ダイソー スケール。 三角スケールはセリアで買える?ダイソー格安品はステッドラー製と比較してどう?

ダイソーの計量器とタニタのデジタルクッキングスケールを徹底比較!

ダイソー スケール

100均巻尺・メジャーランキング第3位はダイソーのスマイリーマークのロータリーメジャーです。 5m仕様のソフトタイプのメジャーで、主に裁縫等に使用する際に便利なタイプです。 100均のメジャーや巻尺に関しては中々オシャレなものがないのですがスマイリーマークがオシャレなこの一品が堂々のランクインです! メジャーや巻尺は事務用品に数えられることが多くデザインが軽視されがちなのが残念なのですが、こういう商品があるとつい手に取りたくなりますよね!お裁縫の時をはじめ、スマイリーマークに心が癒されるこの商品は100均商品と言えども愛着をもって長く使いたい一品でもあります。 100均巻尺・メジャー第2位!|ダイソーの5mコンベックスメジャー 100均巻尺・メジャーランキング第2位はダイソーの5mコンベックスメジャーです。 ダイソーにはコンベックスメジャーがいくつか種類が置いてあるのですが、こちらの商品がコンベックスメジャーの中でも最も長さがあり、汎用性のある一品になっています。 色合いがシンプルで落ち着いて使える一品です。 色については赤青黄色の三種類のラインナップがあり、すべて柄なしの単色デザインです。 また「メジャー」や「スケール」という単語は、実は日本でしか使われない単語です。 このようなタイプのメジャーのことを、外国では通常「コンベックス」と呼称されているのです。 コンベックスとは薄い金属製であり、少し凸型の湾曲がある仕様で、目標物に固定するための、金属製の爪が付いているのが特徴です。 スマイリーロータリーのようなソフトタイプもありますが、日本で「メジャー」と呼ばれているものは、この「コンベックス」タイプのものが現在では主流なのです。 100均巻尺・メジャー第1位!|ダイソーの10mソフトメジャー 100均巻尺・メジャーランキングの第1位はダイソーの10mソフトメジャーです。 100均で購入できるすべてのメジャー・巻尺の中で最長を誇るのがこの商品です。 第2位のコンベックスメジャーの倍の長さです。 こんなに長い商品が100均で買えるなんて本当にすごいですし、見かけたら是非購入したい逸品です。 巻尺やメジャーは長いものになると大きくて使いづらいシーンも出てくるのですが、長いものが一つあるだけでカバーできる範囲は広くなるため、迷ったら長いものを購入すれば間違いはないでしょう。 そういった意味ではこの10mソフトメジャーでほとんどのものがカバーできるわけです。 この10mソフトメジャーに関しては10mのメジャーを円形に収納しているので大きさは直径で15cmほどになりますので、大きくてつかいづらいと感じるシーンはあるかもしれませんが、メジャーを使い慣れない人が長いものを測る時には、1度で測れる長いメジャーの方が正確に計測ができます。 メインで使いたい商品です。 5mD型 100均ダイソーでおすすめの巻尺・メジャー1つ目は、コンベックス3. 5mD型です。 こちらの商品はランキング第2位で紹介したコンベックスメジャーと同じタイプのものなのですが、長さが3. 5mと短くなっています。 幅も16mmで仕様が同じなのですが、こちらの商品は滑り止めが付いています。 基本的に素人が長さを計測する場合には短いものを、印を付けつつ何回も計測して足し算をしていくような測り方よりは長いメジャーで一度で測った方が正確に計測できます。 こちらの商品は同規格の商品で1. 