松平 忠輝 が 生まれ た の は 関ヶ原 の 戦い より 前 の こと で ある か か。 徳川秀忠と細川忠興との関係と関わりには?

【武断政治とは】わかりやすく解説!!文治政治になった理由&違い!

松平 忠輝 が 生まれ た の は 関ヶ原 の 戦い より 前 の こと で ある か か

【城名】 高田城 【高田城の説明】 新潟県上越市にある高田城は徳川家康の六男「松平忠輝」の居城であった。 越後はもともと上杉謙信の領地であり、その後の統治や加賀100万石の前田家への抑えの意味もあり徳川一族である「忠輝」が配された。 ちなみに「忠輝」の義父は独眼竜で有名な伊達政宗である。 高田藩75万石を領する大大名になった「忠輝」であったが父・徳川家康や2代将軍となる兄の徳川秀忠からは疎まれていたようである。 このことから大坂の陣では遅参したり、兄である嫡男秀忠の旗本といざこざを起こし惨殺してしまったりした。 様々な要因が重なったこともあり、家康の死後2代将軍秀忠によって改易されてりまう。 その後の高田藩には譜代大名の「酒井氏」「松平氏」「稲葉氏」「戸田氏」「榊原氏」と目まぐるしく城主が変わった。 最終的には「榊原氏」の統治時代に戊辰戦争が勃発し、城下に迫ってきた新政府軍を相手に譜代大名である高田藩は恭順する。 これを不満とした一部の藩士は脱藩し、奥羽戦線に加わることになる。 一方高田城は近くを流れる川を天然の堀とし、石垣は用いず専ら土塁を用いて築城された。 典型的な平城で本丸・二の丸・三の丸・北の丸からなる城であった。 天守はなく三重三階の三重櫓を天守として代用していた。 明治に入ると全国に廃城令が発令され、高田城も破却された。 現在の高田城は明治初期に消失してしまった三重櫓(代用天守)が復元されており、城跡公園として整備されている。 【高田城・場所・アクセス】 〒943-0835 新潟県上越市本城町6-1 【高田城地図】•

