三平 rci 勝てない。 【悲報】僕がFXで勝てない理由【戦略がありません/負けて当たり前】

三平式RCI 組み合わせ最強伝説: 豆知識ブログ

三平 rci 勝てない

よぉ!トラック乗りのあんちゃんだ 前から言っているが、俺はFXでの簡単に出来る手法での投資とは別に、裁量トレードもしている。 裁量の方がコロナで負け続けなので、Twitte界での有名人でのトレード方法を参考にさせて貰おうと調べてみた。 「三平式」RCIを用いた手法らしいが、29800円の手法。 (半年前は1万円ぐらいだったと思うが、彼もお金が必要なのだろうか?すごく、稼いでいるはずなのだが・・・) でも、人気の手法らしいので、購入するか調べてみた。 この三平式氏購入者の声としてリツイートしたり、まとめて紹介している。 なにやら、下の方・・・・ 健康食品の様な注意書きが・・・ 大丈夫か?責任逃れの様なこの文章? 読んでみると、皆様「勝てるようになりました」など書いています。 これさえ買えば俺も勝てるのか? 簡単に29800円を出すわけにはいかない。 三平式氏が集めた感想なんて、いい事書いているのしか集めない決まっている。 その、感想を書いている、数人を調べると、三平氏を褒めることしかしない。 三平式氏のリツイートしかしていない。 これって?自作自演んなのか? 話しかけられた人にも返信していないなんて、普通の人ではあり得ないんじゃないか?? 疑り深い俺はTwitterなど調べて、褒める以外を見てみようと。 両方を見て、購入を決めようと思った。 すると、結局、どの手法でもある「ここで売り」「ここで買い」など 後から見ると分かる結果論での手法ではないかと察せれるツイートが数多くみれた。 三平式RCI感覚掴めなくて、投げてたけど低ロット千本ノックからもう一度やってみるかな。 Twitter見てたら勝てるようになったって人居るし。 — R犬 崖っぷち。 焦って何やてるのかわかんなくなってる、反省(><) — トントンFX rimuru0913 三平式RC Iなかなかうまくいかないー。 後から見ればエントリーチャンスだったとか入り間違ったとか分かるんだけど、その瞬間になると判断ミスってるなー。 だからこそ練習してくださいと書いてあるんだろうけどね。 うーむうーむ。 29800円が月に100本売れれば298万円 ぼろい儲けです。 上手い事やるなと関心しました。 三平氏の作られた8980円のグループ内でもトラブルも多いみたいで、 学校の様にイジメみたいなのがあるようですね。 三平式氏、去年の為替での収支がプラス2000万円でそのうち月に330万(年間4000万)だそうです。 おはようございます😃 なんか、俺のことをよく思っていない三平式の方がいることが判明したので復帰するかどうか迷ってます。 アンチがいる三平式に戻りたくありませんからね — アナゴっち 本業と復業で稼ぐ! anagotting 今回、調べて思った事は、タダで出来るRCIで商材売って、ボロ儲けを考えた三平氏はエライ! グループに月8980円とか腹黒い。 笑 俺は養分にされたく無いので、買いません。 でも、今回調べて三平氏に習った事がある。 俺もボリジャーバンドで儲ける手法なんて売ってやろうかな。 パフォーマンスで大した事ない手法も、自作自演で儲け話になるのだと、感じれた。 詐欺とまで書くと、皆さんの夢を壊すので、書きませんが、購入しようとしている人の参考になれば。 文の頭に書いたが、裁量とは別の投資はコロナでもリーマンでも変わらず儲かっている。 変な手法に3万円だすなら、固くいけるこちらの方が儲かると強く感じました。 初心者なら余計に簡単で分かりやすいので、お勧めです。

