次期 エクストレイル。 【新型 エクストレイル リーク情報】フルモデルチェンジ!発売日、デザイン、サイズ、e

【新型 エクストレイル リーク情報】フルモデルチェンジ!発売日、デザイン、サイズ、e

次期 エクストレイル

日産のミッドサイズ・クロスオーバーSUV、『エクストレイル』(海外名:ローグ)次期型の特許画像がブラジル経済省から流出、スウェーデンのエージェント経由でその画像を入手した。 エクストレイルは、1997年の東京モーターショーで初公開された『トレイルランナー』を起源とし、2000年に初代「T30型」が発売。 2007年にフルモデルチェンジが執行され、第2世代へバトンタッチされた。 その後グリーンディーゼル車は2015年まで継続販売されるも、2013年には現行モデルとなる第3世代「T32型」が発売された。 海外では『ローグ』として人気を博している。 入手したエクストレイル新型のパテント(特許)画像からは、顕著なVモーショングリル、『ジューク』新型を彷彿させる鋭いヘッドライト、垂直型のコーナーエアインテーク、よりワイドな開口部を備えており、以前「Spyder7」スクープ班で制作した予想CGとかなり似たデザインが見てとれる。 サイドビューでは、エッジの効いたボディワーク、キックアップするベルトライン、流線型のルーフライン、お馴染みのDピラー処理も確認できる。 また後部では、新しい薄型テールライト、再設計されたスポイラーも見てとれる。 キャビン内の画像はないが、より大型のディスプレイ、自立型インフォテイメントシステムを搭載、ハイクオリティのスイッチ類などが予想される。 また「スノー」、「オフロード」、「ストリートドライブ」など少なくとも5つの異なるモードを搭載するという。 パワートレインは、最高出力191ps、最大トルク244Nmを発揮する2. 5リットル直列4気筒エンジンのほか、新世代パワートレイン「e-POWER」の搭載が濃厚だ。 現行エクストレイルの必要に応じてモーターがアシストするハイブリッドとは異なり、エンジンが発電した電気で駆動するシステムだ。 『セレナ』や『ノート』では1. 2リットルエンジンを搭載しているが、エクストレイルでは排気量アップや改良されたe-POWERの搭載が期待される。 発表は2020年夏以降と見ているが、コロナウィルスの影響のためデジタルワールドプレミアとなる可能性もあるだろう。 《Spyder7 編集部》.

次の

北米で公開された日産ローグ(次期エクストレイル)に、次期アウトランダーの姿が見え…た?

