ディズニー シー 年間 パスポート。 ディズニー再開で年間パスポート使えない?入園は抽選で払い戻しも可?

【ディズニー年パスまとめ】ディズニーの年間パスポート♪気になる値段・デザイン・種類・特典etcを徹底解説!

ディズニー シー 年間 パスポート

2パーク年間パスポート 93,000円(税抜)• 東京ディズニーランド 年間パスポート63,000円(税抜)• 東京ディズニーシー 年間パスポート 6,3000円(税抜) 特徴として、 2パークの年間パスポート(通称 共通)は、入園制限中のパークでは利用出来ません。 各パークのパスポート(通称 単パス)だと、入園制限中でも入ることが出来ます。 土日の繁忙期中心にインする方は、両単で持つメリットがあるといえます。 逆に、平日にインする方や土日でも朝一から行くことが出来る方(開園前の早めの時間から並んでいれば、よっぽど入園制限にかかることはありません)は共通で問題ないかと思います。 そして年パスを購入できる場所は、以下の2箇所です。 ディズニーの年パス購入の流れ 東京ディズニーリゾート チケットセンターの場所は、 イクスピアリの舞浜駅にほど近いこの階段を降りた先です。 年パス購入希望者は、 一番奥の扉から入った窓口で手続きをします。 値段とデザインを確認。 デザインは毎年変わるようです。 2016年12月現在のデザインは以下の3種。 単パはデザインは1種のみです。 お金を支払ったあとに申込用紙を記入し、写真撮影室へ。 ちなみに写真撮影室には2人で入ってOKでした。 撮影室内の椅子がミッキー! 写真撮影室では、この小さな窓口の先にいる係員さんとやり取りします。 再度本人確認書類(免許証など)を提出し、写真撮影。 写真は気に入らなければ取り直しOKです。 撮影完了すると、デザインを確認し、すぐに発行手続きに。 ドキドキ・・・。 あっという間に作成完了です! 窓口の手続き開始から賞味15分程でしょうか。 混んでいなければ本当にすぐです。 両パークのパレード・ショーを1日で満喫するという贅沢! これからの1年間がとても楽しみです!.

次の

憧れのディズニー「年間パスポート」手にして分かる3つのメリット 2017年最新 “年パス” デザインも紹介!(1/3)

