宮崎 県 緊急 事態 宣言。 休業要請、緩和の動き 「特定警戒」以外の県―緊急事態宣言:時事ドットコム

国の緊急事態宣言に際しての知事メッセージ(令和2年4月7日):宮崎県新型コロナウイルス感染症対策特設サイト

宮崎 県 緊急 事態 宣言

緊急事態宣言が全国で解除されてからきょうで1か月だが、宮崎市の繁華街には、まだ以前のようなにぎわいは戻っていない。 ニシタチを中心に7つの飲食店を運営する会社によると緊急事態宣言が出された4月上旬からおよそ1か月間の売り上げは去年の2割以下に落ち込んだ。 宣言は先月25日には全国で解除されたが売り上げは回復せず去年の2割から3割ほどで推移。 移動の自粛が全国で解除された今月19日以降はお客が目立って増えてきたというが、それでも今月の売り上げは去年の半分程度にとどまっている。 ニシタチの組合によると、最近のニシタチ全体の人出は以前の6割から7割程度まで回復しているものの接待を伴う飲食店などでは引き続き厳しい状況。 飲食店の運営会社・竹井倫世副社長のコメント。 新型コロナウイルスの新たな感染確認。 昨日は東京で54人など、全国で計105人となり、先月9日以来100人を超えた。 一方、厚生労働省が分析したところ、重症の患者数のピークは先月8日で、感染が確認された人数のピークの約1か月後だったことが分かった。 東京で感染が確認された54人のうち40人が20代~30代で、うち31人が夜の繁華街に関係する人だった。 緊急事態宣言が解除された後に東京で1日の感染の確認が50人以上となるのは2度目。 また昨日は埼玉県で16人など、全国で計105人の感染が発表された。 一方、厚生労働省は新型コロナウイルスをめぐる医療機関の今年4月と5月の状況について分析。 それによると、PCR検査で感染が確認された一日当たりの人数が最も多かったのは4月10日、入院患者数のピークは4月28日、重症の患者数のピークは5月8日。 重症患者のピークは、感染確認のピークの約1か月後となっている。 厚生労働省は「重症患者は入院期間が長いことなどが影響していると考えられる。 こうしたデータを第2波に備えた病床の確保に活用したい」としている。 昨日東京都では54人の新型コロナウイルス新規感染者が確認された。 このうち40人が20代・30代となっている。 このうち31人が夜の繁華街に関連する人だった。 緊急事態宣言が解除された後に東京での感染者数が50人以上となるのは2度目。 また昨日は埼玉県で16人など全国で合わせて105人の感染が発表された。 感染者数が100人を超えたのは先月9日以来。 一方、厚生労働省は新型コロナウイルスをめぐる医療機関の4月、5月の状況を分析しPCR検査で感染が確認された人数が最も多かったのは4月10日で入院患者数のピークは4月28日、重症患者数のピークは5月8日だった。 厚生労働省は「重症患者は入院期間が長いことなどが影響していると考えられる。 こうしたデータを第2波に備えた病床の確保に活用したい」としている。

