タマホーム 耐震等級。 タマホームの耐震や断熱などの性能を、家の構造と共に確認してみる!|マイホームプランナー「失敗しない家づくり&ハウスメーカーの選び方」ガイド

耐震等級3で地震に強い家や免震住宅を建てるハウスメーカー

タマホーム 耐震等級

ローコスト住宅で耐震性のある住宅は建てられる? ローコスト住宅で耐震性がる住宅を建てられないイメージの方が多いともいますが、そもそもローコスト住宅とは、何なのでしょうか?まずは、そちらを確認しましょう。 ローコスト住宅とは?欠陥で後悔する!? ローコスト住宅とは、一般的な住宅より安い価格で販売している住宅のことですが、「安い=危険・欠陥」と認識する方も少なくないと思います。 ですので、なぜローコスト住宅は安く提供できるのかご紹介します。 ローコスト住宅の標準仕様の仕組み ローコスト住宅の仕組みは、戸建てを低所得者でも購入できるようにとハウスメーカーが提案した基準仕様の住宅です。 一般住宅と違い、最低限のデザイン・設備で快適に住める家を提供しています。 ですので一般住宅よりも家の材質が落ちる・欠陥ではなく、デザイン性が落ちる認識が正しいです。 デザイン性が落ちるというのは、「安っぽいデザイン」ではなく、シンプルと捉えて頂ければ良いです。 また、ローコスト住宅であっても、一般住宅と変わらない耐震性や高気密高断熱に特化したハウスメーカーもあります。 耐震性のローコスト住宅で後悔しないための注意点! 上記でご説明した通り、ローコスト住宅でもハウスメーカーによって耐震性住宅を「標準仕様」にしているメーカーもあれば、「標準仕様」でなくても別途費用で対応可能の会社もあります。 この2点では、価格が大きく異なりますので事前確認を必ず行いましょう。 ローコスト住宅の寿命 ローコスト住宅ともに一般住宅の寿命は、構造によって年数が変わり、「木造」「鉄骨」「鉄筋コンクリート」があります。 木造住宅は約25年〜30年、鉄骨住宅は約30年〜50年、鉄筋コンクリート造住宅は、約40年〜60年とされています。 これらはメンテナンスで手を加えずに放置した状態での耐用年数で、メンテナンスをすれば、約30年〜50年程の約2倍の年数を伸ばすことが可能です。 【耐用年数】 木造住宅の耐用年数:約25年〜30年 鉄骨住宅の耐用年数:約30年〜50年 鉄筋コンクリート造住宅の耐用年数:約40年〜60年 予算に合わせた理想の家ができる? \ 優良工事店のご紹介は3分で完了! / ローコスト住宅の耐震等級3・2・1とは? 耐震等級3・2・1とは、揺れの強さによって耐えれる耐震性能となり、等級別で分類しています。 また、この等級はハウスメーカーで異なります。 耐震等級 震度レベル ハウスメーカー 耐震等級3 震度6強 積水ハウス ダイワハウス 一条工務店 ヤマダホームズ 住友林業 セキスイハイム トヨタホームズ パナソニックホームズ 三井ホーム タマホーム 旭化成ヘーベルハウス 大成建設ハウジング 耐震等級2 震度6弱 アイフルホーム 耐震等級1 震度5強 スウェーデンハウス ミサワホーム 耐震性の住宅には3種類ある 耐震性のイメージは地震に強い住宅となりますが、耐震性の住宅には、「耐震住宅」「制震住宅」「免震住宅」の3種類があります。 耐震住宅とは? 耐震住宅とは、地震の揺れに耐えることができる住宅のことです。 日本の建築基準法では耐震等級1以上の住宅となります。 制震住宅とは? 制震住宅とは、地震の揺れを制御することができる住宅のことです。 仕組みは、特殊装置の「制震パネルや制圧ダンパー」という機械を構造躯体に設置します。 免震住宅とは? 免震住宅とは、地震の揺れを住宅に伝えないことができる住宅のことです。 仕組みは、基礎と建物の間に「免震装置」を設置します。 ローコスト住宅のメリット・デメリット ここから本題のメリット・デメリットをご覧下さい。 メリット ローコスト住宅のメリットは、以下の4点が挙げられます。 価格が安い ローコスト住宅の坪単価は、約30万円〜50万円が相場となり、建坪30坪なら900万円〜1,500万円で家を建てることが可能です。 品質が良い ローコスト住宅は安いのに一般住宅に劣らない品質となります。 先程も上記で述べたように間取りやデザインでコストカットしている為、品質は良いです。 工期が短い ローコスト住宅のコストカットの1つとして、間取りを減らすことで人件費も減らしています。 このことで工事期間も短縮することが可能です。 規格住宅となるので迷わない ローコスト住宅のオーダー住宅となると別ですが、注文住宅は規格住宅となりますので、各ハウスメーカーが設備や間取り、デザインなどを決めた中から選ぶだけなので迷うことがないです。 デメリット ローコスト住宅のデメリットは、以下の6点が挙げられます。 職人の腕の質 ローコスト住宅だけにコストカットする際に、それなりの業者にしか依頼できない場合もあるのは事実です。 当たり外れがあります。 ランニングコストが高くつく やはりローコスト住宅の断熱材のグラスウールの材料次第で、家の性能が変わりますので、高熱費が高くつく可能性があります。 耐久性・耐震性 ローコスト住宅だから、耐久性・耐震性がしっかりしてないと言うことはないですが、安い施工材料を使用する場合は経年劣化が早くメンテナンスを一般住宅に比べ早く行なわなければならく費用がかかります。 デザイン・間取りに個性がない フルオーダーで注文住宅する際は問題ないですが、規格住宅となると個性があまりなく、シンプルの家となります。 オプションが高め ローコスト住宅のオプションは、一般住宅のオプションより若干高めに設定されている為、追加することで通常の住宅と変わりのない値段となります。 アフターサービス・保証が短い場合がある 各ハウスメーカーで価格の比較で一番安いメーカーの落とし穴がアフターサービスとなり、通常は20年から60年の保証期間がついていますが、安ければ約10年と言うところがあります。 予算に合わせた理想の家ができる? \ 優良工事店のご紹介は3分で完了! / 耐震住宅のローコスト住宅の見積もりを予算オーバーしないように激安にするには? 耐震住宅のローコスト住宅の見積もりで予算オーバーしないように激安にするには、相見積もりを取り、ハウスメーカーや工務店の見積もりを比較することです。 耐震住宅のローコスト住宅を依頼できる会社は、ハウスメーカー・工務店など各県に数多く存在します。 理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。 相見積もりとは? 相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。 耐震住宅のローコスト住宅を安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。 また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが大変で最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用でローコスト住宅を行うことになってしまいます。 そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用することです。 一括見積もり無料サービスで安く耐震住宅のローコスト住宅をできる優良会社を探す! 一括見積もり無料サービスとは、耐震住宅のローコスト住宅を得意としている優良会社の見積もりを代理で複数社一括で行う無料サービスです。 また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。