次期 エクストレイル

日産 新型 ジューク 2代目 インテリアについて インテリアには新しいステアリングホイール、デジタル液晶メーターに5インチまたは7インチディスプレイ、12. 3インチのフルデジタルメーターを設定。 更に10. 8インチのカラーヘッドアップディスプレイを採用した。 大きい最新インフォテインメントシステム採用。 インパネの上面にソフトパットを使用し高級感を高めた。 「NissanConnectインフォテインメントシステム」は、「Apple CarPlay」「Android Auto」対応した8インチまたは9インチタッチスクリーンディスプレイを採用。 センターコンソールにテレイン設定用の小さなシフターノブとロータリーセレクターや電動パーキングブレーキ&ホールドを採用。 エンジン エンジンラインナップにはe-POWERモデルを追加。 更に時期は遅れるがPHEV(プラグインハイブリッドEVシステム)モデルを追加する。 安全技術 先進安全技術には「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」をはじめとする 「セーフティシールド360」「プロパイロット」など搭載。 新型 エクストレイル e-POWER エンジンは「1. 2L 直4DOHC+モーター 」を搭載、、と同じ仕組みを採用し100kW 136ps モーターが駆動しエンジンは発電専用となる。 仕様を考えるにトヨタの「1. 2Lではあるが、モーター駆動のみであるため高いトルク性能があり余裕のある力強い走りが可能となり燃費も負けず、人気が出ることは間違えなさそうだ。 EV 電気自動車 +レンジエクステンダー付き「Pure Drive e-Power」について 今回は日産の強みを生かす形となり される EV 電気自動車 +レンジエクステンダー付き「Pure Drive e-Power」を採用する。 スペック 新型エクストレイル e-POWER 全長 4,640mm 全幅 1,820mm 全高 1,715mm ホイールベース 2,705mm エンジン 1. 2L 直3DOHC +モーター 型式:EM57 モーター最高出力 100kW(136ps) モーター最大トルク 320Nm(32. 夜間走行時にも動作。 衝突の可能性が高まるとメーター内ディスプレイへの警告表示とブザーで注意を喚起し、ドライバーに回避操作を促します。 万一、ドライバーが安全に減速できなかった場合には、ブレーキによる衝突回避操作をサポート、または衝突時の被害や傷害を軽減。 車両や歩行者の検知。 RCTA 後退時車両検知警報 後退時に後方を横切ろうとする車両に衝突する恐れがあるとき、警報によってドライバーに注意を促す。 インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム) 死角になりやすい隣接レーンの後側方を走行する車両を検知すると、ドライバーに表示で知らせ、さらに車線変更を開始した場合には、警報とともに車両をもとの車線内に戻すような力を発生し、隣接レーンの車両との接触を回避するようアシスト。 標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知) フロントカメラにより前方の「車両進入禁止標識」「最高速度標識」「一時停止標識」を検知。 メーター内ディスプレイへの警告表示とブザーでドライバーに伝える。 インテリジェント ルームミラー インテリジェント ルームミラーは、車両後方のカメラ映像をミラー面に映し出す。 インテリジェント アラウンドビューモニター 上空から見下ろしているかのような映像をディスプレイに映し出し、スムースな駐車をサポート。 プロパイロット 高速道路で負担を感じる二大シーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作をクルマがサポート。 新型 エクストレイル 自律走行技術 ProPILOT(プロパイロット)搭載 更に目玉となるのがに搭載される 自律走行技術 プロパイロット1. 0搭載今後より上のプロパイロット 2. 0搭載される。 徐々に機能が追加されていく。 Piloted Drive 1. 0 高速道路の単一のレーンを自律的に走行することが出来るのみである。 Piloted Drive 2. 0 2018年にはレーンチェンジや道路上の危険を判断しての回避も出来るようになる。 Piloted Drive 3. 0 2020年には市街の交差点を安全にナビゲート出来るようなるそうだ。 Piloted Drive 4. 0 無人運転を可能にする完全自動運転だ。 日本ではハイブリッドの販売台数が好調であり、ハイブリッド車が上位を占めている。 去日産が新車販売台数で1位を取ったのは約30年前となる1986年9月に発売した6代目「サニー」以来となる快挙である!!日産の社長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス ゴーン氏としても販売台数を伸ばす上でハイブリッド車にも力を入れる必要があるとし、三菱自動車の2012年12月26日から販売を開始したアウトランダーPHEVのプラグインハイブリッドEVシステムを採用したモデルを日産車でラインナップし販売台数を伸ばす流れとなった様子だ。 まずは同じクロスオーバーSUV 日産エクストレイルに採用する。 9kgm バッテリー リチュウムイオン電池 ハイブリッド JC08モード燃費 20. 三菱自のシステムを日産のスポーツ用多目的車(SUV)に搭載する。 年度内に技術移転に関わる契約を終え、早期の市場投入を目指す。 両社の提携効果の具体化第1弾となる。 今後数年をめどに、三菱自がSUV「アウトランダーPHEV」の次期モデルに使うPHVのシステムを、日産のSUVにも搭載する。 車種は、日産の主力SUV「エクストレイル」などが想定される。 提携する仏ルノーにも順次、PHV技術を拡大する。 日産は2010年に電気自動車(EV)の「リーフ」を発売し、EVに注力してきたが、普及に予想以上に時間がかかっている。 今秋、EV技術を生かして開発した主力小型車「ノート」のハイブリッド車(HV)を発売し、トヨタ自動車が優位に立つHV市場に本格参入。 エコカーの種類を増やす戦略にかじを切った。 日産のカルロス・ゴーン社長は、「アウトランダー」でPHV市場をリードしてきた三菱自の技術に強い関心を寄せてきた。 PHVでは、三菱自の技術を生かして当面の販売競争をしのぎ、日産本体の資源をEV開発に集中させる狙いもあるとみられる。 ゴーン氏がこだわる「年間世界販売1千万台」規模のグループとしてトヨタなどと競うには、エコカーの多角化は避けて通れない。 日米欧の先進国と新興国市場では売れ筋や環境規制が異なり、満遍なく車を売るにはEV一本やりでは立ち行かないからだ。 電池切れで走れなくなる心配がないPHVや、燃費のいいHVを組み合わせる戦略が不可欠になる。 三菱自は14日に臨時株主総会を開き、ゴーン氏が会長を務める新体制をスタートさせる。 新型 エクストレイル 発売を予告? 「NISSAN NEXT: From A to Z」と言う動画には12の新型車と思われる車種のシルエットが登場。 日産のこれから販売する車種を順番にシルエットと車種が出てくる。 日本で販売が期待される、「ARIYA」「KICKS」「NOTE」「X-TRAIL」「Z」などが登場する。 Nissan X-TRAIL 3代目T32型は2013年11月から北米で販売を開始、その後、2013年12月16日に 日本での販売開始した。 北米市場では二代目、日産ローグはエクストレイルとの兄弟車となり、型式もT32型に移行。 プラットフォームアーキテクチャについてもエクストレイル同様だ。 ルノーと共同開発したCMFプラットフォームを採用。 最新の日産の共通デザインである「Vモーション」とブーメラン型の LEDヘッドランプシグネチャーを採用リアのLEDリアコンビランプもブーメラン型となった。 その後、日本では新型エクストレイルハイブリッドを2015年5月13日から販売を開始している。 今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