次の

緊急事態宣言、39県で解除。「新たな日常のスタート」

宮崎 県 緊急 事態 宣言

緊急事態宣言解除は妥当と考える人が6割 この調査は、全国に先立って39県の緊急事態宣言が解除された時期に行われたものです。 39県の緊急事態宣言解除について、どのように考える人が多いのでしょうか。 【39県に解除された緊急事態宣言についてどう思うか】 ・妥当 :60% ・まだ早い :36. 3% ・よくわからない: 3. 6% このタイミングで解除された39県、解除されなかった8県ともに、6割の人は緊急事態宣言解除について妥当と考えていたことがわかります。 新規感染者の数が減っているという事実から、妥当と考えた人が多いのではないでしょうか。 緊急事態宣言が解除されたからといって、すぐに元の生活に戻れるわけではありません。 徐々に広がっているテレワークやオンライン授業はどうなるのでしょうか。 【テレワーク・オンライン授業について】 ・今後も続けたい :19. 9% ・定期的であれば続けたい:16. 6% ・続けたくない : 9. 4% ・無回答 :54. 1% 回答した人のうち、ほとんどが続けたいという意志を持っているようです。 通勤・通学にかかる時間の短縮、家事・育児との両立など、メリットがあると捉える人が多かったのかもしれません。 今後のお金の使い道。 意外にパーッと使いたい派が多い? 今回の緊急事態宣言で、財布の紐がグッと堅くなったり、必要最低限なモノしか買わなくなったりした人も多いと思います。 一時に比べ少し明るくなってきた現状において、人々のお金の使い方はどう変わるのでしょうか。 【今後、積極的にお金を使いたいことは何か】 1位:衣・食・住 22% 2位:親孝行・家族サービス 19% 3位:趣味 15% 3位:旅行 15% 5位:貯蓄 8% 上位5つはこのような結果に。 一番多かったのは、衣食住でした。 家にいて自由に買い物や外食ができなかった反動の現れなのでしょうか。 また、2位の親孝行・家族サービスについては、このような未曾有の事態において、改めて親や家族の大切さが身にしみた人が多いということを反映しているかのようですね。 同率3位は、趣味と旅行でした。 これも1位同様、今まで我慢してきたことを楽しみたいという思いがにじみ出た結果なのかもしれません。 貯蓄については、8%という少数派の意見に。 緊急事態宣言から解放されたら、まずは自粛でたまったストレスを発散させたいという人が多いということがわかりました。 別の調査にも目を向けてみましょう。 【緊急事態宣言解除後に最もしたいこと】(単一回答) 1位:国内観光旅行に行く(宿泊を伴う) 13. 3% 2位:外食に行く 10. 0% 3位:友人・知人・恋人に会う 9. 6% 4位:家族に会う(帰省する) 8. 2% 5位:商業施設(デパート。 ショッピングモール)へ買い物に行く 7. 0% 6位:飲みに行く 5. 8% 7位:美容室・理容室に行く 5. 6% 8位:音楽会・コンサート・ライブに行く 4. 5% 9位:スポーツをする 3. 9% 10位:海外旅行に行く 3. 8% TOP10はこのような結果に。 宿泊を伴う国内旅行を望む人が最も多いようです。 一方で海外旅行を希望する人の割合は、国内旅行を希望する人より10ポイントほど下回っています。 「海外での感染状況がまだわからない」「見知らぬ国で感染したら困る」などの理由があるのかもしれません。 緊急事態宣言で三密を避けた結果、なかなか実現できなかった外食や友人、離れて暮らす家族との会合を最も望む人が多いようですね。 まだまだ油断はできない状態ですが、できる限りの対策をした上で、少しずつ新しい日常に慣れていきたいものです。

