歌謡 曲 の すべて。 オンエア曲|走れ歌謡曲|文化放送

すべての歌謡曲好きに贈る夢のスペシャルイベント!「歌謡曲DISCO×青春J

歌謡 曲 の すべて

gt0354 「歌謡曲のすべて」をスキャナて取り込み 次の記事へ gt0354 「歌謡曲のすべて」をスキャナて取り込み March 13, 2020 ギターを弾くとき、曲集を良く使います。 よし、用にこれをスキャナーで取り込んでやれ・・・。 俗に「赤本」と呼ばれている「歌謡曲のすべて」は、曲数が増え厚くなりすぎたので、1989年版を「上」とし、これ以降は「下」となっています。 昭和時代の曲はほぼ「上」に入っているので、kei爺爺はこれで十分に間に合います。 まず2冊ある1989年版の一つの背表紙をばらし、スキャナで取り込める状態にしました。 599ページ、929曲をスキャナで・・・延々と・・・取り込み、根気が要りますがやっとパソコンに取り込みました。 それから1曲ごとに jpg ファイルにするのに、また延々と・・・。 それから MobileSheetsPro に取り込むために pdf に変換するのに一工夫しました。 例えば曲No. 101~曲No. さて、最後のステップです。 765. これはもう延々と手作業・・・。 「歌謡曲のすべて(下)」も少し取りこんで、やっと完成しました。 結局 MobileSheetsPro には1500曲以上が登録されました。 なお「歌謡曲のすべて」は版が新しくなると、それまでの曲No. はそのままで、新曲用のNo. がどんどん追加されるのですが、それまでの曲No. で新しい曲と入れ替わることもあります。 今回気が付いたのは次の通りです。 一応、新旧の両方を登録しておきました。 苦労して作った「歌謡曲のすべて」の pdf データをkei爺爺一人で使うのはもったいないような気も・・・。 次の記事へ.

次の

「歌謡曲のすべて」

歌謡 曲 の すべて

「赤本」として歌謡曲集の中で長い間プロの方、愛好家の方に親しまれている「歌謡曲のすべて」は、元々プロの演奏家のレパートリーを集大成したもので、全ページ見開きの実践的な使い良さを持ち、ナツメロから最新ヒットまで1000曲以上が収録され、これ一冊ですべての用途に合うように作られていました。 毎年のヒット曲を追加した年度改訂版を出していましたが、年を追って曲数がふえ、頁数もそれに伴い大変長尺になってきたため、このたびNo. 1からNo. 927までを上巻、No. 928以降を下巻として改訂版として再出発することにしました。 今後とも変わらずご愛用をお願い致します。 なお上巻は年代的にはほぼ明治から昭和までとなっています。 大きな文字で歌いやすい「歌詞集」も出版しています。 収載曲 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• Silent Night 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト :.

