先ほど はお 電話 ありがとう ご ざいました。 お電話いただきありがとうございます。はおかしい?いただくは謙譲語で...

電話は相手の時間に「割り込む」ということ。メール・電話の「あいさつ」の基本

先ほど はお 電話 ありがとう ご ざいました

ビジネスメールでは、特にかしこまった雰囲気を出したい時以外で「拝啓」や「敬具」といった頭語と結語は省くのマナーです。 冒頭の挨拶としては、社外の人に向けては「いつもお世話になっております」という言葉が一般的で基本でもあります。 初めての相手は「この度はお世話になります」 但し、初めてビジネスメールを送る相手に「いつもお世話になっております」という書き出しをすると不適切です。 そういった場合は「この度はお世話になります」「突然、メールをお送りして失礼いたします」「はじめまして」といった言葉を使うようにしましょう。 そして必ず、どこでメールアドレスを知ったのかをきちんと書くようにしましょう。 電話の後の挨拶は「先ほどはお電話にて失礼いたしました」 ビジネスメールにおける挨拶の基本は「いつもお世話になっております」ですが、それが電話の後に送るメールとなると挨拶のマナーは違ってきます。 そういった場合は、基本の挨拶の次に「先ほどはお電話にて失礼いたしました」という挨拶も入れてビジネスメールを始めるようにするのがマナーなのです。 電話の後に送るビジネスメールの例文 では実際に、電話の後に送るビジネスメールの例文を見ておきましょう。 上で述べたように「先ほどはお電話にて失礼いたしました」という言葉を使うようにします。 (自分の会社名と名前) 先ほどはお電話にて失礼いたしました。 表題の件について、下記の通りご連絡いたします。 ~~~~中略~~~~ ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 今後ともよろしくお願いいたします。 回りくどい時候の挨拶はビジネスメールに必要ない ビジネスメールは、その名の通りあくまで仕事でのやりとりを目的としたメールです。 そのため必要以上に丁寧な挨拶のメールや、相手を気遣うような内容はマナーとして必要ありません。 ビジネスメールでは端的で分かりやすいものが好まれるので、親しみを込めた表現などは控えましょう。 ビジネスメールで使える挨拶の言葉一覧 それでは最後に、マナーとしてビジネスメールで使える挨拶の言葉について見ておきましょう。 ビジネスメールは場面によって挨拶の言葉を変えるのが正しいマナー 今回はビジネスメールにおける正しい挨拶マナーについて見てきました。 最近は、ビジネスシーンでもメールでのやりとりをする機会が非常に増えました。 特に文頭にくる挨拶については、そのメールの印象を決める大切な部分なのでしっかりとマナーを弁えましょう。 例え顔を合わせていないとはいえ、挨拶は人と応対する時の基本のマナーです。 ビジネスメールにおいても挨拶をおざなりにしないように気を付けましょう。

