閲覧• 『日本経済新聞』 2019年5月13日. 2019年5月20日閲覧。 朝日新聞2019年11月27日• 女性自身2019年11月28日• 産経新聞. 2015年12月10日. 2019年12月8日閲覧。 産経新聞. 2015年12月19日. 2019年12月8日閲覧。 2016年4月2日• 『産経新聞』2016年4月2日• 『』2007年8月25日• 『』2007年8月26日• 2017年9月27日. 2017年10月2日閲覧。 『毎日新聞』2016年10月6日• 産経ニュース. 2016年10月12日. 2017年7月17日閲覧。 『日本経済新聞』. 2016年10月11日. 2017年7月17日閲覧。 2016年10月11日. 2017年7月17日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 sugawitter -• suga. yoshihide -• (「」が違反なのではないかという、菅によるNHK専務理事・板谷駿一への質問) 公職 先代: 第81・82・83代:2012年 - 次代: 現職 先代: 第7代:2006年 - 2007年 次代: 先代: 創設 () 初代:2006年 - 2007年 次代: 先代: と共同 2005年 - 2006年 次代: 先代: と共同 2002年 - 2003年 次代: 党職 先代: 第2代:2012年 次代: 先代: 第2代:2007年 次代:.

次の