大豆飲料。 大豆飲料

豆乳類の日本農林規格:農林水産省

大豆飲料

食物繊維やたんぱく質、大豆イソフラボンが手軽に摂取できることから、健康意識の高いユーザーから支持を得ている。 豆乳にはない特徴を持つまるごと大豆飲料とは? 健康志向に加えて、ベジタリアン・ヴィーガンの増加やSDGs 持続可能な開発目標 といった影響から、近年、植物性ミルクへの関心が高まっている。 とくに豆乳や納豆をはじめとした大豆製品は、たんぱく質を積極的に摂取したいという生活者のニーズに合致、またコレステロール低下や肥満予防などさまざまな効果が期待され、需要が拡大している。 2002年発売の「スゴイダイズ」 現商品名:「スゴイダイズ オリジナル」 は、大豆をまるごと使用したほかにはない大豆飲料だ。 豆乳には含まれていない食物繊維をはじめ、大豆たんぱく、大豆イソフラボンなど、大豆の栄養をあますところなく摂取できる。 また、大豆をまるごと使っているため、大豆本来の旨味や濃厚な味わいが楽しめる点も特徴となっている。 それまでの飲みきりサイズとは異なり、950mlの大容量タイプとなっているため、気軽に大豆の栄養を摂ることができ、毎日続けられやすい。 まるごと大豆飲料のよさを伝え若年層の取り込みを図る 「スゴイダイズ」は、既存の豆乳にはない特徴を持った商品であり、大塚食品では店頭用のツールとして、「スゴイダイズ」と豆乳との製法の違いや成分の特徴を分かりやすく示したPOPなどのツールを準備している。 「スゴイダイズ」シリーズでは、大豆そのままの濃厚な「スゴイダイズ オリジナル」を中心に、「スゴイダイズ」をお客さまに手軽にお試しいただけるように、まるごと大豆を使用した商品をラインアップ。 乳アレルギーで、牛乳が飲めない方・お子さんをお持ちの方向けに牛乳相当量のカルシウムを配合した「ミルクのようにやさしいダイズ」 プレーン、いちご 、女性向けに、鉄分を1日分加えた「やさしいダイズ Feプルーン味」、手軽に植物性たんぱく質が摂れる「たんぱく質がスゴイダイズ」 キャラメル、バニラ風味、バナナ など、バリエーションを揃えることによりお客さまのニーズに合ったラインアップとなっている。 また「スゴイダイズ」をはじめとしたこれらのまるごと大豆飲料は18年11月、大塚チルド食品から大塚食品へと販売移管。 19年8月、大豆飲料全品をチルド保存品から常温保存可能品として全面リニューアルした。 大塚食品では定番である洋日配冷蔵ケースでの展開に加え、常温売場でのアウト展開で接点を増やし、「スゴイダイズ」シリーズをはじめとしたまるごと大豆飲料の需要拡大につなげていきたいとしている。

次の

豆乳Q&A

大豆飲料

スゴイダイズオリジナル 125ml 大豆本来のうま味を生かした濃厚な味わい。 豆乳には含まれていない食物繊維をはじめ、大豆たんぱく、大豆イソフラボンがとれます。 大豆粉には国産大豆100%使用。 常温保存可能品。 7g(糖質:2. 2g 食物繊維:2. 豆のうま味が生きている。 大豆粉には味にこだわり厳選した北海道産の大豆を100%使用し、料理にも使いやすい、無調整の大容量タイプです。 本商品の大豆固形分は、10%以上という濃さを実現しております。 後味がさらっとなめらかな新製法を採用しています。 常温保存可能品。 2g(糖質:3. 1g 食物繊維:3. 高イソフラボン大豆「ゆきぴりか」を使用することで、イソフラボン含有量が1パック(200ml)中に80㎎という高イソフラボン大豆飲料に仕上がりました。 無調整タイプでありながら、今までにないスッキリとした味わいの大豆飲料です。 常温保存可能品。 7g(糖質:2. 2g 食物繊維:2.

