ライブ用 耳栓。 レビュー ライブ用耳栓比較 イヤープロテクター CRESCENDO MusicとSafe Ears THUNDERPLUGS ライブ難聴対策に

これで快適!ライブ用おすすめ耳栓ランキング

ライブ用 耳栓

「初めてライブに行くけど、音量が不安」 「ライブに行くたびにキーンという耳鳴りが辛い」 「ライブに行き過ぎて難聴気味かもしれない」 といったお悩みをお持ちではありませんか? そんな方にオススメしたいのが『音楽用の耳栓』です。 ここ数年で普及して来ましたが、簡単に言うと音楽を聴くのに特化した耳栓ですね。 ライブに行くのが一般的になり、難聴に悩まされる人も多い昨今。 実際、僕はライブの爆音で右耳に障害が残ってしまったので、耳栓は絶対に必要だと考えています。 この記事ではこれまで50本以上ライブを見てきた僕が、音楽用耳栓についての説明と、おすすめの耳栓を紹介したいと思います! 自分の耳を守るためと思い、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。 ・通常の耳栓と違い、音質はそのままで音量だけをカットする耳栓 ・長時間使う前提で設計がされているので、耳が痛くならない といった特徴があり、100均の耳栓とは雲泥の性能差があります。 実際に写真で見比べてみましょう。 左側にあるのが、100均などで売っている耳栓、右側が音楽用の耳栓 2種類 です。 見るとすぐに分かるのですが、らせん状の形になっているのが、音楽用耳栓の特徴。 細かい仕組みの話はさておき、この特殊な形状が、音量を下げつつ音質を保つという、特殊な役割を果たしています。 100均にあるような耳栓ってスポンジ状なので、一度ギュっと握って小さくして耳に入れる必要があるのですが、うまくフィットしない場合もあって、耳をしっかり守るという点では非常に心配なんですよね。 あと安い物は「耳栓」という名前の通り、「音を聞こえなくすることが目的」なので、音質なんて何も考えてないわけですよ。 ライブという音を楽しむ空間に行く以上、耳も守りつつ、音も楽しめるという意味で、音楽用耳栓は必須だと感じます。 実際にライブで耳栓をすると、友人からよく受ける質問が以下。 耳栓してちゃんとライブ聞こえるの? ちゃんと聞こえるどころか、むしろ耳栓をした状態で適度な音量です 笑 たいがいのライブは遠くまで聞こえるように、迫力が出るようにといった目的で、過剰に大きい音量になっています。 個人的には耳栓をしてないと逆に音が大きすぎて、ちゃんと音楽を聴けないと思うところ。 耳栓をしてミュージシャンに「ちゃんと聴いてない観客」と思われないの? むしろミュージシャンですら、耳栓をしてる人がたくさんいます。 爆音環境に定期的にいれば、確実に難聴は進みますので、ミュージシャンほど耳に気を使っている印象。 気にせず耳栓をして大丈夫ですよ。 これについては別記事で詳しく解説してますので、参考にどうぞ。 耳栓してて友だちと会話できる? なんならライブ始める直前に付ければいいですし、耳栓してても少し声を大きくしてもらえれば、普通に聞こえますよ。 ということで、大半の心配は杞憂に終わりますので、あまり気にする必要はありません。 また音楽用となると、値段が高いと思いこんでる人もいますが、1500円前後で買えてリーズナブルです。 自分の耳を守りながらライブの音を楽しみたいのであれば、買わない理由はありませんね。 「【使用レビュー付き】ライブ用 音楽用 おすすめ耳栓3選!【難聴予防】」まとめ ここまで3つ紹介してきましたが、どれも音楽用の耳栓としての役割はきちんと果たします。 個人的には悩んだら2位の商品を選んでおけば無難だと感じますね。 今まで耳栓をせずにライブを見て来た人にとっては、抵抗のある部分も分かりますが、騙されたと思ってぜひ一度使ってみて欲しいです。 僕みたいに障害を負ってからでは手遅れで、擦り傷とは違い治るものでもありません。 自分の体を大事にしながら、大好きな音楽を楽しむには必須アイテムだと常々感じるところ。 すぐに壊れる消耗品でもありませんし、1つは持っておけば長く使うことができます。 ぜひぜひ、次回行くライブで使ってみてくださいね。

次の

ライブ用耳栓とは?音の聞こえ方は?激しいライブも外れない?実際に使ってみた感想を紹介!

