皇帝 エンディング で いき ます。 【ウィッチャー3】シリ皇帝エンドの条件について

映画「ドラゴンパール謎の皇帝のドラゴンボール」ネタバレあらすじと結末

皇帝 エンディング で いき ます

こんにちは、最近は子供にゲームのノウハウを伝承しているcoco13世です。 今日は詰むRPGとして有名な、ロマサガ2について、前回に引き続き語っていきます。 RPGの王道とも言えるドラクエシリーズで、強いボスと遭遇したらどうするか? 真っ先に思い浮かぶのが、レベル(熟練度)上げではないだろうか? 続いては、装備の購入で、数値の高いものを優先的に装備していけば、よほどの強敵でない限り撃破できるだろう。 しかし、本作品で強敵と巡り合った時に、このような戦略を取ることは、時にして詰むこととなる! そう、このゲームにおいては、一般のRPGと同じような感じでプレイすると、落とし穴に落ちて、出られなく(詰む)なるのだ!! ここでは、よくある失敗を7つ、紹介しよう。 しかし、ロマサガ2では、皇帝が行動不能でない限り、100%逃げることができるため、ついつい甘えて、逃げ続けてしまう。 実は、ここに大きな落とし穴が、潜んでいるのです。 フリーシナリオであるロマサガ2においては、普通のRPGと違い、 「戦闘回数」によって、雑魚敵の強さが、変わってくるからです。 勘違いしてはいけないのが、 戦闘回数=勝利回数では、ないことです。 もう、お分かりですよね。 雑魚敵で、逃げれば逃げる程、戦闘回数が増えて、雑魚敵が強くなっていくのです。 お金を掛けて、開発をしていくことで、3段階、強くなっていく。 ドラクエ3で例えるなら、• 皮の鎧(初期)• 鉄の鎧(1段階)• 鋼の鎧(2段階)• ドラゴンメイル(3段階) 当然ながら、段階が上がるごとに、開発費用も高くなっていく。 また、一度開発したら、次世代までは開発が行えない。 そして、開発で陥りやすのが、開発する武器や防具は、全部で15種類程あり、 1つに特化せず、均等に開発していく行為だ。 ロマサガ2においては、雑魚戦は敵・味方、どちらも高火力戦を前提としているため、均等に開発していると、攻撃面では中盤辺りから、火力不足に陥りやすくなる。 防具においても、中盤辺りから、中途半端な装備だと、即死はごく日常です。 ロマサガ2では、真面目な話、バラモスゾンビ級の攻撃力を持った、理不尽な雑魚キャラが、後半よく出てくるよ。 味方のHP最高値が999なのに、ダメージが4桁とかね・・・ 開発において、アドバイスをするならば、 武器は、とにかく大剣を最優先! 余裕があるなら、次に槍。 弓や小剣など、開発不要! 片手剣や斧は、シナリオを進めていくうちに宝箱から、それなりの武器が入手できるから、後回しで良い。 強い雑魚敵と戦っていれば、ある程度の技も閃くしね。 防具は、とりあえず服と兜を優先! 盾、ガーター、帽子は開発不要! 腕防具や足防具も、販売品は実用性が低いものの、全身防具であるスーツは、使い勝手が良いので、スーツ開発要件となる兜・足・腕・重鎧は、開発を行っておこう。 全身スーツ、服、アクセサリーの組み合わせは、効果が高い。 ドラクエ3においても、炎や氷の息攻撃しかしてこない敵であれば、防御力60のオーガシールドより、息攻撃を軽減する防御力32のドラゴンシールドの方が、防具としての性能は高いよね。 ロマサガ2において敵は、多彩な属性攻撃で攻めてくるため、見た目の数値より、敵の属性に合った装備が、重要となってくる。 特に、長期戦となるボス戦において、防具選びは、戦略の重要な「要(かなめ)」となるだろう。 