保育 士 転職。 保育士求人・転職サイト おすすめ比較ランキング!好条件求人で自分らしい保育をしよう!

”保育士から事務職”への転職|事務職の種類、面接対策、注意点などを一気に解説 │ WorkLink保育

保育 士 転職

「定年後はどういう生活を過ごそう?」 「定年後も、身体が元気なうちは働きたい」 「定年後の仕事はどのように探したらいいのだろう?」 定年後の過ごし方で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。 また、「定年後も働きたい」と考えている方の中には、「全く新しい分野での仕事ではなく、これまでの経験やスキルが活かせるような仕事をしたい」と思う人も多いことでしょう。 今回は、定年後の過ごし方で保育士という選択肢は「可能」なのか、働くときにはどういうことに気を付けると良いか、記事にまとめました。 60代でも保育士になることは可能? 少子高齢化により、働き手が不足することで国力が弱まることが懸念されています。 安倍政権は働き手を補うべく、「1億総活躍社会」の実現を目指して女性や外国人などの雇用を促進するような政策を打ち出しています。 また、年金などの社会保障費の財源問題から年金受給開始年齢のさらなる引き上げが検討されており、老後の不安から「体が健康なうちは、できるだけ働いていたい」と考えるシニア世代も増えてきています。 そんな現状もあり、「定年後の65歳から保育士として働き始めることは可能か」ということを考えると、 結論から言うと「可能」です。 実際に、定年後に保育士試験を受験し、資格取得してから保育士として働き始めた人もいます。 少子高齢化により働き手が不足しているというのは先に述べた通りですが、保育業界も例外ではなく、慢性的な人材不足の状態だからです。 「保育所の待機児童問題」は、ここ10年程で多くのメディアに社会問題として取り上げられるようになりました。 それと同時に「保育士の慢性的な人材不足」も認知されるようになってきています。 中には、国が定めた保育士の配置基準が満たせないために子供を受け入れることができず、 休園・閉園せざるを得ない保育所もあるほどです。 厚生労働省が発表した『保育士の有効求人倍率の推移』によると、平30年11月時点では3. 東京都に限れば、6. 4倍です。 このように、「シニア世代の就労意欲が高さ」と「保育士の慢性的な人材不足」・・・という現状があり、需要と供給の関係が成り立っていることが分かると思います。 定年退職者でも、保育業界で働く受け皿はたくさんあります。 とは言え、実際に保育士として働くときに気を付けるべきこともあります。 <参考> 定年後に保育士として働く際に気を付けること 気を付けることは主に3つ。 一つ目は、 「健康状態・体力の状態はどうか」ということです。 子供相手が基本の保育士の業務。 子供たちの底なしの体力と予測できない行動によって消耗する体力と気力は、想像以上です。 せっかく保育士として働き始めても体力が理由ですぐに辞めてしまうことになれば、また最初から仕事を探さなければなりません。 自身の体力や健康状態をよく理解し、「働き始める」ことよりも「働き続けられる」勤務条件を園側にも伝えることが重要です。 二つ目は、 「年金や健康保険を考慮した働き方を選択する」こと。 年金を受給しながら働くのか受給開始年齢を遅くして給与のみで生活していくのか、ということだけでなく、厚生年金に加入する働き方 フルタイム社員など をするか加入しない働き方をするか パート勤務など を考えておくことが重要です。 場合によっては、「在職老齢年金」が適用されず全額支給停止となることがあるからです。 