確定 申告 2020 いつまで。 確定申告2020いつからいつまで?確定申告は税理士に相談か会計ソフトフリー

【まとめ】2020年「確定申告」スケジュールと変更点、盲点となる控除は?

確定 申告 2020 いつまで

こんにちは、ヨムーノ編集部です。 令和元年(2019年)に、副業で一定額以上の所得があった人や、医療費が家族あわせて10万円以上かかっている人、ふるさと納税を利用した人は、確定申告が必要になってきます。 そうはいっても、 「そもそも確定申告ってどうするの?」「いつから、いつまでにやればいいの?」「確定申告をするには、どんな書類が必要なの?」と、様々な疑問が浮かぶ人もいるのでは? そこで今回、確定申告初心者の人や、期限間近に慌てて申告をしがちな人に向けて、 「令和2年度の確定申告」のスケジュールと 失敗しない段取りを徹底解説します! 確定申告をする上で、まず把握しておかなければいけないのは「スケジュール」。 期限や必要な書類をしっかりと認識して、早めに準備をしましょう。 監修・執筆者紹介 【経済ジャーナリスト】酒井富士子[サカイフジコ] 金融メディア専門の編集プロダクション・株式会社回遊舎 代表取締役。 日経ホーム出版社(現日経BP社)にて「日経ウーマン」「日経マネー」副編集長を歴任。 リクルートの「赤すぐ」副編集長を経て、2003年から現職。 「お金のことを誰よりもわかりやすく発信」をモットーに、暮らしに役立つ最新情報を解説する。 確定申告の期間は?スケジュールと段取りを解説 確定申告期間は、例年2月16日~3月15日です。 令和2年は土日と重なってしまうため、 令和元年(2019年)分の所得の確定申告期間は、 令和2年2月17日(月)~3月16日(月)となります。 ここに間に合うように、 1月下旬までには必要な書類をそろえておきましょう。 2月上旬には申告書の作成を開始するとスムーズです。 税務署に開業届を提出した人や、数年以内に確定申告を行った事業主には、12月~1月に確定申告書類が郵送されます。 そうでない場合は、税務署などの役所に取りに行くか、国税庁のホームページからプリントアウトするなどして手に入れましょう。 税務署に郵送してもらうこともできます。 確定申告期間に入ったら、住所地を管轄する税務署に作成した書類を提出します。 申告の方法は3つあり、税務署への持参もしくは郵送、電子申告(e-Tax)のいずれでも可能です。 確定申告にはどんな書類が必要なの? 確定申告には、様々な書類が必要となります。 個人事業主であったり、会社員であったり、ケースによって必要書類は異なってきます。 まず必ず必要なのが 確定申告の申請書です。 申請書を用意したうえで、それぞれ個人の状況にあわせて添付書類が必要になってきます。 各ケースで必要な提出書類を見ていきましょう。 確定申告の申告書はAとBの2種類 まず、確定申告の基本となる申告書には、 AとBの2種類があります。 申告書A 会社員などの給与所得者や年金所得者が使用するもの• 申告書B 個人事業主や分離課税対象所得がある人などが使用するもの 会社員などの 給与所得者が確定申告をする際に、必要になるのが 申告書Aです。 これらに加えて、 医療費控除ならば明細書、 ふるさと納税をしたのなら寄附金受領証明書など、それぞれのケースに応じた書類の添付が必要になってきます。 