次の

FX66週目:三平式RCIトレード 6/22~6/26の成績

三平 rci 勝てない

「テクニカルを根拠にトレードしているけど、全然勝てない」 「たまに勝てるけど、資金が増えない」 今回は、そんなお悩みを解決していきます。 あなたがいま使っているテクニカル手法は、「これなら勝てるぞ!」と思ったから使っているはずです。 自分なりに研究して、自分のトレード手法を見つけたことは非常に素晴らしいことです。 世の中のトレーダーには、本に書いてある通りの手法や、サインツール頼りでトレードしている人もいるくらいですから。 そんな人に比べれば、あなたはトレーダーとしての立場ははるかに上位です! でも、 やっと見つけた手法が勝てないと、悲しくなりますよね… テクニカルを根拠にしているトレーダーはたくさんいますが、あなたもご存じの通り、その大半は勝てていません。 それはなぜでしょうか? この記事ではその理由と対策を解説していきます。 テクニカル分析で勝てない人の傾向 テクニカルで勝てない人のほとんどが、以下の項目に該当します。 わずかなテクニカル根拠でエントリーしている• 自分のトレードを振り返ってみてください。 「お、そろそろエントリーサインがでそうだ。 でも、サインが出るまで待つと置いていかれるかもしれない。 そうなる前に先にエントリーしておこう!」 なんてスケベ心を持ってエントリーしていませんか? で、後から見たらエントリーサインが出ていなかったパターンです。 エントリーサインが出ていないにも関わらずエントリーしたことになるので、テクニカルに沿ったエントリーとは言えません。 インジケーターを増やすとエントリーポイントを絞りやすくなりますが、同時に以下のことが起こります。 決済ポイントが増える• 決済した後にさらにレートが伸びて悔しい思いをする インジケーターを増やすと、決済サインもインジケーターごとにでます。 決済サインが増えるとどうなるか? 「あ、このインジケーターがもうすぐ反発しそうだ!含み益が減る前に決済しておこう!」 と考え、微益で決済することになります。 やっと見つけたエントリーポイントなのに、決済はすぐにしてしまう。 これではいつまでたっても大きな利益は獲れません。 FXはテクニカルだけでは勝てない理由 テクニカルインジケーターはFXトレードを優位に進めてくれるトレードですが、チャートに設定するだけでは勝てるようになりません。 その理由は3つです。 使っているテクニカルインジケーターについて理解していない• レートが動く仕組みをわかっていない• ロット計算が間違っている それぞれについて解説していきます。 使っているテクニカルインジケーターについて理解していない 「人気だから」「教材に書いてあったから」 それだけの理由でテクニカルインジケーターを設定していませんか? これからFXを始めようとしている初心者に「移動平均線とは何ですか?」と聞かれて、あなたは説明できますか? 説明できなければ、まだテクニカルインジケーターについて理解が足りていません。 「このテクニカルインジケーターを表示させることで、何が相場から読み取れるのか?」 「テクニカルのエントリーサインは、相場がどんな時にでるのか?」 「エントリーサインが出た時に、テクニカルインジケーターは何を示しているのか?」 よく分からないままテクニカルインジケーターを表示させているなら、いますぐ消しましょう。 ただの邪魔です。 レートが動く仕組みを理解していない レートはテクニカルに沿って動くのではありません。 人が売買するから、レートは動くのです。 テクニカルインジケーターは「売買した結果をわかりやすく表示させたもの」です。 「人がどんな時に売買するのか?」