この「在職老齢年金」は、公平性を保ち就業意欲の妨げにならないよう2020年中に見直しが行われる予定です。 <参考> 最後は、 「家族の理解は得られているか」ということ。 定年後の過ごし方について、パートナーや家族とよく話し合いビジョンを共有しておく方が良いでしょう。 定年後に家族との過ごし方をどう考えているかによって、勤務できる時間が変わってくるからです。 特に保育士は、土曜出勤や早朝・遅番勤務が望まれる保育士人の方が採用されやすい傾向にあります。 ワークライフバランスがうまく取れるような働き方はどういう働き方なのか、保育士以外の選択肢も視野にいれながら考えてみましょう。 どんな条件で選ぶべき? 保育士として最もハードルが低い働き方は、「パート勤務」で働くことでしょう。 体力面でも家族との時間でも、年金が減額(または支給停止)にならず全額受給しながら働くにも、パートの働き方であればいずれも上手に兼ね合いを図ることができます。 さらに、「パート勤務」の最大のメリットと言えるのは、保育士資格を取得せずとも働くことが可能なことです。 保育士資格を取得するには指定養成校を卒業するか合格率20%程の国家試験に合格する必要がありますが、定年後すぐにでも保育士として働くことができるのが「パート勤務」の働き方です。 とは言え、最も「定年後に保育士として働くのはどうか」「その働き方は何が最も良いのか」、最適な選択肢は一人ひとり異なります。 情報を総合的に集め家族とビジョンを共有し、必要であれば専門機関に相談するのも良いでしょう。 第二の人生で働く、セカンドキャリア。 無理なく、活き活きと過ごせるものにしたいものです。

次の

【2020年最新版】保育士の志望動機の書き方。転職や新卒など履歴書で活用できる例文集│保育士求人なら【保育士バンク!】

保育 士 転職

関東 東京都• 23区から選ぶ• そのほかの市• 神奈川県• 横浜市• 川崎市• 相模原市• 厚木市• 海老名市• 小田原市• 鎌倉市• 座間市• 茅ヶ崎市• 秦野市• 平塚市• 藤沢市• 大和市• 横須賀市• 三浦郡• 埼玉県• さいたま市• 上尾市• 朝霞市• 入間市• 桶川市• 春日部市• 加須市• 川口市• 川越市• 北本市• 行田市• 久喜市• 熊谷市• 鴻巣市• 越谷市• 坂戸市• 狭山市• 志木市• 白岡市• 草加市• 秩父市• 鶴ヶ島市• 所沢市• 戸田市• 新座市• 蓮田市• 羽生市• 飯能市• 東松山市• 日高市• 深谷市• 富士見市• ふじみ野市• 本庄市• 三郷市• 八潮市• 吉川市• 和光市• 大里郡• 北足立郡• 北葛飾郡• 比企郡• 千葉県• 千葉市• 我孫子市• いすみ市• 市川市• 市原市• 印西市• 浦安市• 鎌ケ谷市• 鴨川市• 木更津市• 君津市• 佐倉市• 白井市• 袖ケ浦市• 館山市• 流山市• 習志野市• 成田市• 野田市• 富津市• 船橋市• 松戸市• 八千代市• 四街道市• 東金市• 茨城県• 水戸市• 日立市• 土浦市• 古河市• 石岡市• 結城市• 龍ケ崎市• 下妻市• 常総市• 高萩市• 北茨城市• 笠間市• 取手市• 牛久市• つくば市• ひたちなか市• 鹿嶋市• 守谷市• 筑西市• 坂東市• かすみがうら市• つくばみらい市• 小美玉市• 稲敷郡• 猿島郡• 栃木県• 宇都宮市• 小山市• 群馬県• 太田市• 前橋市• 高崎市• 近畿 大阪府• 大阪市• 池田市• 泉佐野市• 和泉市• 茨木市• 大阪狭山市• 貝塚市• 交野市• 門真市• 河内長野市• 岸和田市• 四條畷市• 吹田市• 摂津市• 泉南市• 大東市• 高石市• 高槻市• 豊中市• 寝屋川市• 羽曳野市• 東大阪市• 枚方市• 松原市• 箕面市• 守口市• 八尾市• 