ライブ用 耳栓

ライブ用の耳栓はアーティストに失礼? ライブで耳栓、と言うと アーティストに対して失礼なのではないかと思われる方もみえるかもしれません。 しかしこれは決して失礼な行動ではないのです。 ライブは広い会場でも音を行き渡らせるために大音量で行われています。 これは 比較的狭いライブハウスなどでも言えることです。 この大音量は強力な音波となり、内耳の蝸牛が損傷させ、難聴等が生じる可能性があります。 実際、ライブへ言ったことがある人の中には、ライブ終了後、 耳鳴りなどの症状を覚えた方はみえないでしょうか。 これにより難聴が起こるのですが、それは後述にて。 では、そもそもライブへ行かなければいいのではないか、と言う人もいるかもしれませんが、ライブ好きな方はそれでも行きたい方がみえるのです。 それを止めるのは酷なことなので、予防のためにも耳栓を使うことは 悪いことではありません。 耳栓は遮音性能は高いものの、完全に音を遮断するわけではなく、その音の物理的な強さを軽減するので全く聞こえなくなるわけではありません。 ただ、耳栓をすることで 周波数が少し変わるので本来の音では聞こえない可能性もあります。 またアーティストのパフォーマンスと共に音楽を聴きに来ているのも確かなので、耳栓は 外から見えないようなものを使うことを推奨させていただきます。 そうなるとヘッドホン型のイヤーマフはしっかり遮音していることが分かってしまうため、他のファンから反感を買いかねません。 気をつけてください。 ライブ難聴(音響外傷)とは? それではライブで起こる難聴とはどんなものでしょうか。 これは先程の ライブ後の耳鳴りが危険信号となっている場合があります。 ライブ後、耳鳴りと難聴が急に発生した場合は、耳鼻科でディスコ難聴やロック難聴という診断をされます。 もちろんロック以外の音楽でもなりえるので、 急性音響性難聴、一般的には音響外傷とも呼ばれます。 原因となって起こった音の聴取の可否に関する閾値の上昇 聴力の低下 が、例え一部の周波数であっても、正常聴力と比べて 21dB以上上昇したまま回復しない状態のことを言います。 ライブへ行けば必ずなるわけではありませんが、スピーカーの近くなどは特になりやすい症状です。 そうなると日常生活にも影響を与えてしまうため、 耳栓で難聴予防をすることは必要となってきます。 簡単に言えば音響障害は 強い音が原因であると言うことです。 そのためそのような音を避けることが肝心となります。 ライブの音はどれくらい大きい? それではライブの音はどれくらいの大きさがあるのでしょうか。 これは音量の物理的な数値、デシベル dB で知ることができます。 一般的にオーケストラのコンサートなどを含めると 80dB以上の音量・音圧を誇ります。 騒音レベルとの比較は後ほどさせていただきますが、これはあくまで一般的なものです。 ギネス記録にはこの音量についてのこんな記録があります。 イギリスで誕生したロックバンドであるディープパープルは1973にロンドンで行ったライブで、コンサートホールにて 最大117dBを計測しました。 これ以前からこのバンドは大音響バンドとして有名でしたが、名実共にそう評されるようになったわけです。 しかし、この記録も1976年に同じくイギリスのロックバンドであるザ・フーが 最大120dBを計測したため、彼らの記録は破られています。 ただ屋内ステージでの公演における音量としてはディープパープルの記録は、未だに世界一を保持しています。 一般的な騒音レベルとライブの音量 それでは一般的な騒音レベルとライブの音量を比べてみるとどうでしょうか。 先述通り、80dB以上がライブ・コンサートの音量と説明しましたが、 一般的な騒音レベルは60dBと言われています。 この音量を超えるとうるさいと感じるようになります。 75dBまでいくとそのうるささに我慢できないレベルになります。 つまりライブはコンサートであってもそれ以上の音量を記録しているので、そうとううるさい音量と言えます。 ただ行う場所が屋外であったり、屋内でもそれなりに広さがある場所であり、構成された音楽であるため 心地よく、うるさいとは感じないのでしょう。 ライブの音の周波数 ライブではもちろんのこと楽器を利用します。 そのため演奏する 楽器によって周波数が違います。 生演奏であるライブはそれに影響されます。 例えばロックバンドで言えば ギターやベースを使います。 ギターだとコードにもよりますが、最高で1245Hz、ベースでは最低で41Hzの周波数となっています。 