5m短い部分がマイナスポイントですが滑り止めが付いている分使い勝手が良くなっています。 5mをフル活用するような計測は部屋の寸法を測るシーンくらいではないかと思われます。 日常生活で使う分には3. 5mで家具やベッドの長さまで測れるので、もしかしたら滑り止めが付いているこちらの商品の方が使いやすいかもしれません。 用途に応じて合ったものを購入しましょう。 5m丸型 100均ダイソーでおすすめの巻尺・メジャー3つ目は、薄型コンベックス3. 5mです。 こちらの商品は通常のコンベックスメジャーは太さ16mmが一般的になっているのですが、こちらはわずか6mmと半分以下の太さです。 そのため隙間等の狭い場所を計測するのに非常に重宝するメジャーです。 100均のメジャーでここまで薄いメジャーはこの商品以外に今のところは存在が確認できないので、隙間等を測る機会が多ければ是非ともこちらの商品をおすすめしたいです。 ただし薄い分、スケールの文字が小さいのが欠点で、近視の人は使いづらい仕様です。 選ぶ際には十分に注意をしてください。 こちらの商品は通常のコンベックスメジャーと薄型の間に位置する商品です。 メジャーの太さが13mmになっているので、16mmよりもこちらの商品の方が太さがしっくりくる人はこちらを手に取っていただきたいです。 3mm太さが違うだけでだいぶコンパクトな印象を持つ商品です。 薄型ほどスケールも小さくありませんし、16mmよりは手になじむ場合も少なくないのですが、細いと測っている途中でメジャーが折れ曲がる可能性が高くなるので、使い慣れない人にとっては16mmの方がおすすめかもしれません。 こちらの商品は、メジャーの収納部分がスケルトンになっていて、中のスケールや目盛が透けて見えるのが特徴です。 デザイン性に優れた商品が中々見当たらないメジャーなのですが、この商品はデザイン性に優れている点では一押しです。 デザイン性に優れている分、メジャーの長さは3mと短くなってはいるのですが、日常生活で使用する分には3mの長さがあれば十分かもしれません。 食器棚やベッドといった家具よりも大きなものを計測するシーンが想定できないのであれば3mで事足りますので、その場合は是非手に取っていただきたい商品です。 5mのコンベックスメジャーにも滑り止めが付いているのですが、こちらの商品はメジャーの収納口に滑り止めが付いてるだけではなくメジャーの収納部分に凹凸が付いているので、両端が固定されていなくても滑りにくく計測できます。 プラスチック製でデザイン性には難がある商品なのですが、実用性はピカ一の商品ですので、デザインにこだわらずとにかく実用性にこだわりたいという人には是非ともおすすめしたい商品になります。 黄色一色でデコボコのデザインが目に付く商品なので、メジャーのコーナーでも一際異彩を放っています。 この商品は基本的には裁縫用の商品で1. 5mのソフトメジャーなのですが、スケール部分と収納ケースがセパレートで販売されている商品です。 そのため、他のメジャーと違いスケール部分だけを直接ものに当てて計測することができます。 裁縫で使う場合にはコンベックスのように金属製で折れ曲がったり、爪があるようなものだと正確に計測するのが難しい場合があります。 しかし、この商品はソフトタイプであり収納ケースから外して使える分、短い部分や小さな部位に直接当てて1m前後までの長さを正確に計測できます。 セリアの商品は太さが独特でこちらの商品は19mmと、ダイソーの商品よりも3mm太くなっています。 手が大きい人や男性が非常に使いやすい仕様で、長さも5mなのでこれ一つあれば、どんなシーンでも使えるおすすめの一品です。 