宇多田ヒカルインスタライブ。 【本日放送】宇多田ヒカルがインスタで番組を生配信! 『自宅隔離中のヒカルパイセンに聞け!』と題してファンからの質問に答えてくれるよ

【本日放送】宇多田ヒカルがインスタで番組を生配信! 『自宅隔離中のヒカルパイセンに聞け!』と題してファンからの質問に答えてくれるよ

宇多田ヒカルインスタライブ

新型コロナウイルスによる影響で自宅隔離を余儀なくされている宇多田ヒカルが、ロックダウン中のイギリスの自宅から配信する生番組『自宅隔離中のヒカルパイセンに聞け!』が好評だ。 今回は初の試みとして自身のInstagramアカウントより生配信。 5月3日から31日まで毎週の放送を予定しているという。 5月8日に新曲「Time」(日本テレビ系日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』主題歌)、そして29日には「誰にも言わない」(「サントリー天然水」CMソング)のリリースも控えているなか、10日の第2回には同ドラマの主演を務める俳優の中村倫也がゲスト出演。 彼女の曲作りのテクニックの話などで配信は大きな盛り上がりを見せた。 さらに、17日の第3回にはONE OK ROCKのTakaが出演。 こうした状況の今だからこそ実現したとも思える珍しい組み合わせの配信に、自粛中のストレスをリフレッシュできた者も多いだろう。 宇多田ヒカルは、これまでもネットでの活動に積極的な姿勢を見せてきた。 2003年には20歳の誕生日にストリーミングで『UH LIVE STREAMING 20代はイケイケ! 』を生配信、2016年にはネットイベント『30代はほどほど。 』を開催するなど、定期的にネット上で配信している。 いち早くホームページを作成して日記を公開したり、SNSのアカウントを通して発言するなど、もともと音楽アーティストのなかでもアクティブにインターネットを活用してきた存在でもある。 そのため今回のインスタライブも、その延長線上にある活動のように思える。 宇多田ヒカル — 30代はほどほど。 ライブの数もそれほど多くないタイプのため、人前に現れることが少なかった。 それによって生まれたのが、どこか実在感のない孤高で崇高なアーティストイメージである。 椎名林檎との共演も話題になった。 前述した『30代はほどほど。 』にもKOHHとPUNPEEがゲスト出演するなど、徐々に人との交流が増えている印象がある。 その象徴とも言えるのが今回のインスタライブである。 初対面の中村倫也とのぎこちなくも親密なやり取りや、Takaとの仲睦まじい様子は、コミュニケーションを心から楽しんでいるようで人間味に溢れていた。 昔の彼女のイメージからすれば大きな変化だ。 コロナ禍によって離れ離れになった人びとを励ますための企画だという向きもあるだろう。 しかし、それは表面的な見方だ。 デビューから現在に至るまでの彼女の変遷を考えたとき、インターネットを一貫して使い続けてきた姿勢と、人との交流を重視する復帰後の彼女の意識の変化とが噛み合い、それがちょうど現在の状況によって実を結んでいるように感じるのである。

次の

ついに宇多田ヒカルと話せる時代到来?!インスタライブ感想

宇多田ヒカルインスタライブ

待ちに待った本日。 ヒッキーのインスタライブが決行されました。 なんとヒッキーは アーカイブを残さなかったので、お仕事などで観れなかった方は今頃悲鳴をあげているかもしれませんね。 私の勘違いだったようです。 ヒッキー、汚名を着せてごめんなさい!(笑) というわけで観れたファンとして出来るだけのレポートをしたいと思います。 19:30から待機してたファンも多かったと思いますが、待ってた時間より短くてアッサリ終わったな~という感じでした。 ヒッキーのインスタライブ終了直後に始まったムロツヨシさんの視聴者数も同じくらいだったので、意外にそんなもんなんだなと拍子抜けしました。 セーターのことをジャンパーと言うなど、息子くんの制服の話題でたまに混乱すると話してました。 それにしても、本当に最初から観れた方が羨ましいです!次回こそ最初から観たいです。 待機の仕方を工夫した方がいいかもしれませんね。 かくいう私も「息子くんのことを普段は何て呼んでますか?やっぱりダヌパくん? 笑 」と質問しました。 ヒッキーも「毎日ホームスクーリングだから息子のことを話したいのは山々なんだけどね…」と話したい気持ちもありつつ、やはり息子くんのためにもプライバシーは守りたかったようです。 つまり、 息子くんに関する回答は無しでした。 その代わりに仕事部屋にあるマイクのメーカーを教えてくれたり、新しく67万円位する機材を注文したことを話してくれましたよ。 他にも、親指につけてるリングのメーカーや眼鏡のブランドを教えてくれました! リングは忘れちゃいましたが、黒ぶち眼鏡のブランドはCubitts キュービッツ だそうです。 お揃いの眼鏡が欲しくなりますね。 次回は質問をメモなどに書いてから挑むと話していたので、毎週クオリティが上がっていくようです。 その時間を利用してのインスタライブなので、ヒッキーが長々と話して息子くんのお昼御飯を忘れない限りは、突然の乱入などもなさそうです。 さすがママですね、その辺は抜かりないタイムスケジュールだと思いました。 元々ヒッキーは夜型のイメージがあったので、やはり今でもそうなんだなと納得しました。 また、仕事部屋に木彫りの熊が飾ってあるのもヒッキーらしいなと感じましたね。 観れなかった方にも少しでも雰囲気を味わっていただけたら嬉しいです。 たまたま目を閉じたヒッキーが撮れました。 こんな写真、インスタライブでしか撮れませんね。 自宅だからか、宇多田ヒカルというよりは息子くんのママ感が強くて、限りなく1人の女性に近い感覚で配信していたのではないでしょうか? ヒッキーのアイコンをクリックしても、もうこの画像しか出てこないと思います。 アーカイブを期待してた方はさぞかしショックだろうなと思い、この記録を残しました。 ちなみにやっぱりヒッキーは今回のインスタライブの中で、新曲リリースの宣伝も美食探偵の宣伝も忘れてましたよ。 予想通り! 笑 たぶん今頃Twitterで補足してそうですね。

