仏壇 鎌倉。 いい葬儀・いいお墓・いい仏壇は、鎌倉新書で運営しています!

購入前に確認!仏壇のサイズと重さ

仏壇 鎌倉

シンプルで清楚な内部は悠々とした空間を作り出し、どんな仏具でもしっくりと調和させてしまう雰囲気があります。 4cm x 幅48. 3cm x 奥行32. (メーカー欠品の場合は、数週間もしくはそれ以上かかる場合がございます。 )お急ぎの場合は事前にお問い合わせくださいませ。 メールの返信・お問い合わせの返信・商品の発送などの通常業務は、平日10時から19時となります。 休日に頂きましたメール・ご注文は休み明けに迅速にご対応させて頂きます。 迅速に対応させて頂きます。 お客様のご都合による返品・交換は、未使用のものに限らせていただきます。 (返品理由を明記の上7日以内にご連絡ください。 尚、お客様のご都合による返品・交換は、送料・振込手数料ともにお客様ご負担となりますのでご了承ください。 安心してご利用ください。 (ただし、行政・司法機関からの提出要請があった場合はこの限りではありません。

次の

仏壇の歴史

仏壇 鎌倉

仏壇には決まった規格サイズがある? 仏壇で最も大切なのは「安置するご本尊」であり、この大きさを目安として仏壇を作るというのが基本の考え方ですが、最近の文化や住宅事情においては、「家のサイズにあったものが欲しい」と思う人は少なくありません。 仏壇には日本全国共通の規格サイズというものはありません。 メーカーや地域によって細かい部分が異なりますので、事前に確認しましょう。 仏壇サイズは「代」という単位を使って指定することもあり、その場合、代に含まれているのが戸幅(開閉する扉部分の幅)で、仏壇の全長を示していないことが多いので注意が必要です。 仏壇に使われる素材と重量について 仏壇には様々な種類があり、それに伴って素材は大きく変わってきます。 日本古来の仏壇は 「伝統仏壇」と呼ばれ、その中にも金箔と漆によって美しく仕上げられた 「金仏壇」と木材の木目を生かした 「唐木仏壇」との二種類があります。 前者は関西、後者は関東に多いと言われています。 どちらも仕上がりは大きく異なりますが、基本となる木材についてはケヤキやエンジュ、鉄刀木(たがやさん)・黄王壇(きおうたん)・黒壇(こくたん)といった高級の加工品なども用いられています。 どのような材質を用いるかによって重量は異なりますが、 一般的な仏壇のサイズは20号・3尺サイズのもので50~60キロくらいです。 あくまでも目安であり、奥行きや高さによって異なりますので、実際にお店に行って確認するようにしましょう。 仏壇の最新トレンド 最新の住宅は昔ながらの和室は少なく、仏壇の置き場所に困ってしまうことは珍しくありません。 そのような時は、 「伝統仏壇」ではなく、「家具調仏壇」がおすすめとされます。 戸を閉めるとタンスのように見え、洋間との相性がぴったりです。 色柄も伝統的な漆ではなく、ウォールナット・オーク・メープルといった、若い人にも好まれる色合いの仕上がりのものが豊富にありますので、リビングなどにも置きやすいでしょう。 祖父母や親の仏壇を相続したけれど仏間が無くて困るような時は、どこにおいても問題はないので、「故人をしのんで安置する場所」を選ぶと良いでしょう。 仏壇に関する情報はいい葬儀の姉妹サイトでも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 日本最大級の葬儀ポータルサイト「 」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。 お電話での問い合わせも 24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。 また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

いい葬儀・いいお墓・いい仏壇は、鎌倉新書で運営しています!

