ショートカット iphone。 スマホ(iPhone)のホーム画面にWebページのショートカットアイコンを作成する方法

【iPhone X対応】iPhone・iPadの『ショートカット』機能の使い方

ショートカット iphone

はじめに 新卒2年目エンジニアのkasuke18です。 つい先日iOS12がリリースされました。 リリースされた内容は数多くありますが、その中でも気になったのが「ショートカット」というアプリです。 このアプリをうまく使えば単体での実行が可能になります。 実際に試してみましたので、紹介します。 もくじ• 「ショートカット」アプリについて リリースノートを見ると、「ショートカット」アプリはiOS12の以前に「Workflow」アプリとして公開されていたようです。 「ショートカット」アプリでは、 ビジュアルプログラミング言語のように アクションと呼ばれる構成要素を組み合わせて1つのショートカットを作成します。 アクションには iPhone端末の設定変更や 他アプリの操作・データの受け渡しといったものが用意されているほか、変数・条件分岐・繰り返し(for, foreach)といった制御を行うものも用意されています。 作成したショートカット 内容 に保存されている画像のリンクに対してのを実行し、画像内の文字をテキストに変換して出力する、ということをやってみました。 今回使用したのはです。 POSTパラメータやレスポンスの構成はリンク先でご確認ください。 作成例 まずはPOSTリクトを送信する部分です。 POSTリクトの送信 今回POSTパラメータとして必要な情報は APIキー・ 画像内の文字の言語・ base64エンコードされた画像の3つです。 このうち 画像内の文字の言語は日本語で固定としているので、残り2つを取得する処理はサブルーチンとして別ショートカットに切り出し、それらを呼び出す方式をとっています。 ではそれぞれのショートカットを見ていきます。 APIキーの取得処理です。 キーはに持っておきたいのですが、さすがにそこまではできないようなので、今回は リマインダーアプリに保持・読み出すようにしています。 キーの取得 内容はキーを保持している リマインダーを検索し、その中から今回使用する OCR. spaceというタイトルの項目からキーを取得しています。 ショートカットの最後では、メインのショートカットに値を渡すため、変数から値を取り出して終了しています。 次に base64エンコードされた画像の取得処理です。 まずは拡張子の取得処理です。 拡張子の取得 大きな流れとしては、まずの内容がURL形式どうか確認し、URL形式ならその内容を取得します。 さらにその内容がイメージであれば拡張子を、そうでなければ noneというテキストを返却する、という処理を行っています。 この noneというテキストは、ショートカットを実行する側の処理で noneを受け取り、エラーとして処理を終了するために利用します。 次が 画像をbase64エンコードしたテキストの取得処理です。 画像をしたテキストの取得 これは 拡張子の時とほぼ同じ処理の流れをしていて、 拡張子を取得していたところを 画像をbase64エンコードしたテキストを取得するように変更しただけです。 最後にメインのショートカットで 他のショートカットを実行する&その結果を受け取る処理と、 レスポンスJSONをパースする処理を行います。 まずは 他のショートカットを実行&その結果受け取る処理です。 別ショートカットの実行 処理の流れは画像の通りです。 ショートカットを実行し、その結果が拡張子ではないときは中断されたことを通知しショートカットを終了します。 続いて レスポンスJSONをパースする処理です。 レスポンスのパース 「ショートカット」アプリ内では JSONは 辞書という単語で扱われています。 アクションとしては 辞書の値を取得というもので、これは組み合わせればネストされたのパースも可能です。 また今回は結果出力のため、最後にメモに書きだすようにしています。 実行結果 以上のサンプルを、前回私が書いた記事の画像に対して実行した結果が以下となります。 で認識する画像 図7. 実行結果 おわりに 今まではちょっとを試してみたいだけでもPCを用意する必要がありましたが、この「ショートカット」アプリを使用すれば単体で簡単にできます。 また今回は紹介していませんが、テキストに対してを用いたマッチングもできるので、 スクレイピングも可能です。 ユーザの方は試してみてはいかがでしょうか。 最後までご覧いただきありがとうございます。 参考文献• Shortcuts 2. 0 release notes• Free. space• 付録:今回使用したアクション アクション名とその使い方を以下にまとめました。 URL• URLを次のアクションに渡す• URLの内容を取得• 受け取ったURLをリストし、レスポンスを次のアクションに渡す• をリクト用に加工• を取得• の内容を次のアクションに渡す• 種類を取得• 受け取った値のデータ種類(イメージ・URLなど)のテキストを次のアクションに渡す• 受け取った値を形式で・デコードした値を次のアクションに渡す• ファイルの詳細を取得• 受け取った値(ファイル)の詳細(拡張子・サイズなど)を次のアクションに渡す• のパース• 辞書の値を取得• 受け取ったから指定したキーの値を次のアクションに渡す• 変数を設定• 受け取った値を変数に代入する• 受け取った値をそのまま次のアクションに渡す• 変数に追加• 受け取った値を変数に追加する(Listにappendするようなイメージ)• 受け取った値をそのまま次のアクションに渡す• 変数を取得• 変数から値を取り出し、次のアクションに渡す• 受け取った値と指定した値を比較する(次と等しい・次を含む・より大きい・より小さい)• それぞれで繰り返す(foreach文)• 受け取ったリスト形式の値に対して1つずつ処理を行う• ショートカットを実行• 受け取った値を特定のショートカットに渡し、その実行結果を次のアクションに渡す(メソッドのようなイメージ)• キーを取得する• リマインダーを検索• 条件に合致するリマインダーを検索し、その結果を次のアクションに渡す• リマインダーの詳細を取得• 受け取った値(リマインダー)の詳細(メモ・タイトルなど)を次のアクションに渡す• その他• テキスト• 指定したテキストを次のアクションに渡す• 通知を表示• タイトル・メッセージを指定し、その内容を通知として表示する• メモを作成• 受け取った値をメモに新規登録する• "ショートカット"を終了• 現在のショートカットを終了する• 現在のショートカットに含まれる後続のアクションは実行しない kasuke18.