次の

豆乳・大豆飲料比較レビュー:紀文からマイナー豆乳まで

大豆飲料

Soymilk 豆乳・大豆飲料比較 想達の独断と偏見によるレビュー。 しかも評価はふらりふらり変わりますよ。 このサイトのサブコンテンツなのに一番人気の豆乳レビューページだよ!でも絵も描いてるし笑 豆乳のメリットや知識はなどをご参照ください。 」という考え方を示しております。 いつのまにか驚愕の 101エントリー。 あくまで参考としてください。 なにか食べ物と一緒に飲むのもいいかも。 78mg、324mg。 クリープを甘くした感じ。 とにかく甘め。 豆乳が苦手な人には味がまぎれていいかもしれない。 さらりとした飲み心地。 砂糖不使用でこの甘みを出しているのが凄い。 近年1リットル版も出ているようですね。 おやつ代わりにも。 「濃く」と商品名にある割にはとてもさっぱりした飲み心地。 最後に独特な風味が残るのが特徴。 ゴマ好きにはたまらない飲料かも知れない。 とにかく甘すぎて苦手。 エネルギーとか控えておくの忘れたし。 ヨーグルト風味というか、ヤクルトっぽい味。 イソフラボンは少ないが、を19mg含有。 mg 19mg 種類 豆乳飲料 調製豆乳 豆乳飲料 豆乳飲料 豆乳飲料 発売元 写真 商品名 豆乳飲料 紅茶 豆乳飲料 抹茶 トップバリュー 調整豆乳 カルシウムの多い調整豆乳 濃厚調整豆乳 価格 90円 90円 198円(1L)? 甘さ減少希望。 200mg含有。 無難においしい。 ただ甘さがもう少し控えめだったらもっといいかも。 340mg含有。 豆乳の味はするのに凄いさらり。 値段も申し分なし。 惜しいのはイソフラボン含有量だけ。 豆乳というより牛乳っぽさが強いので苦手な人にはいいんじゃないでしょうか。 濃厚という割にはさっぱり。 だけど青臭さがちょっと気にかかるような。 牛乳のような感じで飲める。 対策がウリ。 ただやや粉っぽい? 青臭さが無く、コックリ感。 イソフラボン含有量高め。 ただエネルギー量が多いのが弱点か。 まんま大豆をつぶした感。 飲みにくいかも。 豆乳というより、ミックスジュースそのもの。 甘いのに意外と低カロリー。 むしろ黒豆の甘煮みたいな味を期待してたんですが… 25mg含有。 260mg含有。 2つ前のフジッコの黒ごま味よりかなりマイルドで飲みやすい。 ただしカロリーやや高。 ヘルシーだが同シリーズの無調整も飲みごし青くさ全開でノーエントリー。 後味に豆乳。 ほぼマンゴー。 ジューシー甘め。 初めて口に含むと不自然な甘さに感じるかも?飲むうちに徐々に慣れて普通に。 コエンザイムQ10とコラーゲン配合。 「濃厚調整豆乳」よりマイルドで努力が垣間見え。 マンゴーに同じくジューシー甘め。 豆乳はほとんど感じない。 キッズが喜びそう。 豆乳を乳酸菌で発酵させた珍しい飲料。 最初はヨーク、後に豆乳の風味が。 レンジで暖めて飲むタイプ。 ローカロリーが唯一良い点。 同社既存品の豆乳を、まるでレビューを見たかのようなカロリーオフ具合(笑)甘みがあり飲みやすい。 無駄に甘い。 いちご味と豆乳がかなりに反発していてむしろ豆乳オンリーでよくね?という感じ。 ダメな人は一口で無理かもしれない。 甘いきなこに豆乳が追い討ちをかけて来る125mlミニパック。 48kalという群を抜いての低カロリー具合と、さらりとした甘さが魅力。 豆乳嫌いの人にも薦めたい一品。 おそるおそる飲んだけど意外に美味しかった。 黒糖入り。 豆乳の甘さと濃度のバランスが絶妙。 味は申し分なしなうえにお手ごろ価格で星5つ。 飲む芋のお菓子。 甘いけどうまい。 スイートポテトが好きな人は飲んでみて。 食物繊維3. 6g入り。 「驚きのモンブラン風」と書かれている通り飲むモンブラン。 栗味の後に豆乳の味が追ってくる。 コーヒーと豆乳の風味が程よく混ざっていて嫌味がない。 特に一口目にこだわりを感じた。 あっさり甘い。 コーヒー味共に頑張った感。 言わば飲む杏仁豆腐。 スイーツ好きで豆乳が苦手な方にはとても飲みやすいかと。 食物繊維3. 6g配合。 名前からしてダウトな予感がビンビンだったにもかかわらず飲み易い。 苦さは全く無い。 ケール・りんご・桃・バナナ入り。 「甘さ控えめ」と謳うもメチャ甘。 しかしプリン味の再現はほぼ完全。 後味にほのかな豆乳色。 甘党なら好きだと思う。 