三重県 いくよしまる。 [紀伊長島・引本浦・尾鷲] 三重県おすすめの釣り筏・渡船屋さんまとめ一覧

穏やかな尾鷲湾の養殖小割りイケスでクロダイ釣り【三重県引本浦郁義丸】

三重県 いくよしまる

鏡のように穏やかな尾鷲湾、落ち着いて釣りに集中できる。 船長に状況を聞くと、最近は午後からの釣果が多く、特に夕方の5時前後がいいとのこと。 これを聞いて一抹の不安が頭をよぎった。 実は釣友の都合で、午後3時に早上がりしなければならなかったからだ。 大釣りは期待できなくても、時合い以外の時間帯で全く釣れないということはないだろう。 ただ、少ないチャンスを確実に拾っていく釣りを心がけないと、やらかしてしまうかもと自分に言い聞かせて開始した。 まずはボラを寄せるために、手返し重視でダンゴを投入していく。 すぐ寄ったのは中層の サバ。 本来、ある程度まで育つと湾の外へ出ていくサバだが、ここ数年は大きくなってからも湾内に居残ることが多く、落下途中のダンゴに悪さをしたり、紛らわしいスレアタリを出したりと、いろいろな意味で厄介だ。 本命狙いにシフト 程なくしてボラも寄ったが、ダンゴへのアタリは弱々しい。 それでも、ボラの反応が出てからインターバルを長めに取り、本命を待ち伏せする釣りに切り替えた。 勝負を早めに仕掛けたかったのと、 当地ではボラの活性を上げ過ぎないようなダンゴワークもいい結果につながることが多いからだ。 オキアミでは長く持たないため、 サシエは活丸さなぎの3粒掛けで終日通した。 午前8時を回ったころ、養殖小割りの先端で釣っていた釣友が クロダイを掛けた。 35cmだったが、本命が釣れると分かれば、こちらもやる気が増すというもの。 魚がいるなら、必ずこちらにも寄るはずだ。 午前9時半、ダンゴが割れて10分ほど経過したところで、穂先がススッと押さえ込まれた。 ここまでクロダイの本アタリにしか見えなかった、紛らわしいスレアタリにだまされ続け、期待していなかったがアワせてみると本命の手応え。 上がったのは 43cmとまあまあの クロダイ。 欲をいえば50cmオーバーがきてほしかったが、午前中から釣れてホッとした。 釣果は午前中に集中.

次の

郁義丸:養殖イカダ釣り<三重県 紀北町 引本浦>

三重県 いくよしまる

鏡のように穏やかな尾鷲湾、落ち着いて釣りに集中できる。 船長に状況を聞くと、最近は午後からの釣果が多く、特に夕方の5時前後がいいとのこと。 これを聞いて一抹の不安が頭をよぎった。 実は釣友の都合で、午後3時に早上がりしなければならなかったからだ。 大釣りは期待できなくても、時合い以外の時間帯で全く釣れないということはないだろう。 ただ、少ないチャンスを確実に拾っていく釣りを心がけないと、やらかしてしまうかもと自分に言い聞かせて開始した。 まずはボラを寄せるために、手返し重視でダンゴを投入していく。 すぐ寄ったのは中層の サバ。 本来、ある程度まで育つと湾の外へ出ていくサバだが、ここ数年は大きくなってからも湾内に居残ることが多く、落下途中のダンゴに悪さをしたり、紛らわしいスレアタリを出したりと、いろいろな意味で厄介だ。 本命狙いにシフト 程なくしてボラも寄ったが、ダンゴへのアタリは弱々しい。 それでも、ボラの反応が出てからインターバルを長めに取り、本命を待ち伏せする釣りに切り替えた。 勝負を早めに仕掛けたかったのと、 当地ではボラの活性を上げ過ぎないようなダンゴワークもいい結果につながることが多いからだ。 オキアミでは長く持たないため、 サシエは活丸さなぎの3粒掛けで終日通した。 午前8時を回ったころ、養殖小割りの先端で釣っていた釣友が クロダイを掛けた。 35cmだったが、本命が釣れると分かれば、こちらもやる気が増すというもの。 魚がいるなら、必ずこちらにも寄るはずだ。 午前9時半、ダンゴが割れて10分ほど経過したところで、穂先がススッと押さえ込まれた。 ここまでクロダイの本アタリにしか見えなかった、紛らわしいスレアタリにだまされ続け、期待していなかったがアワせてみると本命の手応え。 上がったのは 43cmとまあまあの クロダイ。 欲をいえば50cmオーバーがきてほしかったが、午前中から釣れてホッとした。 釣果は午前中に集中.

次の

郁義丸:養殖イカダ釣り<三重県 紀北町 引本浦>

三重県 いくよしまる

[紀伊長島・引本浦・尾鷲 ]三重県おすすめの釣り筏・渡船屋さんまとめ一覧 三重県の 紀伊長島・引本浦・尾鷲には多くの渡船屋さんがあります。 このあたりは外海に面していることもあり潮がよく効いてるので、 筏でもかなりの大物が狙える絶好の漁場でもあります。 そのため本州で釣れる最大級のアオリイカや青物はこのあたりで狙えます。 また比較的暖かな地域であることから、一年中アオリイカが狙えますのでエギンガー・ヤエン師問わず関西・中部のアオリイカファンは冬場この辺りに集中します。 もちろん チヌ狙いの方も多く60cm級のチヌも多く釣果に出ており、漁では70cm級のチヌも揚がってますので記録狙いの太公望たちが全国から押し寄せる 筏釣りのメッカです。 また鯛などの養殖業も盛んで養殖いかだに着く魚も多くいる事から、 筏釣りをするには最適な環境が整っているとも言えます。 紀伊長島・引本浦・尾鷲にたくさんある渡船業者さんの中から 厳選した渡船屋さん、釣り船屋さんをご紹介します。 全ての筏にトイレとテントが設置されていますので、女性や家族連れの方も安心です。 筏の水深は6m~15mですので比較的釣りやすい筏で、初心者の方にも最適です。 レンタンの後始末は岸壁にてお願いします。 光丸 みつまる さんではポイントカードを発行されてます。 10回ごとに1回筏代が無料になりますのでお得ですよ。

次の