質問箱 アンチ 対処法。 危険な迷惑メール「スパムメール」とは?正しい対処法と対策|ICT Digital Column|【公式】NTTPC

アンチにネットで叩かれた時の対処法

質問箱 アンチ 対処法

受信者の意向を無視して一方的に繰り返し送り付けられる迷惑メールを「スパムメール」と呼びます。 その大半は広告や宣伝などが目的ですが、中にはウイルスやマルウェアへの感染を狙った悪質なものもあります。 スパムメールだからといって放置せず、正しく対処することが大切です。 この記事では、具体的な事例をもとにスパムメールの危険性や、セキュリティリスクへの正しい対処法を解説します。 メールサーバー上のフィルタリングや、アンチスパム機能を持つセキュリティソフトを導入すれば、スパムメールによるトラブルを軽減することができます。 スパムメールとは スパムメールとは、受信者の意向を無視して一方的に繰り返し送られる迷惑メールのことを指します。 以前、アメリカの食肉加工会社が豚肉の缶詰「SPAM」の名称を何度も連呼するCMを放送していたことから、しつこく送りつけられる迷惑メールのことを「スパム(Spam)メール」と呼ぶようになったそうです。 事前の同意がない広告・宣伝メールは、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」や、「特定商取引に関する法律」により、原則的に禁じられています。 それにも関わらず、しつこくスパムメールが送付される理由は送信者にメールアドレスが知られているからです。 そうなった原因としては、無料サービスにメールアドレスを登録した際に流出した事例や、送信者側がメールアドレスのランダム生成機能を利用して送信に成功してしまった事例などが考えられます。 スパムメールにはさまざまな種類があり、単純に広告・宣伝目的のもの、フィッシングサイトや出会い系サイトへの誘導を目的としたもの、さらにウイルスの配布や個人情報流出を狙いとしたものなどがあります。 スパムメール以外にも様々な迷惑メールが存在する スパムメールのほかにも、悪質な迷惑メールが存在します。 特に標的型メール、ウイルス型メール、フィッシングメールの3つに注意が必要です。 標的型メール 標的型メールは、主に金融機関や官公庁などを標的にし、機密情報や顧客情報を盗む目的で送信されるメールです。 業務内容を連想させるような件名をつけ、添付ファイルを開くよう誘導するのが特徴です。 添付ファイルにはたいていウイルスやマルウェアが仕込まれていて、開封したコンピューターに感染するだけでなく、社内ネットワークを通じて拡散する恐れもあります。 機密情報を直接盗まれるほか、外部から侵入を容易にする「バックドア」を仕掛けられた、などの被害が報告されています。 標的型メールの被害を防ぐ手段としては、標的型メールを題材とした情報セキュリティ教育を行い、安易に添付ファイルを開かないよう周知徹底するなどが考えられます。 ウイルス型メール ウイルス型メールは、メール内のURLをクリックさせたり添付ファイルを開封させたりすることを通じて、悪質なウイルスに感染させることを目的とするメールです。 結果として、コンピューター内の情報が盗まれたり、データが破壊されたりする被害を受ける恐れがあります。 さらにウイルスに感染したコンピューターを第三者に遠隔操作され、結果的に他者に迷惑メールを送りつける加害者となってしまった事例も報告されています。 ウイルス型メールの被害を防ぐためには、ウイルス対策ソフトを導入すること、また不要な場合はHTMLメールを使用しないことなどが考えられます。 フィッシングメール フィッシングメールは、文字どおりメールを釣り餌として、ユーザーIDやパスワードを盗むことを目的としたメールです。 スパムメールとは違い、実在するネットバンクやショッピングサイトからのメールを装うのが特徴です。 偽のWebサイトに誘導したうえでユーザーIDやパスワード、クレジットカート情報などを入力させ、それらを盗むのが主な手口です。 個人用のメールアカウントだけでなく、企業用のメールアカウントにフィッシングメールが送付される場合もあります。 フィッシングメールの被害を防ぐためには、不審なWebサイトでは個人情報を入力しないこと、金融機関や会員制サイトではそれぞれ異なる組み合わせのユーザーID・パスワードを使うことなどが考えられます。 迷惑メールの見分け方 巧妙な手口の迷惑メールが増加しているため、次の3つのチェックポイントで、スパムメールやフィッシングメールでないかを判断しましょう。 いつもと違うメールアドレスでないか 不審なメールを受信した際は、まず差出人のメールアドレスをチェックしましょう。 