以前は源泉徴収票の提出が必要でしたが、2019年4月から提出が不要となりました(ただし、記入時には必ず源泉徴収票の数値を写して記入しなければならないので、用意する必要はあります)。 個人事業主は青色か白色かで必要書類が変わる 個人事業主などの場合は 青色申告、白色申告によって必要書類が変わってきます。 どちらも共通して 申告書Bを使用しますが、これに加えて所得を明らかにする書類として、 青色申告なら青色申告決算書、 白色申告なら収支内訳書が必要になります。 各種控除を受ける場合は、 控除の関係書類を添付しなければなりません。 申告書や各種控除に必要な証明書、青色申告決算書などは、 税務署や国税庁のホームページ、確定申告の会場などで入手できます。 自分に何の書類が必要なのかを、しっかりと確認して、入手しましょう。 その他の添付資料として、税務署に行く場合や郵送で確定申告をする場合には、 本人確認書類の提示もしくは写しの添付が必要になります。 マイナンバーカードを準備するのが簡単ですが、持っていない場合には番号確認書類(通知カード等)および身元確認書類(運転免許証等)が必要です。 様々な書類が必要なことを紹介してきましたが、e-Taxでの電子申告だと提出を省略できるものもあります。 生命保険料控除の証明書や マイナンバーに関する本人確認書類などは、記載内容などを送信することで、提示または提出を省略することができます。 確定申告の期日に間に合わなかった場合は? 最初にスケジュールを確認しましたが、 申告しないまま期間を過ぎてしまった場合はどうなってしまうのかを見ていきたいと思います。 期限である3月15日(今年は3月16日)を過ぎても、いつでも申告は受け付けてもらえますが、 「期限後申告」として取り扱われます。 期限後申告となった場合、税金を支払わなければいけない人は、 ペナルティとして無申告加算税や延滞税が課されてしまう可能性があります。 無申告加算税は、期限内に申告しなかった罰則として、本来納めるべき税額に上乗せされる税金です。 ただし、一定の条件が満たされていれば、無申告加算税はかかりません。 延滞税は、納税が遅れたことに対して課される税で、遅れた日数分だけ加算されます。 また、期限後申告をすると 青色申告特別控除の額も減額されます。 さらに、遅れが何度もあったり、二年連続で続いてしまったりすると、 青色申告の承認が取り消されてしまう可能性があります。 このように、期限を遅れて申告すると非常に大きなデメリットが発生します。 しっかりと準備をして、期限内に申告をするようにしましょう。 もし、期限を過ぎてしまった場合でも、できるだけ早く申告することが大事です。 申告が遅くなればなるほど、 延滞税は上乗せされる日数も増え、 金利も2か月を過ぎると上昇します。 また、無申告加算税も 自主的に申請した場合としなかった場合とではかなり大きな差額が生まれてしまいます。 早く申告するほどペナルティは軽くなるので、申告していないことに気付いたらなるべく早く申告をするようにしましょう。 確定申告は、段取りを組めば楽になる 確定申告をきちんとすることで還付金が戻ってきて得をすることもあれば、逆に不注意で忘れてしまい、大きな損をしてしまうこともあります。 スケジュールや必要な書類をきちんと把握し、準備するなど、早めの段取りで、確定申告がスムーズに楽にできるようになります。