次の

iPhoneのショートカットとは?アプリやSiriの使い方・やり方

ショートカット iphone

ショートカットとは iOSの「ショートカット」は、複数の操作やアプリを必要とする一連の作業を予め登録しておくことで、いつでも最短ワンタップで作業を自動化できる時短アプリです。 いつもやっているルーテイン操作・作業をまとめて実行することができます。 「ショートカット」は「アクション」という特定の機能を実行する単一ステップから構成されています。 その単一ステップである「アクション」を追加・組み合わせることで、一連の一つの「ショートカット」を作成することができます。 例えば「プレイリストを再生」するというショートカットには、2個の連続するアクションから構成されています。 このように、ショートカットアプリには、300以上のアクションが用意されていて、カレンダー、マップ、ミュージック、写真などの標準アプリやその他対応アプリと自由に組み合わせて作成することができます。 しかしながら、ショートカットを初めていちから作成するには、少々ハードルが高いです。 そんな初心者向けに「ギャラリー」と呼ばれるところに既成のショートカットが用意されていますので、まずは、それを「マイショートカット」(自身が作成したショートカットを保存する場所)に登録して利用して見ることをおすすめします。 ちなみに「ギャラリー」の中に使えるショートカットが見つかったら、タップするだけで「マイショートカット」に登録することができます。 その後、必要に応じて自分に合った形にカスタマイズすることで、ショートカットをより理解できるようになると思います。 ショートカットの作成 ギャラリーからショートカットを追加する まずはギャラリーからショートカットを選択して使ってみましょう。 ギャラリー画面を下にスクロールすると既成のショートカットが並びますが、その最初にある「必須ショートカット」の中から「プレイリストを再生」を選択します。 あるいは「すべて表示」をタップすると「必須ショートカット」を縦に一覧表示され、その一覧の中からも選択できます。 「プレイリストを再生」のショートカットを追加し、再生するプレイリストを選択します。 再生したいプレイリストを選択します。 (プレイリストは予め「ミュージック」アプリで作成しておきます。 ) これでマイショートカットに「プレイリストを再生」が追加されました。 実際のプレイリストの再生は、マイショットカットに追加されたショットカットをタップすると再生できますが、ウィジェットにも追加できますので、ここからタップすれば、1タップで再生することができます。 追加したショートカットを分析する ショートカットは「アクションという特定の機能を実行する単一ステップから構成されている」と説明しましたが、実際そのアクションの中身を分析してみましょう。 「マイショートカット」に登録した「プレイリストを再生」の右上の をタップすると「プレイリストを再生」のショートカットは、以下の通り、2個のアクションから構成されていることがわかります。 その前に、今ギャラリーから作成したショートカットと同じものを作成しますので、一旦削除してくから作成しましょう。 削除方法は「プレイリストを再生」ボタンを長押しするとアプリと同様な選択メニューが表示されますので、それで削除してください。 まずは、マイショートカットの「ショートカットを作成」をタップする。 検索欄からアプリ名やアクション名を入力しても選択できますが、今回は下記のメニューから選択しましょう。 今回は「メディア」からアクションを選択します。 「メデイア」アイコンをタップします。 「 プレイリストの曲を取得」の 「プレイリスト」をタップします。 次に再生するプレイリストを選択しますが、ギャラリーから作成したのと同様に 「プレイリスト1」を選択します。 複数ある場合は 「毎回尋ねる」を選択すれば、複数のリストから選択することもできます。 入力後、アイコンをタップして、アイコン・色を変更します。 「カラー」から赤を選択すると、現在のアイコンが赤に変更されます。 次に「グリフ」を選択して、アイコンを変更します。 「完了」を押して次の画面へ。 詳細画面で変更されているかを確認し、修正する場合は先ほどの手順を繰り返すことで変更できます。 「完了」を押して完成です。 マイショートカットに作成したアイコンが追加され、ウィジェットにもアイコンが追加されました。 以上で、簡単ですが、ショートカットが一連のアクション(単一ステップ)で構成され、時短したい操作のアクションを予め設定しておくことで、最短ワンタップで実行できるショットカットが作成できることが理解できたのではないかと思います。 補足 このショートカットは1タップでプレイリストを再生するのみで、停止・リピートなどのコントロールはできません。 その場合は以下の方法を組み合わせることで対応可能です。 ・コントロールセンターでコントロールする。 ・「ミュージックコントローラー」をギャラリーから追加する。 