ふだん届かないような相手先からのメールは疑ってかかることが大切です。 また、実在する社員や取引先のメールアドレスと類似していても、受信者の目をあざむくため、小文字の「l(エル)」の代わりに大文字の「I(アイ)」、数字の「1」などが使われることもあります。 メールの宛先が正しく記載されているか 多くの場合、迷惑メールの送信者は送り先のメールアドレス以外の情報は把握していません。 ビジネスメールの場合、通常は送り先の宛先をメールの先頭に記載するのが慣例です。 宛先が「メールアドレス+様」とメールアドレスだけだったり、「拝啓」の後に何も書かれていなかったりする場合には迷惑メールである可能性が高まります。 メール本文の日本語が不自然でないか 事前に個人情報が漏えいしており、実在する個人名・役職・メールアドレスをそのまま利用した迷惑メールを受信した事例もあるため、メールアドレスや宛先だけで迷惑メールかどうかを判断することは危険です。 よく見ると漢字が中国語のものになっている、適切な敬語が使われていないなど、文面の日本語に違和感がないか、また不自然な改行がされていないかなども確認しましょう。 近年、迷惑メールの手口が巧妙化し、知名度の高い企業や団体の文面を模倣した事例も増えてきています。 心当たりのないメールが届いた場合は、企業や団体の公式ページで注意喚起がされていないかチェックすると安心です。 また、異常を感じた場合にはただちに返信せず、まずはセキュリティ担当者に確認することも大切です。 実際にあった迷惑メールの3つの事例 迷惑メールの手口は絶えず巧妙化しており、重大なセキュリティリスクの1つとなっています。 ここでは、実際に企業や官公庁が被害に遭った事例を3件紹介します。 ワンタイムパスワードの導入を口実に第2暗証番号を盗まれた事例 大手銀行になりすまし、契約者番号やパスワード、さらには第2暗証番号を盗むフィッシング詐欺が増加しています。 2011年12月には、「ワンタイムパスワードの導入」を口実にして、個人情報の入力を求めた事例が発生しました。 フィッシングメールのリンク先には、本物の銀行と見分けがつきにくいページが用意され、入力された情報を詐欺業者に送信する仕掛けが施されていました。 受信したメールの内容をよく確認し、安易に第2暗証番号を入力しないようにすることが大切です。 取引先のメールを装い多額の「振り込め詐欺」に至った事例 2017年12月には、日本の大手航空会社が迷惑メールを通じ、多額の「振り込め詐欺」に遭っていた事例が報告されています。 この事例では、まず航空機のリース先の金融機関の従業員にフィッシングメールを送り、メールアドレス、氏名、肩書などを盗み出しました。 その後、盗んだ担当者のメールアドレスから経理担当者宛てに「支払い口座の変更」を連絡し、結果として3億6000万円を騙し取られました。 手口が巧妙だったため経理担当者はすぐには詐欺には気づかず、翌月本物の金融機関から督促が届いたことでようやく被害が発覚したといいます。 外部委託先が標的型メールを開封して情報漏えいを起こした事例 社内で情報セキュリティ教育を徹底し、標的型メール訓練を行っていたとしてもまだまだ安心できません。 2019年8月20日には、官公庁の地方整備局の外部委託先が標的型メールを開封したことで情報漏えいが発生した事例があります。 この事例では、電気通信施設の保守・点検に関する業務用の資料が計6点、外部に流出した疑いが持たれています。 標的型メールはターゲットを直接狙うだけでなく、関連会社や外部委託先を狙う事例があることにも注意を向けましょう。 スパムメール被害に遭わないための対策 対策をせずに放置していると、スパムメールは際限なく送られてきます。 スパムメールの被害に遭わないよう、6つの自衛策をとることが大切です。 サーバーのフィルタリング設定をする まずはメールサーバーでメールを受信し、それからメールソフト側でメールにアクセスするのが、E-mailの仕組みです。 メールサーバー側でフィルタリング設定をしておけば、スパムメールがユーザー側の目にふれる前の段階で遮断することができます。 パソコン、スマートフォンを問わず、フィルタリング設定は無料のオプションサービスとして利用できる場合がほとんどですから、適切に設定しておくことをお勧めします。 また、自動で迷惑メールをフィルタリングするサービスを備えたソリューションも存在します。 迷惑メールフィルタを設定する メールソフトの迷惑メールフィルタを設定することで、スパムメールを減少させることもできます。 迷惑メールフィルタには、カテゴリ分けを行って特定のものを排除するものと、件名や送信者名に特定の文字列を含むものを排除設定するものがあります。 