次の

松平信康

松平 忠輝 が 生まれ た の は 関ヶ原 の 戦い より 前 の こと で ある か か

目次 石田三成長女は山田隼人正勝重の正室 石田三成の長女は1578年頃に産まれたと推察されており、名前は残念ですが伝わっていません。 伝わっているのは 山田隼人正 やまだ はやとのかみ 山田隼人正勝重、山田勝重 の正室であったということです。 私がこのことを始めて知った時は、随分前ですが、当時は違和感がありました。 石田三成の娘ともなれば、名の知れた相手と結婚すると思っていた為、山田隼人正勝重さんを存じ上げず、このことを不思議に思っていました。 山田隼人正勝重とはどのような人物かというと、石田三成の 家臣、 山田上野介 こうずけのすけ の嫡男です。 山田上野介は、三成家臣団でお名前を拝見していましたので、聞いたことがありました。 ですが、石田三成の娘を娶る程の重臣だったかなと調べたところ、山田上野介の末裔の方曰く、太鼓丸を守っていた、位は番頭 ばんがしら であったそうです。 どうやら家臣100人の固まりのトップに当たる役割とのことです。 又、「年貢の取り立てについて三名の者に従いなさい」と書かれた石田三成の文書があり、 そこには、あの重臣・島左近と並んで山田上野介の名が書かれています。 このことから、物凄く位の高い人ではないけれど、年貢の取り立てを任せられる位信頼している家臣の嫡男ということになると思います。 少なくても、この戦国の世にあって、政略結婚ではなかったということになると思います。 娘の幸せを願い、幸せになれそうな相手と結婚をさせたのでしょうか。 佐和山城落城記 山田上野介の子孫宅から古文書が発見され本物と認められていて、 「佐和山城落城記」と名付けられています。 関ケ原の戦い後、石田三成の城である 佐和山城が 落城する時の様子を記録した文書です。 佐和山城落城記 山田家文書 によると、関ヶ原の戦い後、佐和山城が落城する時に、山田上野介 長女の岳父 は城と共に自害したそうです。 その際に、菩提を弔らう者が絶えてしまうからと山田上野から佐和山城脱出の 厳命を受けて、山田隼人正勝重 25歳 、妻である三成長女、嫡男の宇吉郎 うきちろう 5歳 は佐和山城を 脱出したそうです。 長女夫婦と松平忠輝 佐和山城落城後、三成の長女夫婦はどのように暮らしたのでしょうか。 敗軍の将の子供は大変なイメージがあるのではないでしょうか。 しかし、長女の夫・山田隼人正勝重は 徳川家康の六男である 松平忠輝 まつだいら ただてる の家臣になります。 1609年に松平忠輝の 重臣に起用され、1610年には山田隼人正に越後上田城領2万石を与えています。 何故、三成の娘婿である山田隼人正は、徳川家康の6男である松平忠輝に召し抱えられ、2万石もの知行を拝領することができたのでしょうか。 それは、松平忠輝の生母である 茶阿局 ちゃあのつぼね 於茶阿 の実兄が、 山田上野介 三成長女の岳父 であった為です。 茶阿局は三成長女の義理の叔母にあたります。 先に述べたように佐和山城が落城した時、山田隼人正、三成長女、嫡男の宇吉郎は逃げ延びます。 その際に助けてくれたのは、豊臣秀吉の正室・北政所付きの筆頭上臈で三成の遠戚でもあった孝蔵主 こうぞうす という女性です。 孝蔵主によって三成長女一家は、茶阿局のもとに送り届けられたそうです。 茶阿局が甥である山田隼人正を息子である松平忠輝の家老にして取り立ててくれましたので、三成長女夫婦は敗軍の将の子供であるにもかかわらず、徳川一門である松平家の重臣になりました。 そして、これは関ヶ原当時、三成と家康は遠戚関係であったことになります。 親戚という縁があるのに悲しいですが、親子でも戦う時代ですからね…。 また、もしかしたら政略結婚かもしれないとも思いました。 三成長女が結婚した時期は、はっきりわかりませんが、1592~1593年頃とする説があります。 茶阿局 長女の夫の叔母 と家康との子・松平忠輝が生まれたのは、1592年1月4日です。 丁度、三成長女夫婦が結婚した時期に、松平忠輝が生まれたことになります。 長女と山田隼人正の婚姻は、徳川家康と遠戚関係を持つための政略結婚ではという考えもあるかもしれませんが、三成長女が婚礼の儀を行ったと推察される1592~1593年頃は豊臣秀吉も存命でしたし、親戚といっても少し遠いなと思いました。 山田隼人正勝重と大坂の陣 徳川家と豊臣家の戦いである大坂の陣の時は、山田隼人正勝重はどのようにしていたのでしょうか。 松平忠輝の家臣なので当然徳川方かと思ったのですが…。 佐和山城落城記という山田家の記録に、「山田隼人正は大坂夏の陣で木村長門守 きむらながとのくに の軍に入って大坂城の大手門で戦死した」と豊臣方として参戦した記載があります。 豊臣方として参戦し亡くなったと書かれてあるのです。 何故かと思いましたが、実際とは異なるようですし、生きてもいますので謎です。 実際の大阪の陣はというと、大阪冬の陣では主君である松平忠輝は江戸城の留守番を徳川家康から命じられています。 山田隼人正勝重は病気を理由に参戦していませんが、松平忠輝、山田隼人正勝重共に家臣は 徳川方として参戦しています。 大阪夏の陣では、松平忠輝、山田隼人正勝重共に徳川家康から出陣を命じられ参戦しています。 しかし、大阪夏の陣の後、徳川家康に松平忠輝は勘当、 改易されてしまいます。 改易理由は諸説あります。 松平忠輝改易後の三成長女夫婦 松平忠輝の改易後、山田隼人正勝重は隠棲し、山田草山 そうざん と号したそうです。 拠り所を失った三成長女夫婦は、三成長女の妹 三女である辰姫 の縁で、弘前藩主・ 津軽家から150石を拝領し江戸で暮らします。 辰姫は三代目弘前藩主の生母になっていました。 ですが、三成長女は1655年5月17日江戸で亡くなったそうです。 三成長女夫婦の子供、子孫 その後、三成長女の子供、子孫はどうなったのか記載します。 三成長女夫婦の嫡男は医者になり、次男である山田武兵衛は富岡武兵衛 とみおか ぶへえ と改名し津軽家に仕えています。 次男は800石を得ていましたが、後の起こる津軽家のお家騒動の責任を取り、1648年に切腹させられてしまいます。 切腹を命じた藩主は、次男の従兄弟でした。 しかし津軽家は、1690年には高齢だった三男の山田彦兵衛 やまだ ひこべえ に700石知行を与え城代に起用します。 次男切腹後も、三成長女の山田家子孫は津軽家から 一門並みに厚遇されて 幕末を迎えたそうです。 この次男と津軽家のお家騒動の件はこちらの記事に記しています。 三成長女は名前すらわかりませんが、夫である山田隼人正勝重の足跡から三成長女を辿りました。 敗軍の将の息女の人生、意外にも家康の六男や大名・津軽家から厚遇され、子供にも恵まれて想像より幸せそうではないでしょうか。 また敗軍の将である石田三成の他にも、小西行長、宇喜多秀家、大谷吉継の子供も誰一人として殺されていませんので、当時の時代背景を考えると徳川家康の戦後処理は寛大であったということなのかもしれません。

