中 日 ドラゴンズ 登録 選手。 中日ドラゴンズ選手一覧

中日ドラゴンズはなぜ弱いのか?(中日の戦力を徹底分析してみた!)|こーせい|note

中 日 ドラゴンズ 登録 選手

今季のペナントレース前に上梓した本に、独断で選んだ「ドラゴンズ歴代ベストナイン」や「次点ベストナイン」など球団史に残るスター選手25人のエピソードを紹介した。 すると、ある読者からこんなご意見を頂戴した。 「中(利夫)選手が取り上げられていなかったのが淋しかった」 まもなく83歳を迎える中利夫さんは、かつてドラゴンズの名センターとした活躍した。 ご要望にお応えして、その中選手を紹介したい。 中さんは登録名を度々変えた。 そこから検定試験では「中さんが実際に名乗っていない名前はどれか?」という四者択一問題が出題された。 本名は「中利夫」、1955年(昭和30年)ドラゴンズに入団した時はそう名乗っていた。 その後は1964年に「三夫」、1965年に「暁生」、そして1978年からの監督時代は再び「利夫」に戻した。 コーチの時代に「登志雄」と名乗った時期もあるが、解説者時代から現在は本名の「利夫」を名乗っている。 ちなみに検定1級問題の正答は「俊夫」だった。 この名は名乗っていない。 俊足巧打の外野手だった。 平成の時代では、ドラゴンズの背番号「3」は立浪和義さんというイメージが強いが、昭和の時代では「3」はセンターを守る中選手の看板だった。 その後、藤波行雄さんや平野謙さんらの外野手が背番号「3」を背負ったのも、「中堅手の中選手」のイメージが少なからず影響したと思う。 左投げ左打ち、進学校としても知られる群馬県の前橋高等学校時代は秀才と言われ、東大に進むかプロ野球に入るか迷ったというエピソードがあると、当時、わが親から聞かされた記憶がある。 それもあって「頭のいい選手」という印象だった。 しかし、背番号「1」の高木守道さんと中さんの1,2番コンビも負けてはいない。 一世を風靡し球団史に刻まれている。 2人ともそれぞれ盗塁王のタイトルを獲得している。 野球を知り尽くした2人が、ゲームの局面によっては自分たちだけでサインを出し合って、縦横無尽にグラウンドを駆け回った。 中さんは1967年(昭和42年)に打率.343で首位打者に輝いた。 讀賣ジャイアンツの王貞治選手を抑えてのトップ。 その少し前には江藤慎一選手が同じく王選手を破って2年連続で首位打者になっていたため、アンチ巨人が多い昭和時代のドラゴンズファンにとっては、実に痛快な日々だった。 背番号は「30」。 しかし、3年間の監督成績は5位、3位、そして最下位と芳しくなかった。 リーグ優勝を成し遂げた選手たちが相次いでけがをしたことも不運だった。 1980年のシーズンは開幕から最後まで最下位に低迷し退陣、コンビを組んだ高木守道さんもこのシーズンオフに引退したことは、往年の1,2番コンビの縁だったと思う。 「あの稲尾が中日のピッチングコーチに来てくれるの!?」と、久しぶりのチーム生え抜き監督の誕生と共に、名古屋の町は沸き立った。 当時、中選手からもらったサインボールを今も大切にしている。 「中暁生」と読むことができるので、ちょうど首位打者を獲得した頃の現役選手時代だろう。 そのボールを手に取ると、その知的な笑顔と共に、センターを守っていた背番号「3」の好守が目の前に浮かんでくるようだ。 著書に『愛しのドラゴンズ!ファンとして歩んだ半世紀』『竜の逆襲 愛しのドラゴンズ!2』(ともに、ゆいぽおと刊)ほか。 画像:元中日・中利夫選手のサインボール(C)CBCテレビ.

