アメリカンカール 特徴。 【性格・体重・値段相場など】アメリカンカールについてまとめ!

【猫の品種】アメリカンカールが1ページでまるわかり~特徴・歴史から性格・お手入れの仕方まで

アメリカンカール 特徴

一般的な猫とは違い、くるんとカールした耳を持つアメリカンカールは独特の愛くるしさを与えます。 しかし、耳がカールしている分、飼育時には心がけたいケアも。 そこで今回はアメリカンカールの歴史や特徴、飼育法を詳しくご説明していきます。 <目次>• 猫種の歴史 アメリカンカールの起源は1981年にまでさかのぼるとされています。 当時、アメリカ・カリフォルニア州にあるレイクウッドで暮らしていたジョー&グレース・ルーガ夫妻は自宅の玄関の前でカールした耳を持つ、真っ黒な長毛猫と中毛の白黒猫を見つけました。 その後、白黒猫は姿を消してしまいましたが、夫妻は黒猫を「シュミラス」と名付け、飼育することに。 その後、シュミラスが生んだ子猫の耳もカールしていたため、夫妻は交配実験を開始しました。 こうした努力が実り、CFA やTICA 、FIFeから公認される猫種となっていったのです。 なお、アメリカンカールの特徴的な耳はソルバイク・フルーガーとロイ・ロビンソンという2人の遺伝子学者の研究により、優性遺伝子の突然変異によって発現するものだと解明されており、健康への悪影響がないとも結論づけられています。 身体的特徴 カールした耳がキュート 頭部は丸みを帯びた、変形のくさび型(逆三角形)をしており、強靭な顎を持っています。 目はクルミ型で、耳の根元に向かってつり気味についているでしょう。 四肢は正面から見てまっすぐで、四肢の先は丸みを帯びています。 尻尾はボディと同じくらいの長さで、先端に向かって徐々に細くなっているでしょう。 そして最大の特徴である耳は後方に向かって、90度~180度カールしています。 しかし、カールした耳を持つ個体は、全体の約半数程度で、中には一般的な猫と同じ、まっすぐな耳を持つアメリカンカールもいるのです。 そんなアメリカンカールの耳は生後3~5日ほどでカールしはじめ、約16週間で完成するといわれています。 毛種・毛色 長毛種はアメリカンカールロングヘアと呼ばれることも 一般的な猫の平均体重は約3~5kgだとされていますが、アメリカンカールはそれより少し重い3~5. 5kg程度になるといわれています。 アメリカンカールは長方形のボディを持つセミフォーリンタイプであり、筋肉質。 一見軽そうに見えても、抱き上げるとずっしりとした重みを感じるでしょう。 平均寿命は15歳前後 アメリカンカールは比較的、遺伝性疾患が起きにくい丈夫な猫種です。 そのため、平均寿命は15歳前後だといわれており、一般的な猫と同じくらい長生きしてくれるでしょう。 しかし、飼い主さんのお世話によっても変わってくるので、栄養価の高いフードを与えたり、ワクチンをしっかりと接種させたりして、健康を維持していきましょう。 アメリカンカールの性格 海外では「ピーターパンキャット」と呼ばれることもあるアメリカンカールは、甘えん坊な性格の子が多く、飼い主さんの後を追いかけることも。 犬のような愛情表現を見せるので、スキンシップも図りやすいでしょう。 また、好奇心が旺盛で運動量も多く、飼い主さんや同居ペットと一緒に遊ぶことも好みます。 温和で社交性があるため、小さな子どもとも仲良くできるでしょう。 飼い方や注意点 耳掃除は定期的に アメリカンカールの耳はスコティッシュフォールドと同じで、軟骨が変形することによりカールしています。 カールした耳は一般的な猫よりも通気性が悪いため、定期的に耳掃除を行ってあげなければいけません。 耳掃除は専用の耳洗浄液や耳拭きシートを使用して行いましょう。 猫の耳は人間とは違い、内部がL字型に曲がっているため、耳の奥に洗浄液が入り込んでしまう心配はありません。 そのため、洗浄液は耳から溢れるくらい注ぎ、掃除をしましょう。 一方、耳拭きシートを活用するときは、優しく拭いてあげるのがポイント。 特にカールが定まっていない子猫期の耳は非常にデリケートなので、丁寧に拭いていきましょう。 なりやすい病気 アメリカンカールは一般的な猫よりも「外耳炎」にかかりやすいとされています。 外耳炎はかゆみが起こったり、赤色や黄色の耳垢が溜まってしまったりする病気です。 早期発見し、治療薬を塗れば治りは早いですが、放置し続けていると、「中耳炎」や「内耳炎」といった病気を引き起こす可能性があります。 外耳炎を早期発見するには日頃から飼い猫が「頭を振っていないか」「しきりに耳を掻いていないか」を確認し、併せて耳から異臭がしていないかもチェックするようにしてみてください。 適している飼い主の性格 アメリカンカールは飼い主さんに構ってもらうのが大好きなので、猫と近い距離感で関わっていきたいと考えている方におすすめな猫種です。 猫用おもちゃなどを使用し、毎日スキンシップを取っていける方なら、最高のパートナーになれるでしょう。