次の

何年経っても色褪せない!日本昭和歌謡曲の名曲ランキングを徹底紹介

歌謡 曲 の すべて

歓送迎会や新年会、忘年会、あるいは合コンやパーティの二次会、上司とのスナックなど、さまざまなシーンでカラオケに行く機会がありますよね。 仲間同士で盛り上がったり、人との距離を縮めたりするのにぴったりなので、ついついカラオケボックスを利用する回数も増えてしまいます。 サックスなどを使った妙に懐かしい楽曲は若い人も気に入るに違いありません。 それゆえ最近歌う曲がマンネリ気味、あるいはなにを歌えばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか? そんなカラオケに対するもやもやを解消するひとつの案として、中高年には懐かしく若い世代には新鮮な「 昭和歌謡曲 」を歌うのはいかがでしょうか? 今回は令和の今こそ聴きたい、歌いたい昭和歌謡の名曲を一挙にご紹介します。 Contents• 昭和歌謡とは そもそも昭和歌謡がピンとこない方も多いでしょう。 しかし今、 にわかに昭和歌謡がブームの兆しを見せています。 Googleで「昭和歌謡」の言葉を検索すると約11,200,000件もの候補が出てきます。 (2020年4月現在) また、サジェストキーワード 複合検索キーワード にも「昭和歌謡 歌詞」、「昭和歌謡 カバー」「昭和歌謡 アイドル」「昭和歌謡曲ベストヒット」などが表示され、関心の高さがうかがえます。 では「 昭和歌謡」 の定義とはどんなものでしょうか。 一説によると、もともと 『昭和歌謡』という名称は、60年代から70年代にかけて、 演歌に対抗して生まれた邦楽ポップスを指す用語として誕生したといわれています。 しかし、現代においては 60年代から平成初期に日本でリリースされたポップス、フォークソング、ブルース、ロック、アイドル歌謡、ニューミュージックを包括する流行歌という緩やかな定義へと変化していきました。 東芝レコーディングオーケストラといった縁の下の力持ちが、より良い音楽の制作を担っていました。 カラオケで盛り上がる!男性ボーカルベスト10 ひとくちに「昭和歌謡」と言っても、いざ歌ってみようと思ったらたくさんありすぎて迷ってしまいますよね。 まずはチャレンジしてみたい!という方にイチオシの男性ボーカルの昭和歌謡曲をランキングでご紹介します。 主題歌を担当したのはドラマの出演者であった武田鉄矢が所属するフォークグループ「海援隊」です。 武田鉄矢のものまねイメージが強いこの曲ですが、よくよく歌詞をみると別れる恋人に向けた切ない想いが優しい歌声とギターの音色でセンチメンタルに描写されています。 「これから始まる暮らしの中で だれかがあなたを愛するでしょう だけど 私ほど あなたのことを深く愛したヤツはいない」 ラスト直前では畳み掛けるように、あきらめと少しの抵抗を投げかけます。 ふられたばかりの時にこの曲を歌えばきっと強く感情移入できるでしょう。 エモーショナルな曲調に徳永英明特有のウィスパーヴォイスが重なることで魅力の増すこの曲。 柔らかな歌声のほうがマッチするので、声量に自信がない人もチャレンジしやすいでしょう。 また男性ボーカルにしては高めの音域なので 女性も歌いやすいです。 徳永英明の代表曲となったこの曲はベストアルバム『SINGLES BEST』の一曲目を飾っています。 『SINGLES BEST』の収録曲には、あの有名な『 』や『 』もあります。 老若男女なぜかみんな盛り上がってしまう曲、それがこのナンバーです。 問答無用で歌い手の世界に観客を引き込めます。 このサビを歌いだす頃には観客と気持ちが一体となっていることでしょう。 最後に「ジャパン!」とみんなで声を合わせれば、 何かひとつ大仕事をなしとげたような充実感に満たされること間違いなしです。 この曲の作詞を担当したのは、チェッカーズの『 』や中森明菜の『 』、山寺宏一の『 』など、数々のヒット曲を世に生み出した売野雅勇です。 惜しくもベスト10入りにはなりませんでしたが、男性ボーカル曲には他にも山下達郎の『 』や布施明の『 』、美樹克彦の『』 なども盛り上げ曲としておすすめです。 木村好夫作曲の五木ひろし『』などの楽曲も人気を博しました。 カラオケで盛り上がる!女性ボーカルベスト10 もちろん女性ボーカルの昭和歌謡曲も多彩にそろっています。 ネットでも話題のダンスナンバーから、いまでも根強いファンが存在するアイドル歌謡まで、ベスト10を紹介します。 アニメ番組の主題歌だっただけあり、キャッチーな歌詞と安定感のある曲調でとても覚えやすいです。 「 お願い タッチ タッチ ここにタッチ」というストレートな詞はテンポよく、跳ねるように歌えば片思いの相手にちょっとしたアピールができそうです。 惜しくもベスト10入りにはなりませんでしたが、女性ボーカル曲には他にも中島みゆきの『 』や竹内まりやの『 』などもあります。 都はるみの『』や美空ひばりの『』、中村晃子の『』なども人気です。 歌謡曲ではありませんが、大杉久美子(芸名:柴山モモ子で活動期間あり)の『』といった昭和のアニメ曲も、カラオケで歌うと盛り上がりますよ。 