下記 承知 いたし まし た。 了解・承知・了承の違いと使い方!メールの書き方で迷わない

アポ取りメールに「下記承知しました」だけで返していてはダメ!アポを優位に進める2つの返信のコツ

下記 承知 いたし まし た

こんにちは、ライターの菊池()です。 人物紹介:菊池良 株式会社LIGに所属するライター。 ブログ記事の企画・執筆を担当している。 わずかに「承知しました」の方が多いですね。 この2つの言い回しですが、 「了解しました」よりも「承知しました」を使う方が正しい、とよく言われています。 僕がこれを初めて知ったとき、強い違和感を覚えました。 理由は• 「了解しました」をよく使っていた• 日常でもビジネスでも「承知しました」を使っている人を見たことがなかった• ある日、急に言われ始めた からです。 「承知」が日常的な言い回しではなかったので、気になったんですね。 そこで調べてみたところ、 いつから言われ始めて、どういう経路で定着したのかがある程度わかりました。 「了解」よりも「承知」が正しいと言われ始めたのは2011年 まず、Web上でいつから言われ始めたのかを調べました。 きっかけとなったのは以下の記事と思われます。 (2011年) さらに以下の記事が、はてなブックマークもたくさん付いていて、多くの人に読まれたであろうことがわかります。 (2012年)• (2013年) さて、2011年の記事は、個人ブログに書かれたものなのですが、元ネタがあります。 ジャーナリスト、ライターの藤田英時さんが執筆しています。 パソコンや英会話関係の本をメインに書いている方です。 藤田さんは2010年に 『メール文章力の基本』という書籍を出版しており、それで声がかかったのだと思われます。 「了解」を不適切とした『メール文章力の基本』 この本はビジネスにおけるメールのマナーについて書かれていて、具体的なNG例とその言い換え例を載せたものです。 その言い換え表現で 「承知しました」を推奨しています。 この本は25万部売れたベストセラー阿部紘久『文章力の基本』の続編で、 この本も5万部売れたそうです。 さて、では他のメールマナー本にも、「了解よりも承知が正しい」と書かれているのでしょうか? 調べてみると、 「あまり書かれていない」ということがわかりました。 「了解」をNGとしたメールマナー本は非常に少ない これを確かめるため、国会図書館に行き、「ビジネスメール」とタイトルにある書籍をひたすら閲覧しました。 すると、『メール文章力の基本』以外の書籍では、 そのような記述はほぼ見られませんでした。 それどころか、 「了解が適切」と書かれている本もいくつかあるんですね。 「了解しました」に特別な注釈なし こちらは2004年に出た『ビジネスメールものの言い方辞典』という本。 著者名は「シーズ」となっていて、Web系の本を何冊か出版しています。 ビジネスメールでよく使われる表現と、その類例をシチュエーション別に載せています。 本の中でそのものズバリ「了解しました」という表現が紹介されていますが、そこでは 「不適切」というような注釈はありません(98頁)。 また、その次のページでは「了解」をこういう風に解説しています。 了解は、事情を理解すること・納得すること。 単にわかるだけでなく、それを認める意味が強くなります。 2004年のこの本においては「了解」は使っていい表現として出てくるのですね。 「承知いたしました」の言い換えとして登場 2007年に出版された本です。 著者は「ビジネス文書マナー研究会」となっていて、他に『すぐに使えるビジネス文書実例集』という本を出していますね。 こちらもシチュエーション別に様々な表現を載せるというものです。 その中の「理解・承諾の表現」という項目で、「承諾しました」の言い換え例として「了解いたしました」が出てきます。 「内容を理解したうえで承諾したという意味合い」と書かれています。 つまり、承諾よりも上位の表現として「了解」が紹介されています。 他にも 「日常的に使われます」とあります。 2007年の段階でこの表現はビジネスシーンで浸透していたということです。 「了解」を不適切としない本たち その他、下記の書籍でも「了解」を間違いとはしていません( 事務的な感じがする、という記述はあり)。 『頭がいい人、悪い人のビジネスメール』(2009年)• 『ビジネスメール 「こころ」の伝え方教えます』(2009年)• 『就活から役に立つ新社会人のためのビジネスメールの書き方』(2012年)• 『ビジネスメールの作法と新常識』(2013年)• 『ビジネスメール文章術』(2013年)• 『相手に伝わるビジネスメール「正しい」表現辞典』(2014年) こうやって見ると、2010年以降の本もあります。 間違いとするかどうかは、分かれるんですね。 その中ではっきりと「了解」をNGとしている本も見つけました。 神垣あゆみさんという方が書いている『メールは1分で返しなさい』(2009年)という書籍です。 この本に関しては、調べてみるとちょっと面白い事実がわかったので最後に書きます。