次の

これが次期「エクストレイル」! 北米で新型「日産ローグ」がデビュー

次期 エクストレイル

日産 新型エクストレイルの販売価格を大胆予想 現行モデル同様に200万円台中盤~300万円代後半か エクストレイルが属する中型SUVクロスオーバーは、相変わらず各社こぞってライバルを投入している激戦区状態。 トヨタが満を持して投入したC-HRにはじまり、スバル フォレスター、マツダ CX-5、三菱 アウトランダー、さらに今春登場のニューモデルである三菱 エクリプスクロスと、強力なライバルが多い市場だ。 価格帯はいずれも200万円台中盤~300万円代後半に収められているので、新型エクストレイルも装備の追加などで若干の価格上昇は有りつつも、このラインを大きく外してくることはないだろう。 しかし、ここにe-POWER搭載車が追加されることで若干話が変わってくる。 そのため新型エクストレイルは、価格の上限が400万円に届くか、上回る可能性もある。 そのあたりの情報を踏まえ、現行販売されているライバル車種から、エクストレイルの価格を予想してみた。 ちなみに表でエクストレイル(現行)やCX-5の価格の上限が高いのは、装備充実の上級グレードや、福祉車両グレードが充実しているためだ。 メーカー 車種 価格 日産 エクストレイル(現行) 219. 8~384. 5万円 日産 エクストレイル(次期型) 240~410万円前後? トヨタ C-HR 251. 6~292. 9万円 マツダ CX-5 249. 5~352. 6万円 スバル フォレスター 241. 9~312. 9万円 三菱 アウトランダー 253. 8~328. Xmotion(クロスモーション)は内装に日本建築にインスパイアされたデザインや素材を多用しているのが特長で、これが海外向け車両のコンセプトであるといわれる所以だ。 しかし、より迫力を増したVモーション・グリル、現行型エクストレイルと似たデザインのテールランプなど、次期型への伏線となる要素は多い。 市販化にあたってどのようなデザインに落とし込んでくるか、今から期待したいところだ。 ボディサイズはどうなる? 次に新型エクストレイルのボディサイズを予想してみたい。 もっとも現行エクストレイルでも幅が1820mmあり、これ以上広げると国内ユーザーの抵抗が予想される。 何とか全幅を大きく変えず、この魅力的なデザインを再現してほしいものだ。 具体的には富士山をイメージしたレッドの内装や、日本建築における梁をイメージしたアームレストなど、その作り込みは正直、どこまで市販化に繋がるのか不安になるほど凝ったものだった。 近年はレクサス LSの内装に、折り紙に着想を得たトリムや切子細工がモチーフのオーナメントが採用されたが、これに似たアプローチとも言える。 しかしこれはあくまで最上級セダンの話。 若者メインで販売されるSUVにここまでの装備がつくかどうかは、懐疑的にならざるを得ない。 マツダがCX-8を発売したことで注目を集めつつある3列シートSUVだが、実はエクストレイルが先駆者だった。 新型エクストレイルにも3列シート車が設定されることに期待したい。 プロパイロット2. 矢沢永吉氏の登場したCMでも話題になった同一車線自動運転技術だ。 運転支援装備・事故防止技術への要望が高まる昨今、新型エクストレイルにも継承される。 さらにスカイラインに搭載の進化版プロパイロット2. 0採用も期待が高まる。 またライバルのマツダ CX-5がJNCAP自動車アセスメント試験で最高成績を収めていることもあり、衝突安全性能アップにも抜かりなく対処すると思われる。 アラウンドビューモニターなど、既存の人気装備もさらに進化 現行型エクストレイルに搭載されている先進安全装備はほかにもある。 障害物を検知して自動ブレーキを作動させるインテリジェント エマージェンシーブレーキや、駐車時に車両を俯瞰した様子をモニターに表示して接触を防ぐインテリジェント アラウンドビューモニターなどだ。 これらの装備も現行型で評価が高いので、性能面を更に磨き上げると見て間違いないだろう。 三菱自動車工業とアライアンスを組み、軽自動車の共同開発などを行っている日産だが、SUVにおいても協業があるとの噂が聞えてくる。 三菱も現行型アウトランダー/アウトランダーPHEVのデビューは2012年。 こちらもフルモデルチェンジ待ったなしの状況。 