次の

【猫の種類アメリカンカール】子供でも分かる♪特徴や性格育て方を画像付き解説

アメリカンカール 特徴

迷い猫シュラミスちゃんの物語【アメリカンカール歴史編】 ある日迷いこんだ、子猫の女の子 最初のアメリカンカール猫として見つかったのは シュラミスちゃん。 1981年季節は6月の「 アメリカ」で、 民家に迷い込んできた黒い長毛の子猫でした。 ただひとつ、シュラミスちゃんが普通の猫と違ったことは、 耳が外向きにくるんと「 カール」していたこと。 迷い込んだ子猫のシュラミスちゃんは、この民家に住んでいた 心優しいルーガ夫妻に育てられることに。 そしてルーガ夫妻と出会ってから 半年後、シュラミスちゃんは 4匹の子猫を産みます。 そしたらなんと 4匹のうち2匹が、シュラミスちゃんと同じ カール耳の子猫たち!ここで初めて、シュラミスちゃんの カール耳が遺伝することが分かったのです。 猫の新しい種類・品種として世界へ! 子猫たちが産まれてから 約2年後。 外側カール耳のシュラミスちゃんや、かわいい子猫たちの話はまたたく間に広まりました。 アメリカで見つかった カール耳だから アメリカンカール! 2. カール耳はみんなシュラミスちゃんの子孫! 猫の種類アメリカンカール!見た目の特徴 体重はスイカくらい アメリカンカール猫の 体重は、 一般的な猫と同じで3キロから5キロ。 身近な物だと2リットルのペットボトル2本分、または スイカと同じくらいの重さになります。 セミフォーリンと呼ばれる体型で 頭は丸みがあり、体のラインはやや細身ながらもずっしりとした重みが感じられます。 元祖アメリカンカール猫であるシュラミスちゃんは長毛な毛でしたが、 現在は短毛の猫もアメリカンカールと認められていますよ。 耳のカールは子猫にはない! アメリカンカール猫の 最大の特徴である外カール耳は、実は産まれたばかりの 子猫にはないんです……!生後10日目くらいまでに耳に軟骨が入り始め、先端部分から外に向けてゆっくりとカールしていきます。 現在のアメリカンカールから産まれる子猫たちも半分が立ち耳になるのですが、 アメリカンカールと認められていますよ。 「アメリカンカールなのに立ち耳?どんな見た目なの?」と気になりますよね。 というわけで続いては、 アメリカンカールの立ち耳猫ちゃんたちの画像を見ていきましょう! アメリカンカール猫 うめちゃん(インスタグラムより) — 2019年 1月月15日午後12時51分PST お次の画像はこちら!全体的にもっふりとした長毛がとってもかわいい、アメリカンカール猫の プリンちゃんです。 一般的に猫が大人になると遊びは控えめになったり、走り回る行動も減ることが多いのですがアメリカンカールは別。 子供や子猫のように、 大人になっても跳ね回って遊ぶ性格の猫が多いと言われていますよ。 しかし元祖猫の シュラミスちゃんは見知らぬ家や人に近づいたように、子孫のアメリカンカールたちも 好奇心強め。 お迎えした 初日から家中を探索しだすアメリカンカール猫もいるほどなんです。 さらに人に対しても興味を示し、 来客にも近づいていくことがあります。 その特性からほかのペットとも仲良くなりやすく、 多頭飼いにはぴったり! 性格3:甘えん坊で愛嬌たっぷり 元気いっぱいに動きまわりますが、けして引っ掻いたり 攻撃的なわけではありません。 基本的には好奇心と、子猫のような性格から活発なだけです。 まとめポイント 1. 大人になっても遊びたがる猫! 2. 好奇心旺盛で新しいものや人も大好き! 3. 多頭飼いにもおすすめ! アメリカンカール猫の耳掃除って必要?やり方は? アメリカンカール猫といっても先程ご紹介したように、 立ち耳タイプの猫ちゃんもいます。 大きな立ち耳で通気性もよく、耳の中が軟骨で複雑な形をしているわけでないのなら、 一般的な耳掃除で十分でしょう。 しかし カールがかかったタイプのアメリカンカール猫なら、 定期的な耳の確認は絶対必要!軟骨で複雑な形になっているので、耳垢がどうしてもたまりやすくなっています。 外耳炎や耳の病気にはかかりやすいので、注意して観察しましょう。 ~ での猫、 アメリカンカールとマンチカンのMIX種であるパルさんの記事。 ご覧の通りアメリカンカール最大の特徴である外カール耳を受け継いでいて、 耳掃除方法も一緒です。 使っている 道具の紹介や耳掃除手順が、 写真画像付きで掲載されているのでぜひ参考にしてみてください。 おすすめの餌って?キャットフード選びポイント いくつものキャットフードを調べて「なにを選べばいいかもう分からない……。 」 現在あまりに種類が多いので、そんな感情になったりします。 短毛のアメリカンカール猫なら、毛玉ケアの優先順位は下げても大丈夫ですよ。 子猫の間であれば代表的な猫の餌、キャットフードの ロイヤルカナンは獣医さんからもおすすめされるフードです。 猫ブリーダーさんもロイヤルカナンで育てている所が 多いですね。 キャットフードの定番!「ロイヤルカナン 子猫用」 当サイト~ネコノコト。 ~ に登場する、 ラグドール猫のリズちゃんです(写真のフードは10kg)。 この子も子猫の頃は、ロイヤルカナンをメインに食べて大きくなりました。 フード粒は かなり小さめで、 子猫も食べやすくできているのが特徴です。 大きさが分かる比較画像がこちら! 左の粒がカナガンキャットフードで、 右がロイヤルカナンの子猫用です。 大きな特徴は すべて人が食べられる品質食材のみで作られていて、産地まできっちり公開されています。 まるで 人間の食品なみの徹底ぶりですね!それもそのはず、食にうるさい日本の会社が 金沢にある工場で、鮮度と品質にこだわって作っているとのこと。 子猫から成猫までOK! アメリカンカール猫に「レガリエ」をオススメした理由 海外製キャットフードの場合は、 一般的には何週間も高温のコンテナ船で運ばれてきます。 それに比べ 日本の国内で作ることで、猫ちゃんの前に運ばれてくるまでの 時間が圧倒的に短縮され、鮮度も維持されやすいんです。 そしてアメリカンカール猫のキャットフードを選ぶ最大のポイント、 耳の病気予防として フードの鮮度は大切。 袋は酸化や劣化をさせにくい 小分けパックな点も好印象です。 もちろんプレミアムフードとしていまや 常識となりつつあるグレインフリーで、アレルギーの原因になりやすい 穀物や合成添加物も一切使用していません。 余分な物を排除し 肉の配合率もかなり高いので、栄養を素直に摂取しやすいフードといえるでしょう。