ディズニー シー 年間 パスポート

いつか年間パスポートを持ちたいと考えている人も多いのではないでしょうか。 年パスを持っている生活ってどんな感じなんだろう?• 買ってもちゃんと元が取れるのか心配…• 年パスを買ったら 見える景色が変わる!? また、今すでに年間パスポートを持っている人も、いろいろと考える事があったりするかと思います。 ちゃんと年パスを使いこなせてるのかなぁ• そろそろ期限が切れるけど… 更新どうしよう 今回はそんな悩みを解決するべく、 年間パスポート購入者だからこそ知り得るメリットや特典を存分にお伝えいたします。 夢の国を自由に出入りできるようになる年間パスポート。 これを読んだら買わずにいられないかも?! 年間パスポートの基本 言わずと知れた年間パスポートは、有効期間内であれば、基本的にいつでもパークに出入りできるというもの。 メリットや特典をお伝えする前に、 年間パスポートの基本についておさらいしておきましょう。 これさえ持っていれば、ランドでもシーでも行きたい時に行き来できます。 ただし、混雑していて入園制限中のパークでは使うことができません。 ディズニーランドの開園時間~閉園時間まで、いつでも入ることができます。 ただしこちらも同様に 入園制限中のパークでは使うことができません。 ディズニーシーの開園時間~閉園時間まで、いつでも入ることができます。 ただしこちらも同様に 入園制限中のパークでは使うことができません。 ディズニーの年間パスポートは、上記の3種類です。 表記の値段は2020年4月~のもので、これからまた変更があるかもしれません。 ここ最近では、 2011年・2014年・2015年・2016年・2019年・2020年に値上げが行われています。 また、 2018年3月に年間パスポートの値段や利用条件に大きな変更がありました。 以前は制限中のパークにも入れましたが、2018年のルール改定で入れなくなったんですね。 また、加えて、 年間パスポート使用不可日が設定されました。 「使用不可日」の設定は、東京のディズニーパークで年間パスポートの販売されてから初めてのこと。 今まで年間パスポートをお持ちだった方は戸惑われた方も多くいるでしょう。 お盆やハロウィーン、クリスマスのイベントが行われる時期の最も混雑が見込まれる土日を中心に設定がされています。 2020年 2021年 1月 ー 2日 3月 28・29日 27・28日 5月 2・3・4・25日 2・3・31日 7月 24・25日 ー 8月 11・12・13日 ー 9月 19・20・21日 ー 10月 10・11日 ー 11月 16・21・22日 ー 12月 5・6・28・29・30日 ー 現時点で未発表の年間パスポート使用不可日は、1月、4月、7月、10月の月初めに、翌3カ月分について、年間パスポート販売窓口およびでお知らせされるとのことです。 ご自身が年間パスポートを持っている場合や、年間パスポートを持っている方とパークに行く際は、パークへ行く前に必ず使用不可日を確認しましょう。 せっかく舞浜まで出向き、「入園できない」のは悲しいですからね・・・! 年間パスポートが買える場所は? ディズニーの年間パスポートを販売している場所は、 4箇所あります。 いずれもディズニーリゾートの付近にあるので、舞浜まで足を運ぶ必要があります。 イクスピアリ:東京ディズニーリゾート・チケットセンター• 東京ディズニーランド:イーストゲート・レセプション• 東京ディズニーシー:団体チケットブース• オンライン販売 この中でディズニーシーの団体チケットブースでは、引換券を販売しているだけなので、本券の引き換えをするには、イクスピアリのチケットセンターか、ディズニーランドのイーストゲート・レセプションまで行く必要があります。 ディズニーシーの団体チケットブースで買うのは 「大切な人に年間パスポートをプレゼントしてあげたい!」という人でしょう。 イクスピアリの1Fにあるチケットセンター 舞浜駅側の入り口脇の階段下です 本券を発行する時には、 写真撮影をおこないます。 パスポートには本人の写真が載るので、当然ながらその人だけしかパークに入ることはできません。 また、 年間パスポートのデザインは定期的に新しいものに切り替わるようになっています。 これも毎年の更新を続ける理由になるかもしれませんね。 年間パスポートを発行する時には、住所や氏名が記載されている 本人確認書類が必要になりますので、忘れずに持参しましょう。 20歳未満の方が年間パスポートを作成するには、保護者の同意が必要になりますので注意してください。 また、2020年からオンラインでのディズニー年間パスポートの購入が可能になりました。 必要な情報を入力し、写真をアップロードし、クレジットカードで支払いをすると「年間パスポート受取券」を受け取ることができますので、上記の場所で受け取りましょう。 年間何回行けば元が取れる? 年間パスポート購入にあたり、多くの人が気になる最大のポイントではないでしょうか。 せっかく買うのですから、買った分以上の元は取りたいと考えるのが普通ですよね。 単純な計算ですが、2020年4月~のワンデーパスポートは 大人¥8,200なので、2パーク年間パスポートの¥99,000を割ると、 年間12. 07回行けば元が取れる計算です。 同様の計算で、ランド・シーの専用パスポートの場合は、 年間8. 29回になります。 つまり、2パーク年間パスポートで元を取るには 年13回以上、ランド・シーの専用パスの場合は 年9回以上パークに行く場合は元が取れるということになります。 ただし、ワンデーパスポートとの比較になりますので、例えばアフター6パスポートや、首都圏ウィークデーパスポートなど、状況によってワンデーパスポートより安いパスポートと使い分けることを考えると、もう少し多い回数を行った方が、確実に元が取れるということになりますね。 年間でそんなにパークには行かないかも…• 欲しいけどやっぱり値段が高い… そんな風に考える人もいるでしょう。 でも、ちょっと待ってください!実は年間パスポートを持つメリットは、 「パークに行った回数で元を取る」とは別の所にあるのです! 