仏壇 鎌倉

内部は仏教各宗派の寺院のを模した豪華な作りになっている。 大きく分類する場合は、・・に分けられる(詳しくはそれぞれの項目を参照)。 古代では、土を積み上げて「壇」を作り、そこを神聖な場所として「神」を祀っていた。 やがて風雨をしのぐために土壇の上に屋根が設けられた。 これが寺院の原型である。 それを受け継ぎ仏壇の「壇」は土偏である。 日本の14年(西暦685年)3月27日、が「諸国の家毎に仏舎(ほとけのおおとの)を作り、乃ち仏像(ほとけのみかた)及び経を置きて以て礼拝供養せよ」とのを出した。 それにちなみでは毎月27日を「」に制定している。 ただし、この詔は現在の仏壇の直接の起源ではない。 の鳳凰堂やのなどがある。 また『』の作者、がを等身に造って屋敷内で祀ったというのも仏壇の源流である。 竹田聴洲によると、上記のような持仏堂が縮小・矮小化し屋内に取り込まれることによって、仏間を経て仏壇に変化したとしている。 、中興の祖である八世・が布教の際に「」と書いた掛軸を信徒に授け、仏壇に祀ることを奨励した。 仏壇を作る際にを真似たところから、現在のの元となる。 それゆえ、浄土真宗では仏壇に対しての決まりごとが多い。 なお、現在でも浄土真宗において、仏壇の本尊は掛軸であり、を通して本山から取り寄せたものとされる。 なお、仏壇は仏教国であるなどでも見られない。 それは寺院が生活の身近にあり、家の中に改めて小さな寺を作る必要がないからであり、供養壇としての流れが加わっているためでもある。 ではの中にの仏壇を設けることがある。 形状は地域・時代によって様々であり、四隅に竹や木で四本柱を建て板を渡したものや茶卓を使用する場合もある。 民俗学者のは、この魂棚が盆のみの設置から常設化されて仏壇になったとしている。 普及時期 [ ] 、の宗教政策であるにより、何れかの寺院をと定めそのになることが義務付けられた。 その証として各戸ごとに仏壇を設け、朝・夕礼拝し、先祖の命日には僧侶を招きするという習慣が確立した。 社会が安定し、庶民の暮らしが豊かになってきたことも背景に、庶民にまで浸透した。 またなどに見るように、期の社寺建築技術の隆盛が各地に影響を与えた。 金仏壇産地の多くは、その頃にが興したと言われている。 この点についても諸説存在する。 補足 [ ] にと共にが持ち込まれると、次第に浄土真宗以外の各宗派で用いられるようになり、江戸時代には一般化した。 そのを置くために位牌壇を作ったり、浄土真宗を真似て仏壇を使用するようになった。 その後、浄土真宗の仏壇と区別するためにが生まれる。 そのために他宗では浄土真宗ほど仏壇に対して厳しくない。 なおには仏壇にあたるがある。 神棚に神を祀り、祖霊舎には先祖を祀る。 これは供養壇が神道風に発展したものである。 ただし、江戸時代までの神棚には先祖(33回忌を過ぎた霊の集合体)も同時に奉られていた。 寺院の住職家族用の仏壇を特に「」という。 小型の寺院という考え方であれば本堂があるので必要がないはずだが、先祖供養の観点から別途用意されることが多い。 形状 [ ] 仏壇には扉が付いている。 寺院のを見立てたものと言われる。 また寺院の本堂においてとの境にはがある。 そのため、仏壇の扉の内側も障子が付く。 仏壇内部は基本的に三段になっており、中の一番高い中央の檀を「(しゅみだん)」と呼ぶ。 を象ったものとされる。 須弥壇の上は「(くうでん)」と呼ばれ、本尊を祀る。 各宗派の本山寺院の内陣を模して造られるため、宗派によりつくりが異なる。 その左右には脇侍仏や祖師を祀る。 須弥壇を含めた最上段には「高欄(こうらん)」が付く。 その下の段にを置く。 位牌が複数ある場合は、向かって右・左・右と交互に並べる。 後、仏壇の左右両側面の上部に穴が開けられるようになった。 これは(灯篭)の配線用のコードを通すためのものである。 仏壇づくりは木材の加工からなどによる装飾まで、を含む職人の8工程ほどの分業制となっており(、宮殿師、師、師など)、各地に仏壇産地がある。 