次の

アメリカンカールの特徴や性格、飼い方について(PECO)

アメリカンカール 特徴

アメリカンカールの歴史 突然変異により耳がカールしていた、アメリカの野良猫を基に作られた猫種です。 起源は1981年にアメリカのカリフォルニア州南部、レイクウッドで発見された耳のカールした黒毛のメス猫「シュラミス」です。 現在生きているアメリカンカールは、全てこの1匹の野良猫の血筋を受け継いでいます。 アメリカンカールに多い性格 アメリカンカールに多い性格は以下になります。 非常に人懐っこい• 穏やかで優しい• 社交的• 遊び好き アメリカンカールは非常に人懐っこく、飼い主さんに良く懐きます。 飼い主さんがキッチンへ料理をしに行ったら、アメリカンカールもキッチンへ、というようにどこにでも着いてくるほど良く懐きます。 穏やかで優しく、人にいじわるをするようなことはありません。 人見知りなどをしない性格でもあり、 知らない人とでも仲良くできる子が多いようです。 持ち前の温和な性格から、 多頭飼いや他の動物との同居にも向いているようです。 また「ピーターパンキャット」と呼ばれるほど遊び好きな一面も持ち合わせており、運動量は多いです。 アメリカンカールの特徴 アメリカンカールの特徴は以下になります。 カールした耳• 賢く知的• 様々な種類 突然変異によってカールした耳が一番の特徴です。 ただ耳がカールしているかどうかは個体によって違います。 生まれたときはどの子もカールしておらず、生後1週間ほど経つと徐々にカールしだします。 生まれてから4カ月で耳のカールが完成されます。 耳を正面から見たとき、後頭部へ向かって弧を描くように90度から180度までカールしています。 カールした耳を持つ子が生まれるかどうかは、カールしている猫同士の子猫の場合100%、カールしている猫とそうでない猫の子猫の場合50%となります。 芸を覚えるほどの利口さも持ち合わせており、しつけは楽です。 上手く教えてやればフェッチング(取ってこい!ゲーム)をできるようになります。 元々が野良猫であったため、交配は様々な猫と行われました。 そういった背景もあり現在では様々な種類のアメリカンカールがおり、 ・などは様々です。 スポンサーリンク アメリカンカールの体重 アメリカンカールの性別毎の平均体重は以下になります。 必ずしもなるわけではありませんが、以下の体重の範囲内になる可能性が高いです。 オス 2. 5~4. 5kg• メス 2. 5~3. 5kg 猫の平均体重は4kgほどです。 アメリカンカールはバランスが取れた筋肉質のボディをしていますが、 体重は軽めです。 過食をしてしまうと肥満になりやすいので食事量は気をつけましょう。 アメリカンカールの寿命 平均寿命については知りたくない方も多いと思いますが、いつかは分かれの時がくるものです。 ですのであくまで1つのデータとして参考にしてみてください。 アメリカンカールの平均寿命は13~16歳となります。 猫の平均寿命が15歳程度であるため、 アメリカンカールは平均と同じか若干長い寿命をしていると言えます。 やはり元々が野良猫であったため、健康で丈夫な体を持っている子が多いようです。 アメリカンカールの子猫の値段相場 アメリカンカールはまだ日本では知名度もそこまで高くない猫種です。 ペットショップでもあまり展示している機会は多くなく、ブリーダーも多くはありません。 そんなアメリカンカールの値段相場は以下になります。 購入元 値段 ペットショップ 20万~25万円 ブリーダー 15万~25万円 アメリカンカールは耳がカールしている子の方が、3~4万円ほど値段が高くなる傾向があります。 