ドラムであってもバス・ドラムで75Hz、スネアで300Hzとなっています。 つまり周波数帯で言えば 40Hz~1250Hzで演奏が行われることになります。 この音域は低音から中音域の周波数になります。 ただコンサートなどではバイオリンなどそれ以上の周波数の楽器もあり、当然楽曲によってはライブでも使用されます。 ちなみにバイオリンは弦楽器の中では最高域の周波数が出せる楽器になっています。 最低音は196Hz、 最高音は4435Hzとなっています。 しかし、最近は5弦バイオリンと言うものが存在します。 こちらはあくまで4弦バイオリンの音域になりますので、もっと低い音も出せるようになっています。 また人間が 最も美しいと感じる周波数は432Hzとされています。 豆知識程度に知っておくといいかも知れません。 ライブ用耳栓を選ぶポイント それではここからはライブ用の耳栓選びのポイントについてご紹介していきます。 最近はこの 音響障害予防のため、ライブ用に特化した耳栓も開発されています。 それも含めて以下のポイントに注意して選ぶことが大切です。 20dB程度の遮音量• ライブの音が不自然にならない耳栓• 長時間使用しても痛くならない• 汗対策として洗える耳栓 この 4つがポイントとなっています。 それでは1つずつ見ていきましょう。 20dB程度の遮音量 野外ライブを例にとって考えると、ロックコンサートでは最大で120dBの音量が発生します。 この音量に 耳が耐えられる時間は0時間、つまり全く耐えられないということです。 そのため2時間程度のライブで耳が耐えられるようにするには、少なくとも 20dB程度の遮音性能を持つ耳栓が必要となるわけです。 ライブの音が不自然にならない耳栓 先述した通り、ライブに行く以上やはり遮音性能によって音が変わってしまうと楽しみも半減してしまいます。 そのため 音のバランスを崩さず聞き取れる不自然にならない耳栓を選んだほうがいいです。 長時間使用しても痛くならない ライブはその企画にもよりますが、2時間程度になります。 そうなるとその時間くらいは連続して使用できることが望ましいです。 圧迫感があると長時間のライブは辛くなるため、 ソフトな耳の疲れにくい耳栓が望ましいです。 汗対策として洗える耳栓を選ぶ ライブ、特にロックミュージシャンのものでは汗をかくことが多いです。 耳穴にも汗をかくため、耳栓も汗を含むことになります。 耳栓によっては 水によって劣化するものがあります。 そうなると遮音性も下がり、また耳穴の環境がわるくなって、耳穴の皮膚がただれることもあるため、清潔感を保つためにも 耐水性のある洗える耳栓を選ぶことが大切です。 そこでここからは ライブ用におすすめな耳栓を3つご紹介していきます。 また、ライブに使用する耳栓をランキング形式でTOP10まで紹介したページもご用意しております。 以下のおすすめ耳栓から選んでも問題ありませんが、ランキングが気になるという方はこちらのページも選ぶ際の参考にしてください。 耳に挿入する イヤーチップはラージとミディアムの2種類のサイズが用意されています。 水洗いもできるため衛生的で、紛失防止のための特製ケースも付いています。 遮音をしながらモデル別に楽器パートや音楽カテゴリーのモニタリング専用に開発された特殊な サウンドフィルターを搭載しているので、本来の音質をそのままに安心してステージを楽しめます。 また装着したまま会話もできます。 使用感も良く、 長時間の使用にも適しています。 またライブだけでなく日常生活でも使用できると好評です。 特殊な構造により 欲しい音をしっかり残し、難聴の原因となる余分な周波数帯域を大幅カットします。 オランダ発のイヤープロテクターとなっており地元アムステルダムでは200件以上のクラブで販売しています。 使用感も良く高評を得ていますが、人によっては音が変わってしまうと感じる方もみえるようです。 具体的には 高音の音域が抑えられたことにより、音が変わったと感じているようです。 高音域の曲が多いアーティストのライブでは 満足いく音を聞くことができない可能性もあります。 耳を保護しながら音楽や会話はそのまま楽しむことができます。 低アレルギー性のシリコン素材になっているため、ゴムアレルギーがある人も使用が可能になっています。 保管用にアルミニウム製ケースも付いています。 上記のTHUNDERPLUGS同様、高音域がきれいにカットされすぎで、ギターソロが物足りなく感じた方もみえるようです。 他にもシンバルなどの高音域楽器も同じように 聞き取りにくくなったようです。