設定後にはスパムメールと判断されたメールは自動的に迷惑メールフォルダへ移動され、受信トレイには必要なメールだけ残るため、スパムメールを効率的に排除できます。 メールの受信許可アドレスや拒否アドレスを設定する さらに迷惑メールを減少させたい場合には、受信を許可するホワイトリストや、逆に受信を拒否するブラックリストを設定しましょう。 社員や取引先など、メールを送受信する相手が限定されている場合は、ホワイトリスト方式を採用して受信アドレスを指定することで、確実にスパムメールを遮断できます。 ブラックリストを指定して受信を拒否することもできますが、詐欺業者はメールアドレスを頻繁に変更するため、定期的にリストの設定変更が必要となります。 不審なメールは削除する スパムメールがメールソフトに残ったままの状態にしならないよう、迷惑メールフォルダは定期的に空にしましょう。 スパムメールを放置していた場合、なにかの拍子にURLや添付ファイルを開いてしまい、被害を受ける恐れあるためです。 迷惑メールフォルダのメールを自動で削除するオプションサービスがある場合には、そうした機能を設定してくことで被害を未然に防ぐことができます。 添付ファイルやリンクは開かない リンク先のWebサイトにアクセスしたり、添付ファイルを開いたりすると、悪意のあるウイルスやマルウェアに感染するリスクがあります。 実在する金融機関やショッピングサイトを装うフィッシングメールも存在するため、本文中のURLをクリックするときや添付ファイルを開く前に、必ず送信元を確認する習慣をつけましょう。 特に拡張子が「. exe」などの実行形式となっている添付ファイルは危険ですので、安易にダブルクリックすることは避けましょう。 セキュリティソフトのアンチスパム機能を使用する 上記のような対策を講じてもスパムメールが減らない場合には、セキュリティソフトを導入するのが効果的です。 セキュリティソフトには、スパムメールを自動で検出する「アンチスパム機能」が付属しているものがあります。 アンチスパム機能は、サンプルデータをもとに受信したメールの全体を評価してスパムメールでないかを判断する機能です。 また、送信元のサーバーを確認し、IPアドレスがブラックリストに登録されていないかの判断も行います。 アンチスパム機能を導入することで、悪質なスパムメールだけでなく、フィッシングメールの脅威を排除できます。 NTTPCの「Mail Luck! 」なら、スパムメールや誤送信どちらも防げる NTTPCの「Mail Luck! 」は、法人のメールセキュリティ課題をオールインワンで解決するソリューションです。 24時間・365日の保守体制を通じて標的型メール攻撃やウイルス感染を防ぐだけでなく、メール誤送信を未然に防ぐ「3つの対策」を備えていることが特長です。 メールの誤送信により社外秘情報や個人情報の漏えいが発生する事例は数多く報告されていますが、従業員個人の注意力に依存してメールの誤送信を防止する対策には限界があります。 そこで「Mail Luck! 」では、下記3つの対策でメール誤送信時の情報漏洩を防止します。 迅速に対処することで、添付ファイルを開いてしまったコンピューターへのウイルス感染だけでなく、社内ネットワークを通じてウイルスの拡散を防止することができます。 端末が有線LANで社内ネットワークと接続している場合は、ただちに通信ケーブルをコンピューターから外しましょう。 また、無線LANで社内ネットワークと接続している場合には、端末のワイヤレス機能をオフにしましょう。 ウイルス感染していないかスキャンをおこなう コンピューターを社内LANから切り離したら、ただちにセキュリティソフトを起動し、ウイルスやマルウェアに感染していないかスキャンを実施します。 ウイルスが検出された場合は、セキュリティソフトの指示および社内の情報セキュリティマニュアルに従い対処しましょう。 セキュリティソフトの性能によっては、添付ファイルを開いた時点で駆除が完了している場合もあります。 まとめ スパムメール、フィッシングメール、標的型メールなどの迷惑メールは、年々手口の巧妙さを増しています。 数億円単位の被害が出た事例もあるため、早急に対策することが大切です。 迷惑メールのフィルタリングや不審なメールの削除、アンチスパム機能を持つセキュリティソフトの導入などで、効果的にスパムメールの被害を回避できます。 また、万が一スパムメールのURLや添付ファイルを開いてしまった場合には、ただちにコンピューターを社内ネットワークから隔離し、ウイルス対策ソフトでスキャンを行いましょう。 この記事のサービス詳細はこちら 「外部からの脅威」「誤送信」「情報漏えい」の3大リスクに備えるメールセキュリティ対策を オールインワン提供 関連のオススメ記事•

