梅雨明け いつから。 2020年関東の梅雨入り梅雨明けの時期予想!平年はいつからいつまで?

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

梅雨明け いつから

気がつけばも過ぎ、盛夏がもう目前に迫ってきています。 以前、梅雨入り予想をしましたが、せっかくなので梅雨明け予想もやってみましょう。 の1ヶ月予報などを元に検討していきます。 平年の梅雨明け日はいつ? まず最初に、平年の梅雨明け日を確認しておきましょう。 出典:「 」 7月3日の現時点では、沖縄のみ梅雨明けが発表されています。 九州北部〜関東では、おおよそ7月前後が平年の梅雨明け日となります。 ちょうど海の日前後ということですね。 カの数値予報(GFS)による計算をチェックしておきましょう。 出展: この期間は、 梅雨前線が引き続き西〜東日本付近をうろうろしそう。 太平洋高気圧は日本の南に張り出し、日本付近は高気圧の縁辺を回る暖かく湿った空気の影響を受けやすい状態が続きます。 ECMWFによる7月2〜10日までの合計降水量の予測は以下の通り。 出展: 西〜東日本(特に九州)の南西斜面を中心に、梅雨末期の災害級の大雨に警戒が必要です。 この期間、平年よりも降水量が多くなる見込み。 引き続き日照時間も全国的に少なくなりそう。 の季節予報で気温の傾向を確認しておきましょう。 出展:(季節予報) 大雨の影響をもろに受ける地域では顕著な高温傾向はありませんが、高気圧の縁辺を回って南から流れ込んでくる暖かく湿った空気の影響を受け、 を中心に平年よりも気温が高くなる見込みです。 カの数値予報()による計算をチェックしておきましょう。 出展: 1週目と打って変わって、 2週目は梅雨前線が北上し、西日本を中心に太平洋高気圧に覆われる ようになります。 もしそうなると、 平年よりも早い梅雨明け です。 (東北南部まで梅雨明けにするかが微妙なラインですが、東北南部もこのタイミングで梅雨明けさせる気がします。 ) 一方、 梅雨前線が停滞するでは、平年よりも多い降水量となる 見込みで、大雨にも注意が必要です。 一気に真夏がやってくる感じになるでしょうね。 出展:(季節予報) の2週間予報をみるとこんな感じ。 西日本も10日頃を境に、2週目は高温が予想されています。 出展:(2週間気温予報) 急に蒸し暑くなるので、畑作業などでのには要警戒です。 35度を超えるのエリアも一気に増えてくるでしょう。 カの数値予報()による計算をチェックしておきましょう。 出展: 太平洋高気圧が日本付近に張り出します。 東北北部の梅雨明けも3週目の初め頃には発表されるのではないでしょうか。 東北北部の梅雨明けの平年値は7月31日ですので、もしそうなるとこれまた平年よりもかなり早い梅雨明けです。 また、この頃から、フィリピンの東で台風が発生しやすくなりそう。 太平洋高気圧が日本にしっかり張り出している状態では、なかなか本州付近には上陸しにくくなりますが、 そろそろ台風の動向にも気をつける必要が出てきそう ですね。 の1ヶ月予報の気温予報をみても、 引き続き全国的に高温傾向で あることがわかります。 出展:(季節予報) なお、この先1ヶ月を通した降水量と日照時間の予測はこちら。 出展:(季節予報) 西日本が平年よりも降水量が多い予測となっているのは、主に1週目の雨量が多いことが反映されているのでしょう。 西日本は2週目以降は晴れる日が多くなるとみられています。 2週目は中心に前線が停滞するため、は平年よりも降水量が多く、日照時間も平年より少なくなるとみられています。 いわゆる 梅雨末期の災害級の大雨に要警戒(特に九州)。 大雨が続くエリアは気温の上昇も鈍いですが、少しでも晴れ間が出ると気温がぐんぐん上がり平年以上の暑さとなるので注意です。 梅雨明け後は、35度以上ののエリアも増えるでしょう。 に要警戒です。 なお、この頃になると、 台風の動向にも注意が必要になってきそうです。

次の

2020年関東の梅雨入り梅雨明けの時期予想!平年はいつからいつまで?