家族形態などの変化から仏壇を新規にしつらえる家庭は減っている(東部の仏壇では1985年頃が生産のピーク)。 一方で、後述のような宗派による様式と異なった、と組み合わるなどした仏壇がデザイン・製作され、外国でも展示されるといった新しい動きもある。 宗派による違い [ ] 唐木仏壇ではほとんど差異がないが、金仏壇では特に以下の違いが顕著である。 () 一重破風屋根(宮殿) 金箔張りの柱(宮殿・外柱) 西本願寺の阿弥陀堂を模したもの () 二重瓦屋根(宮殿) 黒漆塗りの柱(宮殿・外柱) 高欄朱塗りで(ぎぼし)金箔張り 黒柱は東本願寺の阿弥陀堂、二重屋根は大師堂を模したもの この他にも特徴があり、地域差がある。 ()やの仏壇は他宗派の仏壇と比べて構造が全く異なり、寺院の厨子に模した扉が内部に取り付けられている。 最近では厨子型の仏壇も多く作られており、厨子の扉は電動式で開閉するものが主流である。 寺院同様、須弥壇の上に厨子を置くだけの場合もある。 サイズ表記 [ ] 仏壇・仏具の寸法はが基本になる。 金仏壇 [ ] 仏壇の規模の表し方は金仏壇では「(だい)」というが用いられる。 これは中に掛けられる掛軸の大きさのことを指しており、これが3幅掛けられるだけのがあることを示す。 例:18号…高さ1尺8寸(約54cm)、20号…高さ2尺(=20寸、約60cm)。 仏壇は「一」「一」「一」で数えられる。 「基」は据え付けるという意味の。 据え付けるというのはの家に納まるということであるので、生産段階、販売段階では「台」と「本」が主に使用される。 展示本(台)数、生産本(台)数という。 荘厳 [ ] 仏壇の内部及び、その周りにを厳かに飾ることを、(しょうごん)という。 仏像もしくは掛軸の本尊を祀る。 本尊は祀る対象のものであり、仏具とは呼ばない。 そもそも仏壇とは本尊を祀ったものであり、本尊を入れる前のものは家具と同じであり、本尊を安置し、仏具によって荘厳して初めて仏壇としての機能を果たすことになる(ただし、それは小型寺院としての起源から見たものであり、供養壇という観点から見れば、位牌や写真を入れて故人を祀っているものも仏壇に含まれる)。 仏具の例 [ ] 各宗派共通 、()、、、、、(りん)、、、(過去帳台)、、など。 浄土真宗系のみ 、火舎香炉、、、など。 それ以外の宗派のみ 、、、、鉦吾、木鉦など。 仏具の内容は宗派により異なる。 また同じ名前の仏具でも宗派により形や色が違う。 浄土真宗系は黒塗り・紺系、他宗は朱塗り・朱色系のものが使用される。 入れるべきではないとされるもの [ ] 以下のものは仏壇に入れるべきではないとされる。 各宗派とも教義上、写真を飾る教えはない。 仏壇のもととなった寺院の本堂はを表したものあり、内陣も故人の写真を飾っておらず、仏壇もそれに倣い飾らない。 写真は姿を記憶にとどめるための道具であり、それ以上のものではないので、供えないとされる。 ただし、実際は故人の葬式時の小さい写真()を入れている家庭は多い。 他宗派の 別途、厨子などに祀る。 、 身に着けるか、別途祀る。 、合格通知 仏教は本来「ご利益信仰」では無いという観点から見れば祀るべきではないが実際には仏尊や先祖への感謝などの気持ちで地方の旧家等も含め仏壇に祀ることは多い。 開眼供養 [ ] 仏壇を購入したら僧侶に()を依頼する。 いわゆる 「精根(しょうねん、しょうね)入れ」のことで、仏像や掛軸、位牌に対して行う。 これをすることによって初めてご本尊や位牌が礼拝の対象になり、仏壇も箱から仏壇になる。 宗派により、入仏式、御移し(おわたまし)、入魂式、お霊入れ、お魂入れなどと言う。 祝い事であり、は紅白となる。 表書きは「開眼供養料」「入仏式 御布施」などとする。 購入日から余程日があいていなければ、法要の際に一緒に依頼することが多い。 仏壇を処分する際には 「精根抜き」をする。 