富田林市• 兵庫県• 神戸市• 姫路市• 尼崎市• 西宮市• 芦屋市• 伊丹市• 加古川市• 宝塚市• 三木市• 川西市• 小野市• 三田市• 加西市• 南あわじ市• たつの市• 京都府• 京都市• 滋賀県• 大津市• 彦根市• 草津市• 奈良県• 奈良市• 和歌山県• 和歌山市• 東海 愛知県• 名古屋市• 一宮市• 瀬戸市• 津島市• 豊橋市• 豊田市• 安城市• 蒲郡市• 江南市• 小牧市• 稲沢市• 東海市• 大府市• 尾張旭市• 豊明市• 日進市• 長久手市• 静岡県• 静岡市• 浜松市• 富士市• 岐阜県• 岐阜市• 大垣市• 各務原市• 三重県• 四日市• 桑名市• 鈴鹿市• 北海道・東北 北海道• 札幌市• 函館市• 宮城県• 仙台市• 塩釜市• 名取市• 岩沼市• 大崎市• 黒川郡• 福島県• 福島市• 郡山市• いわき市• 会津若松市• 青森県• 青森市• 岩手県• 盛岡市• 山形県• 山形市• 鶴岡市• 東根市• 秋田県• 秋田市• 北陸・甲信越 新潟県• 新潟市• 長岡市• 上越市• 長野県• 長野市• 石川県• 金沢市• 富山県• 富山市• 高岡市• 山梨県• 甲府市• 福井県• 福井市• 敦賀市• 中国・四国 広島県• 広島市• 福山市• 岡山県• 岡山市• 倉敷市• 山口県• 下関市• 島根県• 松江市• 鳥取県• 鳥取市• 米子市• 愛媛県• 松山市• 西条市• 香川県• 高松市• 徳島県• 徳島市• 高知県• 高知市• 九州・沖縄 福岡県• 福岡市• 久留米市• 北九州市• 熊本県• 熊本市• 鹿児島県• 鹿児島市• 鹿屋市• 霧島市• 長崎県• 長崎市• 佐世保市• 諫早市• 大分県• 大分市• 宮崎県• 宮崎市• 都城市• 延岡市• 佐賀県• 佐賀市• 鳥栖市• 三養基郡• 沖縄県• 那覇市• 沖縄市• 石垣市• 関東 東京都• JR東日本• JR東海道本線 東京~熱海• JR山手線• JR南武線• JR武蔵野線• JR横浜線• JR横須賀線• JR中央本線 東京~塩尻• JR中央線 快速• JR中央・総武線• JR総武本線• JR青梅線• JR五日市線• JR八高線 八王子~高麗川• 宇都宮線• JR常磐線 上野~取手• JR埼京線• JR高崎線• JR京葉線• JR成田エクスプレス• JR京浜東北線• JR湘南新宿ライン• 上野東京ライン• 東武鉄道• 東武東上線• 東武伊勢崎線• 東武亀戸線• 東武大師線• 西武鉄道• 西武池袋線• 西武有楽町線• 西武豊島線• レオライナー• 西武新宿線• 西武拝島線• 西武西武園線• 西武国分寺線• 西武多摩湖線• 西武多摩川線• 京成電鉄• 京成本線• 京成押上線• 京成金町線• 成田スカイアクセス• 京王電鉄• 京王線• 京王相模原線• 京王高尾線• 京王競馬場線• 京王動物園線• 京王井の頭線• 京王新線• 小田急電鉄• 小田急線• 小田急多摩線• 東急電鉄• 東急東横線• 東急目黒線• 東急田園都市線• 東急大井町線• 東急池上線• 東急多摩川線• 東急世田谷線• 京急電鉄• 京急本線• 京急空港線• 東京メトロ• 東京メトロ銀座線• 東京メトロ丸ノ内線• 東京メトロ日比谷線• 東京メトロ東西線• 東京メトロ千代田線• 東京メトロ有楽町線• 東京メトロ半蔵門線• 東京メトロ南北線• 東京メトロ副都心線• 東京都交通局• 都営大江戸線• 都営浅草線• 都営三田線• 都営新宿線• 都電荒川線• 日暮里・舎人ライナー• 埼玉高速鉄道• 埼玉高速鉄道線• 首都圏新都市鉄道• つくばエクスプレス• ゆりかもめ• ゆりかもめ• 多摩都市モノレール• 多摩モノレール• 東京モノレール• 東京モノレール• 東京臨海高速鉄道• りんかい線• 