次の

緊急事態宣言、39県で解除。「新たな日常のスタート」

宮崎 県 緊急 事態 宣言

追記:緊急事態宣言が全国の都道府県に拡大されました。 4月16日に官報に載ったようです。 これで宮城県も国が出した緊急事態宣言の効力が発揮されます。 ですが近日中になにか制限されるとか生活がガラリと変わるということはないでしょう。 この後解説しています、を読んでいただければわかると思います。 速報:緊急事態宣言を7日に出す模様 【速報】首相が明言「緊急事態宣言を出す」、期間は1カ月 東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡 — 地震・ニュース速報@Yahoo! 緊急事態宣言が出されてからロックダウンが検討される事はあると思います。 現時点ではロックダウンでは無いですので冷静にパニックにならない様にしましょう。 住民への外出自粛 要請• 学校・保育所・老人福祉施設などの使用停止の 要請・ 指示• 音楽、スポーツイベントなどの開催制限の 要請・ 指示• 予防接種の実施 指示• 臨時医療施設のための土地、建物の使用。 同意なしも可• 鉄道、運送会社などへの医薬品の運送 要請・ 指示• 医薬品、食品などの売り渡しの 要請。 収容もできる ということです。 要請ということは 「お願い」ということで強制力はないです。 日本では国民に対し強制的に家に閉じこもることを指示することができないようです。 ですがそれだけ緊急事態であり、伝染病の拡大を阻止するためにも外出を禁止するほどの事態だということですね。 指示というのは要請よりも強い表現です。 現時点では罰則はないですが、指示には従ってもらいたいということですね。 5番の 【臨時医療施設のための土地、建物の使用。 同意なしも可】ですが、臨時で医療施設や隔離施設などが必要になった場合は、政府の判断により既存の建物を活用したり、空いている土地に建設を行えるということです。 もちろん持ち主との交渉はしますが、たとえ持ち主が拒否したとしても、政府の意向が優先されるということです。 そこが 【同意なしも可】というところに含まれています。 お隣中国では、確か武漢市内だけだったと思いますが、この土地や建物だけじゃなく、個人の財産についても必要と認められれば政府が接収出来るとなっていたようです… 7番の 【医薬品、食品などの売り渡しの要請。 収容もできる】ですが、先頃問題になりましたマスクの転売目的の買い占めやトイレットペーパーの買い占めがある通り、パニックになると自己中心的な行動に出る人がいます。 本当に必要なところに物資が行き届かなくなります。 今回のマスク騒動も、絶対に必要な医療機関をさておき市場にマスクを流してしまった為に医療機関でも深刻に足りなくなってしまいました。 そうならない様に一旦政府が優先的に必要物資をまとめて買い取り、必要な箇所から分配・販売するというものですね。 緊急度が上がれば政府が優先的に収容もできるとなっています。 正直、今回のマスク騒動ですが、我々一般人にはN95マスクは必要ないです! 装着をしっかりとしないと効果が無いばかりか、ウイルスを通さない程目の細かいマスクですのでキッチリ装着すると息苦しいです! あのマスクをつけてウォーキングなんかできませんよ!(心肺はかなり鍛えられるだろうけども…) ですから、医療機関や自衛隊などウイルス感染の危険がある最前線で働く人々に優先するべきものでした! ですが、一般市場にも流してしまった為に早期から医療機関でN95マスクが不足する自体になりました。 こういう事が起きないように、政府が一旦まとめて買い上げると言う事をするのですね。 【】新型インフルエンザ等対策特別措置法、緊急事態宣言について掲載しています。 緊急事態宣言が行われた場合、 ・欧米におけるロックダウンのように都市が封鎖されますか? ・外出できなくなりますか? 等掲載しています。 ウイルスを保持している人の近くに行かなければ感染しません。 ですから人との接触を減らせば感染者数が減るはずなんです。 詳しく説明しているツイートがありましたのでご紹介します。 【接触が8割減った社会のイメージ】 北海道大学 西浦 博より解説します。 流行前の生活・社会を機能させつつ、どのようにして接触の8割減を達成できるか、皆で考えていきましょう。 — 新型コロナクラスター対策専門家 ClusterJapan 緊急事態宣言が出たら宮城県はどうなる? 予測ではありますが、政府が緊急事態宣言を出したら、宮城県知事も仙台市長も会見を開き何らかの宣言が出るかもしれません。 まずは県民の外出自粛を強く要請するでしょうね。 あとは、現在も揺れている学校の休校措置の延長です。 現在のところ欧米のような外出禁止例をだせる法律が無いようです。 ですので、あくまで【要請】までしかできないです。 若者が出歩くことが問題としてテレビでも取り上げられました。 伝染病は人との接触を0にすればそれ以上広がることは無いのは本当です。 ただ、それを【要請】レベルで国民にやってもらうことは正直難しいでしょう。 どうしても人は「自分は大丈夫」と考えてしまいますから。 ただし、日本では法律上外出したら罰則を設けるということは現在のところできません。 そんな法律が作られないように、自主的に今のうちから要請に従っておく方が良いと私は思いますよ! 変な法律が作られてしまってからでは遅いのです。 スーパー等の生活必需品に関するお店は営業を続けますし、配送や運送等も止めない様になります。 ですので過度の買い溜めは必要ないでしょう。 パニックにならない事が大切です。 今の内から一つずつ必要になりそうな物を備蓄しておけば良いと思いますよ。 東京都ではどうなるのか? 連日、新規感染者数が増加し、遂に3桁を超えた東京都では、政府が緊急事態宣言を出した後どうなるのか? 基本的な指針は決まってきていると報道もありました。 速報 が出された場合、東京都が実施する「」の詳細が判明。 関係者によると ・カラオケ、パチンコ店、キャバレーやバーなどの娯楽施設に 「特に強く休止を要請」 ・大学や学習塾、商業施設、遊戯施設には「基本的に休止を要請」する。 続 — TBS NEWS生活・防災 TBSNEWS6 以前から小池都知事が指摘している夜のお店で感染が広がっていると言うことで娯楽施設に強く休止を要請するつもりらしいですね。 娯楽関係に携わっている方々の生活を保障しないと難しいと思いますけど…… その辺りのことも政府が逸早く動いて欲しいと思います。 在宅時間が増え、手持ち無沙汰な時間が増えました。 1の無料アプリ 「タウンWiFi by GMO」 タウンWiFiが選ばれる3つのメリット 【その1】近くのWi-Fiに自動で接続 【その2】遅いWi-Fiに接続しない 【その3】安心なセキュリティ 気になる方はこちらからダウンロード! そして無制限に使い放題なのが クラウドポケット型Wi-Fiで ソフトバンク・ドコモ・au回線が容量無制限でギガし放題! 業界最安級で最短即日発送、もちろん工事も不要 1日で3G制限も3日で10G制限も一切なし 海外利用もこれ1台。 世界134の国や地域で使えます!! 本当の意味で使い放題なポケットWi-Fiです。 ストレスなく使用できるのでお勧めですよ!.

次の