ただ、ワンタップで再生・停止もできれば一番よいですが、そのショートカットのカスタマイズは現在研究中です。 いい案がありましたら、コメント欄でお知らせください。 当ブログでもご紹介します。 ショートカットのオートメーション化 私はBluetoothヘッドフォンを利用しています。 先ほど作成したショートカットを利用する場合、iPhoneとペアリング・接続して、ショートカットをワンタップすることで再生することになりますが、そのワンタップを省略できないか。 それを解決するのが「オートメーション」という新機能です。 これはiOS13. 1以上より利用可能となります。 オートメーションとは 「オートメーション」とは、自分の行動をトリガーとしていろいろなショートカットを起動できる機能です。 具体的には、指定した操作や位置情報、日付、時間などの条件にあわせてショートカットを自動的に実行させます。 例えば「家を出るとWi-FiをOFFにする。 」とか「12時になったらお昼休みを通知して1時間後にアラームを慣らす」といったルーチンにしていることを自動化することができます。 オートメーションのトリガー ショートカットで設定できる「オートメーション」のトリガーは下記一覧の通りとなります。 これらのトリガーを条件にしてショートカットを作成することでさらに自動化することができます。 オートメーションの作成 それでは、先ほど作成したショートカットにトリガーを設定して、オートメーションを作成して見ましょう。 そのトリガーは「Bluetoothヘッドフォンを接続した時」で、その時にお気に入りのプレイリストを再生するショートカットを作成します。 ショートカットのメイン画面下部の「オートメーション」をタップします。 「新規オートメーション」の「個人用オートメーションを作成」をタップします。 次にトリガー一覧の中から「Bluetooth」をタップします。 設定画面に従って、接続するBluetoothデバイスを選択・設定し「次へ」をタップします。 「アクションを追加」をタップして、先ほど作成した「プレイリストを再生」するショートカットと同じ設定でアクションを追加します。 下記の通り、Bluetoothデバイスが接続した時に、プレイリストを再生する「オートメーション」が完成です。 実際動かし見ましょう。 Bluetoothヘッドフォンをペアリングし、接続完了すると、ショートカットアプリから下記の通知があります。 通知をタップすると、再度ショートカットを実行するかと聞いてきますので、再度タップすると、ようやく再生が開始します。 以上、オートメーションを使用すると、トリガー条件によりアクションが実行されますが、トリガーによっては、上記の通り、ショートカットからの通知により、確認のステップが入ってしまいます。 これでは、自動化と言っても2タップも必要になり、この点は残念なところです。 Bluetoothヘッドフォンを接続してから、ウィジェットにある「プレイリストを再生」ショートカットをタップするのとあまり変わりませんね。 この点ついては、Apple社の公式サイトに掲載されている「」に下記の通り、確認なしでオートメーションが実行できないトリガーがあることが記載されています。 このあたりの改善は、次回のiOSのバージョンアップ時に期待するところです。 確認なしでオートメーションが実行されるようにする パーソナルオートメーションには、作動したときにユーザに確認を求めることなく実行できるものがあります。 「ショートカット」で、「オートメーション」 をタップします。 自動実行したいオートメーションをタップします。 「実行の前に尋ねる」をオフにします。 「完了」をタップします。 そのオートメーションは、作動したときに通知を送信しなくなります。 以下のオートメーションは自動実行できます: ・機内モード ・アラーム ・CarPlay ・おやすみモード ・低電力モード ・NFC ・Appを開く ・Apple Watchワークアウト 注記: 自動実行するために個別のアクションを設定する必要がある場合があります。 以下のオートメーションは自動実行できません: ・到着 ・出発する前 ・Bluetooth ・出発 ・時刻 ・Wi-Fi 最後に ショートカットの基本について、説明しましたが、ショートカットは、うまく利用すれば、iPhone操作を時短でき、モバイルライフをより快適にできる可能性を秘めたアプリです。 ただ、オートメーションなどまだまだ使い勝手がよくない部分もあり、発展途上のアプリとも言えます。 今後そのあたりは改善することに期待しつつ、かなり日常のルーティンを効率化できるものと思います。 この記事をきっかけに日頃のルーティンを見直してみて、ショートカット作成にチェレンジしていただければ幸いです。 ショートカットでは、一連動作をパッケージ化したものをレシピと呼びますが、今後、応用編として使えるショートカットのレシピをご紹介して行きますので、ぜひ、ご期待ください。

