日経 平均 先物 リアルタイム。 日経225オプション

株価指数CFD

日経 平均 先物 リアルタイム

3.ご挨拶 日経225ミニのトレードをブログで公開しています。 先物のトレードでは、独自のテクニカル手法を用いています。 トレードは、東京時間でのセッショントレードを基本としています。 レバレッジは、通常10枚で取引しています。 最大10枚単位で100枚位までは立てる可能性はあります。 ブログは、毎朝、当日のトレード戦略を組み立て公開します。 寄り付き後は、当日の戦略に沿ってトレードして行きます。 リアルタイムでトレード内容も公開しています。 セッション終了後、当日のトレードの結果を公開しています。 公開した情報により発生した損失等は、当サイトの管理人は一切責任をおいません。 売買は、ご自身の判断で行ってください。

次の

日経225オプション

日経 平均 先物 リアルタイム

日経225先物をトレードしていると、国内の証券会社が提供するチャートツールのしょぼさに不満を持つ人がたくさんいらっしゃるようで「日経225先物のチャートをMT4で見る方法を教えて欲しい」という質問をよく頂きます。 私も以前は同じ悩みを持っていたので良いチャートツールはないものだろうかとかなり探し回りました。 結論を言うと現時点で大阪取引所(OSE)の日経225先物をMT4で表示させることはできません。 しかし、日経225先物と近い値動きをする海外市場の日経225CFDチャートをMT4で表示させることが可能です。 MT4で日経225のチャートを表示させる方法についての解説と、現時点で管理人がベストと結論を出したチャートツールで日経225先物のチャートを表示させる方法の2点を解説をしていきます。 メタトレーダー4(MT4)で日経225CFDのチャートを表示する方法 MetaQuotes Softwareが開発した高機能チャートツールのメタトレーダー4(MT4)ですが、世界中のトレーダーが愛用しており、ユーザー層の厚さから便利なテクニカルインジケーターがフリーでいくらでも手に入ります。 MT4を使うと国内の証券会社のショボいチャートツールとは比較にならないほど詳細なチャート分析が可能です。 無料で使えて高機能さが魅力なMT4ですが、日経225先物に関して言うと、海外市場の日経225CFDチャートの表示のみに対応しており、大阪取引所(OSE)の日経225先物のリアルタイムチャートを表示することはできません。 海外市場の日経225CFDと大阪取引所の日経225先物は、確かに同じような値動きをするものの価格には明らかなズレが生じます。 また、海外市場が休場で日本市場のみオープンしている時、あるいは日本市場が休場で海外市場のみ動いている場合もありますので、このあたりも価格に違いが出る要因となります。 価格に違いが生じるということは高値、安値などのサポート、レジスタンスになる節目のラインもズレますし、移動平均線の位置などテクニカルインジケーターの数値もズレてきますので、MT4で大阪取引所の日経225先物のスキャルピング、デイトレ等の短期トレードをする場合はこの点に注意が必要です。 ある程度大きな時間軸でトレードをするのであれば、価格のズレも相対的に影響が小さくなるので、4時間足、日足、週足チャートを見ながらのデイ~スイングトレードならば問題は少ないでしょう。 EZインベスト証券のMT4に日経225CFDのチャートを表示した例 以下の画像はEZインベスト証券のMT4、シンボルは「JPN225」の1時間足チャートです。 インジケーターは1時間足チャートに日足の時間軸の平均足(改)、移動平均線の一種(WMA)、ウィークリーのピボットなど、フリーでダウンロードできるインジケーターや自作のインジケーターなどを表示をさせています。 