次の

2020年の確定申告の時期はいつ?確定申告期間中にすべきことは?|税理士検索freee

確定 申告 2020 いつまで

税務署の開庁時間は、月曜日から金曜日までの8時30分〜17時ですが、 確定申告期間内に限り、一部の日曜日に開庁して相談・申告書受付を行う税務署もあります。 確定申告の方法については、大きく分けて3つの方法があります。 3つの提出方法から、自分に合った方法を選んでください。 確定申告書類はどこでもらえる? 税務署へを提出した人や、前年以前に確定申告を行ったことのある事業主には、確定申告期間の少し前の12月〜1月頃に確定申告書類の一式が郵送されます。 郵送されない場合は、下記の方法で書類を手にいれましょう。 確定申告書類を入手する方法• 税務署や役所へ取りに行く• 税務署から郵送してもらう• 国税庁のウェブページからダウンロードして印刷する 税務署や役所へ取りに行く 税務署や市区町村の役所へ行けば確定申告書類が用意してあるので、近くにそういった場所があれば直接取りに行くのが手っ取り早いです。 1月中旬以降に行けば、新しい確定申告書類も用意されているはずです。 税務署から郵送してもらう 返送用の封筒等を同封の上、希望する書類をメモ書きして税務署へ送付すれば、 希望の書類を郵送してもらうこともできます。 その場合は、返送用の切手つき封筒を同封しておきましょう。 国税庁のウェブページからダウンロードして印刷する から確定申告書類をダウンロードすることができます。 ダウンロードしたファイルは、各自で印刷して提出用の書類として使用できます。 提出方法1 税務署へ行って確定申告書類を提出する 管轄の税務署へ行って確定申告書類を直接提出するのが、最もオーソドックスな方法です。 自宅で確定申告書類を作成して持っていくのを推奨しますが、税務署で署員に相談をしながら作成することも可能です。 明らかな不備が見つかれば、その場で指摘してもらえるというメリットがあります。 確定申告期間中は税務署が大変混み合うので、期間前に税務署へ行って相談を受けるか、 自宅でできるだけ書類への記入を終わらせてから持参するのをおすすめします。 税務署の敷地内には「時間外収受箱」という書類の投函ボックスが置いてあり、これに投函しても構いません。 ただ、この投函する方法では署員の確認を通さず提出することになるので、後々の面倒を考慮すると初心者にはおすすめできません。 この場合、提出する確定申告書類に加えて、以下のものを同封すれば受付印を押した控えを返送してもらえます。 郵送の場合に必要書類と一緒に同封するもの• それぞれの確定申告書類の控え(原本と同じ内容を記載したもの)• 返送用の封筒(必要な金額の切手も貼り付けておく) 例えば、今年のように4月16日が提出期限日であった場合、 4月16日の通信日付印が押されていれば期間内提出とみなされます。 つまり、提出期限日に郵便局の窓口から出せば、期限に間にあうことになります。 国税庁のウェブサイトでは「通信日付印により表示された日を提出日とみなします」と明示されており、 確定申告期間内の日付で通信日付印がついていればOKです。 懸賞などで「消印有効」という言葉がありますが、これと同じ意味です。 (消印の正式名称が「通信日付印」) 提出方法3 e-Taxを使ってネットで申告する は、日本の国税に関するオンラインサービスです。 国が運営している国税電子申告・納税システムのことを指します。 e-Taxで申告をするには、事前申請が必要です。 e-Taxにより、自宅からネットで申告(電子申告)ができます。 この場合は確定申告書を持参したり、それを郵送する必要がありません。 申告書を紙で提出しない方法ということです。 税務署としては、e-Taxで直接データを送ってもらえる方が助かるので、e-Taxによる申告が推奨されています。 ただし、行政主導のウェブサービスだけあって使いづらく、この認証システムも決して分かりやすいものではありません。 民間企業が提供するウェブサービスとは一線を画します。 したがって、 電子申告は確定申告初心者の方、パソコンが苦手な方にはおすすめできません。 Windows・Macどちらでも電子申告ができますが、Macの場合は特に推奨OSのレンジが狭く、最新OS・あるいは古いOSへ対応していない場合も多いので注意しましょう。 ブラウザのバージョンにも注意が必要です。 e-Taxに対応しているを使っていれば、 会計ソフトで自動作成した申告データをe-Taxにそのまま利用できます。 確定申告期間と国税の納付時期について 2020年 令和2年)の期間・納付期限 確定申告期間 2月17日(月)〜4月16日(木) 4月16日(木)まで 4月16日(木)まで 第1期分 7月31日(金)まで 第2期分 11月30日(月)まで 2020年(令和2年)の場合、確定申告期間は2月17日(月)から4月16日(木)まででした。 申告期限と納付期限はセットで延長されています。 は、確定申告の期限日である4月16日(木)までに納付します。 は、同じく4月16日(木)までに消費税を納付します。 ただし前述の通り、今年の申告・納付については、例外的な対応が行われます。 外出の自粛などで申告が困難であった方については、税務署に申し出ることにより、申告期限延長の取り扱いをしてもらえます。 消費税については、基本的に開業してから2年間は納める必要がありません。 また、前々年の課税売上高が1,000万円以下の場合も、基本的に消費税を納める必要はありません。 (ただし、前年の上半期だけで課税売上高1,000万を超え、なおかつ、この期間の給与等の支払い金額も1,000万円を超えた場合には、課税事業者となります。 法人の場合は、消費税・法人税ともに事業年度の終了翌日から2ヶ月以内に納付します。 予定納税とは、前年の申告納税額が15万円以上だった場合に納付する前払いの税金です。 例えば、2019年1年分の会計をもとにして所得税の納税額が15万円以上になった場合、 2020年の7月中と11月中に、それぞれ前年の所得税額の3分の1を納付することになります。 予定納税を納付する必要がある場合には、6月15日までに税務署から通知が届きます。 遅れた日数分、延滞税(最高14. 延滞税や無申告加算税は、本来の納税額に上乗せして納付する罰則的な税金です。