北総鉄道• 北総鉄道北総線• 神奈川県• JR東日本• JR東海道本線 東京~熱海• JR南武線• JR鶴見線• JR横浜線• JR根岸線• JR横須賀線• JR相模線• JR中央本線 東京~塩尻• JR成田エクスプレス• JR京浜東北線• JR湘南新宿ライン• JR東海• JR御殿場線• 京王電鉄• 京王相模原線• 小田急電鉄• 小田急線• 小田急江ノ島線• 小田急多摩線• 東急電鉄• 東急東横線• 東急目黒線• 東急田園都市線• 東急大井町線• 東急こどもの国線• 京急電鉄• 京急本線• 京急大師線• 京急逗子線• 京急久里浜線• 横浜高速鉄道• みなとみらい線• 横浜市交通局• ブルーライン• グリーンライン• 株式会社横浜シーサイドライン• 金沢シーサイドライン• 江ノ島電鉄• 江ノ島電鉄線• 湘南モノレール• 湘南モノレール• 箱根登山鉄道• 箱根登山鉄道鉄道線• 箱根登山ケーブルカー• 埼玉県• JR東日本• JR武蔵野線• JR八高線 八王子~高麗川• JR八高線 高麗川~高崎• 宇都宮線• JR埼京線• JR川越線• JR高崎線• JR成田エクスプレス• JR京浜東北線• JR湘南新宿ライン• 東武鉄道• 東武東上線• 東武伊勢崎線• 東武日光線• 東武野田線• 東武越生線• 西武鉄道• 西武池袋線• 西武秩父線• 西武狭山線• レオライナー• 西武新宿線• 東京メトロ• 東京メトロ有楽町線• 東京メトロ副都心線• 埼玉高速鉄道• 埼玉高速鉄道線• 首都圏新都市鉄道• つくばエクスプレス• 埼玉新都市交通• ニューシャトル• 千葉県• JR東日本• JR武蔵野線• JR中央・総武線• JR総武本線• JR常磐線 上野~取手• JR外房線• JR内房線• JR京葉線• JR成田線• JR成田エクスプレス• JR鹿島線• JR久留里線• JR東金線• 東武鉄道• 東武野田線• 京成電鉄• 京成本線• 京成千葉線• 京成千原線• 成田スカイアクセス• 東京メトロ• 東京メトロ東西線• 東京都交通局• 都営新宿線• 首都圏新都市鉄道• つくばエクスプレス• 新京成電鉄• 新京成線• 千葉都市モノレール• 千葉都市モノレール1号線• 千葉都市モノレール2号線• 流鉄流山線• 銚子電気鉄道• 銚子電鉄線• 東葉高速鉄道• 東葉高速線• 北総鉄道• 北総鉄道北総線• 茨城県• JR東日本• JR常磐線 取手~いわき• 宇都宮線• JR常磐線 上野~取手• JR鹿島線• JR水郡線• JR水戸線• 首都圏新都市鉄道• つくばエクスプレス• ひたちなか海浜鉄道• ひたちなか海浜鉄道湊線• 関東鉄道• 関東鉄道常総線• 関東鉄道竜ヶ崎線• 真岡鐵道• 真岡鐵道真岡線• 栃木県• JR東日本• JR東北本線 黒磯~利府・盛岡• 宇都宮線• JR烏山線• JR水戸線• JR日光線• JR両毛線• 東武鉄道• 東武伊勢崎線• 東武日光線• 東武宇都宮線• 東武鬼怒川線• 東武佐野線• 真岡鐵道• 真岡鐵道真岡線• 野岩鉄道• ほっとスパ・ライン• 群馬県• JR東日本• JR八高線 高麗川~高崎• JR高崎線• JR吾妻線• JR信越本線• JR両毛線• JR上越線• 東武鉄道• 東武伊勢崎線• 東武日光線• 東武佐野線• 東武桐生線• 東武小泉線• 上信電鉄• 上信電鉄• 上毛電気鉄道• 上毛電気鉄道上毛線• 近畿 大阪府• JR西日本• JR京都線• JR神戸線 大阪~神戸• 大和路線• 学研都市線• 大阪環状線• JRゆめ咲線• JR東西線• 阪和線 天王寺~和歌山• 羽衣線• JR関西空港線• JR宝塚線• おおさか東線• 近畿日本鉄道• 近鉄難波線• 近鉄南大阪線• 近鉄大阪線• 近鉄道明寺線• 近鉄奈良線• 