次の

余裕がないとき周りにどう見えてる?気づいた時の対処法

質問箱 アンチ 対処法

悪いことには使わないでください Twitterの質問箱での特定の考え方 まず、 Twitterを含め、あなたインターネットに接続している全ての方法に言えることです。 特定をする方法というのはかなり地道な作業になります。 映画さながらのコマンドラインが流れまくってきて「こいつの住所はここや!」 なんてものはありません。 それではどうやって、特定する方法があるのかというと、細かい相手の挙動だったり、実際に接続されるIPを調べてみたり、そういった小さな情報から推測を進めていくことになります。 いわば探偵のような地道な作業なのです。 基本的に質問箱のほか、インターネットではそういった推測の元で特定されていくことがほとんどです。 それを確定させるための要因を今回いくつか書いてみたいと思います。 例えば書き方だったり、誤変換だったりは 質問箱で特定するために重要な手段にもなったりします。 それと犯人らしきTwitterのアカウントで思い当たる人がいれば、 その誤変換の特徴だったりを見て比べてみましょう。 恐らくここですでに特定されてしまうというような例も少なくはありません。 また、絶対に句読点を打つ位置なども人によって決まってきます。 そういった細かなところを見ていく作業もとても重要です。 これがどう特定に役立つのかというと、アクセス解析の情報から収集します。 これにはしばらく時間がかかってしまうため、質問箱と同時にURLを固定ツイートに設置しておきましょう。 そして、もっとうまいテクニックは短縮URLを使ってみたり、一見URLを推測困難にする形で貼り付けておきます。 このあたりは文字数の関係で言い訳しておけばベストです。 このあたり、実はTwitterでの乗っ取りとして使われることがあるので、セキュリティ面での今後の知識としてお役立てください。 それだけにここまでやったことをして放置しておくだけでも、勝手にあなたの手持ちのサイトにIPアドレスなどの記録がどんどん収集されていきます。 特にサイトに何も中身のある内容ではなくていいので、適当につくりあげていくと、相手はそれを隅々まで見ること間違いなしです。 お問い合わせフォームやコメントフォームなど設置すれば、 そこからまんまと質問箱のようなメッセージを送ってきてくれるかもしれません。 そこにもまた、同様にIPアドレスが記録されるのです。 ここで特定に完全に役立つわけではないということはご了承ください。 どんな端末を使っているというような情報だったり、地域は大体このあたりだろうなというような情報です。 さらに、最近はプロテクトがかけられていることもあるので、このあたりは地道にやっていくものとしましょう。 IPから調べることができるというのは その程度のレベルですが、質問箱であなたができる行動が限られているだけに、そういった些細な情報も特定のやり方としては非常に参考になるものです。 そして、面白情報だったりをスクリーンショットでTwitterであげているような人が居るならば、そんなところも特定できる内容となります。 そして、収集した結果と見比べ、 大体この人かなというようなところをどんどん絞っていきます。 そうすることで、大抵犯人は絞れていることは多いです。 相手が匿名ソフトなどを使っていない限りは、後は細かく自分なりにフィルターをかけていくことで、特定はほとんど完了です。 そんな時には、質問箱の内容から 特定するというのではなく、警察だったりにしっかりと通報しましょう。 動いてくれなければ弁護士です。 犯罪との関連性がしっかりとあれば、今やITの時代で警察もしっかりと知識を身につけているので、真剣に対応してくれます。 もしくは、相談する時間もなく、本当に被害届を出せるのかというようなことで困っていれば 「 9110」で実際に相談をすることができますので、それでご確認ください。 現実、Twitterの質問箱の特定するやり方を試したところで さて、ここまで書いたことはあくまでも合法で出来ることです。 もっと詳しくTwitterと質問箱を絡めて特定を進めていく技術がないわけではありませんが、あなたが恐らく読むのを諦めてしまうレベルの技術内容になってしまいます。 そういった意味では、もっと特定をしたいのであれば javascriptだったりを勉強してみましょう。 そして、実際に筆者もこれらのスキルを悪用できないことはないのですが、やったところで自分の手に鉄の輪をはめられてしまうことを考えると、やるのには躊躇してしまいます。 それにですが、大抵の質問箱での特定をしたところで、 次に現実的にあなたがどんな行動ができるかです。 相手に詰め寄って言いくるめてそれで終わりでしょうか。 もしくは、それよりなことを考えているでしょうか。 特定のやり方だったりを調べて、本当に特定したところであなたに残るものというのは少なかったりします。 それでもあなたは心の中で怒りに満ち溢れているかもしれません。 筆者もこのサイトを運営していて、心無いコメントなどはいっぱいされたことがあります。 一番あなたにおすすめできる方法は、 とにかく無視です。 相手の気が済むまで言わせてあげてください。 その間ちょっとあなたも心が荒れるかもしれませんが、やったことは結局自分に返ってきます。 それが人生というものです。 そして、あなたが特定方法で合法じゃない手段を知ったとしても、次は隠蔽させるための技術をしらなければなりません。 できなければ、刑務所行きです。 そういったリスクを考えながら、特定をすることに価値を感じるでしょうか。 恐らくはほとんどの場合は無いと思います。 相手にいつか返ってくることを心の中で思いながら、放置しておきましょう。 それがあなたにおすすめの手段です。 もちろん、何かしらの犯罪に巻き込まれていればすぐに警察に相談です。