次の

【ライブ用耳栓】を使わないほうがダサい理由とは?

ライブ用 耳栓

ライブ用の耳栓はアーティストに失礼? ライブで耳栓、と言うと アーティストに対して失礼なのではないかと思われる方もみえるかもしれません。 しかしこれは決して失礼な行動ではないのです。 ライブは広い会場でも音を行き渡らせるために大音量で行われています。 これは 比較的狭いライブハウスなどでも言えることです。 この大音量は強力な音波となり、内耳の蝸牛が損傷させ、難聴等が生じる可能性があります。 実際、ライブへ言ったことがある人の中には、ライブ終了後、 耳鳴りなどの症状を覚えた方はみえないでしょうか。 これにより難聴が起こるのですが、それは後述にて。 では、そもそもライブへ行かなければいいのではないか、と言う人もいるかもしれませんが、ライブ好きな方はそれでも行きたい方がみえるのです。 それを止めるのは酷なことなので、予防のためにも耳栓を使うことは 悪いことではありません。 耳栓は遮音性能は高いものの、完全に音を遮断するわけではなく、その音の物理的な強さを軽減するので全く聞こえなくなるわけではありません。 ただ、耳栓をすることで 周波数が少し変わるので本来の音では聞こえない可能性もあります。 またアーティストのパフォーマンスと共に音楽を聴きに来ているのも確かなので、耳栓は 外から見えないようなものを使うことを推奨させていただきます。 そうなるとヘッドホン型のイヤーマフはしっかり遮音していることが分かってしまうため、他のファンから反感を買いかねません。 気をつけてください。 ライブ難聴(音響外傷)とは? それではライブで起こる難聴とはどんなものでしょうか。 これは先程の ライブ後の耳鳴りが危険信号となっている場合があります。 ライブ後、耳鳴りと難聴が急に発生した場合は、耳鼻科でディスコ難聴やロック難聴という診断をされます。 もちろんロック以外の音楽でもなりえるので、 急性音響性難聴、一般的には音響外傷とも呼ばれます。 原因となって起こった音の聴取の可否に関する閾値の上昇 聴力の低下 が、例え一部の周波数であっても、正常聴力と比べて 21dB以上上昇したまま回復しない状態のことを言います。 ライブへ行けば必ずなるわけではありませんが、スピーカーの近くなどは特になりやすい症状です。 そうなると日常生活にも影響を与えてしまうため、 耳栓で難聴予防をすることは必要となってきます。 簡単に言えば音響障害は 強い音が原因であると言うことです。 そのためそのような音を避けることが肝心となります。 ライブの音はどれくらい大きい? それではライブの音はどれくらいの大きさがあるのでしょうか。 これは音量の物理的な数値、デシベル dB で知ることができます。 一般的にオーケストラのコンサートなどを含めると 80dB以上の音量・音圧を誇ります。 騒音レベルとの比較は後ほどさせていただきますが、これはあくまで一般的なものです。 ギネス記録にはこの音量についてのこんな記録があります。 イギリスで誕生したロックバンドであるディープパープルは1973にロンドンで行ったライブで、コンサートホールにて 最大117dBを計測しました。 これ以前からこのバンドは大音響バンドとして有名でしたが、名実共にそう評されるようになったわけです。 しかし、この記録も1976年に同じくイギリスのロックバンドであるザ・フーが 最大120dBを計測したため、彼らの記録は破られています。 ただ屋内ステージでの公演における音量としてはディープパープルの記録は、未だに世界一を保持しています。 一般的な騒音レベルとライブの音量 それでは一般的な騒音レベルとライブの音量を比べてみるとどうでしょうか。 先述通り、80dB以上がライブ・コンサートの音量と説明しましたが、 一般的な騒音レベルは60dBと言われています。 この音量を超えるとうるさいと感じるようになります。 75dBまでいくとそのうるささに我慢できないレベルになります。 つまりライブはコンサートであってもそれ以上の音量を記録しているので、そうとううるさい音量と言えます。 ただ行う場所が屋外であったり、屋内でもそれなりに広さがある場所であり、構成された音楽であるため 心地よく、うるさいとは感じないのでしょう。 ライブの音の周波数 ライブではもちろんのこと楽器を利用します。 そのため演奏する 楽器によって周波数が違います。 生演奏であるライブはそれに影響されます。 例えばロックバンドで言えば ギターやベースを使います。 ギターだとコードにもよりますが、最高で1245Hz、ベースでは最低で41Hzの周波数となっています。 