普通 自動車 第 一 種 運転 免許 と は。 一種と二種免許の違いとは?取得方法・料金・難易度の比較まとめ

一種と二種免許の違いとは?取得方法・料金・難易度の比較まとめ

普通 自動車 第 一 種 運転 免許 と は

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 もお読みください。 第一種運転免許(だいいっしゅうんてんめんきょ)とは、日本における上の免許区分のひとつで、やを一般的な目的で運転する場合に必要なである。 (白ナンバー)の場合であれば、人を乗せる(の場合を除く)、荷物を運ぶ問わずこの資格でよく、報酬を得る(緑ナンバー)であっても、が主の場合はこの資格で十分である。 (営業運転)にはが必要となるが、営業運転以外(、や訓練、パレード行列など)の目的であればこの資格で運転することができる。 第84条第2項では、まずこの「第一種運転免許」が区分の正式名称として定められ、続いて「運転」の字を省略した「第一種免許」がその略称(短称)として規定されている。 このため、社会一般では後者の略称も多く用いられる。 この「第一種運転免許」は、「大型自動車免許」等の上位区分に当たる。 第一種運転免許の種類 [ ] 道路交通法では、第84条第3項でまず正式名称が規定され、続いてその略称が規定されている。 運転範囲を定めた第85条の表で略称が用いられているため、警察・運転免許試験場の広報文書・案内表示、社会一般の表記では略称が主として用いられることが多い。 の各免許と異なり、正規の長称・短称には「第一種」は含まれないが、明確に区別するためそれを含めた表記(「大型第一種免許」等)も一般に使用される。 正式名称 略称 運転することができる自動車等の種類 免許 大型免許 大型自動車、中型自動車、準中型自動車、普通自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車 免許 中型免許 中型自動車、準中型自動車、普通自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車 免許 準中型免許 準中型自動車、普通自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車 免許 普通免許 普通自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車 免許 大型特殊免許 大型特殊自動車、 新小型特殊自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車 免許 大型二輪免許 大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車、原動機付自転車 免許 普通二輪免許 普通自動二輪車、小型特殊自動車、原動機付自転車 免許 小型特殊免許 小型特殊自動車 免許 原付免許 原動機付自転車 免許 けん引免許 重被牽引車 試験 [ ] 試験科目 [ ] 適性検査• 深視力(・[限定なし]・[限定なし]・のみ)• 色彩能力• 運動能力 事前審査 大型自動二輪車のみ実施。 試験内容には含まれないが教習所によっては普通自動二輪車(AT限定、小型限定、小型AT限定も含む)も実施しているところもある。 車体引き起こし• スタンドのかけ方・戻し方• 車体の支え方• 取り回し 学科試験 原付、小特以外の第一種免許を受けている場合、もしくはを受けている場合は学科試験が免除される。 原動機付自転車・小型特殊自動車• マークシート48問(文章問題46問、イラスト問題2問)• 大型自動車・中型自動車・準中型自動車・普通自動車 MT・AT ・大型特殊自動車・大型自動二輪車 MT・AT ・普通自動二輪車(MT・AT・小型限定MT・小型限定AT)• 試験問題は共通• マークシート95問(文章問題90問、イラスト問題5問) 基本的にはで行うと同じである。 で直接に受験する技能試験は「」を参照のこと。 注意 [ ] 大型・中型・準中型・普通の各免許の取得については、技能試験は一部の課題を除き路上で実施されるため、先にの取得を行なわなければならない。 脚注 [ ].