次の

スマホ(iPhone)のホーム画面にWebページのショートカットアイコンを作成する方法

ショートカット iphone

ホームにショートカットアイコンを作成する• ウィジェットに登録する• Siriに登録する 上記のいずれかを選んで利用できます。 ギャラリー 通常の「マイショートカット」とは別で、「ギャラリー」という機能があります。 ギャラリーでは、 こんなショートカットがあったら便利だな、という機能をあらかじめ紹介しています。 マイショートカットを作るのが難しい、イマイチなのを登録したらいいのかわからない、という人は、まず ギャラリーの提案から利用する事をおすすめします。 【例】 【ショートカット名】 【機能】 自宅への経路 どこにいても自宅までの経路を表示 スピードダイヤル 登録した特定の人物(番号)に電話をかける 近くに開催されるイベントを開く カレンダーに登録されている、一番近い日程や内容の予定を表示する ギャラリーには上記の様な提案があり、誰でも簡単にショートカット機能を利用できるようになっています。 オートメーション iOS13. 1までアップデートをすると、「オートメーション」という機能が追加されます。 アラームを止めたらニュースを表示する• AirPodsに繋いだらApple Musicから曲を流す• 機内モードがONになったらマナーモードにする 上記の様な事をiPhoneに記憶させ、設定しておくと、自動で行ってくれる機能です。 また、オートメーションには「ホームハブ」という機能もあり、 iPhoneに繋げられるApple製品を利用して、iPhoneに触れなくても家の中での事を自動で行ってくれます。 【例】 家具 内容 温度計・エアコン 家の中にいる時、室温が30度を超えたらエアコン起動 電気・テレビ 部屋の電気をつけたらテレビをつける iPhone・スピーカー 家の中でApple Musicを流したらスピーカー起動 上記のような、家庭医で利用できるオートメーションの登録も可能となります。 共有可能 便利なショートカットは 友達や家族と共有することが可能です。 友だちと一緒に便利なショートカットを作ってみたり、兄弟が利用していた便利なショートカットを共有してもらい、自分のiPhoneに登録する事ができます。 ショートカットの利用方法 実際にショートカットを利用する方法をご紹介します。 最初にショートカットを利用する際は、自分で作るのが難しく感じたら、「ギャラリー」にあるショートカットを利用してみましょう。 ギャラリーから利用する 今回はギャラリーの「自宅への経路」を例として利用します。 ショートカットアプリを開き、「ギャラリー」から「自宅への経路」を選択し、「ショートカットを取得」をタップします。 自宅の住所を2つに分けて入力します。 利用するマップアプリを選択し、完了を押すと「マイショートカット」に登録されます。 「マイショートカット」から登録した「自宅への経路」をタップすると、現在地から自宅への経路が表示されるようになります。 これは「自宅への経路」とありますが、もちろん 住所を変更すれば特定の場所までの経路のショートカットともなります。 このように、ギャラリーでは 必要情報だけを入力すれば、すぐに利用できるショートカットを提案しています。 ショートカットを作成する 実際に自分でショートカットを作成する方法をご紹介します。 今回は例として、「7:30のアラームをセットしたら現在地の天気予報を取得する」ショートカットを作成します。 「マイショートカット」から「ショートカットを作成」を選択します。 「アクションを追加」をタップします。 「App」から「時計」をタップします。 「アラーム作成」をタップします。 【時間】に「7:30」と入力し、【アラーム】に「アラーム1(適当)」と名前を付けます。 