ドラムであってもバス・ドラムで75Hz、スネアで300Hzとなっています。 つまり周波数帯で言えば 40Hz~1250Hzで演奏が行われることになります。 この音域は低音から中音域の周波数になります。 ただコンサートなどではバイオリンなどそれ以上の周波数の楽器もあり、当然楽曲によってはライブでも使用されます。 ちなみにバイオリンは弦楽器の中では最高域の周波数が出せる楽器になっています。 最低音は196Hz、 最高音は4435Hzとなっています。 しかし、最近は5弦バイオリンと言うものが存在します。 こちらはあくまで4弦バイオリンの音域になりますので、もっと低い音も出せるようになっています。 また人間が 最も美しいと感じる周波数は432Hzとされています。 豆知識程度に知っておくといいかも知れません。 ライブ用耳栓を選ぶポイント それではここからはライブ用の耳栓選びのポイントについてご紹介していきます。 最近はこの 音響障害予防のため、ライブ用に特化した耳栓も開発されています。 それも含めて以下のポイントに注意して選ぶことが大切です。 20dB程度の遮音量• ライブの音が不自然にならない耳栓• 長時間使用しても痛くならない• 汗対策として洗える耳栓 この 4つがポイントとなっています。 それでは1つずつ見ていきましょう。 20dB程度の遮音量 野外ライブを例にとって考えると、ロックコンサートでは最大で120dBの音量が発生します。 この音量に 耳が耐えられる時間は0時間、つまり全く耐えられないということです。 そのため2時間程度のライブで耳が耐えられるようにするには、少なくとも 20dB程度の遮音性能を持つ耳栓が必要となるわけです。 ライブの音が不自然にならない耳栓 先述した通り、ライブに行く以上やはり遮音性能によって音が変わってしまうと楽しみも半減してしまいます。 そのため 音のバランスを崩さず聞き取れる不自然にならない耳栓を選んだほうがいいです。 長時間使用しても痛くならない ライブはその企画にもよりますが、2時間程度になります。 そうなるとその時間くらいは連続して使用できることが望ましいです。 圧迫感があると長時間のライブは辛くなるため、 ソフトな耳の疲れにくい耳栓が望ましいです。 汗対策として洗える耳栓を選ぶ ライブ、特にロックミュージシャンのものでは汗をかくことが多いです。 耳穴にも汗をかくため、耳栓も汗を含むことになります。 耳栓によっては 水によって劣化するものがあります。 そうなると遮音性も下がり、また耳穴の環境がわるくなって、耳穴の皮膚がただれることもあるため、清潔感を保つためにも 耐水性のある洗える耳栓を選ぶことが大切です。 そこでここからは ライブ用におすすめな耳栓を3つご紹介していきます。 また、ライブに使用する耳栓をランキング形式でTOP10まで紹介したページもご用意しております。 以下のおすすめ耳栓から選んでも問題ありませんが、ランキングが気になるという方はこちらのページも選ぶ際の参考にしてください。 耳に挿入する イヤーチップはラージとミディアムの2種類のサイズが用意されています。 水洗いもできるため衛生的で、紛失防止のための特製ケースも付いています。 遮音をしながらモデル別に楽器パートや音楽カテゴリーのモニタリング専用に開発された特殊な サウンドフィルターを搭載しているので、本来の音質をそのままに安心してステージを楽しめます。 また装着したまま会話もできます。 使用感も良く、 長時間の使用にも適しています。 またライブだけでなく日常生活でも使用できると好評です。 特殊な構造により 欲しい音をしっかり残し、難聴の原因となる余分な周波数帯域を大幅カットします。 オランダ発のイヤープロテクターとなっており地元アムステルダムでは200件以上のクラブで販売しています。 使用感も良く高評を得ていますが、人によっては音が変わってしまうと感じる方もみえるようです。 具体的には 高音の音域が抑えられたことにより、音が変わったと感じているようです。 高音域の曲が多いアーティストのライブでは 満足いく音を聞くことができない可能性もあります。 耳を保護しながら音楽や会話はそのまま楽しむことができます。 低アレルギー性のシリコン素材になっているため、ゴムアレルギーがある人も使用が可能になっています。 保管用にアルミニウム製ケースも付いています。 上記のTHUNDERPLUGS同様、高音域がきれいにカットされすぎで、ギターソロが物足りなく感じた方もみえるようです。 他にもシンバルなどの高音域楽器も同じように 聞き取りにくくなったようです。

次の