梅雨明け いつから

暑中見舞いの時期はいつから始まる? 実は暑中見舞いの始まる時期って、明確に決まっているかといえば、そうでもないんですよね。 「何月何日!」という風にはなっておらず、じゃあ何で判断すればいいのかって思いますが、これが3パターンあるんです。 困ったことに・・・。 最も暑い時期 大暑。 立秋に入る前の約18日間前~。 以上の3つが、一般的な暑中見舞いの始まる時期の目安です。 ただこの認識も人それぞれ違ってくると思いますので、送るお相手がどれを基準に常識ととらえているのかによっては、こちらが非常識と思われる可能性も。 なので出してもいい時期の始まりは7月7日なのですが、平均的に見た結果。 私としては7月20日を一番おすすめしたいと思います。 7月20日がオススメな理由 まず1つ目は、お中元を贈る時、相手の住む地域によっては表書きを「暑中見舞い」と記すことがあるため 関東では7月15日までがお中元を贈れる時期とされている。 社会人になってしまえば全く関係ないっちゃないのですが、どこか1つの季節の区切りとして意識している部分が共通にあるのではないかと。 暑中見舞いの期間はいつまで?いつから残暑になるの? 暑中見舞いの期間がいつから始まるものか、明確に決まっているわけではないという話を先ほどしたので、期間も曖昧なんじゃないの?と思われるかもしれませんが。 暑中見舞いの期間がいつまでなのかというのは、はっきり決まっているんです。 これは「立秋に入るまで」ですね。 そもそも暑中見舞いの「暑中」というのが、一年で一番暑い時期を指す言葉なんです。 二十四節気でいう小暑 7月7日頃 ~大暑 7月23日頃 ~立秋 8月7日頃 までの約1ヶ月の期間が暑中とされています。 夏の土用の期間も立秋 8月7日頃 より前の、約18日間を指しますので、いつまで出せるのか考えるならば「立秋」が境目と覚えるといいですね。 この理屈でいえば、8月の7日以降が「残暑見舞い」になります。 ちょっとここで豆知識なのですが、8月の7日ってとても「立秋」って言葉が似合わないと思いませんでした?この日から秋が始まるって言われても・・・。 8月上旬ってまだまだ夏真っ盛りじゃねーか! と、思わずツッコんだ方もおられるのではないかと。 これは二十四節気が元々中国の気候を元に名付けられたものだったため、日本とはズレが生じてしまっているんですね。 なので、海に囲まれている日本はピークがずれ込み、結果むちゃくちゃ猛暑真っ盛りにも関わらず、暦の上では「立秋」となるわけです。 ちょっとここら辺は時代の移り変わりや昔からの風習で残っているものなので不思議に思う方もいるかもしれませんが、何日まで!と決まっていて分かりやすいですし、結果的にはありがたいことかもしれませんね。 というわけで、 暑中見舞いとして出せる期間は「立秋 8月7日 」までです。 スポンサーリンク 暑中見舞い梅雨明けはいつごろ?梅雨明け前は出せない? 暑中見舞いを出す時期もいつまで出せるかもバッチリ!と思った方でも、これに関してはまだちょっと心残りがあるのではないでしょうか。 というか、かなり気になることだと思います。 暑中見舞いの時期や期間を詳しくご存じない方でも、「梅雨が明けてから」ということは知ってる場合が多いです。 なのでテレビで梅雨明け宣言されてから送ろうと決めている方もいると思います。 しかし、相手のお住まいの地域によっては梅雨明けの時期はまちまちですし、天候が毎年安定しているのかといえばそうでもありませんよね。 なので、梅雨明けがいつになるのか、相手の地域の梅雨明けなんて予想つかないし困ったな・・・とお困りの方のために。 東北~沖縄までの梅雨明けの日の平均値を調査したので、ぜひご参考までにご覧ください。 これらはあくまでも「2016年~2010年までの梅雨明けの平年」を割り出しているだけですので、絶対というわけではないという旨ご理解いただければ、と思います。 ちなみになぜ沖縄はあるのに北海道は記載していないのか?については、北海道って梅雨という時期がないんです。 なので梅雨明けの平年を割り出すための情報が、北海道だけはどうしても集めることができませんでした。 といっても、その年によっては梅雨明け宣言がなかったりなんて場合もありますよね 汗 そんな時は梅雨明け前でも気にせず、時期が来たら出しても問題ありません。 もらった相手も「梅雨が明けてもないのに!」なんて怒ったりしないでしょうし。 まとめ いかがでしたか? 季節のご挨拶をはがきやメールなどを送る時、暑中見舞いの時期がいつから始まり期間がいつまでなのか、梅雨明け前に出すのはどうなのか、ということについてご紹介させていただきました。 自分が知っている常識と世間一般の常識にズレはないか、合っているのか気になった方も、これで安心して出すことができるのではないでしょうか。 暑い日々を元気に過ごされているのかどうかを気遣う気持ちが大事ですが、こういうマナーにも気を付けられるといいですね。