を理解することで、レートが動く仕組みを理解できます。 レートが動く仕組みについては、次の記事で詳しく解説しています。 ロット計算が間違っている テクニカル手法ルールに沿ってトレードしているのに、資金が増えるどころか減っている人は、ロット計算が間違っています。 テクニカル通りにエントリーしても、レートが逆行してしまうことはあります。 「逆行した、やばい!損切りしておかないと、とんでもない損失になる」 そう考えて、逆行したらすぐに損切りしていませんか? そんなトレーダーは「損切貧乏」になっているケースが大半です。 損切貧乏は「含み損に耐えられない」ことが原因です。 克服するためには「含み損に耐えられるロット」でエントリーすることがポイントとなります。 含み損に耐えられるロットでエントリーする方法については、次の記事を参考にしてください。 テクニカルで勝つための対策 これまで説明してきた内容を踏まえて、テクニカルで勝つための対策を紹介します。 テクニカルインジケーターは3つまで• 過去検証をしっかりと行う• なので、いっそのこと使うテクニカルインジケーターを3つまでと決めてしまいましょう。 そうすれば、より厳選してインジケーターを選ぶことになるので、選んだインジケーターについて詳しく勉強するようになります。 バランスが良いのは以下2つの組み合わせです。 トレンド系1つ + オシレータ系1つ• トレンド系2つ + オシレータ系1つ このルールが1番バランスが良く、損小利大トレードが期待できます。 具体的な使い方は次の通りです。 トレンド系のインジケーターを使って、トレンドなのか?レンジなのか?を判断• オシレータ系のインジケーターを使ってエントリーポイントを探す• トレンドエントリーなら、トレンド系テクニカルがレンジを示唆したら決済• レンジエントリーなら、オシレータが反対まで進んだら決済 要は「それぞれのテクニカルインジケーターが得意としている分野を理解しましょう」ということです。 ちなみに私が使っているのは「移動平均線とRCI」の2つだけです。 これだけで月間300pips獲れています。 過去検証をちゃんとする テクニカル手法を作ったのなら、その手法がちゃんと勝てる手法なのかを検証してください。 勝てない手法を使っていては意味がありません。 デモトレードでもいいですが、時間がもったいないので、何倍速で検証ができる検証ソフトを使うのが効率的です。 検証ソフトは有料のものが多いですが、ちゃんと勝てる手法を見つければ、すぐに相場からもとが取れます。 モニター横や壁に貼っておいて、トレードする前に見るようにします。 エントリーしたくてしたくてしょうがない時に見ることで 「あ、エントリールール以外だった!」 「検証して勝てる手法を見つけたのだから、この手法通りにトレードすれば勝てるんだ!」 このように自分をコントロールするのに役に立ちます。 ただし、毎回見る癖をつけないと「景色の一部」になりますよ。 まとめ いまあなたが使っている手法は、勝てる手法ですか? 勝てる手法なのであれば、変える必要はありません。 この記事を読んだあなたが 勝てていない理由は、ズバリ「勉強不足」です。 教材通りの手法を使っているのに、自分だけ勝てないのは騙された気分になりますよね。 いま使っているテクニカル手法をもっと理解すれば、違う視点から相場を見ることができるようになります。 FXはインジケーター通りにトレードして勝てるほど甘い世界ではありません。 FXで数億円の資産を気づいているトレーダーでさえ、毎日Twitterで情報発信したり、YouTubeで生トレード配信したりと、より勝てるように努力をしています。 生活の一部にFXを組み込んだ人が、FXで勝てるようになるのです。