次の

松平忠輝

松平 忠輝 が 生まれ た の は 関ヶ原 の 戦い より 前 の こと で ある か か

容貌が松平信康に似ていたからや、子供の頃から粗暴で家康から嫌われていたという話しはあります。 どこまで真実なのかは分かりせんが、松平忠輝は乱暴者であったのは間違いない様で家老達から松平忠輝は手に負えないと家康に直訴されていた様です。 この当時これは切腹覚悟の命を捨てる行為なのでよほど家老達は松平忠輝に手を焼いていた様です。 松平忠輝の石高加増が弟達よりも遅い理由として影響を及ぼした理由として娘婿の伊達政宗の存在が大きくあります。 虎視眈々と天下を狙い野心の塊の様な外様の伊達政宗が徳川家康の六男の娘婿の地位を利用して発言、影響力を増すのを徳川家康は快く思っていなかったのも松平忠輝が家康から遠ざけられた理由かと思います。 松平忠輝は大坂の陣で二代将軍秀忠の直臣を殺害、戦闘には消極的、朝廷に参内するのをすっぽかすなど他の兄弟たちと比べても著しく悪いです。 ちなみに高田城は娘婿の伊達政宗らに建てさせています。 これは天下普請と同じで伊達政宗の経済力を削ぐ意味合いもありました。 やはり徳川家康は先見の明があり松平忠輝の屈折した性格を見抜き大名の資格はないと判断していたのではないでしょうか。 ちにみに水戸の頼房は紀州頼宣と母親が同じの為に紀州頼房の分家扱いなので石高、家格も一段下なだけです。 これは家康がお家存続の為に長子相続制にも関係してくる事です。 また同じ例として越前松平忠直もいますが、こちらは大坂の陣で戦果を挙げていますがその後乱行、乱心三昧で家臣にも訴えられ、正室と嫡男も実家である徳川宗家、徳川秀忠の庇護下に入ります。 家康、秀忠共に身内に甘くすると他の大名に示しが付かない為に忠輝、忠直には厳罰をもってあたっています。 当時の大名は将軍の身内中の身内でも素行が悪いとクビになってしまう。 とさぞや恐れおののいたと同時に徳川幕府の私情を挟まない公平な処断に評価していたのではないでしょうか。 家康は、信康の母親で、家康の正室だった築山殿が関口氏で今川義元の妹の夫なので、家康は若いころ、今川家と関口家から色々と指図を受けて、嫌な思いをして、築山殿が死んだ(暗殺?)後は、名門の武家から側室をとらない事にしていました。 忠輝の正室五郎八(いろは)姫の父親は、伊達政宗で、政宗が、外戚という事で、家康や秀忠に色々口出ししてくることを嫌がっておりました。 家康は、この問題を政宗を倒すことで、解決しようとしましたが、秀忠は、大坂夏の陣の政宗配下の活躍を目の前で見ていた為に、家康の死後、自分の将軍の地位を一番脅かす忠輝を改易にして、政宗の従弟の最上氏を改易にすれば、政宗の天下への野望を削ぐことが出来て、何かあれば伊達家の兵力を動員できると考えていたのだと思います(まだまだ西国の大名がいた為、東国の大名を味方にしておきたかった)。 忠輝が初めて大名として取り立てられたのは 同母弟である 松千代 が夭逝し その遺領を受け継いでのこと。 つまり 同母弟である松千代の方が兄忠輝より早く大名になっていたんです。 そして弟が夭逝しなければ 忠輝はいつ大名となれたのか? 家康は 自分の子を好き嫌いで扱いにかなり差をつけていました。 次男である秀康が忌み嫌われたと言ってもよいほどの扱いを受けたことはよく知られています。 また後の御三家の祖と呼ばれる 義直、頼宣、頼房 の中でも 頼房は頼宣の付属品のような扱いをされ 水戸家は領地、石高の面で義直、頼宣より低くされた他 家康在世中は徳川姓を名乗ることを許されていませんでした。 さて 忠輝の話しに戻りますが 忠輝はその義直らの兄の兄になりますが 忠輝が川中島12万石の領主となったとき 弟である義直は甲斐25万石 頼宣は水戸25万石 を与えられていました。 同母弟の夭逝によって初めて大名となれたものの 別の(異母)弟より低い扱いだったわけです。 それから石高が増えていったのは 不当に?低い扱いをされた忠輝に対する扱いをよくしようと 生母茶阿局と義父政宗が家康に対して猛運動とも言えるような働きかけをしたためだと言われています。

次の