次の

アンチ対処法と、アンチのあなたが幸せになる方法|しもんのブログ

質問箱 アンチ 対処法

皆さんこんばんは!明日で26歳になるSatoshiです。 四捨五入したら30歳。。 おっさんになりつつあり震えてます。 笑 今日はアンチ巨人の深層心理や頭の中の事について書いていこうと思います。 特に攻撃する人。 結論から言うと別にアンチなのはどうでも良いですが、何故か必要以上に攻撃してくる人が1番可哀想だなぁという事が分かります。 昔から、金、名誉、地位、全てのモノを持ってる巨人が羨ましい。 そこから妬みに変わる。 強い事が羨ましいんですよね。 笑笑 そしてその強さを妬み必要以上に攻撃をしてくる。 金を持ってるからとか、選手を取りまくってるとかいろんな言い訳をしてね。 ようは負け惜しみなんですよね笑 それにも気付かずただ純粋に野球を楽しんでいる人達を攻撃してくる、、 そして決まっていう事は犯罪球団、お金しか言う事の出来ない語彙力の無さ。 お前の脳内いつまで厨二病やねん。 と心の中で思ってます。 今犯罪、お金と野球どう言う関係があるねんと、、まあこう言うタイプはいつまでも過去の事をぐちぐち言ってくるモテない典型的なタイプなのでほっときましょう。 まだ可愛げがあるのでね、、 アンチ巨人の脳内 アンチ巨人の中で攻撃的な人は巨人を叩く事でしか基本的に幸福度が満たされてないです。 とにかく暇なので巨人の粗を探してる、、 普通にもはやファンです。 私はそういう人は貴重な時間を割いてわざわざ巨人の為に使ってくれてるのをみると本当に有り難いなと感じてます。 だってねわざわざ嫌いな人やモノの為に時間割きます?私なら絶対時間割きませんし、面倒くさいので相手にもしたくない。 時間割いて巨人を叩いて自己顕示欲が満たされて、満足してる本当に可哀想な人間なのですよ。 対処法は相手にしない 巨人ファンの方に考えて欲しいのは絶対にムカついても相手にしたらダメという事。 わざわざ相手にしたら思う壺。 相手の自己顕示欲を満たすだけなので、どれだけ腹立つ事言われても無視。 本当に攻撃する事でしか幸福度満たされないかわいそうな人間だな位に思う事が1番です。 もう無視してたら何も起きませんからグッと気持ちを堪えましょう!! まとめ 巨人はアンチ巨人がいかにかわいそうな人間というのを考えて書いてみました。 とりあえず無視して下さいね!笑 本日も貴重なお時間を割いて読んで頂き有難う御座いました。 では今日はこの辺で.

次の