また、控えめに言って鬼畜なラスボスは、全属性の攻撃をしてくるため、見た目の数値より、あらゆる属性を軽減できる防具を、組み合わせる必要が出てきます。 普段のRPGで、戦士系キャラを優先しているプレイヤーは、同じようにプレイすると、ラスボス戦で詰みます。 ロマサガ2の術は、スキルレベルを上げることにより、より強い術を、使える仕組みになっています。 また、全員がスキルレベルを上げなくても、1人がスキルレベルを一定まで上げれば、全員がより高度な術を、使えるようになります。 しかし、数ある術のうち、半分以上は役立たずなうえに、どの術も、一定レベルまで上げないと、使える術が少ないため、どうしても、序盤から中盤は、術より技重視になります。 そして、ついつい魔導士系のキャラより、戦士系のキャラを中心とした、メンバー構成になります。 その気持ちはよく分かりますが、 どんな場合でも、1人は術使いを入れておくのが、詰まないポイントです。 なぜなら、ロマサガ2では、実用的な補助術がいくつかあり、ボス戦においても、これらの術を修得していることを前提とした強さなので、術を疎かにしているとボス戦で詰みます。 雑魚敵クラスならば、強力な技を連発して、殺られる前に殺れますが、ボス戦(特にラスボス!!)では、そうはいきません。 閃いた技は、次世代では、技道場に登録され、誰でも使えるようになる。 本作品は、キャラごとに閃き特性があるため、特性(素質)がない者は、いくら頑張っても、技を閃くことはない。 しかし、前世代までに閃いた技は、技道場に登録され、次世代では特性に関係なく、メンバー全員が修得できるため、強力な技は、最終皇帝を迎える前に、閃いておく必要がある。 特に、ラスボス戦を最終皇帝の体術で戦う場合、体術最高峰の「千手観音」は、最終皇帝に閃き適正がないため、最終皇帝が使う予定がある場合は、注意しておく必要があります。 結論は、年代ジャンプができなくなる最終皇帝までに、全てを万全にしておくことです。 理想は進め方は、• 七英雄4体撃破• メンバー徹底育成および開発• 人魚イベントで強制年代ジャンプ• 七英雄5体目撃破• 最終皇帝 一般的に、七英雄5体撃破で、最終皇帝に年代ジャンプします。 最終皇帝になってからは、育成はせず、 メンバーのLPに留意しながら、ひたすらイベントを、こなしていきましょう。 ロマサガ2で、完全に詰むのが、この場所だね! ラストダンジョンで、中ボスである七英雄撃破後は、アバロンに戻ることはもちろん、雑魚敵と戦うこともできないため、対策が限られます。 挑む直前に、「この先は引き返せないぞ」と、わざわざ主人公が話してくれるので、くれぐれも、セーブは控えましょう。 ロマサガ2失敗:まとめ ロマサガ2は、一般のRPGとは違い、敷居が高く、プレイヤーを選びます。 また、戦略の要素が強く、RPGよりは、シミュレーション感覚で挑むゲームです。 シミュレーションゲームにおいて、何の戦略もなく、ただ目の前にいる敵を、撃破しているだけでは、詰みますよね。 そして、このゲームの残酷なところが、ラスボスの存在自体が、「最も詰む存在」に、なっているところです!! 戦略が誤っていても、中ボス程度は、運次第で勝てますが、多彩な攻撃を仕掛け、長期戦となるラスボスにおいては、今までの戦略の成果が、見事に判定されます。 そこで 「不可」と判定されたプレイヤーは、詰んで、最初からやり直しです。 しかし、ここで挙げたポイントを、しっかり押さえておけば、最後の最後で、最初からやり直しという、失敗は避けられます。 是非、ポイントをしっかり押さえて、控えめに言って、RPG最強クラスのラスボスである 「七英雄」を撃破し、感動のエンディングを迎えましょう。