次の

中日ドラゴンズの選手一覧

中 日 ドラゴンズ 登録 選手

野球 大崎中央・氏家、4回2失点もプロのスカウトは評価 []• プロ野球 [6月14日 18:38]• 高校野球 [6月14日 18:34]• プロ野球 [6月14日 18:29]• 高校野球 [6月14日 18:17]• プロ野球 [6月14日 18:15]• プロ野球 [6月14日 18:05]• プロ野球 [6月14日 17:58]• プロ野球 [6月14日 17:55]• プロ野球 [6月14日 17:50]• プロ野球 [6月14日 17:41]• プロ野球 巨人宮国16日ロッテ戦から1軍昇格 沼田が降格 []• プロ野球 [6月14日 18:38]• プロ野球 [6月14日 18:29]• プロ野球 [6月14日 18:15]• プロ野球 [6月14日 18:05]• プロ野球 [6月14日 17:58]• プロ野球 [6月14日 17:55]• プロ野球 [6月14日 17:50]• プロ野球 [6月14日 17:41]• プロ野球 [6月14日 17:38]• プロ野球 [6月14日 17:23]• 高校野球 学法福島・辻垣「目標は夏」背中の張りで19球降板 []• 高校野球 [6月14日 18:34]• 高校野球 [6月14日 18:17]• 高校野球 [6月14日 17:27]• 高校野球 [6月14日 17:19]• 高校野球 [6月14日 9:43]• 高校野球 [6月14日 7:33]• 高校野球 [6月14日 7:32]• 高校野球 [6月14日 7:31]• 高校野球 [6月14日 7:30]• 高校野球 [6月13日 19:00]• 大学・社会人 BC新潟・海老塚、開幕先発から始まるプロへの道 []• アマ野球 [6月14日 17:35]• アマ野球 [6月11日 19:10]• アマ野球 [6月10日 17:41]• アマ野球 [6月10日 12:04]• アマ野球 [6月9日 18:00]• アマ野球 [6月9日 14:15]• アマ野球 [6月9日 10:48]• アマ野球 [6月8日 20:16]• アマ野球 [6月8日 17:36]• アマ野球 [6月8日 17:23]•

次の

2018年度 支配下選手登録(中日ドラゴンズ)