また、ストッパーが付いているので使用感にも優れています。 慣れていない人が正確に長さを測ろうとする時に、ストッパーが付いていないメジャーだと手振れすることがあるのですが、ストッパーが付いていればそのようなことがなく正確に計測できるため、そういった部分でもおすすめできる商品です。 ストッパー付5m19mmに比べると小ぶりですが、手が小さい方や女性にはこちらの商品の方が使いやすくなっています。 ストッパーが付いているのもストッパー付5m19mmと同じで、サイズ感の違いのみとなっています。 デザイン性とラインナップではダイソーに軍配が上がるのですが、ストッパー付きで太さと長さが2通り選択できる部分では、普段使いのメジャーとして購入するならセリアの方がおすすめできるかもしれません。 用途や使い勝手を考えて選ぶようにしましょう。 キャンドゥのメジャーはストッパーが付いている上に水平器まで付いています。 水平器とは、測定面が平らかどうかが認識できる機能です。 これにより計測の正確性がさらに上がるので、普段使いのメジャーとしては高機能な一品です。 また水平器がいい味を出しており、デザイン性にも優れた一品です。 太さが12mmと他のメジャーよりも細めなのでその点が使い勝手には影響してくるかもしれませんが、100円で買えるメジャーとしては機能性に優れた商品なので、見つけたら是非購入していただきたい商品の一つです。 こちらの商品には水平器は付いていないのですが、ストッパーが2か所に付いている分固定力が今まで紹介してきた商品の中でも一番と言える商品です。 シーンに応じて水平器付きかこちらの固定力が高い商品で計測の正確性が変わってきます。 キャンドゥは使用感と機能性に優れた2つのメジャーを取り揃えていますが、小型店では2種類の取扱いがない場合もあります。 ただし、どちらの商品もとても便利に使えるので、見かけたら購入したいものですね。 ここまで紹介してきたメジャーと巻尺は、金属製のコンベックスタイプと、ソフトタイプの2種類に分かれます。 汎用性があるのはソフトタイプのメジャーです。 何故ならコンベックスは直線以外の計測には向かないからです。 しかし100均で売られているメジャーはソフトタイプだと1. 5mか10mの2種類しかないですし、ソフトタイプは直線がピンと伸びない可能性があるので、直線の計測は慣れていないとずれるリスクもあります。 そのため、できればソフトタイプとコンベックスメジャーは両方持っていると断然使い勝手が良くなります。 ここまで紹介してきたメジャーには、細いもので6mm、太い物で19mmと、3倍以上幅が違うメジャーを紹介してきました。 幅は細い方が汎用性があります。 幅が太いと入らない狭い場所があるからです。 しかし、細い物はスケールの目盛がみづらいですし、途中で折れ曲がりやすいので正確な計測がしにくくなるデメリットがあります。 そんなに狭い場所を計測しないのであれば、使い勝手は断然太い物の方がおすすめです。 こだわりがないならなるべく太い物を選ぶようにすると、使い勝手に良く計測できることでしょう。 長さは今後の使い勝手が分からないのであれば、長いものを買っておけば間違いはありません。 また、寸法を測り慣れている人や手先が器用な人であれば、短いメジャーで印を付けながら正確に計測することができます。 長いメジャーは嵩張りますが、素人でも長い物の長さを正確に測ることができます。 短いメジャーは嵩張らず使い勝手がいいものの、長い物の長さを測る際に正確な測定ができない可能性があります。 どちらがいいかによって、購入するメジャーの長さは変わってきますので、状況と希望に合わせて選ぶようにしましょう。