次の

#3 【ネタバレ上等】YOIゲーム語り【皇帝エンディング編】 中

皇帝 エンディング で いき ます

ビッグ・ボスが率いる「国境なき軍隊 MSF 」の兵力は、核を保有するほど強大になっていた。 この情報をつかんだIAEA(国際原子力機関)は、この軍隊に対する査察を申し入れる。 しかしビッグ・ボスは、国籍もなくNPT(核拡散防止条約)にも加盟していない「国境なき軍隊」を査察しようとするIAEAの意図をはかりかねていた。 その中で、ピースウォーカー事件で死亡していたと思われていた少女パスが生きており、キューバ南端の米軍基地内で尋問されているという情報がビッグ・ボスのもとに飛び込んできた。 この情報を聞いた少年チコは単身で救出に乗り出したが、捕えられてしまう。 チコから助けを求める無線を受けたビッグ・ボスは、パスとチコを救出するためキューバへ単身潜入を開始する。 スネークがキューバ南端の米軍基地キャンプオメガに到着した頃、基地内ではスカルフェイス率いる特殊部隊XOFが6機のヘリコプターに搭乗して飛び立っていた。 豪雨の中を飛び去るヘリを見届けたビッグ・ボスは、同基地内の捕虜収容所の檻に閉じ込められていたチコと、ボイラー室で吊るされていた意識不明のパスを救出、ヘリでマザーベースへの帰還を試みる。 途中、チコがパスの腹部にVの字の縫い跡があるのを発見し、ビッグ・ボスは即座に人間爆弾であることを悟った。 ビッグ・ボスは自身とチコでパスの身体を押さえ、ヘリに搭乗していたメディックに爆弾を摘出させる。 麻酔なしの手術であったため、機内ではパスが苦痛の声を上げるが、摘出は成功。 そのまま爆弾はスネークの手によって海に落とされた。 マザーベースへの帰還を果たしたビッグ・ボスたちであったが、そこは炎に包まれ崩壊寸前の戦場と化していた。 機内から呆然とマザーベースの変わり果てた姿を眺めていたビッグ・ボスであったが、パイロットがXOFと交戦するMSFの生き残り達と副官のカズヒラ・ミラーを発見すると、すぐに上空からの支援を開始、甲板に降りた後は数名のXOF隊員とヘリを排除するなどの戦果を上げる。 眼前でMSF隊員たちが射殺されていく光景により怒りに駆られ交戦を続けようとするも、手持ちの武器が弾切れを起こしたことと、ヘリに避難したミラーの声で冷静になったビッグ・ボスはやむを得ず撤退、崩壊していくマザーベースを為すすべもなく見届けるしかなかった。 ミラーは核査察が欺瞞であったことと突然の爆発が起きたことを語り、ビッグ・ボスはXOFに嵌められたことを悟る。 マザーベースを失ったミラーは感情を爆発させ、メディックの観察を受けながら横たわっているパスに八つ当たりを始め、間もなく取り押さえられる。 その声に反応したかのようにパスは突然起き上がり、ヘリの扉に近づく。 パスを責め続けるミラーをメディックが押さえ、ビッグ・ボスは体内の爆弾を心配するパスに摘出したことを伝え安心させようとするが、実は子宮の中にもうひとつの爆弾があることをパスは伝える。 パスは自身をヘリから海へ身を投げ爆発の被害がビッグ・ボスたちに届かないようにした。 しかし爆発の衝撃は思いのほか強く、ヘリはコントロールを失ってしまい、そこにXOFのヘリが衝突。 ヘリは大破し、ビッグ・ボスも意識を失う。 METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN 1984年3月11日。 ビッグ・ボスは、対立するもビッグボスの死を望まない、 ゼロ少佐の計らいによってキプロスの英軍病院に運ばれていた。 ゼロ少佐は、ビッグボスの安全のため、グラウンド・ゼロズで、スネークと同乗していたメディック(エイハブ)を影武者として身代わりにする計画を進めており、追体験によりメディック自身をビッグボスだと思わせることに成功した。 病室で目を覚ましたメディックは、自分が昏睡状態のまま9年間も眠り続けていたことと左腕の喪失、整形手術が施されていたことを知らされる。 彼が目覚めてしばらくした後、謎の女性が現れ、医師と看護婦を殺害した後、彼の暗殺も試みる。 覚醒したばかりでほとんど動くことができない彼を救ったのは、顔に包帯を巻いたイシュメールと名乗る謎の男だった。 イシュメールは彼に、エイハブと名乗るよう指示し、イシュメールの的確な指導と行動の下に病院からの脱出を図るが、病院は先述の女性の他に燃える男とそれを操る第三の子供と呼ばれる神出鬼没の少年、そしてXOFの襲撃を受けていた。 包囲網をくぐり抜け、救急車で病院から脱出したエイハブとイシュメールであったが、武装したヘリのミサイル攻撃を受け、車は横転する。 しばらく気を失っていたエイハブだったが、目を覚ますとイシュメールの姿は消えており、救急車の外に出た途端武装ヘリに捕捉される。 しかし、炎に包まれた鯨がヘリを飲み込むと、直後にペガサスやユニコーンにも似た燃える馬に乗った燃える男がふたたび現れる。 燃える男から逃れるエイハブを救ったのは、かつてヴァーチャスミッションおよびスネークイーター作戦を通して知り合った、ソ連に潜入していた工作員オセロットだった。 激しい追跡劇の末、エイハブとオセロットは燃える男を振り切る。 オセロットの口から、ミラーがアフガニスタンでソ連軍に拘束されていることが語られる。 捕鯨船でキプロスから紅海を渡り、パキスタンに上陸した二人は陸路でアフガニスタンに到着。 オセロットはミラーが監禁されている村の付近まで案内すると、エイハブに単身で救助に向かわせた。 覚醒したスネークの救出をオセロットに依頼していたミラーは、ソ連軍に捕まった自分を単独で救出させることで、彼に伝説を取り戻させようとしていたのだ。 ソ連軍の警備を掻い潜り、ミラーを発見したスネークだが、ミラーは視力、右腕、左足を失い変わり果てた姿になっていた。 そんなミラーを担ぎ上げ、脱出を図るスネークを、髑髏部隊(スカルズ)と呼ばれる異形の者たちで構成された部隊が襲う。 スカルズの魔の手からなんとか逃れた彼らは、新たに創設したマザーベースに降り立った。 ミラーはこの9年間でMSFに代わる傭兵組織として立ち上げたダイアモンド・ドッグズをスネークに託し、世界中の汚れ仕事を引き受けてビジネスを拡大し、かつて集めていた力を取り戻そうとする。 彼らの目的はただ1つ。 MSFを崩壊させ、自分たちの全てを奪っていった組織サイファーへの復讐だった。 【検索用】 ポン酢パスタ ゲーム 実況 攻略 まとめ ストーリー 名シーン 検証 企画 小ネタ 裏技 面白シーン プレイ動画.