次の

宇多田ヒカル初インスタライブ|りお/6月から古民家暮らし|note

宇多田ヒカルインスタライブ

『自宅隔離中のヒカルパイセンに聞け!第三回』 「ずっと冷たい水でお風呂に入っているということでしたが あれからどうなりましたか?」 「やっと直してもらったんです。 こんな状況だから、どういう装備で来てもらえるのか聞いて、 自分の周りにも感染をしている人がいないか聞かれて。 温かいお湯でのお風呂っていいですよね。 」 イヤホンが上手く使えなくて 少々手間取るところから始まったライブ。 宇多田ヒカルさんのインスタライブだ。 『自宅隔離中のヒカルパイセンに聞け!第三回』 ゲストにONE OK ROCKのTakaさんが出るということで、 宇多田ヒカルさんをフォローし(ミーハー) ライブを視聴した。 最初はフォロワーからの質問に答える。 ・日本の中で好きな場所 ・子どもは自分が歌手だということを知ってる? ・コロナウイルスが終息したら何をしたいか 「コロナウイルスが終息したらー」の質問には、 日本語での回答の後、英語でも回答していたようだ。 その後も ・友達との約束に遅刻するのを直す方法 ・一番好きなアルバム ・イタリア語は話せるか ピックアップした質問に、英語・イタリア語も交えて 答えていく。 喋り方は、自分が中高生の頃から見ていた 宇多田ヒカルさんのそれをなんとなく思い出させる。 その後、Takaさんとの会話が始まる。 開始寸前には、Takaさんからの 「I'm ready」 のコメントも流れてきた。 Takaさんは、冒頭の宇多田さんのトークを受けて 「何ヶ国語喋れるのか」 というところから会話がスタート。 敬語で喋っていることをツッコまれながら、 ・二人の出会い ・第一印象 ・カラオケに行きたい (宇多田さんの生歌もワンフレーズ入る) など、お互いの会話が進んでいく。 「お互いに一つずつ質問を」とのことで、 (Takaさんからは無かったのだが) 宇多田さんからは 「自分が歌手になって、親の見方は変わったか」 という質問がTakaさんに投げかけられた。 最後に、Takaさんがインスタライブに出たきっかけを話して、 二人の会話は終了。 ラストにも、もう一つ質問に答えて、 インスタライブは終了となった。 多数のメディア、絶え間なく増えるコンテンツ 中高生の頃、 テレビに宇多田ヒカルさんが出るというのは 相当に珍しいことだった。 音楽番組も今より多数あったが、 出演は数えるほどではないだろうか。 自身のラジオ番組もあったと思うが、 当時は聴けていない。 本当に「楽曲で声を聴く人」の印象だった。 ONE OK ROCKに関してもそうだ。 昔とは音楽番組の数も違ったり、 そもそもマスメディアに露出するかという点も含め、 今回のようにTakaさんのフリートークのような話を聴くのは、 自分は今回が初めてだった。 テレビやラジオでは、 まずこの2人が会話をするというのは実現しないと思う。 今回のインスタライブで、 2人につながりがあったからこそ実現したものだろう。 そう考えると、 やはり個人メディア・個人のチャンネルは ものすごく面白い。 テレビやラジオは、 プロが企画したパッケージのまとまり・綺麗さがある。 InstagramやTwitterのライブは、 テレビやラジオほどのまとまり・綺麗さには欠けるだろうが、 際限のないジャンルの豊富さや、 今回のような(これまでではあり得ない)コンテンツがある。 YouTubeは、 その中間といったところなのだろうか。 様々なメディア・媒体を通じて、 企業・個人レベル合わせて数え切れないほどの コンテンツが生まれている。 どれが良くてどれが悪いと言うつもりはない。 自分はラジオが大好きで毎日のように聴いているし、 テレビも観ないわけではない。 むしろそういったマスメディアが中心の時代に 過ごしてきた時間が長かった。 だからYouTubeやTwitter・Instagramの方が 全然把握できていない。 でも、今回のインスタライブを通じて、 遅すぎるくらいだが改めて、 これまでのテレビやラジオにはない、 驚くようなコンテンツがあるのだなと実感した。 今後もこういったコンテンツが出てくる一方なのだろう。 宇多田さんが英語・イタリア語を使用しているのを観て、 日本だけにとどまらないコンテンツという意識も どことなく感じられた。 言語がクリアになると、 自分が気になるコンテンツを視聴する幅は 飛躍的に倍増するのだろう。 様々なメディアやコンテンツを、 自分である程度選択して取得できる時代を再確認した気がする。 今も自然としていることではあるが、 その特性・特徴をもっと感じて、 いろいろなメディアに触れ、コンテンツを楽しんでいきたい。

次の