MT4ではマルチタイムフレームに対応したフリーのインジケーターも数多く落ちているので、上位時間軸のトレンドを確認しながらトレード執行時間足の押し、戻しを狙ういわゆる「トレンドフォロー」のトレードがやりやすいのがとても便利なところです。 MT4で日経225CFDのチャートを表示させたい場合は以下のリストの証券会社のデモ口座をご利用ください。 日経225CFDに対応したMT4をダウンロードする 日経225CFDのチャートが表示できるMT4を提供している国内の証券会社を3社紹介しておきます。 リンク先からMT4をダウンロードして無料でデモ口座を試すことが可能です。 日経225先物のチャートはTradingview(トレーディングビュー)が最強! が2018年の4月から大阪取引所の日経225先物のリアルタイムチャート表示に対応しました。 月額1ドルの追加データを購入すると大阪取引所(OSE)の日経225先物のリアルタイムチャートの表示が可能になります。 下の画像はTradingviewで日経225先物ミニの第一限月のチャートを表示させた画面です。 上の画面キャプチャーではインジケーターはトレーディングビュー内のユーザーが無料配布しているものをいくつか表示させています。 トレーディングビューはHTML5のブラウザベースのチャートツールで、MT4なみに高機能なインジケーターやチャート分析機能があります。 ブラウザ上で動作するのでパソコンが不要で、ipadやAndroidタブレットなどでも使用可能です。 もちろんスマホでも動きますが、画面サイズ的にちょっと本格的な分析にはちょっと厳しいかなと思います。 無料プランもありますが、無料プランでは表示できるインジケーターの数や機能に制限がかかっているので、リアルトレードをする場合は最低でもProプラン以上を使いたいところです。 サポレジとして有効に機能するPIVOT(ピボット)をTradingviewで活用しよう 上の図はの日経225ミニ2018年12月限の30分足チャートにDaily、Weeklyのピボットを表示させています。 一見して不規則に上下に激しく動いている日経225先物相場に見えますが、ピボットを表示させてみると、ピボットライン付近で価格が反応してサポレジとして機能していることがわかります。 上の図はの日経225ミニ2018年12月限の日足チャートにYearlyのピボットを表示させています。 ピボットのライン付近で価格が反転し、高値安値をピンポイントに捉えているのが分かります。 ピボットは日経225先物の主要なプレーヤーである外国人投資家、アルゴも意識している節目なので個人投資家も有効に活用していきましょう。 フリーのPIVOTインジケーターのスクリプトが以下のURLで公開されています。 ピボットポイント(PIVOT)とは? ピボットポイントとは、基準とする時間軸(日足なら前日、週足なら前週、4時間足なら4時間前、1時間足なら前の1時間)の高値・安値・終値から基本の「ピボット」という値のラインを算出し、それを用いてさらにピボットの上方と下方それぞれ3つ、合計6つのラインを設定するものです。 ピボットのさらに詳しい説明は下記のサイトをお読み下さい。 ピボットは単純な計算式ながらも、誰が計算しても同じ価格にラインが引けることから、外国人投資家などのプロのトレーダーが節目として必ず見ているテクニカルなのでチャートに表示させておくことをおすすめします。 Tradingview(トレーディングビュー)で日経225先物のリアルタイムチャートを表示させてみよう 月額1ドルのOSEの追加データを購入している状態で画面左上のシンボルのボックスに「NK225」と打ち込むと「先物」の項目に大阪取引所の日経225ミニとラージが限月ごとにリストで表示されます。 日経225先物のラージの第一限月のティッカーは「OSE:NK2251! 」でミニは「OSE:NK225M1! 」です。 第二限月を見たい場合ティッカーのは「1」を「2」に変えてやると表示できます。 