次の

去年は早すぎた梅雨明け 今年は梅雨空いつまで続く?(日直予報士 2019年07月09日)

梅雨明け いつから

2019年の梅雨明け予想はいつ? では、今年の梅雨明けがいつになるのか予想していきます。 なお、グラフが途中で切れている箇所は観測ができなかった年度のデータを表しています。 東北地方北部(青森県、秋田県、岩手県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 東北地方北部の梅雨入りは最も遅く、平年6月14日頃です。 2018年の梅雨入りは、平年よりも3日早い6月11日頃でした。 東北地方北部で一番早かった梅雨入りの時期は1997年6月2日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1967年7月3日頃。 平均値を見るとほぼ横ばいで、長年にわたって梅雨入りの時期はほとんど変化してません。 データを基に予想すると、梅雨入りは6月8日~21日頃と思われます 東北地方北部は、平年7月28日頃に梅雨明けしています。 2018年は、平年より9日早い7月19日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨明けの時期は1978年7月8日頃、一番遅かった梅雨明けの時期は1991年8月14日頃です。 平均値を見ると、梅雨明けがやや遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨明けは7月19日頃~8月3日頃と思われます。 東北地方南部(山形県、宮城県、福島県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 東北地方南部は、本州よりも約1週間ほど後に梅雨入り・梅雨明けすることが多い地域です。 平年6月12日頃に梅雨入りしています。 2018年の梅雨入りは、平年とほぼ同じ6月10日頃でした。 東北地方南部で一番早かった梅雨入りの時期は1959年の6月1日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は2017年の6月30日頃。 平均値を見ると、梅雨入りが遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは6月2日~16日頃と思われます。 東海地方は、平年7月25日頃に梅雨明けしています。 2018年は、平年より11日早い7月25日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨明けの時期は1978年7月5日頃、一番遅かった梅雨明けの時期は1987年8月9日頃です。 平均値を見ると、梅雨明けがかなり遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨明けは7月14日頃~7月29日頃と思われます。 北陸地方(新潟県、富山県、石川県、福井県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 日本屈指の豪雪地帯でもある北陸地方は全国的にも降水量が多い土地柄です。 梅雨は長引きがちで降水量も多いので、お出かけの際には注意が必要です。 そんな北陸地方は、平年6月12日頃に梅雨入りしています。 2018年の梅雨入りは平年とほぼ同じ時期の6月9日頃でした。 北陸地方で一番早かった梅雨入りの時期は1956年の5月22日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1987年の6月28日頃。 平均値を見ると、梅雨入りがかなり遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは6月2日頃~18日頃と思われます。 北陸地方は、平年7月24日頃に梅雨明けしています。 2018年は、平年より15日早い7月9日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨明けの時期は2001年7月2日頃、一番遅かった梅雨明けの時期は1991年8月14日頃です。 平均値を見ると、梅雨明けがかなり遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨明けは7月13日頃~7月25日頃と思われます。 関東甲信地方(東京都、栃木県、群馬県、埼玉県、茨城県、千葉県、神奈川県、長野県、山梨県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 東海地方は、基本的に本州の大多数の地域とほぼ同じ時期に梅雨入り・梅雨明けします。 平年6月8日頃に梅雨入りしています。 2018年は、平年とほぼ同じ時期の6月6日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨入りの時期は1963年の5月6日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は2007年の6月22日頃です。 平均値を見ると、梅雨入りがかなり早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは6月3日~17日頃と思われます。 関東甲信地方は、平年7月21日頃に梅雨明けしています。 2018年は、平年とほぼ同じ時期の6月29日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨明けの時期は2018年6月29日頃、一番遅かった梅雨明けの時期は1982年8月4日頃です。 