近鉄信貴線• 近鉄長野線• 近鉄けいはんな線• 西信貴ケーブル• 南海電鉄• 南海本線• 南海空港線• 南海高師浜線• 南海多奈川線• 南海高野線• 南海汐見橋線• 京阪電鉄• 京阪本線• 京阪交野線• 京阪中之島線• 阪急電鉄• 阪急神戸本線• 阪急宝塚本線• 阪急京都本線• 阪急箕面線• 阪急千里線• 阪神電鉄• 阪神本線• 阪神なんば線• 北大阪急行電鉄• 北大阪急行電鉄• 能勢電鉄• 能勢電鉄妙見線• 大阪府都市開発• 泉北高速鉄道線• 水間鉄道• 水間鉄道水間線• Osaka Metro• 大阪メトロ御堂筋線• 大阪メトロ谷町線• 大阪メトロ四つ橋線• 大阪メトロ中央線• 大阪メトロ千日前線• 大阪メトロ堺筋線• 大阪メトロ長堀鶴見緑地線• 大阪メトロ南港ポートタウン線• 大阪メトロ今里筋線• 大阪モノレール株式会社• 大阪モノレール線• 大阪モノレール彩都線• 阪堺電気軌道• 阪堺電軌上町線• 阪堺電軌阪堺線• 兵庫県• JR西日本• JR神戸線 大阪~神戸• JR神戸線 神戸~姫路• JR山陽本線 姫路~岡山• JR山陽本線 兵庫~和田岬• JR山陰本線 園部~豊岡• JR山陰本線 豊岡~米子• JR東西線• JR宝塚線• 福知山線 篠山口~福知山• JR赤穂線• JR加古川線• JR姫新線 姫路~佐用• JR姫新線 佐用~新見• JR播但線• 阪急電鉄• 阪急神戸本線• 阪急宝塚本線• 阪急今津線• 阪急甲陽線• 阪急伊丹線• 阪神電鉄• 阪神本線• 阪神なんば線• 阪神武庫川線• 京都丹後鉄道• 宮豊線• 能勢電鉄• 能勢電鉄妙見線• 能勢電鉄日生線• 神戸高速鉄道• 神戸高速東西線• 神戸高速南北線• 神戸電鉄• 有馬線• 三田線• 公園都市線• 粟生線• 神戸市交通局• 北神線• 神戸市営地下鉄西神線• 神戸市営地下鉄山手線• 夢かもめ• 山陽電気鉄道• 山陽電鉄本線• 山陽電鉄網干線• 北条鉄道• 北条鉄道北条線• 智頭急行• 智頭急行智頭線• 神戸新交通• ポートライナー• 六甲ライナー• 京都府• JR西日本• JR小浜線• JR関西本線 亀山~加茂• 琵琶湖線• JR京都線• JR湖西線• 大和路線• 嵯峨野線• JR山陰本線 園部~豊岡• 学研都市線• 奈良線• JR舞鶴線• 福知山線 篠山口~福知山• 近畿日本鉄道• 近鉄京都線• 京阪電鉄• 京阪本線• 京阪宇治線• 京阪鴨東線• 石清水八幡宮参道ケーブル• 京阪京津線• 阪急電鉄• 阪急京都本線• 阪急嵐山線• 嵯峨野観光鉄道• 嵯峨野観光線• 叡山電鉄• 叡山電鉄叡山本線• 叡山電鉄鞍馬線• 京都丹後鉄道• 宮福線• 宮舞線• 宮豊線• 京都市交通局• 京都市営地下鉄烏丸線• 京都市営地下鉄東西線• 京福電気鉄道• 京福電鉄嵐山本線• 京福電鉄北野線• 滋賀県• JR西日本• JR北陸本線 米原~金沢• JR草津線• 琵琶湖線• JR湖西線• JR東海• JR東海道本線 岐阜~美濃赤坂・米原• 京阪電鉄• 京阪石山坂本線• 京阪京津線• 近江鉄道• 近江鉄道本線• 近江鉄道多賀線• 近江鉄道八日市線• 信楽高原鐵道• 信楽高原鐵道信楽線• 奈良県• JR西日本• 大和路線• 奈良線• JR和歌山線• 万葉まほろば線• 近畿日本鉄道• 近鉄橿原線• 近鉄南大阪線• 近鉄大阪線• 近鉄吉野線• 近鉄天理線• 近鉄生駒線• 近鉄田原本線• 近鉄御所線• 近鉄奈良線• 近鉄けいはんな線• 近鉄京都線• 生駒ケーブル• 和歌山県• JR東海• JR紀勢本線• JR西日本• 阪和線 天王寺~和歌山• JR和歌山線• きのくに線• 紀勢本線 和歌山~和歌山市• 南海電鉄• 南海本線• 南海和歌山港線• 南海加太線• 南海高野線• 南海高野山ケーブル• 紀州鉄道• 紀州鉄道線• 和歌山電鐵• 貴志川線• 東海 愛知県• JR東海• JR中央本線 名古屋~塩尻• JR飯田線 豊橋~天竜峡• JR東海道本線 浜松~岐阜• JR武豊線• JR関西本線 名古屋~亀山• 名古屋鉄道• 名鉄名古屋本線• 名鉄豊川線• 名鉄西尾線• 名鉄蒲郡線• 名鉄三河線• 名鉄豊田線• 名鉄空港線• 名鉄常滑線• 名鉄河和線• 名鉄知多新線• 名鉄築港線• 名鉄瀬戸線•