第一限月と第二限月はつなぎ足で表示されます。 (左が5分足、右が30分足のチャート) トレーディングビューのProプランで日経225先物のリアルタイムチャートを表示させたい場合は月額1$の追加データが必要です。 Tradingview Proプラン:月額14. 95$=約1,495円(1ドル110円換算)• 追加データ:大阪取引所(OSE):月額1$=約110円(1ドル110換算)• 合計:1,605円(月) 毎月の契約だと合計で月額1,605円かかります。 ですが、トレーディングビューを2年契約すると月額料金を14. 95$から9. 95$まで安くすることが可能です。 Tradingview Proプラン:月額9. 95$=約1,089円(1ドル110円換算)• 追加データ:大阪取引所(OSE):月額1$=約110円(1ドル110円換算)• 合計:1,199円(月) 2年契約だと月額1,199円で大阪取引所の日経225先物のリアルタイムチャートを表示できます。 管理人も日経225先物のトレードにはトレーディングビューを使っており、もはや手放さない必須のツールになっていますのでおすすめです。 公式発表については以下のマネックス証券のページをご確認ください。 日本の証券会社が提供している日経225先物のチャートツールは機能やテクニカル指標が少ないため、MT4を知ってしまった後だと不満しか残りません。 そんな中でも最も高機能なチャートツールがマネックス証券が提供している「トレードステーション」です。 トレードステーションは東証の日経225先物ラージ( OSENK)と、SGX日経225先物( SGXNK)、CME日経225先物( NIY)のチャートのリアルタイム表示に対応しています。 無料で使えてプログラムによるシステムトレードにも対応しており、100種類以上のテクニカル指標が使えるので、MT4には及ばないものの、機能面ではかなり充実しています。 なぜか日経225先物ミニのチャートを表示することができないので、この部分は早急に改善してもらいたいポイントです。 以下はトレードステーションに東証の日経225先物ラージの15分足チャートを表示させた画面です。 表示させているインジケーターは、自動トレンドライン、移動平均線リボン、出来高などを表示させています。 インジケーターはトレードステーションに標準搭載されているものと、トレードステーションの公式サイトから無料でダウンロードできるインジケーターを表示させています。 日経225先物の最強チャートについてのまとめ 最後に日経225先物のチャートツールはどれも一長一短ですが、MT4、Tradingviewの2つを比較してメリット・デメリットをまとめました。 総合的に見て管理人の個人的に最強のツアーとツールはトレーディングビュー(Tradingview)となります。 チャートの複数分割画面でもラインのプロパティで「すべてのチャートに同期する」にチェックを入れていると、日足チャートで描画したラインが一発で全部のチャート上に一気に表示できます。 通常のバーで表示する出来高表示にも価格帯別出来高にも対応しています。 ご参考になりましたら幸いです。 サイトからの突然のコメントで申し訳ございません。 初めまして。 投資情報サイトGogoJungleを運営しています株式会社ゴゴジャンの宮田と申します。 ブログを拝読しましてコメントしました。 今回、コメントしました理由としましては、弊社投資情報サイトGogojungleでは、トレードステーションのアフィリエイト商品がございますので(タイアップ商品として掲載しております)、ご覧になって頂ければと思い、コメントしました。 ただ、どんな会社かもお分かりにくいかと思います。 初めての方でも商品作成~販売まで全て無料でサポートいたしますので、お気軽にお問合せください。