平均値を見ると、梅雨明けがかなり早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨明けは7月10日頃~7月25日頃と思われます。 東海地方(静岡県、岐阜県、三重県、愛知県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 東海地方は、基本的に本州の大多数の地域とほぼ同じ時期に梅雨入り・梅雨明けします。 平年6月8日頃に梅雨入りしています。 2018年は、平年とほぼ同じ時期の6月5日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨入りの時期は1963年の5月4日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1951年の6月28日頃です。 平均値を見ると、梅雨入りがかなり早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは6月1日頃~6月13日頃と思われます。 東海地方は、平年7月21日頃に梅雨明けしています。 2018年は、平年より12日早い7月9日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨明けの時期は2008年6月22日頃、一番遅かった梅雨明けの時期は2016年8月3日頃です。 平均値を見ると、梅雨明けがかなり遅くなっている傾向にあります。 よって、データを基に予想すると梅雨明けは7月11日頃~7月24日頃と思われます。 近畿地方(京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 近畿地方は、基本的に本州の大多数の地域とほぼ同じ時期に梅雨入り・梅雨明けします。 平年6月7日頃に梅雨入りしています。 2018年は、平年とほぼ同じ時期の6月5日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨入りの時期は1956年の5月22日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1958年の6月25日頃です。 平均値を見ると、梅雨入りがかなり早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは5月31日頃~6月13日頃と思われます。 近畿地方は、平年7月21日頃に梅雨明けしています。 2018年は、平年より12日早い7月9日頃に梅雨明けしています。 一番早かった梅雨明けの時期は1978年7月3日頃、一番遅かった梅雨明けの時期は2009年の8月3日頃です。 平均値を見ると、梅雨明けが遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨明けは7月13日頃~7月27日頃と思われます。 中国地方(鳥取県、島根県、岡山県、広島県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 中国地方は、基本的に本州の大多数の地域とほぼ同じ時期に梅雨入り・梅雨明けします。 平年6月7日頃に梅雨入りしています。 2018年は、平年とほぼ同じ時期の6月5日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨入りの時期は1964年の5月8日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1968年の6月24日頃です。 平均値を見ると、梅雨入りが早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは5月31日頃~6月11日頃と思われます。 中国地方は、平年7月21日頃に梅雨明けしています。 2018年は、平年より11日早い7月9日頃に梅雨明けしています。 一番早かった梅雨明けの時期は1991年の7月3日頃、一番遅かった梅雨明けの時期は1953年の8月3日頃です。 平均値を見ると、梅雨明けが早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨明けは7月13日頃~7月26日頃と思われます。 四国地方(香川県、愛媛県、徳島県、高知県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 四国地方は、基本的に本州の大多数の地域とほぼ同じ時期に梅雨入り・梅雨明けします。 平年6月5日頃に梅雨入りしています。 2018年も、平年と同じく6月5日頃に梅雨入りしています。 四国地方で一番早かった梅雨入りの時期は2002年の5月19日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は6月21日頃です。 平均値を見ると、やや梅雨入りが早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは5月28日頃~6月11日頃と思われます。 四国地方は、平年7月18日頃に梅雨明けしています。 2018年は、平年よりも10日早い7月9日頃に梅雨明けしています。 四国地方で一番早かった梅雨明けの時期は2011年7月1日頃、一番遅かった梅雨明けの時期は1956年8月2日頃です。 平均値は横ばいとなっており、ほぼ平年通りに梅雨明けすることが多いです。 データを基に予想すると、梅雨明けは7月9日頃~7月22日頃と思われます。 