ピーマン だけ の レシピ。 【絶品】ピーマンレシピ【人気のつくれぽ1000だけ厳選】殿堂1位は?大量消費にもおすすめ!

夏野菜「ピーマン」の家族ぞっこんレシピ!3位無限ピーマン、2位チンジャオロースーを超えた1位は?

ピーマン だけ の レシピ

タモリ風ピーマンの煮浸し 調理時間約15分 用意するもの(1人前)• ピーマン 4、5個• サラダ油 少々• 醤油 大さじ1• みりん 大さじ1• 料理酒 大さじ1• 和風だしの素 小さじ1• 水 50cc あれば……• かつお節 少々• じゃこ 適宜 ピーマンを切ってタレと炒めるだけ! まずはピーマンを軽く洗って、食べやすい大きさにカットします。 縦に切り込んで、お好みでだいたい4~8等分にする感じでしょうか。 種とヘタも取っておきましょう。 醤油、みりん、酒(全て大さじ1程度)、それから和風だしの素(小さじ1=2g程度)を加えて水50ccを足し、タレを作っておきます。 だしの素の塩分が気になる人は控えてもOKです。 フライパンなどにサラダ油を軽く(小さじ2程度)敷いて熱し、ピーマンを投入。 中火で焼いて、軽く焦げ目がついてきたら、調味料をあわせたタレをざっと入れ込みます。 3分前後を目安に煮ていき、ピーマンがくたっとなってきたらOK。 お皿に盛って、お好みでかつお節やじゃこをトッピングして仕上げましょう。 特にだしの素を除いた人は、じゃこかしらすを入れると程よく塩分が加わって完成度が上がるのでオススメです! ご飯のオカズになるピーマン! 丼にしても捗るぞ 今回はかつお節だけトッピングして完成。 ちょっと残った煮汁と一緒に小皿に盛って、ピーマンオンリーの簡単煮浸しが出来上がりました。 これがしっかりと炒めたことでピーマンの苦味がかなり取れ、素材のほのかな甘味がぐっと引き立つとともに、だしの旨味がジュワッと染み出すジューシーな美味しさに! 濃厚な煮汁がバシバシに効いて、ピーマンなのにコレだけで白米が食べられる味付けになってくれるんです。 今回はヤマキ「だしの素」大入りパックの使い切り袋(4g)を丸ごと入れちゃったので、むしろ濃すぎるぐらいの味付けに(笑)。 約2g程度で十分かと思います。 時間があれば冷蔵庫で一晩寝かせると更に美味しくなってくれますよ。 ご飯の上に乗せればヘルシーな丼メシが即完成。 これにじゃこやしらすも加えれば、だしの素を少なめにしても良いバランスの味わいに仕上がってくれます。 ほどよい塩味と香ばしさで素材のクセを取り、ピーマンが苦手な人でも全然イケるオカズ・おつまみにできちゃう簡単レシピ。 ピーマンが余った時、覚えておくと捗りますよ!.

次の

ピーマンのレシピ

ピーマン だけ の レシピ

ピーマンが苦手な子供にもおすすめです。 電子レンジで作り方も簡単です。 夏野菜をお酢でさっぱり!レシピ動画ありです。 フライパンで作ります。 レシピ動画ありです。 横に切る方が苦みが少なくなるそうです。 15秒のレシピ動画あり。 お弁当にも便利な1品。 お弁当に入れている人も多いです。 40秒のレシピ動画があります。 レシピ動画あり(19秒)。 レシピ動画あり(54秒)。 15秒で作り方がわかるレシピ動画があります。 ピーマンが苦手なら横に細切りするのがおすすめ。 調味料も「オイスターソース」と「しょうゆ」だけでフライパンで簡単に作れるおかず。 すぐにできるからお弁当にも副菜にもおすすめ。 味噌味です。 フライパンで炒めるだけで簡単に作れます。 まとめ クックパッドのピーマン人気レシピをご紹介しました。 ピーマンの保存方法ですが、冷蔵庫が基本ですが、水気に弱いのでしまう前にはしっかりと水分はふき取りましょう。 ポリ袋などに入れて密閉して、野菜室に保存します。 冷凍保存もできます。 千切りなどにして、1回分ずつラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍室で保存します。

次の

ピーマンだけでご飯がすすむ! タモさん流「煮浸し」にすると旨味バシバシで癖になる美味しさに

ピーマン だけ の レシピ

「ピーマンとコンニャクの炒め物。 一口大の大きさに切ったピーマンを、バター・しょうゆ・七味唐辛子を入れてフライパンで炒める。 ピーマン料理のレパートリーが少ないので、家にあったコンニャクを使って作ってみたら家族に好評だった」(32歳/主婦) 「ピーマンとエリンギのにんにく炒め。 ピーマンもエリンギも大きく切ると歯ごたえもいい! ダンナがおいしいとおかわりした思い出が」(33歳/その他) 「ピーマンとちくわのきんぴら。 醤油ベースで甘じょっぱく味付けをする。 夫のお弁当に、好評」(44歳/主婦) 「ナスとピーマンの味噌炒め。 乱切りにしたピーマンとナスを炒めてピリ辛の味噌炒めにする。 我が家の男性陣に好評」(44歳/その他) ピーマンの苦手な子どもに食べさせるのは至難の業。 「定番メニューに投入してしまう」というママの声も多く寄せられました。 「みじん切りした野菜で作ったドライカレー。 ピーマン嫌いな子どもが分からずに食べてくれた」(28歳/主婦) 「ピーマンを細かくしてオムライスの具材に。 苦手でもとりあえず食べてくれる」(24歳/主婦) 「ピーマンそぼろ丼。 細かく刻んだピーマンとそぼろを混ぜてごはんに乗せたら、子どもから好評だった」(44歳/主婦) 「チャーハン。 ピーマンとウインナー・ニンジンなどをみじん切りにしてごはんと炒める。 野菜嫌いの子どもでも、パクパク食べていた」(48歳/主婦) いかがでしたか? 「家族がキライだからピーマンは使わない」という声もちらほらありましたが、このアレンジレシピを見ると、ハードルが少し下がるかも!? 今夜のおかずに一品、加えてみてはいかがでしょう。

次の