「名称変更」をタップし、先ほどつけたアラームの名前を入力します。 「完了」をタップします。 今度は「App」から「天気」を選択します。 「天気予報を取得」をタップし、右上の「次へ」をタップします。 ショートカット名をつけ、「完了」をタップすれば、「マイショートカット」に登録されます。 マイショートカットの作成は慣れるまでは少し苦戦するかもしれません。 複雑な処理のショートカットを作成する際は、慣れてから行うようにするのが良いでしょう。 使いこなすことができれば非常に便利です。 オートメーションを作成する iOS13. 1から利用できるようになった、「オートメーション」の作成方法をご紹介します。 今回は「アラームを停止したらニュースを表示する」オートメーションを例に挙げて作成します。 「オートメーション」をタップし、「個人用オートメーションを作成」をタップします。 「アラーム」をタップし、「停止された」と「既存」にチェックをします。 既存のアラームから時間を選択し、右上の「次へ」をタップします。 次はニュースの表示を設定するので、「App」から「Safari」を選択します。 「URLを開く」をタップし、自分が普段見るニュースサイトのURLをペーストしてください。 ペーストしたら、右上の「次へ」をタップします。 右上にある「完了」をタップすればオートメーションが作成できます。 オートメーションは上手く活用すれば、ショートカットより格段に便利な機能となります。 iOS13. 1にアップデートしている方は是非利用してみましょう。 ショートカットを共有する 作成したショートカットや、友だちが持っているショートカットは共有することが可能です。 まず、ホーム画面の「設定」から「ショートカット」を選択します。 「信頼されていないショートカットを…」をONにします。 アプリに戻り、共有したいショートカットを長押しし、「共有」をタップします。 メッセージやメールなどで共有可能となるので、共有したい相手を選択して完了です。 ショートカット起動方法 ショートカットを作成しても、起動するまでに毎回「ショートカット」のアプリを開くのは面倒です。 ショートカットを起動する方法は3つあるのでご紹介します。 ホーム画面にアイコン設置 ホーム画面に作成したショートカットを設置する事が可能です。 「ショートカット」を開き、作成したショートカットの右上にあるメニューアイコンをタップします。 ショートカットの名前右についているメニューアイコンをタップし、「ホーム画面に追加」をタップします。 アイコンに名前を付け、右上の「追加」をタップします。 これでホーム画面に作成したショートカットが追加されるので、タップすれば起動となります。 ウィジェットに追加 ウィジェットというのは、ホーム画面を一番左までスワイプした際に表示される、ニュースや株価、天気などを表示する画面です。 ここに作成したショートカットを追加すること出来ます。 「ショートカット」を開き、作成したショートカットの右上にあるメニューアイコンをタップします。 ショートカットの名前右についているメニューアイコンをタップし、「ウィジェットに表示」をONにして「完了」をタップします。 これでウィジェットに表示されるようになります。 ウィジェットにあるショートカット名をタップすれば起動となります。 Siriで起動する Siriで起動する方法は非常に簡単です。 ホームボタン長押しなどでSiriを起動し、作成したショートカット名前を言うと、勝手に起動してくれます。 iOS12ではSiriの許可をする必要がありましたが、 iOS13へのアップデートで許可が不要となっています。 おすすめショートカット 初めて利用する際は、ショートカットの作成方法はわかっても、どんなショートカットを作れば良いかわからない人が多いでしょう。 そういった際の簡単なおすすめショートカットをご紹介します。

次の