年間パスポート購入者だけが知る贅沢な時間 では、年間パスポートを購入したからこそ味わえる 4つの特典・メリットをお伝えいたします。 これは実際に持っている人しか分からない感覚でもあるので、もし迷っているなら1度体験してみると良いかもしれません! 【1】時間に追われず心からパークを楽しめる 年間パスポートを持っている最大のメリットと言っても良いでしょう。 1デーパスポートの場合、どうしても 効率良くパークを周ることに意識がいきがちです。 いかに多くのアトラクションに乗れるか?• いかに空いているレストランに入るか?• せっかくの1日だから夜までみっちり楽しみたい そんな事を考えながらパークでの1日を過ごすことが考えられます。 そして、せっかく高いパスポートを買って入っているのだから、混雑していても早めに帰るという選択肢も選びにくいものですよね。 その結果、頑張りすぎて夜にはヘトヘトになってしまうこともあるでしょう。 しかし、年間パスポートを持っている人は、上記のような考えになることがありません。 いつでもパークに来ることができるので、自然と 「また来ればいいや」という気持ちになります。 1日をいかに効率よく周るかという概念そのものがなくなってしまうのです。 例えば、乗りたい2つのアトラクションのうち、1つしかファストパスを取る時間がない場合は「もう1つは100分待ちでもスタンバイ列に並ばないと…」となります。 年間パスポートを持っている人の場合は「もう1つは次に来た際に乗れば良いや」という考えになります。 季節で変わる装飾や花木、エリアごとに異なるBGM、ショップのショーウインドウなど。 「パークを全力で楽しむ」から 「パークで気持ちよく過ごす」に変わっていきます。 年間パスポートを持つことの最大のメリットはこの 「気持ちの変化」にあると考えています。 年間パスポートがあると時間に追われずにディズニーを楽しめます 【2】遊び方の幅を広げることができる こちらは主に2パーク年間パスポートの場合のメリットになりますが、 1日でランドとシーを自由に行き来できるようになります。 午前中はディズニーシー、午後はディズニーランドといったように、観たいショーやパレードに合わせてアクティブに動けるようになります。 もちろん、天候に合わせて移動するなんて言う人も少なくありません。 例えば、新しく始まったイベントの当日や、グッズ発売の初日など。 ディズニーシーでしか売っていないダッフィーのグッズを買いたいけど、ディズニーランドでやっているパレードも観たいという場合でも、 臨機応変に対応することができます。 ランドかシーどちらかの年間パスポートの場合は、自分の持っていない方のパークを アフター6パスポートや スターライトパスポートを活用することで、1日をフルに楽しむことができます。 このように、 遊び方の幅をかなり広げることができます。 【3】いつでもどこでもパークに行く機会を作れる 年間パスポートを持っていない人は、ディズニーへ行くとなったら、大体は朝からか遅くてもお昼くらいから入るのが普通です。 しかし、年間パスポートを持っている人は、そうではありません。 平日の仕事帰りや、 パークの近くまで来た時に、 フラっと気まぐれでパークに入ることができるようになります。 平日の仕事終わりに夜ご飯を食べにパーク内のレストランへ• 東京駅まで来たついでにグッズを買いにパークへ• 夜のショーだけ見に19時頃からパークへ 上記のような使い方ができるようになるので、まさに自由自在です。 年間パスポートを持っていない人はどうしても 「たった数時間のためにパスポートを買うのは…」という気持ちになってしまいます。 イクスピアリやボンボヤージュまでは行けるけど、その先には入れない…という経験をした事がある人も多いかと思います。 年間パスポートを持っている人は、朝からパークへ行って、1度出てきてイクスピアリで映画を見て、夕方にまたINする人もいる程です。 もしもカップルで年間パスポートを持っていたら 「仕事帰りにサクっとディズニーデート」なんていう、夢のような使い方もできるようになります。 家族で年間パスポートを持っていたら 「毎月の最後の日曜日は家族でディズニーの日」なんて事もできるかもしれません。 まさに夢のような贅沢な楽しみ方ですよね。 年間パスポート所持者同士で仲良くなれる 毎週日曜日に開催されているディズニー交流会 年間パスポートを持っている人の中には、友達と一緒に買ったという人もいるでしょうが、1人で買ったという人も少なくないはずです。 そうした人達は、同じ 年間パスポート所持者同士で仲良くなれるネットワークを作ることができます。 最近は多くの人がSNSを使って情報収集や情報交換をしています。 もちろん、パーク内でのリアルタイムな情報も、SNSを使えば手に取るようにわかります。 そうしたSNS上のディズニーコミュニティなどで、 一緒にパーク内で仲良くなれる友達を探してみるのも、楽しみ方の1つです。 あるいは、ディズニー好き同士が集まる 交流会や、パークで開催される イベントに参加するのもオススメです。 ディズニーという共通の趣味があるからこそ、仲良くなるのも早いですし、恋愛に発展するケースもかなり多いはずです。 当サイトISTコミュニティでもやといった交流の場を設けています。 ディズニー好きの新しい仲間ができると、 今まで知らなかった情報を知ることができます。 また、ショーを見たり写真を撮ったりするために1人でパークへ行く時も、 パーク内で合流して一緒にご飯を食べたりもできます。 そんな新しいネットワークが構築できるのも、年間パスポート所持者の強みと言えるのではないでしょうか。 【まとめ】年間パスポート活用方法はいくつもある! ディズニーの年間パスポートを持つことが、「行った回数で購入費の元を取る」ということ以上に、 「贅沢な時間を買うことができる」というメリットや特典をおわかりいただけたのではないでしょうか! もちろん年間パスポートは安い金額ではございませんが、一度ご自身へのご褒美やお相手へのプレゼントなどで購入を考えてみてはいかがでしょうか。 きっと、 今まで見えなかった世界が目の前に広がるはずです。