次の

ダイソーの工具コンベックスメジャー 特徴やメジャーとの違い

ダイソー スケール

ダイソーのメジャー 近くのダイソー(小規模店)に行った時は、5mの金属製のメジャーしか置いてありませんでしたが、錦糸町の大型店に行くと下記のように金属製ののもの、ビニール製のものとたくさんのメジャーが置いてありました。 金属製のメジャーから見て行きましょう! 金属 工具用 ダイソーの 工具コーナーには3m,3. 5m,5mそして10mのたくさんの種類のメジャーが置いてありました。 5mのメジャー 最初は小型店にもこれだけは置いてあった5mのものを紹介します。 カラーは、赤、黄色、青の3色があり、幅は16mmとなっています。 もちろん ストッパーが付いています。 ちょっと10cmのところまで、メジャーを伸ばしてみました。 スポンサーリンク ビニール製 裁縫、手芸用 ダイソーの 手芸コーナーに、3種類の ビニール製のメジャーが置いてありました。 服を作る時や胸囲を測る時などに使えますね。 1つ目はなんとメジャーと巻尺のセットです。 ところでメジャーと巻尺って同じものだと思っていましたが、この商品では区別しているんですねー。 写真を見ると青と赤のカプセルがありますが、あの中にも目盛りの付いたビニール製のテープが入っています。 こちらがメジャーらしいです。 長さは150cmです。 その横に折りたたまれて入っている目盛り付きのビニールのテープが、巻尺ということです。 この商品は200cmです。 メジャーと巻尺の違いは、カプセルが付いているかいないかの違いみたいですね。 カタツムリと ナメクジの違いと同じな気がします^^; それでは見ていきましょう。 カラーはレッドとブルーで、テープの材質は、塩化ビニールです。 材質:金属 長さ:5m 幅:19mm カラー:ブラック ストッパー:2つ有り ローソン100のメジャー 近くにローソン100にもメジャーが売ってましたよ。 先ずは工具用の金属製テープです。 これはパッケージこそ違いますが、キャンドゥに置いてあった3mのメジャーと同じ商品ですね^^ 次は手芸用です。 両面に目盛りがついています^^ 裏の説明も載せておきます。 こちらは 折りたたみ式のメジャーだそうです。 長さは50cmと小さく、 キーホルダーにもなる様ですね^^ あとがき 金属製のものでは3m、5mの2種類が工具コーナーの売っていることが多かったです。 ビニールのソフト素材のメジャーは、手芸コーナーに売っています。 基本的に工具用は、メジャーを伸ばすとストッパーを押さない限り、自動で引っ込みます。 手芸用のビニールのメジャーは、伸ばすと自動的に引っ込まなく、引っ込める時は、ボタンを押す仕様になっています。 今後も新しいものをみつけたら記事に追加していくのでどうぞよろしくお願い致します!.

次の

100均でおすすめの計り3選!デジタルスケールも売ってるの?