同社のスゴイダイズが苦手だったのですがそういうマイルド趣向者に向けての商品ぽい。 大豆の味がしっかりしつつもソフト。 甘めだが、くどくはない。 おやつ代わりに。 すっきりな甘さだが後からの豆乳風味相性が微妙。 ベルギー産チョコ使用、コレスレロールゼロ、ポリフェノール188mg。 表に「植物性デザート飲料」とある通り甘酸っぱくジューシー。 豆乳テイストはほぼ無し。 紀文さんにしては珍しい味。 レビュー中では異色の野菜生活シリーズ。 個人的に同シリーズが苦手なのを加味しても、半端な甘さが合ってないような… 冒険をした割には飲みやすいけどリピートは厳しいかも。 豆乳飲料とは少し違うコクの大豆後味あり。 パッケージは好き。 それゆえフレーバーとの相性がよさそう。 ただ個人的には同社製品なら麦芽コーヒーが好き。 ダブり買いと思いきや微妙な改良が。 豆乳嫌いでもゴマOKな人向け。 桃の風味がしっかりでジューシーだが、豆乳飲料であるべきかどうかが問われる位豆乳色が少なすぎる感もなくはない。 バナナ味の後に、微妙にまろやかな豆乳感が来る感じ。 単体で飲むほうが向いている。 カルシウム入り。 同商品の桃味に並び、とにかく甘くオレンジが前面に出ている。 豆乳味皆無。 イタリア産ブラッドオレンジを使用とのこと。 ポンカンっぽい。 食物繊維入り。 超バニラアイス。 最後にほんのりと豆乳。 もはやスイーツ。 食物繊維入り。 美味しいしおやつ代わりにはいいと思うがカロリー有。 「黒糖と豆乳をおいしくブレンド」でやや番外気味だけど購入。 全く苦くなく、なぜか後味がココアぽい不思議商品。 カロリー低っ 味から連想する甘ったるいイメージを見事にぶちやぶってくれた商品。 甘味が強くて濃いのが微妙だが変な豆乳の後味がないのは評価できる。 食物繊維入り。 DHC共同開発商品。 食物繊維3000mg配合。 「豆乳仕立てオーレ マンゴーミックス」と似ていると思ったらキッコーマンて書いてあるから同じ系列だが前のほうが好き。 甘めで豆乳味薄め。 おやつに。 意外とおいしく飲める。 これ系の商品は豆乳の変な後味がありがちだが、これにはそれがない。 お菓子であるようなメロン味。 カフェ「issa」監修。 名前の通りゴマとはちみつ味。 結構甘みが強いが似た甘さレベルのものよりかはカロリーが少し少ない所を評価。 チョコ風味の甘さとオレンジの風味がかなりはっきり出ている。 自分はやや苦手な風味かも。 カロリー高め。 ポリフェノール320mg、レシチン200mg。 確かにコーラ味だけど、やっぱコーラは炭酸入りのド定番に限りますね…もはや薬剤のような味と後味に豆乳風味。 予想外に普通に飲める。 嫌な後味は無い。 甘いので頻繁大量には飲めないが梨ぽさを出しつつうまく配合した感じ。 食物繊維配合。 名称のとおりココナッツ味。 最後に豆乳の風味が追ってくる。 1つ前の紀文の「豆乳飲料梨」並みに後味の処理がうまくいくと更においしいかも。 同社「成分無調整豆乳」よりもさらりとした飲み心地(「スパーチリング製法」の採用)で無調整なのに豆乳くさい後味が少な目。 豆乳苦手な方おすすめ。 酸味の強い辛うじてなヨーグルト風味が疑問ではあるが、そのあとに嫌な意味での豆乳独特の後味がコンボしてこない点に好感 但しイソフラボンは少。 カルシウム350mg。 個人的にブドウジュースがやや苦手(ブドウは平気)なのもあり…ブドウの後にくる豆乳の風味が苦手。 同社の果物系ならゆずが秀逸だと思う。 オシャレパッケージだがユーグレナ=和名のミドリムシで59種類の栄養素を含むとか。 一般にウけるかはわからないがチャレンジ精神は嫌いじゃない。 微かな酸味の後に黒糖味。 甘い豆乳味としょうが味。 後味にもしょうががしっかり来る。 カロリーも高めだし豆乳と合わせるにはちょっと相性が良くないかも。 コレステロールゼロ、ビタミンE配合。 柑橘系の味に豆乳風味を利かせると大体まずめになるんだけど、これは豆乳の影が皆無。 基本柑橘味なのでおいしく飲めます。 脂肪ゼロで低カロリー、一日分のマルチビタミン配合。 ソイラテな味。 「春を感じる桜餅味」と銘打ってあり、まさに桜の葉の風味がするんだけど、個人的に一本飲みきるには厳しい飲料の味と感じた。 レシチン含有。 懐かしい人工的なオレンジジュース風で味はよいとは言えないが、同社の「麦芽コーヒーカロリー50%OFF」をはるかに下回る 驚異的なカロリーの少なさ。 