次の

TDR年間パスポート 突然の料金改定・制度変更のねらいとは?

ディズニー シー 年間 パスポート

MCUについては、GW入る少し前に作品を見始めて、そこから一気に全ての作品群を借り始めて、GWに封切りされた『Guardians of The Galaxy Vol. 2 邦題:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 』は劇場のスクリーンで堪能することが出来ました。 8月封切りの『Spiderman Home Coming 邦題:スパイダーマン・ホームカミング 』も劇場で楽しみました。 11月3日公開の『Thor:Ragnalok 邦題:マイティー・ソー:バトルロイヤル 』も公開が楽しみならないくらいです。 また、アメリカでTV放送していたスピンオフ作品でもある『エージェント・カーター』や『エージェント・オブ・シールド』も鑑賞しては家族共々ハマっております。 自分でも驚くくらい、MCUが好きになりました。 そして今まで知らなくて本当に損した、と後悔するくらい面白い。 今のところは海外に行く予定は来年7月までないのですが、それよりも前に機会があれば、ひとまずは香港ディズニーランドに出かけて、現地でも人気のアトラクションであるアイアンマン・エクスペリエンスやアイアンマンとのグリーティングに行こうと考えているくらいです。 MCU絡みで言えば今年はアナハイムで、来年はパリでそれぞれイベントが開催済み&予定であり、東京ディズニーリゾート以外でも徐々にMCUの世界観がパークに浸透しつつあります。 勿論、機会があれば私がハマったMCUについてご紹介してみたいとも思います。 そして、MCU作品群だけでなく、ちゃんとディズニー映画の旧作を見ることも大切だなと思いました。 何と言ってもディズニーのテーマパークは映画の世界観が随所に散りばめられたテーマパーク。 案外観たようで観ていない作品、みなさんも沢山あるのではないでしょうか。 私も時折ですが、ディズニー・チャンネルで放映されていた旧作を録画し、休日の空いた時間に観ています。 とにかく映画を見る機会がグッと増えましたね。 MCU関連はIMAX 3Dや4Dで観ることをおすすめします。 勿論、MCUに限らず、例えばX-MENシリーズなど他のMARVEL作品も、ですね。 あれば365日、有効期間中好きな時に行けます。 都合が付けば仕事が終わった後の短時間でも買い物やお食事を理由にお出かけしたことも過去ありました。 また混雑するときはこの日じゃないと果たせない目的だけ済ませて後は帰宅する、ということもやってましたね。 こうした小刻みな動きができるのも、年間パスポート所有者の特権ですね。 最近は各シーズンのイベントごとに東京ディズニーランドと東京ディズニーシーにそれぞれ1回ずつ、入園します。 とは言っても、距離的にはいつでも行ける場所に住んでいるので、年に1回来園するか・しないか、というゲストさんと比べると随分と緩いスケジュールの組み方だろうと思います。 入園1回あたりのスケジュールと内容が濃厚になったなんて、普通の方からすると当たり前のことなのでしょうが、年間パスポートを持っている時はいつでも行けるから今日でなくても良い、という考えになりがちだったのは事実ですね。 そして久々に行くからこそ楽しい、という感覚もまた年間パスポートをお休みすることで蘇ってくるんですね。 不思議な事ですが、これもまたお休みをしたからこそ感じられることなのかもしれません。 3,年間パスポートがなくても困らない事に気がついた あれば便利な年間パスポート。 ない状況が6ヶ月以上経ちますが、これといって私は不便を感じません。 勿論、あれば便利です。 いつでも気軽に行けるという状況はとてもありがたいことです。 ですが、日常生活の中で、年間パスポートがなくて歯ぎしりするほど悔しい思いをしたり、困るようなことは正直ないです。 