次の

日経225オプション

日経 平均 先物 リアルタイム

将来において、日経平均株価指数をあらかじめ定められた価格で「買うことができる権利」または「売ることができる権利」のことを「日経225オプション」といいます。 この日経225オプションを取引の対象として取引するのが『日経225オプション取引』です。 よって、日経225オプションの価値(価格)は、日経平均株価指数の価格の変化にともなって変動します。 日経225オプションには、期日があります。 この「将来」の有効期限のことを「満期日」といいます。 日経225オプションは権利なので、その権利を行使して日経平均株価指数を買ったり、売ったりすることができるわけです。 また、満期日の前日までであれば、いつでもその権利を反対売買することが可能です。 魅力1 先物・オプション取引でかかすことができないのがリスクをカバーしながら複数取引を機動的に売買することです。 楽天証券ではマーケットスピードをフルに活用し、損益線チャートやプライシングモデル分足ベースのテクニカルチャートを提供して、より機動的な売買判断をサポートします。 これにより相場下落時のヘッジ機能が一段と拡充し、個人投資家にとってあらゆる相場局面に対処可能なリアルタイムの取引が可能です。 損益線チャート マーケットスピードでは、オプション取引で欠かすことができない機動的な売買が実現可能となっております。 まずオプション取引戦略では、非常にポピュラーな「ストラドル」、「ストラングル」を取引可能とし、「ポイント値」として、「損益」や「最大利益」、「最大損失」の他、「損益分岐点」までチャート上に表示し、瞬時にポジションを組むことができます。 また、プレミアム価格を考慮した損益線チャートを表示したまま、「複数注文」を選択することにより、同様のポジションを瞬時に発注することが可能です。 これで、自宅にいながら、プロフェッショナル環境でのトレードができます。 プライシングモデル マーケットスピードでは、オプション取引で必要な「オプション理論価格計算」機能をご提供しています。 まずは、「同意確認」画面から、「オプション理論価格シミュレーションについて」をお読みいただき、内容に同意のうえ、ご利用ください。 「銘柄指定」からオプション銘柄コードを選択していただくことで、ボラティリティー、プレミアム価格のシミュレーション等が可能となっております。 また、「計算」ボタンを押せば、シグマ、ガンマ、ベガ、シータ、ローの数値も表示することができます。 プライシングモデルにつきましては、「ブラックショールズ」モデルを利用し、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではございません。 あくまでも参考データとしてご利用ください。 ご利用の際は、マーケットスピード投資情報メニューの先物OPチャート画面より、 ボタンを押してください。 先物・オプション取引のリスクと費用について 先物・オプション取引にかかるリスク 先物・オプションの価格は、対象とする株価指数や商品市場の相場の変動等により上下しますので、これにより損失が生じるおそれがあります。 また、先物取引は、少額の証拠金で当該証拠金の額を上回る額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。 その損失は証拠金の額だけに限定されません。 大阪取引所において、同一の先物・オプション口座で指数先物取引以外の先物取引又はオプション取引(商品先物取引、オプション取引)を取引する場合、当該先物・オプション取引口座内での取引の証拠金は一体として計算・管理されるため、指数先物取引以外の取引において相場の変動により証拠金が不足し、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要になる場合があります。 また、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、それが対象の先物取引に関して発生したものでなくても、その他の先物・オプション取引の建玉が決済される場合もあります。 更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。 オプション取引はオプションを行使できる期間には制限があります。 また、オプションの市場価格は、現実の株価指数の変動等に連動するとは限りません。 価格の変動率は現実の株価指数の変動率に比べて大きくなる傾向があり、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。 オプション取引における買方特有のリスク オプションは期限商品であり、買方が期日までに権利行使または転売をおこなわない場合には権利は消滅し、買方は投資資金の全額を失うことになります。 オプション取引における売方特有のリスク 売方は、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。 また、売方は、オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れまたは預託しなければなりません。 大阪取引所において、同一の先物・オプション口座でオプション取引以外の先物取引(指数先物取引、商品先物取引)を取引する場合、当該先物・オプション取引口座内での取引の証拠金は一体として計算・管理されるため、オプション取引以外の取引において相場の変動により証拠金が不足し、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要になる場合があります。 また、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、それが対象のオプション取引に関して発生したものでなくても、その他の先物・オプション取引の建玉が決済される場合もあります。 更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。 売方は、権利行使の割当てを受けた際には必ずこれに応じる義務があり、権利行使価格と最終清算指数 SQ値 の差額を支払う必要があります。 先物取引にかかる費用 1枚あたり以下の取引手数料がかかります。 銘柄名 取引手数料 日経225先物取引 250円(275円)/枚 日経225ミニ取引 35円(38. 5円)/枚(1円未満切捨) マザーズ先物取引 38円(41. 日経225オプション・日経225 Weeklyオプションの取引手数料 売買代金の0. 18%(0.

次の