次の

【パターン別】新卒から転職まで保育士の志望動機『例文集』まとめ

保育 士 転職

取り扱っている求人数が多いか• 独自の強み・特徴は自分の求めるものと合うか• 対象地域に自分の勤務地が含まれているか それぞれのポイントについて、以下で見ていきましょう。 1.取り扱っている求人数が多いか 求人数が多いほど、自分の希望条件に合う保育園・幼稚園と出会える可能性は高くなります。 また、求人数が多いサイトやエージェントは、登録している施設が多いということです。 つまり、たくさんの施設から信頼されていることを表しています。 転職のしやすさとサービスの信頼性、どちらの観点からも、求人数は多い方が好ましいですね。 2.独自の強み・特徴は自分の求めるものと合うか 転職サービスでは、独自の強みやサービスを打ち出していることが多いです。 その強みや特徴が自分の求めるものと合っているか、意識して見てみましょう。 なぜなら、何を優先するべきかは利用者の状況によるからですね。 他の人にとってのメリットが、自分にとっても良いかどうかはわかりません。 たとえば、サービスによっては次のような特徴があり、それぞれおすすめの人も異なります。 サービスの強み・特徴 おすすめの人 転職支援金のキャンペーンがある 転職活動中や転職後の収入面が心配な人 キャリアコンサルタントのサポートがつく 転職活動の進め方に不安がある人 採用担当者と直接チャットでやり取りできる スピーディーに転職活動を進めたい人 自身の求めるものと、サービスの強み・メリットが合う場合は、ぜひ登録しておきましょう。 3.対象地域に自分の勤務地が含まれているか 転職サイトは、どこにいても全国の求人を探せるのが良いところです。 しかし、自分の居住地や勤務地がサービスの対象外では、求人を見つけられません。 地域によっては、案件数が少ない場合もあります。 また、対面のコンサルや転職フェアなどは、遠方だと足を運ぶのが難しいかもしれません。 とは言え、ほとんどのサイトの場合、求人自体は日本全国に対応しています。 検索機能で地域を絞れるので、利用する際は確認してみましょう。 保育士転職サイト・エージェントのおすすめランキングTOP3! 数多くある保育士転職サイトやエージェントの中から、特におすすめのサービスをまとめました。 TOP3のサービスは、次のとおりです。 サービス名 公開求人数 強み・特徴 3. 9万件以上 ・保育系の求人数が業界最大級 ・リサーチ会社の調査で満足度No. 1 1万件以上 ・転職後のアフターフォローあり ・無料の転職サポートあり 1. 2万件以上 ・非公開求人が多数 ・入職前に職場の雰囲気がわかる徹底リサーチ それぞれについて、以下で紹介していきますね。 第1位「保育士バンク」保育士の求人サービスで満足度No. 1獲得 公開求人数 約3. 1」獲得 運営会社 株式会社ネクストビート 「保育士バンク!」は、保育士や幼稚園教諭向けの転職サービスです。 全国の求人を掲載しており、保育系の求人数が業界最大級という特徴があります。 ブランク有りや未経験可などの募集もあり、自身の状況に合う案件を探しやすいでしょう。 また、業界に精通したアドバイザーがいるため、転職相談の他、職場の雰囲気の確認もできて安心です。 