次の

「お電話」は敬語?電話対応の際に使用可能な例文や英語表現を確認

先ほど はお 電話 ありがとう ご ざいました

言葉の定義と使い方をおさらい クライアントやお客様、上司などから連絡をもらった場合、よく使われるお礼の言葉として「ご連絡ありがとうございます」が知られています。 ビジネスメールや電話など、連絡手段を問わず利用できる便利な敬語表現です。 例えば、都合が良いタイミングで連絡をいただけるようにお願いしていた取引先の担当者から、実際に電話連絡を受けたときなどに使います。 電話や返信メールの冒頭で、自分の名前を名乗ったあとに「ご連絡ありがとうございます」と続けるスタイルが一般的です。 同様の意味を持つ表現として、「ご連絡いただきありがとうございます」や「ご連絡下さいましてありがとうございます」があり、代わりに利用することも可能です。 なお、さらに相手に対する敬意を表現するために、連絡をいただいたことに対するお礼の言葉を最後に添える場合もあります。 そのようなときには、「ご連絡ありがとうございました」といった過去形を用いるのが通例です。 会話やメールの最後をスマートな印象で締めくくることができるので重宝されています。 ビジネスメール等で使いやすい変化形 ビジネス上のメールや電話をやりとりする中で、「ご連絡ありがとうございます」を多少変化させた表現もよく使われています。 なぜならば、そのときの状況やタイミングなどに合わせて的確な言葉を付け加えることで、より気持ちが込められた敬語表現が完成するからです。 一般的な例として、以下のようなケースがよく見られますので、例文とともに確認していきましょう。 例文1:「お忙しい中ご連絡いただきまして、誠にありがとうございました」および「お忙しい中ご連絡ありがとうございます」 連絡を取りたい相手が頻繁に離席や外出をしており、とても忙しいことが推測される場合などに使用します。 相手の方が貴重な時間を割いてくれたことに対して、感謝の気持ちが強く伝えられる表現です。 例文2:「早速のご連絡、ありがとうございます」および「迅速なご連絡、ありがとうございます」 相手からの返信や回答が早くもらえたら助かるといった状況の中で、すぐに折り返しの電話や返信メールをもらったときに使用します。 例文3:「早朝にもかかわらず、ご連絡ありがとうございます」 勤務時間外に対応いただいたと予想されるときに使用します。 敬語「ご連絡」を正しく使うコツ 敬語表現を使っているときに、「ご連絡」か「連絡」か、いずれが正しい表現か判断しかねることはありませんか。 最も判断に迷いやすいケースは、自分が相手に対して連絡する場合に、接頭辞「ご」を付けて「ご連絡」とするか否かという点です。 以下、敬語表現「ご連絡」に関係する論点を整理していきます。 前章まででご紹介したとおり、相手から連絡をいただいたときにお礼を言う場合には、「ご連絡ありがとうございます」という表現で正解となります。 一方、その反対のケースで、自分から相手に連絡する場合はどうでしょうか。 例えば、取引先の担当者に対して、分かり次第速やかに連絡をする約束をしたと仮定します。 その際、自分が発する言葉としては、「分かり次第、速やかにご連絡いたします」とするのが正しい表現とされています。 ここで「連絡」ではなく「ご連絡」とする理由は、自分からの連絡を受ける相手側に対して敬意を表す必要があるからです。 つまり、連絡をする側か受ける側かにかかわらず、敬語表現を使う場合には、「ご連絡」を使用するのが基本だと覚えておけば問題ありません。 重宝する!「ご連絡」を含む定番表現 ビジネスマナーとして、定番の敬語表現をできるだけたくさん知っておくことも大切です。 「ご連絡ありがとうございます」以外にも、仕事上よく使われる「ご連絡」に関連する定番の言い回しを例文で紹介します。 例文1:「後ほどご連絡申し上げます」 自分から相手に対して、連絡を約束する謙譲表現です。 例文2:「ご連絡いただければ幸いです」 相手から自分に対して、返事や回答をお願いする柔らかい表現です。 例文3:「お手すきの際に、ご連絡いただけますようお願い申し上げます」 忙しい相手に対して、「都合が付くときに連絡してほしい」という意向を伝える丁寧な表現です。 例文4:「ご連絡が遅くなり、申し訳ございません」 上司やお客様などに対して、当初の予定よりも連絡するタイミングが遅れた場合に使うお詫びの表現です。 まとめ 状況に合わせて、上記で紹介した「ご連絡ありがとうございます」のバリエーションを使いこなすことで、相手に対して好印象を与えることができます。 気の利いたお礼の言葉をタイミング良く伝えられるよう、普段から使い慣れておくことも大切ですね。

次の

「ありがとう」への正しい返信は?失敗しない上司へのビジネスメール

先ほど はお 電話 ありがとう ご ざいました

ビジネスで「ご連絡いただきありがとうございます」と伝えることは多いでしょう。 ビジネスだからこそ、ちょっとした一言を忘れないようにしたいです。 いくつか例文をご紹介します。 ビジネスの場合、相手の忙しさや忙しそうな時間帯などにも配慮し、文の中に言葉を入れることで気持ちが伝わるでしょう。 連絡に対してのお礼の言葉と、連絡に対しての返事などを明確にできればきちんとした対応に繋がります。 お礼を伝えることで、感謝の気持ちと連絡を受け取ったという確認にもなります。 相手にも安心感を与えられるでしょう。 冒頭に使うことが多い文ですが、最後に使うこともあるでしょう。 文末に使う場合は「ご連絡いただきありがとうございました」に変えて締めくくると良いでしょう。 「ご連絡いただきありがとうございます」例文1 「ご連絡いただきありがとうございます」を上司に使う場合、どんな使い方があるのでしょう。 「ご連絡いただきありがとうございます」は敬語になっていますので、そのまま使っても失礼ではありません。 上司ですので、一言思いやりの言葉を付け加えるとさらに丁寧に感じられるでしょう。 朝早くの連絡なら「お忙しい中、ご連絡いただきありがとうございます。 」や、仕事終わりの時間帯の連絡なら「お疲れのところ、ご連絡いただきありがとうございます。 」など時間帯によって言葉を選ぶと良いでしょう。 折り返しで早い連絡なら「早速の」を付け加えると良いでしょう。 ほんの一言ですが、あるのと無いのではずいぶん印象が変わります。 その一言で、上司にもしっかりと伝わるでしょう。 連絡に対してお礼を伝えることは面倒だったり忘れがちでもあります。 しかし、確認の意味でも早めに連絡のお礼を伝えたいです。 すぐに電話に出られなかったり、連絡に気付くのが遅かったときなどもお詫びの言葉と共にお礼を伝えましょう。 あまりにも長い間返事が無いと、伝わっていなかったのではないかと相手に心配させてしまいます。 連絡をいただいたことに感謝して、一言付け加えるとさらに気持ちが伝わるでしょう。 相手も忙しい中、わざわざ連絡をしてくれたんだと感じると自然に言葉が出てきます。 日頃の何気ないやりとりではありますが、その小さな積み重ねによって信頼感系を築けたり、信用にも繋がります。 絆も強くなることでしょう。 小さな連絡にも「ご連絡いただきありがとうございます」と伝えられると良いでしょう。

次の