また仏壇の移動・などの際にも、一旦「精根抜き」をしてから終了後に「精根入れ」をする。 日蓮正宗では、新たに本尊が下付された場合に僧侶の導師により入仏式が行われ、寺院が新たに創設された場合や本堂安置の本尊を新たに迎えた場合、本堂が建て替えられた場合に法主を迎えて入仏式(本堂再建で、かつ本尊が下付されない場合は本尊修復後の開眼供養を兼ねて落成式)が行われる。 引越しや仏壇の購入の場合は遷座式として行われる場合が多い。 仏壇に対し「精根抜き」「精根入れ」は行わない。 また、浄土真宗では入仏式と呼ばれるが、本尊に仏を入れるといった考えがないため、正確には 「入仏慶讚法要 にゅうぶつけいさんほうよう 」と呼ばれる。 仏壇の相続や処分 [ ] 仏壇や仏具・神棚・墓石などの祭祀財産は、について財産と扱わない。 つまりである。 これは仏壇は個人のものではなく、共有財産と捉えられるからである。 ただし、純金の仏像など純然たる信仰の対象とは考えにくいものは課税財産となる。 一方でが進む現代日本では、子孫や親族がいない、あるいは供養の負担をかけたくないため、じまいとともに仏壇を処分する人もいる。 (2019年7月25日19時30分 では現代日本の住宅事情に合わせ、大型仏壇の魂抜き供養・リメークして上置き仏壇、またはリサイクルして海外に渡りアンティークタンスや信者の多いフィリピンではキリスト像を飾る祭壇に転用されている例が紹介されていた。 仏壇販売における不正の多発と「仏壇公正取引協議会」の発足 [ ] 消費者が商品の知識をあまり持っていないことをいいことに、元々は安価なお仏壇に高額な定価をつけ、大幅な値引きがあるように装って販売するといった「二重価格」での販売手法が横行している。 2010年6月、消費者から寄せられた多くのクレームを受け、より全日本宗教用具協同組合と全国伝統的工芸品仏壇仏具組合連合会に業界の正常化への申し入れがあり、前述の業界団体において『仏壇の表示に関する公正競争規約』を策定。 とがこれを認めた。 この公正競争規約は、(37年法律第134号)第11条第1項の規定に基づき、仏壇の取引について行う表示に関する事項を定めることにより、不当な顧客の誘引を防止し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択及び事業者間の公正な競争を確保することを目的とする。 主な内容は以下の3点:• 商品の品質表示の義務化 仏壇を構成する主要部位ごとに、使用している木材の種類と使用されている分量を表示することを義務付けている。 店頭・カタログ・チラシ・ネットなど各媒体ごとに表示しなければならない項目が異なる。 これは、仏壇の価値を決めるにあたり重要なファクトとなるため、品質表示項目と価格のバランスを見ることで、商品価値をはかるためにある。 ただし、表示項目の内容については、一般には浸透していないため、消費者がの役に立っているかは不明である。 加盟する店舗においても、二重価格の表示をやめずに販売を続ける店舗がある。 このような表示を見たら仏壇公正取引協議会の加盟店舗であるか確認をし、加盟店でなければすべての表示を疑うべき、加盟店であれば協議会への通報を求めている。 世界一・日本一・当社だけ、最高、最大などの『最上級を意味する用語』は客観的事実に基づく具体的根拠があり、かつ、具体的数値等の事実を付記してある場合においてのみ使用することができる。 そのほか、仏壇購入の際の知識は仏壇公正取引協議会のホームページに記載があるので、仏壇購入を考えている方は確認をしたほうがよい。 ペット仏壇 [ ] 近年、は家族の一員となっている。 そこでペットの死に際し、人間と同じように葬儀やお墓、仏壇を用意するケースも増えている。 原則的に、ペットは人間と同じ仏壇には祀らない。 祀る場合は、別途設けることになる。 それは住む世界(人間道と)が違うからだと言われる。 写真や位牌の他に、祀るとすれば像や像を置く。 脚注 [ ] [].

次の