ゆうちょ 銀行 振替 手数料。 料金一覧:貯金・為替-ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行の「振替料金改定」 「ゆうちょダイレクト」3つの魅力

ゆうちょ 銀行 振替 手数料

郵便振替の手数料 電子振替 電信振替とは、送金をする人(自分)の口座から受け取る人(相手)の口座へ、口座の預り金を即時に送金できる仕組みで、個人の間では最も多く利用されているゆうちょ銀行の送金方法です。 毎月仕送りが必要な家族あてに送金する場合や、家賃の支払いなどに便利です。 手続きは、受取人の振替口座か総合口座の番号と記号を指定すれば、オンライン処理されるため即時に送金額が受取人の口座に入金されます。 振替処理が終わると、受取人には受取明細表が送付されるか総合口座通帳への印字で、送金があったことが知らされます。 電子振替の手数料• 窓口利用の場合:144円• ATM利用の場合:月1回は無料で、2回目以降は123円• ゆうちょダイレクト利用の場合:月5回までは無料で、6回目以降は113円• ゆうちょBizダイレクトの場合:100円 連動振替決済サービス 連動振替決済サービスを利用している事業主のWEBサイトでショッピングなどをした場合、購入者がゆうちょダイレクトの電信振替を利用して送金ができるサービスです。 購入者の口座から事業主の振替口座に、即時に入金ができて、支払情報はゆうちょ銀行から事業主に電子的に通知されるシステムとなっています。 事業主側のメリットは回収のリスクがなく、送金する側のメリットは口座番号などの情報が送金先の事業主に通知されないため安心して取引ができます。 また振替が即時のため、購入者は商品などを早く受け取ることが可能となります。 連動振替決済サービスの手数料:振替金額の1. 02%(上限113円・下限51円) 自動払い出し・自動送金・大量振替 事業主を対象としたサービスです。 自動払い出し・自動送金・大量振替の手数料:123円 郵便振込の手数料 振込金額が5万円未満 他の金融機関口座へ、5万円未満を送金する場合の手数料です。 窓口利用の場合:648円• ATM利用の場合:216円• ゆうちょダイレクト利用の場合:216円• ゆうちょBizダイレクト利用の場合:216円 振込金額が5万円以上 他の金融機関口座へ、5万円以上を送金する場合の手数料です。 窓口利用の場合:864円• ATM利用の場合:432円• ゆうちょダイレクト利用の場合:432円• ゆうちょBizダイレクト利用の場合:432円 自動振込による振込手数料 自動振込とは事前に申し込みをすることで、ゆうちょ銀行の口座から受取人の他の金融機関の口座へ自動的に振込をする送金方法です。 同じ送金先へ一定の金額を一定の周期で送金する場合に手続きをその都度行う必要がないため便利なサービスです。 また送金をし忘れるということも防げるのもメリットです。 振込金額が5万円未満の場合:540円• 振込金額が5万円以上の場合:756円 郵便振替と郵便振込みの違い 郵便振替 郵便振替とは簡単に言うと「ゆうちょ銀行口間の送金」です。 ゆうちょ銀行から同じゆうちょ銀行にお金を送る場合を郵便振替と呼びます。 方法は3通りあり1. 窓口で用紙に記入をして送金してもらう方法、2. ATMで行う方法、3. ネットバンキングで行う方法です。 ネットバンキングの申し込みをしていない場合は、ATMを利用する方法が一番手数料が安くなります。 通信販売カタログでは、郵便振替用紙が同封されますが文字が青色で書かれている振替用紙は、振込の時の手数料を購入者側が負担しなくてはいけません。 一方、ピンク色の文字で書かれている郵便振替用紙は販売事業主がわが振込手数料を負担してくれることになります。 郵便振込み 郵便振込はゆうちょ口座から他の銀行へ送金することです。 口座からの振込は「通帳と届印」または「キャッシュカード」が必要です。 払出しの手数料• 通常現金払いの場合:411円• 小切手帳の交付(50枚綴り)の場合:1,620円• 自動払出預入の場合:年間100万件以上は38円、年間10万件以上は49円、年間10万件未満は65円.