次の

タマホーム「大安心の家」の評判は?間取の自由度、断熱性・気密性の評価、基礎強度や耐震性能について徹底評論!

タマホーム 耐震等級

タマホームで家を建てようと検討していましたが、結局止めにしました。 タマホームの家はコストパフォーマンスが良くて、営業担当の方も感じの良い方でした。 私が「タマホーム」での新築を諦めて「アールギャラリー」で家を建てることにした主な理由は「土地探し」でした。 土地さえあればタマホームで建てたかも知れません。 あとは、奥様の希望がアールギャラリーの「オシャレな家」だったことも大きな理由です。 その詳細をブログにまとめておきます。 ご参考までにどうぞ。 タマホームの住宅費用 スーモカウンターでタマホームを紹介されて伺いました。 担当して下さった方は感じの良い方で、住宅知識も豊富でした。 スーモカウンターについては過去記事をご参照下さい。 タマホームを伺うと、私達の要望を聞いて簡単な見積もりを作ってくれました。 営業の方も優秀だと思ったのですが、タマホームは会社としてシステム化されていると言った印象を受けました。 目の前でパソコンを使って見積もりを作ってくれて、このオプションを付けるといくら金額が変わるといったように、内容が明確に分かるようにシステム化されていました。 他のホームビルダーで、ここまでできる会社も少ないのでは無いかと思います。 明瞭会計です。 オプションを何を付けて何を削ると言った判断がし易いと思います。 担当して下さった営業の方自身もタマホームで家を建てたとのことで、住宅機能とコストパフォーマンスには自信があるそうで、「 他のホームビルダーの見積と比べて頂いて結構です。 もし希望があれば、他社様の見積と弊社の見積とを1つづつ見比べて説明することも可能です。 性能と価格を比べてタマホームより勝っている所も無いんじゃないかと思います。 」という内容のことまでおっしゃっていました。 実際に出してもらった費用総額を見ても、コストパフォーマンスが飛び抜けて良かったです。 他社でタマホームの見積と比較して貰ったら「 なんでこんなに安いのか、ちょっと分からないですね。 費用計上に漏れは無さそうですし・・・」と話していた営業の方も見えました。 高給取りで無い私はコスパ重視です。 「 タマホーム最高!コストパフォーマンス重要でしょ!これ建売並の価格で注文住宅建つんじゃないの?第一種計画換気だし!耐震等級3だし!ええやん!ええやん!」と奥様を説得していました。 奥様は「オシャレな家に住みたい! アールギャラリーの展示場で見た家が良かった!オシャレじゃなきゃ嫌だ!」とアールギャラリー推しです。 そんな奥様でも「タマホームの見積書」と私の「度重なるコスパ重視政策の説得」によって、「 タマホームがコスパ良すぎる。 タマホームで建てるのが現実的か・・・」とさえ口ごもっていたくらいです。 ちなみに、タマホームにコスパで競合できるかどうかと言ったら、「 レオハウス」「 アイフルホーム」あたりが候補に挙がってくるようです。 タマホームの株主優待券 しかも、タマホームには株主優待券があります。 最新情報はヤフーファイナンスでタマホームを検索すると調べることができます。 株式持っていないから関係ないと思わずに、ヤフオクに出品されていたりもします。 価格が価格なだけに1%でも割引が大きいのに、最大6%の割引が得られます。 タマホームの図面確認は3D 図面にしても担当営業の方と間取りを決めて行く段階で、営業の方がCADソフトを使って3Dに起こされた図面をパソコン上で確認しながら打合せができるので、施主が内容把握し易く誤解が少ないようになっているとのことでした。 実際にパソコン画面で見せて貰って、これは凄いなぁと感心しました。 