次の

承諾メールの例文と状況別フレーズ【了承いたしました】

下記 承知 いたし まし た

(2)納得し、了承すること。 「ー事項」 (新選国語辞典 より) りょうかい【了解】【諒解】 (1)事情を思いやって納得すること。 理解すること。 のみこむこと。 「事情をーする」「ーできない」 (2)〔ドイツ Verstehen〕ディルタイの用語。 文化を生の表現とみて、その意味を自己移入・追体験などによって共感的にとらえること。 (大辞林 より) 考察:了解について ビジネスでは敬意が含まれない言葉とされる年代もいるのでご用心。 「目上(上司)の人」が「目下(部下)の人」に対して使う。 または、「(気心のしれた)同僚同士」で使う。 感覚値としてですが第二次ベビーブーム年代以前のご年代の方々に多いような。 他動詞:(1)聞きいれること。 「その条件ではーできない」(2)知っていること。 (新選国語辞典 より) しょうち【承知】 (1)知っていること。 わかっていること。 「いきさつはーしております」 (2)聞きいれること。 承諾すること。 「解約の件はーできない」 (3)許すこと。 多くの否定の形で「許さない」「勘弁しない」の意を表す。 「そんなことをしたらーしないぞ」 (大辞林 より) 考察:承知について ビジネスにおいて一般的。 「目下(部下)の人」が「目上(上司)の人」に対して使う。 「 かしこまりました」としてもよい(個人的にはこちらが無難かと)。 謙虚な上司は部下に対して使うこともある。 しかし、部下との上下関係を明確にしバランスが取れないようであればNG。

次の

「了解」「了承」「承知」「承諾」の意味とは?“わかりました”の使い分けは難しい

下記 承知 いたし まし た

こんにちは、ライターの菊池()です。 人物紹介:菊池良 株式会社LIGに所属するライター。 ブログ記事の企画・執筆を担当している。 わずかに「承知しました」の方が多いですね。 この2つの言い回しですが、 「了解しました」よりも「承知しました」を使う方が正しい、とよく言われています。 僕がこれを初めて知ったとき、強い違和感を覚えました。 理由は• 「了解しました」をよく使っていた• 日常でもビジネスでも「承知しました」を使っている人を見たことがなかった• ある日、急に言われ始めた からです。 「承知」が日常的な言い回しではなかったので、気になったんですね。 そこで調べてみたところ、 いつから言われ始めて、どういう経路で定着したのかがある程度わかりました。 「了解」よりも「承知」が正しいと言われ始めたのは2011年 まず、Web上でいつから言われ始めたのかを調べました。 きっかけとなったのは以下の記事と思われます。 (2011年) さらに以下の記事が、はてなブックマークもたくさん付いていて、多くの人に読まれたであろうことがわかります。 (2012年)• (2013年) さて、2011年の記事は、個人ブログに書かれたものなのですが、元ネタがあります。 ジャーナリスト、ライターの藤田英時さんが執筆しています。 パソコンや英会話関係の本をメインに書いている方です。 藤田さんは2010年に 『メール文章力の基本』という書籍を出版しており、それで声がかかったのだと思われます。 「了解」を不適切とした『メール文章力の基本』 この本はビジネスにおけるメールのマナーについて書かれていて、具体的なNG例とその言い換え例を載せたものです。 その言い換え表現で 「承知しました」を推奨しています。 この本は25万部売れたベストセラー阿部紘久『文章力の基本』の続編で、 この本も5万部売れたそうです。 さて、では他のメールマナー本にも、「了解よりも承知が正しい」と書かれているのでしょうか? 調べてみると、 「あまり書かれていない」ということがわかりました。 「了解」をNGとしたメールマナー本は非常に少ない これを確かめるため、国会図書館に行き、「ビジネスメール」とタイトルにある書籍をひたすら閲覧しました。 すると、『メール文章力の基本』以外の書籍では、 そのような記述はほぼ見られませんでした。 それどころか、 「了解が適切」と書かれている本もいくつかあるんですね。 「了解しました」に特別な注釈なし こちらは2004年に出た『ビジネスメールものの言い方辞典』という本。 著者名は「シーズ」となっていて、Web系の本を何冊か出版しています。 ビジネスメールでよく使われる表現と、その類例をシチュエーション別に載せています。 本の中でそのものズバリ「了解しました」という表現が紹介されていますが、そこでは 「不適切」というような注釈はありません(98頁)。 また、その次のページでは「了解」をこういう風に解説しています。 了解は、事情を理解すること・納得すること。 単にわかるだけでなく、それを認める意味が強くなります。 2004年のこの本においては「了解」は使っていい表現として出てくるのですね。 「承知いたしました」の言い換えとして登場 2007年に出版された本です。 著者は「ビジネス文書マナー研究会」となっていて、他に『すぐに使えるビジネス文書実例集』という本を出していますね。 こちらもシチュエーション別に様々な表現を載せるというものです。 その中の「理解・承諾の表現」という項目で、「承諾しました」の言い換え例として「了解いたしました」が出てきます。 「内容を理解したうえで承諾したという意味合い」と書かれています。 つまり、承諾よりも上位の表現として「了解」が紹介されています。 他にも 「日常的に使われます」とあります。 2007年の段階でこの表現はビジネスシーンで浸透していたということです。 「了解」を不適切としない本たち その他、下記の書籍でも「了解」を間違いとはしていません( 事務的な感じがする、という記述はあり)。 『頭がいい人、悪い人のビジネスメール』(2009年)• 『ビジネスメール 「こころ」の伝え方教えます』(2009年)• 『就活から役に立つ新社会人のためのビジネスメールの書き方』(2012年)• 『ビジネスメールの作法と新常識』(2013年)• 『ビジネスメール文章術』(2013年)• 『相手に伝わるビジネスメール「正しい」表現辞典』(2014年) こうやって見ると、2010年以降の本もあります。 間違いとするかどうかは、分かれるんですね。 その中ではっきりと「了解」をNGとしている本も見つけました。 神垣あゆみさんという方が書いている『メールは1分で返しなさい』(2009年)という書籍です。 この本に関しては、調べてみるとちょっと面白い事実がわかったので最後に書きます。

次の