警察 24 時。 タカ、『警察24時』VTRに太鼓判「我々の話はもう流してもらって」(2020年7月15日)|BIGLOBEニュース

お笑いMovies

警察 24 時

罪を犯す警察官がいる事実 良い警察官だけではないというのが事実としてある。 「 罪を憎んで人を憎まず」です。 放送できないとなると、 番組ではあくまでも「 警察の宣伝活動」にしかならなくなります。 警察官でも罪を犯してしまったら、刑を科されます。 警察全体の身を引き締める意味でも、 今後は 不祥事を放送することは必要な時代でしょう。 国民が知りたいことは常に真実です。 良いことも悪いことも知る権利があるからです。 それでも未だに隠そうとしたり、 事後報告のような形でうやむやにしているケースも見られますね。 そういった不信感からは疑惑や疑念しか生まれない、 「やらせ」疑惑もそういうところから来てしまいますね。 これからの警察密着24時に期待したいこと これからも筆者は「 警察密着24時」は見続けていくし、 番組には期待もしています。 特に期待したいことがいくつかあります。 現場で奮闘している警察官には尊敬しています。 警察官には誰でもなれるわけじゃないし、 なれたとしてもとても過酷で、 危険な任務がたくさんありますよね。 肉体的だけじゃなく、 精神的にも想像以上に厳しい仕事だと番組を見ているだけで、 感じることができるからです。 ただ、放送する側も警察に対して、 遠慮している感も否めません。 「警察の宣伝」というイメージが強くなってしまっています。 そこは少し残念な感じもしてしまいます。 「 取材させてもらう」という立場で非常に難しい問題ではありますが。 取材される側としては、番組の取材は邪魔以外のなんでもないですよね。 でも、「 警察」としても説明や公表する責任もありますよね。 「 取材してもらう」という感じで、 警察のイメージ回復になりますからね。 実際は良い部分だけではないでしょう。 期待したいことは、 良いことも悪いことも放送していくべき。 世の中の人が一番知りたいことは、 「真実」だったり、「事実」です。 良い部分だけ並べられるのはすぐわかってしまいますね。 番組の性質上仕方がない、と言われればそれまでですが。 警察の良くないイメージを消していくのには必要なことでしょう。 この記事もよく読まれています 警察密着24時のまとめと筆者の感想 筆者も若いころは警察官に憧れていました。 警察官になるにはいくつも難関があり、選ばれた人しかなれません。 だからこそ、多くの人から信頼されているわけです。 警察という組織の大きさにもそれを物語っていますよね。 民間企業とは比べ物にならないほどの署員数がいるわけで。 普通の公務員とは別格な存在でしょう。 「日本は法治国家であり、治安が良い」というのは、 国民性もありますが、やっぱり 警察の力が大きいからです。 危険を顧みない警察官の行動力と伝統の賜物だといえますね。 ただ、警察の不祥事も絶えないのは事実です。 不祥事に対していまだに「 事後報告」が多いのは気のせいでしょうか。 処分後の報道や会見ばかりの多いような気がしています。 世間の人が求めるものは真実です。 どんなことでも本当に知りたいのは、「 真実」です。 それをうやむやにしたり、隠そうとするとすぐわかります。 警察は国家権力であるからこそ、常に徹底していってほしいですね。 これからも「 警察密着24時」を楽しみにしています。