九州地方北部(山口県、福岡県、大分県、佐賀県、熊本県、長崎)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 九州地方北部は、基本的に本州の大多数の地域とほぼ同じ時期に梅雨入り・梅雨明けします。 平年6月5日頃に梅雨入りしています。 2018年は平年通り6月5日頃に梅雨入りしています。 九州地方北部で一番早かった梅雨入りの時期は1954年の5月13日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1967年の6月22日頃。 過去68年分の平均値を見ると、年々梅雨入りが少し早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは5月28日頃~6月9日頃と思われます。 九州地方北部は平年7月19日頃に梅雨明けしています。 2018年は平年より10日早い7月10日頃に梅雨明けしています。 九州地方北部で一番早かった梅雨入りの時期は1994年の7月1日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は2009年の8月4日日頃。 過去68年分の平均値を見るとほぼ横ばい状態で、大きな変動はありません。 データを基に予想すると、梅雨入りは7月17日頃~7月29日頃と思われます。 九州地方南部(宮崎県、鹿児島県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 宮崎県も鹿児島県も全国的に降水量が多い地域で、梅雨の時期は特に注意が必要です。 九州地方南部は平年5月31日頃に梅雨入りするため、北部より早めに梅雨が訪れます。 2018年の梅雨入りは6月5日頃と平年より遅い梅雨入りでした。 九州地方南部で一番早かった梅雨入りの時期は1956年の5月1日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1957年の6月21日頃。 平均値を見るとほぼ横ばいで、過去68年でも梅雨入りの時期はさほど変わりないようです。 データを基に予想すると、梅雨入りは5月25日頃~6月6日頃と思われます。 九州地方南部は、平年7月14日頃に梅雨入りしています。 2018年の梅雨明けは7月9日頃であったため、平年よりも早く短い梅雨となりました。 九州地方南部で一番早かった梅雨明けの時期は1955年6月24日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1957年の8月8日頃。 データを基に予想すると、梅雨明けは7月7日頃~7月25日頃と思われます。 奄美地方(奄美群島、トカラ列島)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 奄美地方は、沖縄地方とほぼ同時期に梅雨入り・梅雨明けします。 温暖な気候ではあるものの年間を通じて降水量が多いため、梅雨のシーズンに訪れる際は特に天気予報に注意しておきましょう。 奄美地方は、平年5月11日頃梅雨入りしています。 2018年の梅雨入りは大変遅く、5月27日頃でした。 奄美地方で一番早かった梅雨入りの時期は1951年の4月25日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は2018年の5月27日頃。 平均値を見ると、梅雨入りがやや遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは5月5日頃~17日頃と思われます。 奄美地方は、平年6月29日頃梅雨明けしています。 2018年は6月26日頃の早い梅雨明けとなりました。 奄美地方で一番早かった梅雨明けの時期は1971年の6月10日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は2010年の7月15日頃。 平均値を見ると、梅雨明けが年々遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨明けは6月22日頃~7月6日頃と思われます。 沖縄地方(沖縄県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 沖縄は、本州よりも一足早く梅雨が訪れます。 亜熱帯気候なので、梅雨もスコールのように短期間で多くの雨が降ります。 沖縄本島よりも南にある離島はさらに梅雨の時期が早まります。 そんな沖縄地方は、平年5月9日頃に梅雨入りしています。 2018年の梅雨入りは6月1日頃と平年よりかなり遅い梅雨入りでした。 沖縄地方で一番早かった梅雨入りの時期は1980年の4月20日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1976年の6月4日頃。 平均値を見るとほぼ横ばいながら、やや梅雨入りが遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは5月3日頃~16日頃と思われます。 沖縄地方は、平年6月23日頃に梅雨明けしています。 2018年の梅雨明けも平年と同じ6月23日頃でしたが、梅雨の期間は平年よりも短い22日でした。 沖縄地方で一番早かった梅雨明けの時期は2015年の6月8日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1976年の7月9日頃。 平均値を見ると、梅雨明けが若干早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは6月14日頃~26日頃と思われます。 カテゴリー•

次の