次の

振込と振替の違いや手数料、ゆうちょについて60秒で解説!

ゆうちょ 銀行 振替 手数料

郵便振替の手数料 電子振替 電信振替とは、送金をする人(自分)の口座から受け取る人(相手)の口座へ、口座の預り金を即時に送金できる仕組みで、個人の間では最も多く利用されているゆうちょ銀行の送金方法です。 毎月仕送りが必要な家族あてに送金する場合や、家賃の支払いなどに便利です。 手続きは、受取人の振替口座か総合口座の番号と記号を指定すれば、オンライン処理されるため即時に送金額が受取人の口座に入金されます。 振替処理が終わると、受取人には受取明細表が送付されるか総合口座通帳への印字で、送金があったことが知らされます。 電子振替の手数料• 窓口利用の場合:144円• ATM利用の場合:月1回は無料で、2回目以降は123円• ゆうちょダイレクト利用の場合:月5回までは無料で、6回目以降は113円• ゆうちょBizダイレクトの場合:100円 連動振替決済サービス 連動振替決済サービスを利用している事業主のWEBサイトでショッピングなどをした場合、購入者がゆうちょダイレクトの電信振替を利用して送金ができるサービスです。 購入者の口座から事業主の振替口座に、即時に入金ができて、支払情報はゆうちょ銀行から事業主に電子的に通知されるシステムとなっています。 事業主側のメリットは回収のリスクがなく、送金する側のメリットは口座番号などの情報が送金先の事業主に通知されないため安心して取引ができます。 また振替が即時のため、購入者は商品などを早く受け取ることが可能となります。 連動振替決済サービスの手数料:振替金額の1. 02%(上限113円・下限51円) 自動払い出し・自動送金・大量振替 事業主を対象としたサービスです。 自動払い出し・自動送金・大量振替の手数料:123円 郵便振込の手数料 振込金額が5万円未満 他の金融機関口座へ、5万円未満を送金する場合の手数料です。 窓口利用の場合:648円• ATM利用の場合:216円• ゆうちょダイレクト利用の場合:216円• ゆうちょBizダイレクト利用の場合:216円 振込金額が5万円以上 他の金融機関口座へ、5万円以上を送金する場合の手数料です。 窓口利用の場合:864円• ATM利用の場合:432円• ゆうちょダイレクト利用の場合:432円• ゆうちょBizダイレクト利用の場合:432円 自動振込による振込手数料 自動振込とは事前に申し込みをすることで、ゆうちょ銀行の口座から受取人の他の金融機関の口座へ自動的に振込をする送金方法です。 同じ送金先へ一定の金額を一定の周期で送金する場合に手続きをその都度行う必要がないため便利なサービスです。 また送金をし忘れるということも防げるのもメリットです。 振込金額が5万円未満の場合:540円• 振込金額が5万円以上の場合:756円 郵便振替と郵便振込みの違い 郵便振替 郵便振替とは簡単に言うと「ゆうちょ銀行口間の送金」です。 ゆうちょ銀行から同じゆうちょ銀行にお金を送る場合を郵便振替と呼びます。 方法は3通りあり1. 窓口で用紙に記入をして送金してもらう方法、2. ATMで行う方法、3. ネットバンキングで行う方法です。 ネットバンキングの申し込みをしていない場合は、ATMを利用する方法が一番手数料が安くなります。 通信販売カタログでは、郵便振替用紙が同封されますが文字が青色で書かれている振替用紙は、振込の時の手数料を購入者側が負担しなくてはいけません。 一方、ピンク色の文字で書かれている郵便振替用紙は販売事業主がわが振込手数料を負担してくれることになります。 郵便振込み 郵便振込はゆうちょ口座から他の銀行へ送金することです。 口座からの振込は「通帳と届印」または「キャッシュカード」が必要です。 払出しの手数料• 通常現金払いの場合:411円• 小切手帳の交付(50枚綴り)の場合:1,620円• 自動払出預入の場合:年間100万件以上は38円、年間10万件以上は49円、年間10万件未満は65円.