基本的にはペットショップではなく、ブリーダーからの直接購入となります。 ペットショップでは稀に展示していることがあります。 ただ どちらから購入する場合でも大切なのは、良いブリーダー・ペットショップから購入することです。 良いブリーダー・ペットショップの見極め方はから確認できます。 ブリーダー、ペットショップからの購入以外にを利用して、アメリカンカールを引き取るのも一つの手です。 里親として引き取る場合は購入費などはかかりませんが、これまでの医療費(ワクチン代金)などは肩代わりすることになります。 里親募集サイトを利用してアメリカンカールを引き取りたいという場合は、のページを参考にしてみてください。 アメリカンカールの飼い方のポイント! 耳掃除はしっかりと アメリカンカールのカールした耳は通常の耳に比べて、チリなどのゴミが入りやすくなっています。 耳掃除をせず、ほったらかしにしておくと「外耳炎」になってしまいます。 外耳炎になると、耳垢が溜まってしまったり、猫が耳をしきりに触ろうとしてしまいます。 酷い場合は鼓膜が破れてしまうこともあります。 カールした耳を持つアメリカンカールの場合、 は週に1回ほどのペースで行うようにしましょう。 ブラッシングの頻度 アメリカンカールは短毛種・長毛種ともに存在します。 短毛種の場合はは週に1回程度で大丈夫です。 長毛種の場合は基本的に毎日抜け毛処理をしてあげるようにしましょう。 春や秋などのは短毛種は1日1回、長毛種は1日2・3回程度ブラッシングしてあげるのが好ましいです。 食事・運動(遊び) アメリカンカールは成猫になるのが遅く子猫の頃から、 高タンパク・高カロリーの食事を与え続ける必要があります。 摂取したカロリー分はしっかりと運動で発散させる必要があります。 登り棒や階段など、十分に体を動かせる空間を用意をする必要があります。 1日20分程度は体をしっかりと動かすような遊びをさせましょう。 かかりやすい病気 アメリカンカールがかかりやすい病気は以下になります。 外耳炎• 毛球症• 角膜炎 外耳炎は先ほど記述したので省略します。 「」はアメリカンカールロングヘア(長毛種)の場合、気をつける必要がある病気です。 抜け毛を猫がグルーミングすることで、お腹に抜け毛の塊が溜まってしまう病気です。 予防のため毎日ブラッシングをするようにしましょう。 角膜炎は目の角膜に炎症が発生してしまう病気です。 足で目をこすろうとしていたり、涙が多く出ているような場合は要注意です。 症状が重くなる前に獣医さんに診てもらうようにしましょう。 まとめ アメリカンカールは突然変異で耳がカールした可愛らしい猫です。 非常に人懐っこく、穏やかで優しいという初心者の方でもかなり飼いやすい性格をしています。 以前「猫カフェ」+「ペットショップ」+「ペットホテル」の店員でした。 店員だったときの経験を活かして、現在は『ネコワラ!』の管理人をしています。 プライベートではラグドールのわたげを飼っていましたが、2019年1月17日腎不全や腹水、黄疸などの症状から眠りにつきました。 1歳と11カ月のことです。 当サイトでは管理人が「仕事」「プライベートでの飼育経験」から得た猫に関する知識を、余すところなく公開していきます。 全ての猫好きが笑顔になれる場所を目指して、情報提供をしていきます。 ぜひ気軽に楽しんでいってください: 所持資格: ・少額短期保険募集人資格 ・アニコム損保ペット保険募集人資格 わたげが膀胱結石になり、40万円の治療費がかかったときの話はから.

次の