1」獲得 運営会社 株式会社マイナビ 「マイナビ保育士」は、大手のマイナビが運営している転職サービスです。 保育系のサービスで認知度No. 1を獲得しています。 履歴書の添削や面接対策などの無料サポートがある上、アフターフォローでは転職後の相談も可能です。 転職活動に慣れていない人も心配ありません。 また、厚生労働省の「職業紹介優良事業者」認定も取得しています。 利用者満足度や個人情報管理など、厳しい審査をクリアしているので安心ですね。 第3位「保育のお仕事」非公開求人多数!入職後も安心のサポート 公開求人数 約1. 非公開求人が多く、ブランクOKや残業なしなどの条件を満たす案件が多数あります。 また、全国の保育施設の情報を集めているため、入職前に現場の雰囲気がわかることも良い点です。 入職前に思い描いていたイメージと転職後の現場で、ギャップを感じる心配がありません。 それぞれの利用者に担当のキャリアアドバイザーがつく点も特徴です。 転職をフルサポートしてくれるので、安心して任せられますね。 他におすすめの保育士転職サイト・エージェントを紹介 ランキングTOP3以外にも、保育士の転職に強いおすすめの転職サイト・エージェントをまとめました。 イチオシのサービスは、次の3つです。 サービス名 公開求人数 強み・特徴 0. 5万件以上 ・平均1~2週間・最短2日で内定 ・採用担当者と会える転職フェアあり 0. 2万件以上 ・採用担当者とのチャット機能 ・スカウト機能あり それぞれのサービスについて、以下で詳しく見ていきましょう。 他の転職サイトにはない給付金制度「シンデレラ保育士求人制度」が、大きな特徴でしょう。 ただし、無条件で支給されるわけではありません。 「シンデレラ保育士求人」掲載の施設へ転職した場合のみ、採用されるシステムです。 また、サイト内には保育の転職マニュアルがあり、履歴書や自己PRの書き方などの情報がまとまっています。 転職未経験者にもわかりやすく、安心して活動できるのがポイントです。 「保育ひろば」スピーディーに転職可能!平均1~2週間で内定 公開求人数 約0. なぜこれほど早く内定できるのかを、保育ひろばへ直撃して聞いてみました。 その理由は以下の2つです。 サイト登録した当日に、ヒアリング・案件紹介をするから 登録から2~3日以内に面接まで進むことが多いから 入職決定の早さは、スタッフの迅速なサポートによるものだとわかりました。 しかし、半年後の転職へ向けて情報収集している求職者も、中にはいますよね。 そのような長期の転職活動者は「平均1~2週間」の中には含まれていません。 ただ、本人が早めの転職を希望している場合は、平均1~2週間で転職しているのです。 情報収集が目的ではなく、すぐに転職したい人にとって、この早さは大きなメリットでしょう。 「きらぽんJOB」採用担当者とのチャットで転職活動がスムーズ 公開求人数 約0. 使いやすいサイトで、応募した保育園の採用担当者とチャットでやり取りできるという特徴があります。 直接メッセージできるので、転職活動の流れがスピーディーです。 さらに、スカウト機能もあるため、非公開で好条件の求人が早く見つかるかもしれません。 また、履歴書の作成・提出もWeb上で完結でき、転職活動の手間を軽減できる点も魅力です。 きらぽんJOBは運営会社が老舗なので、他の転職サイトの運営実績もあり、利用者目線でサイトがつくられています。 保育士向けの転職サイト・エージェントを使うのがおすすめな理由 保育士向けの転職サービスの利用がおすすめな理由は、主に2つあります。 保育系の求人がたくさんある• 業界の情報や動向がわかりやすい それぞれの理由について、以下で説明していきますね。 