2019年、東京モーターショー2019などに出展されたコンセプトカー「MITSUBISHI ENGELBERG TOURER ミツビシエンゲルベルクツアラー 」が新型アウトランダーを示唆しているとも言われており、エクストレイルと同じく2020年中にも新型が発表される模様だ。 基本的なプラットフォームやパワートレインの共有もあるだろう。 したがって日産のe-Power技術やEV技術が盛り込まれたPHEV プラグインハイブリッド モデルとなるのは間違いない。 もちろんエクストレイルに投入される可能性も高そうだ。 2000年にデビューした本格派SUV エクストレイルは2000年に登場したSUVだ。 水に強い撥水シートやトランクルームの床下収納など、アウトドアスポーツを嗜むユーザーを意識した装備と宣伝で若者の人気を掴み、当時のSUVブームと相まって人気車種に躍り出る。 2007年、キープコンセプトでフルモデルチェンジした2代目はボディサイズを拡大。 さらに機能性も高め、エクストレイルのブランドを確固たる地位へと押し上げた。 また2代目ではクリーンディーゼルエンジン搭載車も登場している。 3度目のフルモデルチェンジで都会的な顔つきに 2度目のフルモデルチェンジで、アウトドアシーンでの便利な機能をそのままに、よりシティSUV寄りの都会的なデザインにシフト。 またパワートレインでは、クリーンディーゼルが廃止され、代わりにハイブリッド搭載グレードがラインナップに加わる。 また2015年のマイナーチェンジで現在のスタイルとなった。 ちなみに3代目からは、北米で日産 ローグという名前で販売されている。 エクストリームスポーツとコラボしたユニークなPRが話題に 過去のエクストレイルのPRを見ると、 したり、 してみたり、はたまた を行ったりとユニークなものが目立つ。 いずれもエクストレイルの走破性と、アウトドアシーンでのユーザビリティを伝えるためのもの。 メンバーにプロのスポーツ選手を起用しているものもあり、これだけでも見応えたっぷり。 このユニークな宣伝は、新型がデビューした後もぜひやってほしいところだ。 e-POWERは日産自動車が開発した次世代パワートレインの名称。 その正体は小排気量の1. 2リッターエンジンとモーター、バッテリーを組み合わせ、エンジンは発電のためだけに使用し、発電した電気で駆動するというもの。 電気自動車の航続距離の短さ、充電時間の長さというネガを克服しつつ、従来のハイブリッド車以上の低燃費を達成している。 電気駆動ゆえのトルクの大きさや、回生ブレーキのおかげでアクセルを緩めるだけでスムーズに減速ができ、加減速が容易な点も人気の理由。 これまでコンパクトカーのノート、ついでミニバンのセレナに搭載されており、次にどのモデルに搭載されるかに注目が集まっている。 e-POWER搭載車と非搭載車の燃費を比べてみる 参考までに現在販売されているノート、セレナで、それぞれe-POWER搭載車と非搭載車の燃費を比較してみた。 いずれの車種でも、e-POWER搭載によりカタログ燃費が向上しているのが判る。 車種 グレード JC08燃費 ノート 1. 2 e-POWER X 34. 2 X 23. 2 e-POWER X 26. 0 X 17. 2リッター直列4気筒エンジンにリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、基本的にはエンジンで駆動しつつ、必要に応じてモーターがアシストをするタイプのハイブリッドになる。 エンジン自体の排気量が大きいのに加え、エンジンへの依存度も高いので、必然的にe-POWER搭載車ほどの燃費の伸びは期待できない。 ここで参考までに、現行エクストレイルのハイブリッド車とガソリンエンジン車も比較してみたい。 車種 グレード 燃費 エクストレイル 2. 0 20X ハイブリッド 20. 0 20X 16. 0 20X ハイブリッド 4WD 20. 0 20X 4WD 15. ノート、セレナでそれぞれe-POWER搭載車の燃費が非搭載車に比べて1. もっともこれはe-POWERだけでどれだけ伸びるかの算段なので、ほかの環境技術を組み合わせることで、さらに燃費が向上する可能性も高い。 SUVというとどうしても燃費性能には多少目を瞑らないといけないイメージがあるが、エクストレイルのe-POWER搭載により、その風潮にも風穴が開くことに期待したい。 コンセプトカー Xmotion(クロスモーション)を動画でチェック.

次の