ビタミンB2配合。 うっすらとした薄甘い豆乳味の後に、アボカドというよりはキュウリ等の瓜のような味が追いついてくるので、完熟前のものが入っていると思われる。 完熟のバター感のあるものも試したかったな。 「The梅味」がしっかり。 後味にほのかに豆乳がくるが嫌な後味はしない。 それ故の強めな甘みとカロリーか。 個人的には梅味は炭酸割りが好きなので豆乳じゃなくてもいいかなあ。 飲むまでに勇気が必要だが完食にも勇気がいる。 カロリーの低さのみ評価できる。 ジンジャーエールでたとえると辛口のウィルキンソン、つまり生姜風味が強い。 食物繊維3. 8g配合。 同社の麦芽コーヒー味と比べカロリー45%オフ。 後味に残る粉っぽさが少し気になるが、コーヒーの風味が結構濃く感じられるのは良さか。 カフェインレスコーヒー使用、コレステロールゼロ。 低カロリー商品記録更新商品。 完全に推測であるが、味の微妙さもカロリーの低さも、紀文さんの「ジンジヤーエール味」の対抗馬の感あり。 果実系の味に豆乳の後味はかなり難しい。 九州産ふくゆたか使用。 野菜汁8%。 甘さが強め。 ふくれんさんということで後味を気にしていたがそこはOK…なのにあんまりおいしいと感じないのはなんでだろう。 鉄分1本当たり7. 5mg配合。 甘酸っぱく、後からほのかに豆乳の風味が追ってくる。 食物繊維配合。 わりかし飲みやすく、すっと飲めるがカロリーはやや高め。 美味しいかは微妙だが、後味の処理はうまく、変な豆乳感が残らないところは好感が持てる。 the人工的味。 後味には嫌味がないところは評価できる。 紀文さんは結構色々な味を出して冒険をするけど、後味には気を使っているのが感じられる。 ライチの味とはちょっと違うんだけど、形容するとしたら「ライチっぽい」としか形容できない味。 ふくれんさんの商品では美味しい部類に入るかも。 ノーマルなイチゴ味なのだが、後味が爽やかで「変な豆乳感」がない。 ふくれんさんはいつもおそるおそるだったのだが、味改革の香りを感じるよい品。 豆乳の主張が結構強い。 大豆の味が大丈夫な方には美味しいと思われるが苦手な人にはややきついか。 1日分の鉄分がとれるとのこと。 後味が豆乳だと明確にわかるのに、さわやかな飲み心地で所見入りとしてかなり優秀、相当試行錯誤された痕跡がうかがえます。 とてもクリーミーで青臭さを徹底的に最小化する努力によりまろやかで甘みのある美味しい豆乳になってる。 通常より10%増量とのこと。 久しぶりに正統派を飲みました笑。 イロモノ警戒していたものの良い意味で軽く裏切られた。 ミント味が苦手な自分でも飲める爽やかさ。 甘いのでデザートに。 黒蜜ときなこの味が見事なバランスをとった一品。 おやつにどうぞ。 副題「スゴイダイズプレミアム」と有りやや躊躇したが青臭さは無し。 まずくはないがイソフラボン一気に採りしたい方向け。 甘さもちょうどいいバランス。 ユーグレナ入り、コレステロールゼロ。 ゴクゴク飲めます。 最初にさつまいもの風味がきて、後味にゴマの風味が追いかけてくる。 甘めだが飲みやすい。 鹿児島産安納焼き芋ペースト使用とのこと。 生臭さもなく、ほどよい甘さで飲みやすい。 ナッツ感はいまいちだが、マイルドでクリーミー。 後味がすっきりしていて、変な豆乳の主張がないので良い。 「カップに移してホットでも!」と提案されているので秋冬狙いなのかな? ほのかに花香(ファンシャン)茶葉の香り。 ただ個人的によい茶葉は単体で飲みたい気も…。 飲み心地はさっぱりしていて癖が無い。 豆乳が苦手な人にオススメ。 なお、キッコーマン飲料が販売する豆乳飲料は紀文ブランドで残っているが、2011年からキッコーマンのロゴマークも挿入された。 2015年8月でライセンスが切れて紀文ブランドの豆乳が36年の歴史に幕を閉じる。 パッケージから紀文のロゴが消えたが、これまでの鳥と太陽ロゴはそのまま継承している。 コマメ… リンゴと大豆は合わせちゃいけないと思った。 無調整豆乳(ふくれん)… 青臭さ全開で飲むのがつらい。 レビューの順番とか購入の仕方について スーパーやコンビニで新しい豆乳を見かけたら買って飲んでレビューしているので、基本的に順番は見かけて購入した順です。 セール品も含んでいます。

次の