カラオケといえば!名曲デュエットベスト5 ソロで歌うのもいいけれど、時には デュエット曲に挑戦してみませんか? 昭和歌謡曲には、初心者が笑顔で楽しみながら歌えるものから、二人のハーモニーを味わう本格的なものまで多彩なデュエット曲が存在します。 たまには趣向を変えてチャレンジしてみたい!そんな方のために、王道の昭和歌謡デュエット曲ベストコレクションをご紹介しましょう。 ここでは昭和歌謡とその世界観を十二分に堪能できる選りすぐりのバーをご紹介いたします。 歌謡ヒット曲BAR〈新宿ヤングマン〉 新宿3丁目にある タイムスリップ酒場「新宿ヤングマン」。 まさに令和から昭和へタイムスリップしたかのような気分を味わえます。 10,000本以上ある映像から、リクエストに応じて昭和の懐かしい歌謡曲を流してくれるのがお店の特徴。 飲み放題メニューもあるので、お酒をしっかり楽しみつつ、昭和の世界に浸れます。 昭和歌謡BAR GINZA〈バー楽屋〉 昭和のヒット曲をBGMにお酒が楽しめるバーです。 昭和の名曲35,000曲が揃い、また世界のお酒500種類の中からセレクトできるのも魅力的です。 内装も昭和レトロ感漂うこだわりのバーです。 ノスタルジックな要素満載のポスターやメニューが、昭和歌謡の魅力をより一層引き立てます。 かっこいい昭和歌謡の影響を受ける現代アーティストは多数 最近では 若手アーティストのなかでも「 ネオ昭和歌謡」とでも位置づけられそうな人々が登場してきています。 特撮俳優出身者を中心に結成されたムード歌謡コーラスグループの「 純烈」や、お色気スパイ歌謡ユニット「その名はスペイド」から歌謡モッド・ポップをテーマにした「野佐怜奈とブルーヴァレンタインズ」などを経て2018年4月に昭和歌謡のカバーアルバムを発売した「 野佐怜奈」など、現代でも昭和歌謡の流れを受け継ぐ歌手たちが存在するのです。 さらに最近のクラブシーンでは、昭和の歌の奥深さが再評価され「 和モノレアグルーヴ曲」として、国内外で人気を集めています。 昭和のレア曲の音源を求めてレコード店に足を運び、期間限定のレコードや特典付のレコードなどを購入する人が増えています。 特典はすぐに終了することもあるので、特典終了してしまう前に購入するのがいいでしょう。 「懐かしくて楽しい!昭和歌謡曲で盛り上がろう」 現代はなんでもデジタル化され、恋人の電話番号もスマートフォンが記憶しています。 しかし一昔前は電話のダイヤルをまわすために、とっておきの言葉のように恋人の電話番号をしたためた電話帳を広げたものです。 いつしか記憶してしまい無意識にダイヤルがまわせるようになるのも、相手を愛する証拠のようなものでした。 家族が出るかもしれない、いないかもしれない…いつ話せるかわからない…そんな限られた条件の中おのずと相手に伝える言葉は今よりもストレートだったと想像できます。 現代からみたら不便ではありますが、懐かしさの一方で、どこか新鮮にも感じられます。 今の音楽と昭和歌謡の距離もそれに似ています。 古さがどこか新しいのです。 今回ご紹介してきた以外にもまだまだ多くの昭和歌謡アーティストが存在します。 楽曲を聴けば、 往年の美人女優・尾崎奈々 が映画で活躍した時代が脳裏に浮かんでくるでしょう。 もっと情報を知りたいならば、昭和歌謡に特化した新品・中古商品コーナーを持つCD店のディスクユニオン昭和歌謡館(付近にユニオンレコード新宿あり)や、昭和歌謡曲映像バーで有名な町田ヒットパレードなど、さらなる発掘の場へ足を向けて東京レコード散歩をしてみてはいかがでしょうか。 貴重なシングルレコード・シングル音源が見つかるかもしれません。 コンパクト盤音源(CD)とは違う紙ジャケット仕様のレコードは、若い人も妙に懐かしく感じますよ。 中古商品を購入する際はしっかり盤質も確認しましょう。 ディスクユニオン新宿CD・レコードアクセサリー館ではレコードプレーヤーも購入することができます。 佐藤健一さんがラジオパーソナリティーを担当するラジオNIKKEIの「昭和歌謡セレクション」という番組では、昭和30年代〜60年代にヒットした曲を毎週オンエアしています。 昭和歌謡曲を気軽に楽しめるのでおすすめです。 今ではネットで簡単に昭和歌謡のCD・レコードを購入することもできます。 レビューを参考に、お気に入りを見つけたらカートに入れておきま しょう。 送料無料のネット通販も多いので、お得に購入 できますよ。 昭和歌謡のシングルコレクションやアイドルコレクションのCDもおすすめ。 ディスクユニオンのネット通販ならウォントリストで、注文不可・ 在庫なしでも入荷したらお知らせがくるので便利です。 発売当初は平均400円ほどでも、今はプレミア価格になっているものもあります。 たまの贅沢にプレミア商品を手に入れてみませんか。 「古賀政男とその時代 明治大学マンドリン倶楽部昭和歌謡を奏でる」といったCDで昭和のメロディーを味わうのも通な愉しみ方ですね。 いつの時代になっても、昭和歌謡は常に懐かしく、どこか新しいものとして、人々を楽しませ続けることでしょう。

次の