中 日 ドラゴンズ 登録 選手

はじめに 2012年を最後にAクラスから6年連続で遠のき、今季 2019年 もBクラスが濃厚 6月14日現在 という結果の中日ドラゴンズ。 今年のシーズン前も数多くの解説者から最下位予想を受けていました。 そのドラゴンズの良いところと悪いところを分析していきたいと思います まずは中日の基本データから。 首位とのゲーム差は8。 CS出場圏内である3位とのゲーム差は6。 この状況を見ると厳しいことが分かりますね💦 今シーズンの総得点は236点 1試合平均では3. 81点 でリーグ最下位 また、総失点は239点 1試合平均では3. 85点 でリーグトップ ちなみに防御率は3. また、打率も巨人に次ぎリーグ2位の成績を誇っていながら得点力不足に陥ってますね。 中日ドラゴンズの守備力 守備力が高いという推測ができたので、まずは守備の指標から見ていきたいと思います。 野球における守備の指標であるUZR アルティメット・ゾーン・レーティング をポジションごとに見ていきたいと思います。 但し中日に規定守備イニング到達者がいないレフトを除きます まずは内野守備で1番重要と言われているショートから見たいと思います セ・リーグでショートの名手といえば去年のゴールデングラブ賞受賞者であるカープの田中選手やDeNAの大和選手の名前が思い浮かぶ人が多いと思われますが、その2人の選手を抑えトップに立ったのはドラゴンズの京田選手で3. 4という数値を残していますね。 あまり名手というイメージはないですが、ゴールデングラブ賞の期待もできますね。 続いて、ホットゾーンとも言われるサードの数値を見ていきたいと思います。 去年のゴールデングラブ賞受賞者であるDeNAの宮崎選手がリーグ最下位で、ドラゴンズの高橋周平選手が6. 9という好成績で他者を圧倒し、1位となっていますね。 打撃面での好成績で5月の月間MVPを受賞しているので、ベストナインとゴールデングラブ賞のダブル受賞も充分期待できます。 続いて見ていきたいのはセカンド。 セカンドの守備の名手といえばカープの菊池選手ですよね。 ドラゴンズで今シーズンセカンドに定着しているのは去年はあまり一軍の試合に出場していなかった阿部選手。 堅実な守備には定評があり、今年の開幕スタメンも勝ち取りました。 この表を見ると阿部選手の数値は3. 5と守備の堅実性を示しています。 このようにショート、サード、セカンドの守備の指標を見ていきましたが、守備堅めの堂上選手や高卒ルーキーの根尾選手もいることから内野守備の定位置争いが激化したドラゴンズの選手の数値は高いことが読み取れますね。 4という成績になってしまっていますが、平田選手は5. 3という好成績を収めています。 最後に捕手、中日では「加藤バズーカ」という異名を持つ加藤選手が今シーズンから正捕手に定着しました。 その加藤選手は4位で0. 0 だいたい平均値 という値を残していますね。 以上の結果から中日ドラゴンズの守備力が優れていることが分かりますね。 中日ドラゴンズの打撃力 続いては打撃について見ていきましょう これは中日ドラゴンズの主な選手の打撃結果です。 3割バッターが2人しかいないドラゴンズにとって3割近い打率の平田選手の離脱は痛いと言えますね。 その平田選手の離脱中に代役として出場している井領選手や遠藤選手が結果を残せていることが大型連敗せず他のチームに着いてこられている要因だと思われますね。 さて、その成績を他チームと比べて見ましょう この表を見るとリーグの打率上位10人の内にドラゴンズの選手が3人いるということが分かりますね。 他のチームに比べても打率は比較的良い方なのではないかと思われますね なのに何故点が入らないか? 得点力が低いか? 下の表を見ると答えが見えてくるのではないしょうか? その理由はホームランの少なさではないかと思われます ホームラン上位10人のなかにドラゴンズの選手の名前は含まれておらず、チーム一位のビシエド選手も13位という結果となっています。 その理由は上の図を見ていただけるとかもしれません。 この表は球場別のホームラン数です。 これを見ると中日ドラゴンズの本拠地であるナゴヤドームでのホームラン数が多球場と比べて非常に少ないことが分かると思われますね。 また、中日の高橋選手やビシエド選手は二塁打が多くリーグ屈指の値となっています これは中日ドラゴンズの本拠地であるナゴヤドームが広いので長打力で稼いだ二塁打だと言えますね。 またリーグの盗塁数トップはドラゴンズの大島選手で18個です。 6月17日の試合終了時点 2位は16個 4. 中日ドラゴンズの投手力 続いては投手陣について見ていきたいと思います。 下の表はリーグの投手陣 規定投球回以上 この表を見ると大野投手や柳投手が防御率3点近くで良い成績を収めていますね。 また、柳投手は7勝 2敗 を挙げていてリーグトップタイの勝ち数です。 勝率は単独リーグトップ また、中日のチーム全体の先発投手防御率は3点台後半となっており最低限の仕事をしているということが分かります。 ではリリーフ陣の成績はどうなのか?ということになりますね リリーフ陣の防御率も3点台後半と悪いとは言いにくい数値を残しています。 そのリリーフ陣の中には6月17日現在で最多セーブの鈴木博志投手や150km台後半の速球を投げまくるロドリゲス投手とRマルティネス投手という素晴らしい投手もいます。 しかし、リリーフ陣の敗戦数は17敗と現在チーム敗戦数36敗のおよそ半分 下の表を見てもらえると分かる通り中日ドラゴンズは5回裏終了時で同点の試合の勝率が極めて低いのもリリーフ陣に原因があると考えられます。 また、もう一つ表を見てもらいましょう。 上の表はセパ12球団のイニングごとの得点、失点、得失点差を表してます。 中日ドラゴンズは先発投手からリリーフへの変わり目である6回やそれ以降、また一点も落とせない状況である延長戦での失点が多いことが弱い原因だと思われます。 その他考察 また、松坂投手や笠原投手、藤嶋投手、小笠原投手など投手陣に多く故障者が出てしまっているので「投げさせすぎ」などに気を配り投手陣のケガ防止対策をするべきだと考えられます。 最後に中日ドラゴンズの補強の問題点について、投手野手共にレベルの高い外国人選手を補強できているが、外国人枠制限 同時に一軍に登録できる外国人が4人までという廃止すべき制度 によりせっかく補強した外国人選手が使えなくなってしまう。 そのため、日本人選手の補強を強めてほしい。 去年の場合は西勇輝投手 元オリックス現阪神 を補強できていれば、先発の枠に余裕ができてよかったとおもわれます。 終わりの挨拶 長くて読みにくい文になってしまいましたが最後まで読んでくださってありがとうございます。 出典 スポーツナビ プロ野球データFreak など.

次の