次の

車種別教習時限数について

普通 自動車 第 一 種 運転 免許 と は

Contents• 運転免許の種類 第一種免許、第二種免許、仮免許の3種類あります。 第一種免許 自動車や原動機付自転車を運転するときに必要な免許。 通常、運転免許と言えばこれを指します。 第二種免許 バスやタクシーなどの営業運転、代行運転のときに必要な免許です。 お客さんを乗せて有償で運転する場合、こちらが必要になります。 仮免許 第一種免許を受けるための練習などのときに必要な免許です。 一般的には、自動車学校で路上実習するために取得します。 この仮免許があるから、免許取得前でも公道を運転できるわけです。 第一種免許の種類と運転できる車 上の段が運転できる車の種類、左の列が免許の種類です。 普通免許を取ると、普通自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車が運転できるようになります。 大型・中型・普通・大型特殊自動車で他の車をけん引するときに必要な免許です。 但し、総重量750キロ以下の車をけん引するときや、故障車をロープなどでけん引するときには、けん引免許が無くてもけん引できます。 車(車両)の区分 道路を走るものとして、最も大きい分類上、車など(車両等)は、「車(車両)」と「路面電車」に分類されます。 そして、車(車両)は、• 自動車• 原動機付自転車• 軽車両 この3つに区分されます。 自動車 ここでいう自動車には、以下のものが該当します。 大型・中型・普通・大型特殊・小型特殊自動車• 大型・普通自動二輪車 車はもちろんですが、原付を除くバイクもここに含まれています。 大型自動二輪、普通自動二輪は、自動車という区分になるんです。 大型自動車 大型特殊・小型特殊自動車、大型・普通自動二輪車以外で、• 車両総重量11,000キロ以上• 最大積載量6,500キロ以上• 乗車定員30人以上、 これらのいずれかに該当する自動車です。 大型のバス、トラックがこれにあたります。 中型自動車 大型・大型特殊・小型特殊自動車、大型・普通自動二輪車以外で、• 車両総重量5,000キロ以上11,000キロ未満• 最大積載量3,000キロ以上6,500キロ未満• 乗車定員11人以上29人以下 これらのいずれかに該当する自動車です。 大型より一回り小さい(と言っても普通自動車よりは大きい)クラスです。 中型のトラック、2ナンバーのマイクロバスがこれにあたりますが、1ナンバーの車両でも、中型自動車なことがあります。 普通自動車 大型・中型・大型特殊・小型特殊自動車、大型・普通自動二輪車以外で、• 車両総重量5,000キロ未満• 最大積載量3,000キロ未満• 乗車定員10人以下 これら全てに該当する自動車です。 一般的な免許のクラスです。 普通自動車を運転できる免許だから「普通免許」というわけです。 大型特殊自動車 カタピラ(キャタピラ)式や装輪式など特殊な構造を持ち、特殊な作業に使用する自動車で、最高速度や車体の大きさが小型特殊自動車に当てはまらない自動車です。 道路交通法上は、• ショベル・ローダ• タイヤ・ローラ• ロード・ローラ• グレーダ• ロード・スタビライザ• スクレーパ• ロータリ除雪自動車• アスファルト・フィニッシャ• タイヤ・ドーザ• モータ・スイーパ• ダンパ• ホイール・ハンマ• ホイール・ブレーカ• フォーク・リフト• フォーク・ローダ• ホイール・クレーン• ストラドル・キャリヤ• ターレット式構内運搬自動車• 自動車の車台が屈折して操向する構造の自動車• 国土交通大臣の指定する構造のカタピラを有する自動車及び国土交通大臣の指定する特殊な構造を有する自動車 これらの場合は、最高速度が15キロ以下、全長4. 7m以下、全幅1. 7m以下、全高2. 8m以下のもの。 農耕トラクタ• 農業用薬剤散布車• 刈取脱穀作業車• 田植機及び国土交通大臣の指定する農耕作業用自動車 これらの場合は、最高速度が35キロ未満のもの。 あと、• ポール・トレーラ及び国土交通大臣の指定する特殊な構造を有する自動車 が大型特殊車両になります。 大型自動二輪車 エンジンの総排気量が400ccを超える二輪の自動車。 サイドカー(側車)が付くとタイヤの数が3つ以上になりますが、駆動輪が本体の側にしかないものは自動二輪扱いになり、ここに含まれます。 普通自動二輪車 エンジンの総排気量が50ccを超え、400cc以下の二輪の自動車。 大型と同様、サイドカー付きも含みます。 小型特殊自動車 最高速度が15キロ以下で、全長4. 7m以下、全幅1. 7m以下、全高2. 8m以下(ヘッドガード等がない場合は、2. 0m以下)の、特殊な構造を持つ自動車です。 セグウェイはここに該当します。 原動機付自転車 エンジンの総排気量が50cc以下の二輪(スリーターを含む)、または、総排気量が20cc以下の三輪以上のもの。 原付免許や普通免許で運転できるのはこのクラスです。 軽車両 自転車、リヤカーなど、運転するのに免許のいらない車両です。 軽車両といえば、主に自転車を指します。 軽自動車ではありませんよ。