次の

FX66週目:三平式RCIトレード 6/22~6/26の成績

三平 rci 勝てない

『3本のRCIを使った手法は知っているけど、なかなか勝てない・・・』 そう、一般的に紹介されているRCIを3本表示させた手法だけでは勝てません。 それでは、どうしたらいいのでしょうか? そこで、この記事では• RCIの使い方• RCIを利用した手法• 高確率トレードの設定方法• 環境認識 以上の内容を惜しみなく解説していますので、RCIをお使いのトレーダーの方は何度も記事を読み返してトレードの参考にしてください。 この記事を理解するだけで、RCIトレードの 成績が向上するだけでなく、 トレードスキルも上がります。 さらに、すべての手法に対する考え方も 大きく変わることでしょう。 それでは、さっそく解説していきます。 RCI手法について まずはじめに、RCI手法についての考えをお伝えします。 RCI手法に限らないですが、トレードルールを構築するときは、私は、以下の2点を必ず取り入れます。 シンプルであること• トレード環境を選ぶ ひとつずつ解説します。 シンプルであること RCIを使った手法に限らず、トレード手法はシンプルでなければいけません。 もちろん、複雑なルールがダメだというつもりもありません。 しかし、 千回万回繰り返すトレードで、同じ判断ができなくては、意味がありません。 そして、スキャルピングやデイトレードをされている方であれば、瞬時の判断と決断が必要になってくるので、なおさら、手法はシンプルなルールがベターです。 ルールが複雑すぎてミスをしてしまったり、ルールを破ってしまう。 それが、トレードで、負けてしまう一番の要因です。 ですので、 手法は『Simple is Best!』 トレードする環境を選ぶこと 必ず手法とセットで考えなければいけないもの。 『優位性』です。 それぞれの手法が得意としている環境を選んで、トレードしなければ、まず勝てません。 補足 RCIの使い方をご存知の方は、次の章へお進みください。 3本表示したRCIの使い方を、まだご存知ではない方のために、簡単に分かりやすく解説しておきます。 短期・中期・長期の3本のRCIを使用する RCIを3本表示させた手法は、基本的に [短期9][中期26][長期52]の3つの期間設定のRCIを利用します。 それぞれの期間のRCIの使い方を簡単に解説しておきます。 短期|RCI9の使い方 [RCI9]は、短期間の期間設定ですので、3本のRCIの中でもっとも敏感に反応します。 短期間での買われ過ぎや売られ過ぎを、敏感に感知するので、主に、 [RCI9]は、エントリーのタイミングやトリガーで使用します。 中期|RCI26の使い方 [RCI26]は、3本のRCIの中で、中期の期間設定です。 ですので、値動きと共に、チャートに沿った動きをします。 [RCI26]の主な使い方は、見ているチャートの方向性を示してくれます。 長期|RCI長期52の使い方 [RCI52]は3本のRCIの中で、最も長期間の期間設定になっています。 ですので、一度示した方向が急に変わることはありません。 [RC52]の主な使い方は、上位足のチャートの方向性を示してくれます。 売られ過ぎゾーン・買われ過ぎゾーン RCIは、オシレーター系インジケーターになります。 RCIインジケーターの場合、インジケーターが示す数値で [ トレンドの方向]や[売られ過ぎ][買われ過ぎ]のシグナルを知られてくれます。 RCIのインデックス(%)と状態を、まとめておきます。 画像のように、 中期26や長52の方向に合わせて、短期9でタイミングを計ってトレードしていくのが、RCIの基本的な使い方になります。 RCI3本手法を高確率にする RCIを3本表示した手法はいろいろありますが、以下の2つの王道手法だけで十分です。 RCI手法A| 2重底(2天井)のトレンドフォロー• RCI手法B| 3重底(3天井)の逆張りトレード 売りの場合は、2重底で反対のルールになります。 実際に、画像で確認してみましょう。 トレードすればすぐに分かると思いますが、RCIのシグナル(オシレーター系インジケーター)だけでトレードすると、 不安な状態でトレードになりません。 正確には、そんなトレードはしてはいけません。 オシレーターの微妙な動きに心を揺さぶられて、 『本当に買いでいいのか?』 『中期が少し下降し始めたけど、買っていいのか?』 『長期と中期の張り付きが微妙・・・買い優勢と判断していいのか?』 など、自信を持った一貫したトレードができないと思います。 そこで、トレンド系インジケーターMA(移動平均線)を使ったトレードロジックを追加して、もうひちつ後押しとなるエントリー根拠を作ります。 こちらも、 王道中の王道ロジック、パーフェクトオーダーです。 