心屋仁之助。 心屋仁之助とは

強がらない。 心屋 仁之助:一般書

心屋仁之助

— 2020年 1月月30日午後1時48分PST ベストセラー作家八木龍平が批判でケンカ勃発 心屋仁之助氏の不倫告白ブログに対し、八木さやの夫でベストセラー作家の八木龍平氏が、 立場の弱い人が「不倫告白」すると、それは「勇気」にもなりえるけど、 立場の強い人が「不倫告白」すると、ただの「横暴」でしょう。 心屋仁之助さんのように多くの人を動かせる人は「本物のインフルエンサー」 立派な権力者なんだから、いつまでも「無力な者のフリしてんな!」と思うね。 () と痛烈批判をしました。 八木龍平さんも 奥様が70代男性と不倫を公言していることもあり、思うところがあったのでしょう。 詳しくはこちら 八木龍平氏の批判に対し、心屋仁之助氏は 「なぜ発表したのかその理由も知らずに想像だけでよくこんなこと上から書けるなこいつ ワシが一度でもキミを攻撃したのか?! 応援したことはあっても」() と激怒。 炎上の火の粉は、どんどん広がっていき、その後心屋界隈では、 深刻な信者離れが起こった、とも言われています。 うーん、このお二人、どっちもどっちだと思いますが、 自分の気持ちに正直に生きることは、大きなリスクも伴うということを 身を以て伝えてくれているのでしょうか。 心屋仁之助が不倫を告白したブログの内容とは?八木龍平とケンカで信者離れが加速!まとめ 心屋仁之助が不倫を告白したブログの内容とは?八木龍平とケンカで信者離れが加速!をまとめました。 最近では歌手として、アーティスト活動に力を入れている心屋仁之助さん。 奥様との関係はどうなのでしょうか? 今後も注目したいと思います。 あわせて読みたい.

次の

心屋仁之助 言霊おみくじ

心屋仁之助

TVでも有名な心屋仁之助さん。 本もたくさん出版されていてミュージシャンとしても活動しているなど、幅広く活躍されていますよね。 そんな心屋仁之助さんの本でオススメの一冊「あなたの性格は変えられる。 心屋仁之助さんのプロフィール 心理カウンセラー。 兵庫県生まれ。 大手企業の管理職として働いていたが、家族や自分の問題をきっかけに心理療法を学び始める。 それが原点となり、心理カウンセラーとして「自分の性格を変えることで問題を解決する」という「性格リフォーム心理カウンセラー」として活動。 現在は京都を拠点として、全国各地で、やを運営。 その独自の「言ってみる」カウンセリングスタイルは、テレビ番組を通じて全国に知られることとなり 、たったの数分で心が楽になり、現実まで変わると評判。 現在は個人カウンセリングは行っていないが、スクール卒業生により全国各地でやボランティアでのが広く展開されている。 発行しているメールマガジン「たった一言! あなたの性格は変えられる! 」は4万人を超える読者に支持され、公式ブログは月間1000万アクセスの人気ブログ。 2012年10月より約二年間、テレビのお悩み解決番組において芸能人に「魔法の言葉」を言ってもらうカウンセリングを展開。 何人もの芸能人が番組で号泣し、大きな話題となる。 「あなたの性格は変えられる。 」 名前などは良く聞くのですが、実は全然心屋さんの本を読んだことがありませんでした(笑) 前から一度は読んでみようと思ったので、この機会に読んでみました。 それがこちらです。 人は、ちょっとしたことで「自分をキライ」になりがちです。 そんな迷いや不安を無くして、自分の中の自信を育てるためのヒントを、ユーモアを交えて教えてくれる一冊。 そんな自信はすぐにこわれてしまいます。 「ダメな自分」を認めたうえで、今できることをがんばってみる。 すると、本当の自信がみるみるあふれてきます。 まだ気づいていない本当の自信を見つけるための一冊。 (amazonより引用) 「あなたの性格は変えられる。 」の目次。 単に「クリアすべき課題」である ・答えは自分の中にある ・「カメレオン人生」をやめて自分を中心に生きる <2章:自分を認める> ・「私はダメなヤツ」「私はダメでいい」とつぶやく ・悩むことで「今の自分」を否定するのをやめる ・感情を感じる ・今いる場所をリゾートスポットにする ・「今」を生きる方法、ただ、ごはんを、かむ ・「なっちゃダメ」と思えば思うほど「なってしまう」 ・「してはいけない」をやめて「してもいい」と自分に選択の自由をあげる ・なりたい「自分」をめざす前に今の自分を認める ・心を鍛える前に、まず、心をゆるめる <3章:自分を肯定する> ・「食わず嫌い」は「食べる」ことで変わる ・自分の「パターン」をくずしてみる ・「恥ずかしい」「かっこ悪い」をプライドとカン違いしない ・「ちょうどいい」がちょうどいい ・まずは、自分が幸せになる ・「気にする」ではなく、「気をつかう」を行動のベースにする ・バカみたいにやり続ける。 地道にコツコツと。 ・勇気を出して「あなたの価値観で私を裁くのをやめて」と言う。 <4章:自分を信じる> ・その「考え方」、カン違いから生まれたのかも ・「思い込みなんだ」と思い込む ・「やっぱり」をやめて「これでいいんだ」と思う ・「過去の自分」より「今の自分」を信じる ・それでも、信じられないときは、「かも」をつけてつぶやくだけでいい ・まわりの人に「バツ」をつけて、自信をつけるのをやめる ・「執着」は自信を失うもと。 執着せず、がんばる ・10年前の自分を覚えてる?変化はゆっくりと出るもの ・人は強い。 結論から言うと、 「腑に落ちた」の一言です^^ 自分自身の体験からも、心屋さんの仰るメッセージの本質的なところで共感できることが多々あり、「なるほどな〜・・。 」と感銘を受けました。 特にこういった内容がピンと来ました。 自信を「つける」のではなく「育てる」。 もともと自分の中にあるものに、気付いて、育てる。 「ダメなままの自分でいい」を認めることで、はじめて進化をもたらす• 目の前にある「問題」は、今のあなたがクリアすべき課題、ただそれだけです。 あの人にも、怒る理由と、怒る権利があるんです。 それを私が止めることはできない。 自信がない人は、「気にして」行動します。 自信がある人は、「気をつかって」行動します。 基本的には冷静に話を聞くことができます。 というのも、今、目の前の人はすごく困って苦しんでいるように見えるけど、実は全部それは「通過点」であり、「必要な課題」だとわかっているからです。 (本書より一部引用) ここにピックアップしたのは、あくまでこの記事を書いている現時点の私の心が「ピクっ」と反応しただけに過ぎません。 もしかしたら、あなたにとっては全然反応もしない内容かもしれません。 それもそうでしょう。 人の数だけ価値観や性格も異なり、また歩んできた人生の質と量によって、感性というものが全然異なるものですから。 本を読む時期・タイミングによって心が「ピク!」と反応するキーワードが変わる。 不思議と、同じ本でもしばらく経ってから読み直すと、あの時気になっていたことが今回はスルーしてしまったり、逆にあの時スルーしていたキーワードに今回は「お!?」と反応したり・・。 そういうことってありませんか? それは一つの成長のサインであり、変化の兆しでもあると思っています。 同じ人間でも10代・20代・30代と年齢を重ねていく内に色々な経験、人生の節目を得て価値観や感性も変わっていくものです。 だからこそ、常に「今」の自分に適した感性、価値観に基づく知識や情報などを定期的にアップデートするってすごい大切なことだと個人的には考えています。 そういった意味で、たまにこうやって読んだことのない本を読んで、「おお!!」と心の内側に反応を起こさせることって、感性・価値観をリフレッシュ、アップデートさせて目の前の現実で見落としていた何かを発見したり、気付きやすくするために欠かせない作業の一つなんじゃないかな?と思います。 いかがでしょうか? これからも少しずつ、読んだ本などをシェアする記事を書いていこうと思います。 全ての本があなたにとってピンとくるものではないと思いますが、何かしらご参考になれば幸いです^^.