ダイソー スケール

ダイソー daiso の計り はかり ダイソーのはかりは、商品名を 『キッチン目安計』と言います。 キッチンでの使用が前提ですね! 今回訪れたのは、東京錦糸町のダイソー大型店舗です。 最初買った時は、ブラック スケルトン しか無かったのですが、2回目に言ったときは上の画像の様に数種類のカラーがそろっていました。 カラーは、 レッド、ブラック、グリーン、ブルーの4色があります。 いずれもスケルトンです。 大きな受け皿が付いており、 目盛りも400mlまで付いているので液体も計れますね^^ 写真では、目盛りが見えないですが、キャンドゥのところでもう一度説明します。 キャンドゥのはかりもほぼ同じデザインなので、参考にして下さい。 もちろん受け皿は取り外しても使えますよ。 ネットで調べてみると、ダイソーでは200円で500gまで計れるはかりが売っていた様です。 結構、正確に計れるということでした。 今後また復活するかもしれませんね。 ダイソーのキッチン目安計と同様、キッチンで使うことが前提ですね。 上の写真はキャンドゥのはかりですが、こちらも並べるとカラフルですね^^ キャンドゥーのはかりのカラーは、 パープル、オレンジ、グリーン、ブラックです。 ダイソーと同じように、みんなスケルトンです。 私は紫 パープル を買いました。 紫は一見、ピンクに見えますが、写真ではしっかり紫色をしていますね! ダイソーと比べると少しだけデザインが違うのですが、機能や見かけもほぼ一緒です。 私が購入した紫(パープル)のキッチンスケールを詳しく見てみましょう! なんか小鳥のような、小型ロボットのような、置いておくだけでもかわいくていいですよ。 あっ何かに似ているなとは思いましたが、目覚まし時計ですね^^; インテリアにもいいかも^^ キャンドゥのはかりには、本体の中央に 『kitchen Scale』と ロゴが入っており、これはこれでおしゃれですね! ダイソーのには、ロゴが入っていませんでした。 もうちょっとはかり本体の目盛りの部分を詳しく見ていきましょう。 商品説明にも書いてありますね。 もちろん、付属している受け皿は取り外しが出来ます。 最後に受け皿を詳しく見てみましょう! ダイソーのとことで、受け皿の目盛りについて写真では見えないと書きました。 なので今回は、後ろに白い紙をおいて写真を撮ってみました。 まだ見えにくいですが、 50ml刻みで400mlまで計れる目盛りが付いているのが分かりますね! 次は、仕様がほとんど同じダイソーとキャンドゥのはかりのデザインなどを並べて比較していきたいと思います! ダイソーとキャンドゥのはかりを比較 ダイソーとキャンドゥのはかりは、ほぼ同じ仕様なので、形状だけでも比較出来ればと思います。 若干形状が違うのが分かりますか? ぱっとすぐ目に付く違いは、3つぐらいでしょうか。 次に本体をもう少し上から見てみましょう。 受け皿を置く部分の形状が違いますね。 次は裏を見てみましょう。 写真では分かりにくいですが、このはかりがバネ式のはかりなのが分かります。 あと、計る前には上の写真に写っているネジを回して針が0gに位置に来るようにします。 あと上に受け皿を載せて計る場合は、受け皿を乗せた状態で0gに針を調整しましょう! 次は受け皿の形状を比較しましょう。 左のパープルなのがキャンドゥのはかりですが、こちらの方が多少サイズが大きかったです。 そして次の写真で分かりますが、キャンドゥの方がダイソーのよりも丸みを帯びています。 目盛りに関しては、どちらも50ml刻みで400mlまで計れるようになっています。 セリア Seria の計り はかり セリアは新宿のマルイアネックスに入っている店舗に行って尋ねたり、他大型店舗に問い合わせてみたのですが、取り扱っていませんでした。 ダイソー、キャンドゥーが扱っているので、セリアでも今後扱うことになるかもしれませんが、2017年12月の時点では扱っていませんでした。 スポンサーリンク 100均のはかりの用途は? 最後に100均のはかりの使い道を考えましょう。 ダイソーのキッチン目安計も、キャンドゥのキッチンスケールもネーミングから台所での使用を意図されていることが分かります。 でも他には何に使えるのか? 使い道の例をあげてみたいと思います。 まず計りといっても、体重は計れません^^;なんせ100均で売っているものですからあまり重いものは計れません。 基本20gを最小単位としt1㎏までを、アバウトに計れるものだと思ってください! 料理 基本的に、ダイソー、キャンドゥなど100均に売っている計りは、20g単位で1㎏までを3パーセント誤差で計れるものです。 なので調味料など少量必要とするものは、計れませんね^^; もっとおおっざぱに計りたいものがあれば十分使えます。 お菓子作りで使える? お菓子つくりは出来れば5g単位で計れる計りがあった方がよい様ですね。 100均のはかりは、20g単位でしか計れないので、それがお菓子つくりの失敗の原因になってしまうかもしれません。 知恵袋とか読んでいると、皆さんホームセンターなどで売っている1000円程度のデジタルのはかりを買うことをおすすめしています。 個人的には、バネがまだ伸び切っていなくて精度が良い状態なら結構役立つと思っています^^ 例えば、楽天ですごく売れているデジタルのはかりでデザインもいいものがあります。 精度を0. 1gと0. 01gに切り替えることが出来、0. 1gだと3㎏まで計ることが出来ます。 定形外郵便物とこ送る場合には、例えば250gのラインで結構料金が変わったりしますからね~ ちなみに250円が380円になります^^; ぎりぎりのラインの場合は微妙ですが、郵便物の大体の目安を計るには十分使えますよ。 LCCの手荷物の目安にも! 特に国内移動で重宝するLCC 格安航空会社 では、例えば5㎏以上は追加料金2000円とかケースがありますよね。 そこで大体の目安でいいので家で計りたという場合がありますよね。 そんな時も100均のはかりって重宝します。 1㎏以上のものは計れないのですが、それ以下の物だったら個別に計り総和を出すことによって安心して空港に向かうことが出来ます^^ 空港で追加料金を払うことになってあたふたするのも嫌だし、追加料金を払いたくなくて持ってきたものを捨てるのも嫌ですからね^^; あとがき ダイソー、キャンドゥーははかり扱っていてカラーはそれぞれ4色あります。 グリーンとブラックはどちらにもありますが、他の2色は違います。 デザインは多少違います。

次の