次の

車種別教習時限数について

普通 自動車 第 一 種 運転 免許 と は

コンテンツ目次• 基本的に自動車運転免許は、第一種運転免許・第二種運転免許・仮運転免許の3つに区分されています。 仮運転免許は、仮免と呼ばれるもので、自動車運転免許を取得しようとしている人が、路上で運転練習をするために発行される免許のこと。 免許を取得してから日の浅い方には馴染みのある言葉でしょう。 第一種と第二種については、それぞれ以下のとおりです。 【第一種】 第一種免許は、公道で自動車や原動機付自転車(原付きバイク)を運転するために必要な免許です。 (1)大型(大型自動車) (2)中型(中型自動車) (3)準中型(準中型自動車) (4)普通(普通自動車) (5)大特(大型特殊) (6)大自二(大型自動二輪免許) (7)普自二(普通自動二輪免許) (8)小特(小型特殊自動車免許) (9)原付(原動機付自転車免許) (10)け引(けん引免許) 【第二種】 第二種免許は、旅客(乗客)を旅客自動車に乗せて運転するために必要な免許です。 バスやタクシー、ハイヤー、民間の救急車などが旅客自動車に当てはまります。 自動車運転代行業にも必要な免許です。 自家用のバスやレンタカーなどは旅客自動車に含まれないため、第一種免許があれば運転できます。 しかし、都心部を中心に若者の車離れが増えており、免許を取得していない人は珍しいことではありません。 また、職種にもよるもののほとんどの企業では、自動車免許を求められることは少なめ。 履歴書に記載していなくても不利に働くことはほぼ無いといえます。 普通自動車免許を持っている人は、職種に関連性の高い保有資格から優先して記載し、行数が余るようであれば普通自動車免許についても記載しておくというスタンスでも良いでしょう。 ただし、営業職やドライバーなど、業務上日常的に車を使う(運転免許の取得が応募資格である)場合は、必ず記載をしてください。 詳しい記載方法については、次項で説明します。 しかし、自分の免許証を確認してみても、「運転免許証」としか記載されていないはず。 では、普通自動車免許の正式名称とは何でしょうか。 例を見てみましょう。 記載の際の参考にしてみてください。 ちなみに、取得年月日は免許証の左下を見れば確認できます。 年号を書く際は、ほかに記載する資格や免許と合わせ、和暦または西暦を統一しておきましょう。 【AT限定の記載について】 AT限定の記載についてもおさえておきましょう。 実は、上記に挙げた記載例はすべてマニュアル車ということを表します。 AT車限定の場合、「普通自動車免許(AT限定)」と書くのが正式です。 ただし、マニュアル免許を必須とする企業でない限り、あえてAT限定と書く必要はありません。 車の運転が職種に関係ない場合、MTかATかで、採用に影響することは少ないためです。 【法改正に伴う免許の書き方変更について】 普通自動車免許では、車両総重量が5t未満、最大積載量が3t未満、乗車定員は10名以下の条件を満たす自動車を運転することができます。 普通車のほか、軽自動車や原付きバイクなども運転可能です。 しかし、法改正に伴い2017年3月12日以降に免許を取得した人では、車両総重量が3. 5t未満、最大積載量が2t未満、乗車定員は変わらず10名以下の条件を満たす自動車しか運転できなくなりました。 その場合は、普通自動車免許ではなく「準中型自動車免許」または「準中型自動車運転免許」が正式名称です。 履歴書に記載する際には注意しましょう。 ちなみに、第二種免許には準中型という区分がないため、「準中型自動車第一種運転免許」と記載する必要はありません。 取得した年月日は免許証の左下で確認できるとお伝えしましたが、実際には分かるものと分からないものがあるのです。 左下の枠には、「二・小・大」というバイクに関する欄と、「他」という四輪に関する欄、「二種」という第二種免許を一括りにした3つの欄しかありません。 例えば、バイク関係の免許を2つ以上取得している場合では、記載されている日付がどの免許を指すのか、書かれてない免許はいつ取得したのかを確認することは、欄が1つしか無いためできないのです。 確認したい場合は、以下の方法をとりましょう。 【専用端末を使用して免許証のICチップを読み取る】 2009年から免許証がICカード化されています。 ICチップが入った免許証であれば、そこには記載されていない情報を専用端末にて閲覧することが可能です。 専用端末は、「IC免許証読み取り装置」「IC免許証確認装置」などと呼ばれ、警察署や免許センターに設置されています。 情報を閲覧するためには、免許証のほかに4桁の暗証番号が必要です。 暗証番号の入力を3回間違えてしまうとロックがかかってしまいますので、自身で設定した番号を忘れずに準備しておきましょう。 忘れた場合は、免許センターにて確認することができます。 ただし、電話での問い合わせには対応していないため、直接聞きに行きましょう。 【運転免許経歴証明書の発行】 交付手数料がかかってしまいますが、運転免許経歴証明書を発行してもらうのも1つの方法です。 警察署や交番、駐在所、自動車安全運転センターにて、証明書申込用紙を受け取りましょう。 必要事項を記入し提出するだけで、簡単に受け取ることができます。 手持ちの免許証では確認できない情報は、大きく分けて以上の2つの方法にて収集が可能です。 持っている運転免許をすべて書くのではなく、仕事に関連性の高いものから優先的に書くようにしましょう。 履歴書の「資格・免許」欄は、あなたの能力を宣伝することができる場所です。 適切な書き方で正しくアピールしましょう。 「履歴書の書き方が分からない」「書類選考をなかなか突破できない」そうお悩みの方におすすめなのが、就活エージェントであるハタラクティブです。 熟練のアドバイザーが、就活に関するサポートを実施。 二人三脚で内定までのゴールを目指します。 一人でお悩みの方、プロの手を借りてみませんか?お気軽にお問い合わせください。

次の