次の

恋愛で結果を出す! 「モテ」ポジティブ思考の大事なポイント 【心屋仁之助 塾】|ウーマンエキサイト(1/2)

心屋仁之助

アンダーグラウンド、ゴシップ、スキャンダルがお得意な〈コアマガジン〉で、ついに当連載も注目している〈スピリチュアル男子〉が取り上げられていましたね。 媒体は、アンソロジーコミックス コアコミックス。 登場したのは、子宮委員長の元夫である岡田哲也氏に、胎内記憶を主張する産婦人科医・池川明氏、そして自称キチガイ医こと内海聡氏。 そこには、彼らの主張である「虐待、障害、難病等は、自分が招いたことである」が描かれ、「増殖!! このラインナップへ、心理カウンセラーである心屋仁之助氏が出てこなかったのが、ある意味残念。 前回の記事でもご紹介しましたが、流産体験の苦しさや悲しみを訴える女性へのアドバイスとして「あなたがそう望んだ」と回答しているのですから。 2018. 04 さて、しょっぱなから話がやや脱線してしまいましたが、前回に引き続き〈性格リフォーム心理カウンセラー〉心屋仁之助氏を追っていきたいと思います。 第2回目となる今回は、心屋氏が活動初期に行っていた、〈オープンカウンセリング〉へ通っていたという30代女性N代さんの体験談です。 メンタルの不調からカウンセリングへ N代さんの話の前に、心屋流のオープンカウンセリングとは何か? をご紹介しておきましょう。 いわゆる「グループワーク形式」のようで、ネット上ではこんな説明がありました。 ・参加者が長机をロの字にして座る(カウンセラーがお誕生日席、参加者は左右に座るという形らしい)。 他人の悩み相談を聴いているだけで、自分の悩みが解決することがある。 ・心屋塾では「カウンセラーがふと思ったこと」を大事にしている。 ・自分以外の人の悩みを聞き、解決していく過程を見ていると「自分との不思議なシンクロニシティ(不思議な偶然)」が起り始めることがある。 ・2時間その場を過ごし、その時の気持ちを「お気持ち金」として納める。 N代さんがこれへ通うようになったのは、メンタルが疲れていた時期に鬱を患い、カウンセリングを希望したことから。 初めは会社の保険診療内で受けられる、国家資格を持つ心療内科を受診したところ、「自分には合わない」と感じて中断。 そして、心屋氏のカウンセリングに行きついたと話します。

次の