次の

お笑いMovies

警察 24 時

みどころ 日本全国で日々発生する様々な事案を激撮! リアルな警察活動の最前線に完全密着! 犯罪は今の時代を映し出す…。 日本全国で日々発生する様々な事案を激撮! リアルな警察活動の最前線に完全密着! 高齢者の自宅を訪問、巧みに金を盗む窃盗事件からオレオレ詐欺まで、高齢者を狙う犯罪。 執拗に後を追い盗撮を繰り返す、女性を狙う犯罪。 身近に蔓延し、迫る大麻・覚せい剤等の薬物汚染。 軽い気持ちが悲惨な事故を起こす飲酒運転。 救護せず、現場から逃走するひき逃げ事件等の悪質な交通犯罪など……。 時代と共に変化する事案、治安悪化、身近に起こるトラブル、犯罪の数々…。 それに伴い犯罪や事故に巻き込まれない安全な社会、治安維持が求められ、一般市民はこれらの事案に対峙する警察官の活動に注目している。 この番組では、全国で発生する事件事故、犯罪の現場に駆けつける警察官の活動に密着! 「事件事故の現場」、「検挙、逮捕の瞬間」の知られざる実態に迫る!! ぜひお見逃しなく。 出演 全国の警察官 スタッフ 製作: SOLIS produce TBS ナレーション: 生野文治 高川裕也 高山みなみ 編成担当: 矢野大亮 松岡洋太.

次の

タカ、『警察24時』VTRに太鼓判「我々の話はもう流してもらって」(2020年7月15日)|BIGLOBEニュース

警察 24 時

罪を犯す警察官がいる事実 良い警察官だけではないというのが事実としてある。 「 罪を憎んで人を憎まず」です。 放送できないとなると、 番組ではあくまでも「 警察の宣伝活動」にしかならなくなります。 警察官でも罪を犯してしまったら、刑を科されます。 警察全体の身を引き締める意味でも、 今後は 不祥事を放送することは必要な時代でしょう。 国民が知りたいことは常に真実です。 良いことも悪いことも知る権利があるからです。 それでも未だに隠そうとしたり、 事後報告のような形でうやむやにしているケースも見られますね。 そういった不信感からは疑惑や疑念しか生まれない、 「やらせ」疑惑もそういうところから来てしまいますね。 これからの警察密着24時に期待したいこと これからも筆者は「 警察密着24時」は見続けていくし、 番組には期待もしています。 特に期待したいことがいくつかあります。 現場で奮闘している警察官には尊敬しています。 警察官には誰でもなれるわけじゃないし、 なれたとしてもとても過酷で、 危険な任務がたくさんありますよね。 肉体的だけじゃなく、 精神的にも想像以上に厳しい仕事だと番組を見ているだけで、 感じることができるからです。 ただ、放送する側も警察に対して、 遠慮している感も否めません。 「警察の宣伝」というイメージが強くなってしまっています。 そこは少し残念な感じもしてしまいます。 「 取材させてもらう」という立場で非常に難しい問題ではありますが。 取材される側としては、番組の取材は邪魔以外のなんでもないですよね。 でも、「 警察」としても説明や公表する責任もありますよね。 「 取材してもらう」という感じで、 警察のイメージ回復になりますからね。 実際は良い部分だけではないでしょう。 期待したいことは、 良いことも悪いことも放送していくべき。 世の中の人が一番知りたいことは、 「真実」だったり、「事実」です。 良い部分だけ並べられるのはすぐわかってしまいますね。 番組の性質上仕方がない、と言われればそれまでですが。 警察の良くないイメージを消していくのには必要なことでしょう。 この記事もよく読まれています 警察密着24時のまとめと筆者の感想 筆者も若いころは警察官に憧れていました。 警察官になるにはいくつも難関があり、選ばれた人しかなれません。 だからこそ、多くの人から信頼されているわけです。 警察という組織の大きさにもそれを物語っていますよね。 民間企業とは比べ物にならないほどの署員数がいるわけで。 普通の公務員とは別格な存在でしょう。 「日本は法治国家であり、治安が良い」というのは、 国民性もありますが、やっぱり 警察の力が大きいからです。 危険を顧みない警察官の行動力と伝統の賜物だといえますね。 ただ、警察の不祥事も絶えないのは事実です。 不祥事に対していまだに「 事後報告」が多いのは気のせいでしょうか。 処分後の報道や会見ばかりの多いような気がしています。 世間の人が求めるものは真実です。 どんなことでも本当に知りたいのは、「 真実」です。 それをうやむやにしたり、隠そうとするとすぐわかります。 警察は国家権力であるからこそ、常に徹底していってほしいですね。 これからも「 警察密着24時」を楽しみにしています。

次の