MAを利用した環境認識と詳しい手法については、 で解説しています。 3本のMAを利用してマルチタイムフレーム分析することで、さらに伸びるポイントを絞ることができます。 買いを検討する場合は、 上から順に、 短期MA、中期MA、長期MAが揃った時のみエントリーを検討するようにします。 実際に、画像で確認してみましょう。 短期MA、中期MA、長期MAが綺麗に順序よく並んでトレンド状態を示唆していますね。 これが、MAのパーフェクトオーダーです。 ここで、注目して欲しいポイントがあります。 エントリーしたA〜Cです。 A〜Cのすべてのポイントが、 2重天井っぽい ということです。 買い相場なのは分かりますが、微妙にRCIの位置がずれているので、 正確には2重天井ではないです。 【A】長期52が完全に+80に張り付いていないので、2重天井ではないのではないか? 【B】中期26が+80以上に張り付いていないので、2重天井ではないのではないか? 【C】長期52が+80以上を下回っているので、2重天井ではないのではないか? リアルタイムでチャートを見ていると、『もしかすると、ここから価格が下がるんじゃないか?』と不安がよぎり、 エントリーに躊躇してしまうはずです。 しかし、価格は続伸。 エントリーを逃したら、機会損失になってしまいます。 このように、RCIは、トレンドとエントリータイミングを分かりやすく示唆してくれますが、 誤差レベルの微妙な判断が難しいです。 ですので、「RCIの3本表示」だけに頼るトレードには限界があります。 このような経験をされたトレーダーは、非常に多いのではないでしょうか? そんなときに、MA(移動平均線)のパーフェクトオーダーロジックが後押ししてくれるというわけです。 オシレーター系RCI手法に、トレンド系MA手法を加えて、自信の持てるエントリー根拠にしていくわけです。 しかし、これで、高確率とはいかないんです・・・ そうです! 手法と環境選びはセットです。 手法には、必ず、その手法に合う環境を選ばなければいけません。 環境があって、初めて手法が活かされ るんです。 RCIもMA(移動平均線)も、残念ですが、価格を加工してビジュアル化した遅効性のインジケーターです。 高値や安値、サポレジなど、価格の動きをしっかり確認しながら、手法を当てはめていきま しょう。 トレンドフォローですので、最低ひとつ上の上位時間足くらいの流れは確認しましょう。 詳しい環境認識はこちらの記事をご参考にしてください。 【】 【】 それでは、実際に画像で確認してみましょう。 【日足】 下降トレンドだったが、戻り高値をブレイクして、日足の目線は『買い目線』に転換。 【4時間足】 4時間足は、押し安値を切上げながら上昇トレンドを継続。 押し安値を割るまでは、『買い目線』を継続する。 【日足】【4時間足】の環境認識から、買い目線なのは明確です。 最後に、RCI手法の2重天井トレンドフォローを当てはめれば、どのような場面よりも、高確率(安全な環境)で手法を活用することができますね。 再度、画像で確認してみましょう。 このような丁寧なトレードを繰り返していくと、利益は残っていきます。 MT4インジケーター「RCI Perfect」については、 【】で詳しく解説しています。 RCI手法B|3重底(3天井)の逆張りトレードとその他について RCI手法B|3重底(3天井)の逆張りトレードについて 3重底(3重天井)の逆張りトレードは、チャートを見れば一目瞭然・・・ 一般的に紹介されているような、3重底や3重天井のサインだけに従っていれば、まず損切りの嵐です。 しかし、RCIとMA、ZigZagを使った 高確率な逆張りロジックがあります。 上手くいけば、あまり使いたくない言葉ですが、 爆益トレードになるときもあります。 こちらのロジックは、[RCI Perfect購入者専用サイト]で解説しています。 パラメーターについて 解説の画像で使用していた、MAやZigzagのパラメーターついてですが、ご自身が現在お使いのMAやZigzagでも問題なく活用できると思います。 もちろん、しっかり検証されてから、実トレードされて下さい。 推奨パラメーターに関しては、[RCI Perfect購入者専用サイト]で、ご紹介させて頂いています。 押し目や戻り目を判断するのにRCIというインジケーターを利用した手法があります。 【RCI Perfect1. 1】は、自由自在にエントリーサインを点灯させてくれます。 詳しくはで解説しています。 まとめ 最後に、エントリーまでの、大切なポイントをまとめておきます。 もちろん、リペイントもないので過去検証もしっかりでき、トレードの正確性やトレード負担を軽減してくれる非常に便利なインジケーターになっています。 詳しい機能は、以下の記事で詳しく解説しています。

次の