次の

ゲーム 三国志Ⅸ(PS2)で中国統一すると今後の展開が決めれるじゃない...

皇帝 エンディング で いき ます

スポンサーリンク 重要な分岐点について 先ほどシリ女帝エンドを迎えたので、その条件について紹介していくんですが、ウィッチャーエンドと選択はほぼ一緒です。 とりあえず重要?っぽい選択をまとめました。 1、 ケィアモルヘンの戦い後、シリと何するかの選択 雪合戦を選択。 (ちなみに、お酒の選択をしてウィッチャーエンドを迎えたんですが、あまりここは重要ではない?) 2、 エムヒル皇帝に会いに行くか (かなり重要) おそらくここが一番重要な選択になると思います。 皇帝エンドを目指すなら、 会いに行くべきですね。 お金は受け取らないを選択しました。 (ローチの見た目が変化する) 3、最後の準備にて、フィリパたちとの話し合いに同行するか否か 1人で行かせるを選択しました。 ここも重要っぽいです。 4&5、 研究所のシリへの対応、スヒャールの墓参りに同行するか否か ウィッチャーエンド同様、一緒に研究所を荒らして、スヒャールの墓に同行しました。 結論 やはり重要なのは皇帝に会いに行かせるかと、フィリパたちとの話し合いに同行するか否かの選択だと思います。 それ以外はほぼウィッチャーエンドと同じ選択だったので、大きな分岐点は上記の2つでしょう。 調べたところ、ラドヴィッド暗殺クエの 【国家の理性】はクリアしてなくても皇帝エンドには行けるそうです。 (自分はクリアした) ウィッチャーか皇帝エンド、一体どちらが正規なのか分かりませんが、皇帝エンドの方が最後の内容が濃かったんですよね。 サイドクエストも発生したし、冬で雪が積もったホワイトオーチャードも見られます。 (家の中も少し変化してる) ただシリ行方不明のエンドも、最後は生き残った妖婆と戦うなどよくできてる・・・・・。 何が正しいエンドなのか分からないですね。 スポンサーリンク 今回クリアした新たなクエスト&思い出 サイド 1、国家の理性 (推奨レベル30) ラドヴィッドのあっけない最後は置いといて・・・・・。 問題なのは、最後ディクストラかロッシュたちに味方するかの選択が非常に迷いました。 最後にディクストラは裏切りますが、個人的にはディクストラが成し遂げようとしてることに賛成してる部分もあるので・・・・・。 まぁだからといってロッシュ達を見捨てるわけにはいかないということで、ディクストラを倒しました。 最後の最後まで悩ませるゲームはないですよ、うん。 2、忠実な友 (ホワイトオーチャード:推奨レベルなし) メインクエ 【終わり、そして始まり(シリ皇帝エンドのみ)】で酒場から出て、逃げて行った馬を追うと発生。 会話してクリアなんですが、完了扱いにならずにずっと残ってるというバグがあります・・・・・。 少しモヤモヤしますが、どうすることもできないので無視するしかないですね。 最後に トリスとの恋愛、特に専用クエとかはありませんでした。 所々で会話が変化したり、エンドロールで2人のその後が描かれたくらいですかね。 最後まで閲覧ありがとうございました。 カテゴリー• 447•

次の