年間パスポートを持たないお陰で、映画も沢山見るようになったし、休日の過ごし方にバリエーションが逆に増えました。 家でじっくり身体を休めたり、他にやりたいことができたり、というのは年間パスポートお休みの副産物かもしれません。 ここ数年、ほぼ隔週で東京ディズニーリゾートに足を運んでいた我が家としては。 休日の時間の使い方を再考するよいきっかけになったな、と思います。 もし、今の東京ディズニーリゾートにトキメキを感じない年間パスポート所有者の皆さんは、あえて離れたところからパークを眺めてみる時間を持つのも良いのかもしれませんね。 4,年間パスポートの復帰をやめようとわりと真剣に考えるようになった ディズニーランド・バンドとDapper Danのレベルが素晴らしく、迫力も満点。 大人向けだと感じたDLRでの1枚 今年の4月15日に年間パスポートの有効期限が切れて以降、今はお休み期間なのですが、東京ディズニーリゾートの開園35周年アニバーサリーイベントをきっかけに復活しようかな、って一応は思っています。 ご祝儀もかねて。 今回のお休みの理由も学生さんのように受験を控えていた、または仕事の都合でなかなか行けないので年間パスポートの更新が出来なかったというわけでもなく、ただ、東京ディズニーシーの15周年イベント「ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ」が終わり、年間パスポートも4月15日に期限が切れるから、これをひとつのきっかけに一旦休憩しよう!という、思いつきベースのことです。 最初は寂しさや不便さを感じることは多少はありましたが、もの凄く困るということも今のところは一切ありません。 そしてなくてもさして不便に感じないからだけでなく、もう1つ他の理由もあり、今の段階での復帰確率が50%あればいいほうかな、と考えるようになりました。 それは別にTDRが嫌になったわけではなく、先程書いたMCUの世界観がとても好きになり、それが投影されるパークによりもっと足を運んでみたいと思うようになったのです。 自分の趣味・嗜好を満たしてくれるエンターテイメントがTDRよりも海外にあるから、ということですかね。 ディズニーパークスはそれぞれに客層・経営戦略が異なりますから、そこに個人の主観が合う・合わないは当然あってしかるべきだと思います。 MCUやスターウォーズが大好きな人にとってTDRよりも海外パークのほうがより充実していると判断したら、海外に目と足が向く人も増えることでしょう。 来年の4月まであと6ヶ月ちょっと、もしかするとチケット代全般値上げする可能性が一切ないわけではないので 笑 、価格と価値の見合いも含めて復活する・しないをもうしばらく考えてもいいかな、と思います。 という金額、決して安いとはいえませんからね。 2017. 10年前と比較して情報流通量が比べ物ならないほど多い今の時代、USパークもすごく便利で気軽に行ける時代になりました。 そして香港・上海もLCCの発達でますます便利に行きやすくなった中で、TDRじゃないといけない理由がますます薄れていく時代になったとも思います。 人によっては舞浜エリアに出かけるよりも上海に行くほうが「安くて近い」というケースもありますからね。 TDRが他と比較して没個性的とはいいませんが、 個人の趣味・ 嗜好に沿う、沿わないという観点からすると、人によっては私みたいにTDR中心の遊び方を見直す必要が出てきた時代になってきたんじゃないかな、と思います。 スターウォーズの世界観をとにかく堪能したいならばTDRには一切行かずに、ディズニーランド・リゾートやウォルト・ディズニー・ワールドに足繁く通ってみる。 これも1つの楽しみ方、スタイルだと思います。 アウラニ以外のホーム、私達家族はどこにするのか、数年かけて考えてみようと思います。 年間パスポートの更新を考えている方も、そうではない方も、今一度自分たちなりの楽しみを再考するきっかけとして今回の、この偏屈な記事がお役に立つならば、書き手としては大変嬉しく思います。

次の