1.保育系の求人がたくさんある 保育士転職サイトには、総合型のサイトよりも、保育系の求人がたくさんあります。 そのため、業種を保育士に決めているなら、特化サイトの方が効率良く求人を探せるのがメリットです。 また、保育園からスカウトを受けるにも、総合型サイトの大勢の求職者の中より、特化型サイトの方が自分を見つけてもらいやすいでしょう。 2.業界の情報や動向がわかりやすい 保育士特化サイトで働く担当者やコンサルタントには、業界の情報が蓄積されています。 採用の傾向もつかんでいることでしょう。 そのため、保育業界に詳しい担当者から、転職サポートを受けられるというメリットがあります。 業界の動向がわかり、転職活動をしやすいのは良いですね。 また、保育士特化サイトには、保育士の転職マニュアルが用意されている場合もあるので、大いに活用しましょう。 それは、「保育系以外の求人の取り扱いがない」ことです。 まだ業種を保育士に絞っていない場合は、総合型のサイトも併用してみると良いでしょう。 総合型の転職サイトなら、がおすすめです。 知名度抜群の大手サイトで、求人数も豊富なため、転職者の多くが活用しています。 保育士の転職サイト・エージェントに関してよくある質問 保育士の転職サービスに関して、よくある質問をまとめました。 より多くの求人情報を見ることができる• 特定のサイトにしかない非公開求人を検索できる 複数のサイトを併用すれば、各サイト限定の非公開求人や良い案件の取りこぼしを防げます。 より多くの案件の中から、好条件の転職先を見つけられるかもしれません。 また、保育士に業種を定めていない場合は、特化型と総合型を併用することで、幅広い案件を見れます。 特化型で保育士の求人を探しつつ、総合型で業種や案件数をカバーしましょう。 転職サイトごとに、特色や独自サービスも違うので、まずは色々使ってみるのが良いですね。 職場に転職活動をしているのがバレることはある? 一般的には、現在の職場にはバレずに転職活動をできます。 ただし、サイトによっては「自分のプロフィールを公開したくない企業」の設定が必要です。 その登録さえすれば、バレません。 設定が必要なサイトでは、忘れないようにご注意くださいね。 良い求人があっても、なかなか辞めづらくて困っています… 辞めたいのに辞められない場合は、退職代行サービスの利用がおすすめです。 退職代行とは「自分の代わりに、退職の意思を会社へ伝えてくれるサービス」のことを言います。 人員不足による引き止めがあっても、上司と話さずに済むため、辞めやすくなるケースが多いです。 スムーズに手続きが進めば、即日退職できる場合もあります。 希望に合う魅力的な求人は、そう簡単に出会えるものではありません。 せっかく見つけたのなら、退職して次へ進みましょう! まとめ:おすすめの保育士転職サイトで新しい職場を見つけよう サービス名 公開求人数 強み・特徴 3. 9万件以上 ・保育系の求人数が業界最大級 ・リサーチ会社の調査で満足度No. 1 1万件以上 ・転職後のアフターフォローあり ・無料の転職サポートあり 1. 2万件以上 ・非公開求人が多数 ・入職前に職場の雰囲気がわかる徹底リサーチ 保育士転職サイトのおすすめは、上記の3つです! 業界最大数の求人数なら「保育士バンク」、手厚いサポートなら「マイナビ保育士」、職場の雰囲気を重視するなら「保育のお仕事」をおすすめします。 それぞれ強みが異なるので、自分に合うサイトで転職活動を進めましょう。 複数登録も、もちろんOKです。 保育士特化型のサイトなら、保育系の求人がたくさんあります。 ぜひ理想の職場を見つけて、転職しましょう!.

次の