次の

料金一覧:貯金・為替-ゆうちょ銀行

ゆうちょ 銀行 振替 手数料

ゆうちょダイレクト• 紙の通帳を廃止し、 ネットで確認できる明細をもって通帳にかえるサービスなんです💡 なので、プラスに変更した場合は、 今まで使っていた通帳は破棄することになります。 その代わり「ゆうちょダイレクトプラス」は、ネットで照会できる入出金の期間が、 15ヶ月と通常のゆうちょダイレクトよりも長いです。 そもそも郵便振替の手数料は、月3回までは無料。 4回目以降だと、1回につき 123円の振替手数料がかかってしまうんです💦 それを、ゆうちょダイレクトに変えると、• 月5回以内…無料• 月6回目以降…113円 と、無料の回数が増え、また6回目以降の手数料の料金も 10円安くなります。 ゆうちょダイレクトへの切り替えは、ネットから簡単に申し込みが可能 ゆうちょダイレクトやダイレクトプラスに切り替えたい方は、ネットから簡単に申し込みをすることができます。 ダイレクトプラスに切り替えたい方は、ゆうちょダイレクトのアカウントが必要です。 なので、まずはゆうちょダイレクトへの切り替えをします💡 私はゆうちょダイレクトのアカウントを持っていなかったので、まずはゆうちょダイレクトの申し込みをしてみました。 ゆうちょダイレクトへの申し込みはネットでカンタンにすることができます。 まず、氏名や生年月日などの基本的な情報を記入していきます。 続いて、キャッシュカードの暗証番号と、通帳の最終表示残高を記入します。 最終表示残高は、最新の残高ではなく 現時点で通帳に記載されている最終残高を記入すればいいので、 「最近通帳記入行ってないから、最新の残高じゃないよ~」 という方でも大丈夫です。 それらを記入すると、住所の確認として口座に登録されている住所が表示されます。 この住所に、後日ゆうちょダイレクトの制限解除をするために必要な郵送物が送られてきます。 この時、登録住所が引っ越ししてから住所変更をしていないなどで 今住んでいる住所で登録されていない場合は、住所変更をしないとゆうちょダイレクトへの申し込みができないので注意してください。 ネット上で登録住所を変更することはできず、 実際にゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口で住所変更の手続きを行う必要があります。 私も引っ越しをしてから住所変更の手続きをするのを忘れていたので、一回目は手続きを中断せざるを得なくなってしまいました…。 登録住所を確認し、「次へ」をおすと、 登録したメールアドレスにワンタイムパスワードが記載されたメールが届きます。 このワンタイムパスワードを入力し、ログインの際に必要となる合言葉などを設定すると、ゆうちょダイレクトが使えるようになります。 今はまだ制限解除の書類が届いていないので、現段階では振込などはできずに残高や明細を確認することしかできませんが、それだけでも十分助かります。 大体3日程で制限解除の書類が届き、振込などもネット上で行えるようになるそうです。 ゆうちょダイレクトプラスでお金も時間も節約しよう! ゆうちょダイレクト及びゆうちょダイレクトプラスのメリットは、なにより 時間とお金を節約できるという点です。 振替手数料の無料分アップが嬉しいのはもちろんのこと、ATMにいく時間を節約できるというのは、 日々忙しい社会人や主婦の方にとってはありがたいですよね。 ゆうちょダイレクトで送金をすれば、ATMまで向かう時間やATMに並ぶ時間もかからず、 自宅のパソコンやスマホで送金が可能なので、大幅に時間を節約することもできます。 ゆうちょ銀行の口座を持っていない方も、ゆうちょ銀行やゆうちょダイレクトのメリットはたくさんあるので、この機会にぜひ口座を作ってみてくださいね。

次の