次の

確定申告2020いつからいつまで?確定申告は税理士に相談か会計ソフトフリー

確定 申告 2020 いつまで

確定申告の還付金の基礎知識 まずは、確定申告の還付金について説明します。 還付金がいつ振り込まれるかを先に知りたい方は、「」からお読みください。 1-1. そもそも還付とは 還付とは、年末調整や確定申告により、納めすぎた税金を返還してもらうことをいいます。 この返還してもらう金銭を還付金と呼びます。 個人事業主の場合 事業が赤字だとすると、すでに納めている税金が本来の税額より多くなります。 このような場合に確定申告をすることで、納めすぎた税金を還付してもらうことができます。 会社員の場合 会社員は、源泉徴収により給与や賞与から税金が天引きされています。 天引きされている税額が正しくない場合は、年末調整によって、実際に納めなければならない税額を改めて算出し、納めすぎている場合は基本的には自動で還付されます。 ただし、 年末調整では対応できない 控除もあるので、このような控除を適用し、還付を受けたい場合は確定申告をする必要があります。 この点については、次項で説明します。 1-2. 還付を受けられるのはどのような場合? 上述したように、年末調整では対応しきれない控除がいくつかあります。 次のような場合は、確定申告をすることで還付を受けることができるので、該当するかどうかを確認してみてください。 1年間の医療費が10万円を超えたため医療費控除を受けたい• ふるさと納税などの寄付金控除を受けたい• マイホーム購入により住宅ローン控除を受けたい 2年目以降は年末調整で対応可能• 災害などで資産に損害があり雑損控除を受けたい• 年度途中で退職し年末調整を行っていない• 年末調整の後に扶養家族が増えた• 年末調整で申告漏れがあった 各控除については、以下の記事でも説明していますのでご覧ください。 還付金が振り込まれるまでの流れ 申告方法により、還付金の振り込みまでの期間は異なります。 申告方法別に説明していきます。 2-1. 書類提出により申告した場合 書類で申告した場合は、税務署に持参した場合でも郵送した場合でも、 振り込みはおおよそ1〜2ヶ月後になります。 しかし、いつ確定申告の手続きをするかで、若干、振り込みの時期は異なります。 一般的に、早めに申告すると 1ヶ月ほどで、期限ぎりぎりでの申告だと 2ヶ月ほどかかるようです。 税務署の混雑状況によって左右されますが、還付を急いでいるのであれば、早めの申告・納税が欠かせません。 2-2. e-Taxにより申告した場合 e-Taxで電子申告した場合は、書類で申告した場合より早めに還付され、 通常、約3週間ほどで振り込みが完了します。 実際、当社の社員が2月10日にe-Taxで電子申告すると、3月6日には還付金の振り込みが完了しました。 一か月以内で還付が完了した例として参考にしてください。 また、e-Taxで申告するメリットには、還付が早いだけでなく、 e-Taxのホームページ上で還付金の支払予定日や金額、処理状況を確認できることもあります。 詳しくは「」で説明します。 還付金が振り込まれない&遅い場合の確認方法 還付金が振り込まれない要因には、どのようなことが考えられるでしょうか。 また、振り込みが遅い場合の確認方法はどのようなものがあるのでしょうか。 3-1. 還付金が振り込まれない要因とは 還付金が振り込まれない要因には、 添付書類の不備や記入ミスが考えられます。 この場合は、再度、添付書類を揃えたりしなければならず、その分振り込みは遅くなります。 還付金額が確定すると、金額と振込日が記載されたはがき(国税還付金振込通知書)が送られてきます。 3-2. 還付が遅い場合の確認方法(書類申告の場合) 上述したように、還付までにはある程度の時間がかかるので、申告後はしばらく待ってみましょう。 しかし、申告してから2ヶ月以上待っても還付されない場合は、何らかのイレギュラーが発生していることも考えられます。 このようなときは、税務署に電話で問い合わせるなどして、処理状況を確認することをおすすめします。 税務署に連絡するときは、申告書の控えを手元に準備しておくと、申告の時期などをきちんと説明することができて慌てずにすみます。 3-3. 還付が遅い場合の確認方法(e-Taxの場合) e-Taxで申告した場合は、申告の手続きから2週間ほど経つと、e-Taxで処理状況を確認できます。 e-Taxのホームページのトップページにある「メッセージボックスの確認」をクリックする。 認証画面が表示されるため利用者識別番号と暗証番号を入力しログインする• メニュー画面の「還付金処理状況」の「確認画面へ」をクリックし、状況を確認する。

次の