将来的にバーチャルリアリティーで見えるようになったりするんだろうなぁと未来に想像が膨らみます。 通常のホームビルダーだと平面の図面で想像しながら間取りや窓の大きさ、作り付け家具など決めて行くことになります。 素人が平面図面を見て完成を想像するなど困難極まりないと実感しました。 タマホームの軒 下の画像はタマホームの「 大安心の家PREMIUMシリーズ」の説明ページから引用したのですが、ちゃんと「軒の出」による日射遮蔽や冬の日射取得、風の出入りまで考えられています。 軒の出が1m取られています!夏は日射遮蔽され涼しく、冬は低い日射角度により日射取得でき暖かい家となります。 タマホームは陶器瓦を選べる 屋根材として陶器瓦を選ぶこともできます。 陶器瓦なら重量はありますが、ほぼメンテナンスフリーです。 何かの理由で割れたりしなければ、陶器瓦の寿命は半永久的と言われています。 将来瓦葺き替えなどしたら高額費用が発生するので、陶器瓦はメンテナンスコスト面から見て有利です。 もちろん、最近のガルバにウム鋼板の屋根も優秀で30年くらい余裕で持ち、軽量なので悩む所ではあります。 陶器瓦は重量がある点は耐震性能で不利です。 タマホームの耐震性能 重量がある点不利ですが、タマホームの「大安心の家」プランならちゃんと「耐震等級3」(百年に1度の地震の1. 5倍の力でも倒壊・崩壊しない耐震性能)を取得できます。 工務店よりタマホームの方がコスパが良い理由 タマホームは年間の着工棟数が他の工務店と比べ圧倒的です。 そのスケールメリットを生かして、大量仕入れを行い仕入れ値を下げています。 そのため、タマホームの「標準仕様」で家を建てればコスパが良くなるという構造になっている訳です。 タマホーム公式サイトのIR(投資家向け情報)を参照すると注文住宅着工棟数NO1を目指しているとのことです。 これが、コストパフォーマンス面で比べても一般的な工務店がタマホームに敵わない理由の1つです。 もちろん、工務店には「自由度の高さ」と言う点で優位性があります。 一概にタマホーム最高!と言える訳ではありません。 また、タマホームでも「標準仕様」以外の仕様を選んだりオプションを付ければコスパは落ちます。 しかし、 まったく標準仕様の規格通りの家を建てるとなると「建売と何が変わらないの?間取りくらいじゃないの?」という確信めいた疑問点が浮上します。 タマホームと土地探し スーモカウンターの紹介でタマホームで話を聞いて、見積もりを出してもらって資料をもらった結果、私の中では、コストパフォーマンスの高さから「タマホーム」優勢だったのですが、土地探しが難航しました。 タマホームには不動産部門が無いようです。 次回打合せの日程を決めて相談に行っても、 タマホームでは担当営業の方が、その場でネット検索で土地情報を探しているのです。 「そんなもん自分で探してるわ。 せめて候補を印刷しといてくれ。 」と思っていました。 まぁ営業の方が抱えている業務が多いのでしょう。 つまり、 タマホーム独自の土地情報などは期待できません。 土地を既に持っていたり、良い土地を探す根気があればタマホームはコストパフォーマンス面から圧倒的にお勧めです。 しかし、土地を探して思ったのですが良い土地はほとんど建売業者が購入して建物を付けて売るか、建築条件付きで売られています。 土地が良いから不動産業者が建物での利益も載せて売りたいという思惑があるようです。 今後、人口減少や景気後退により不動産が売れないようになると、良い土地が安く手に入るようになることが予想されます。 そうすると土地探しも楽になりタマホームで建てるにしても土地で困らないのでは無いか?と思うのですが、 自分の場合は「土地が見つからなかったこと」と「奥様がアールギャラリーのオシャレな家」を希望したことによりタマホームを諦めることになりました。 タマホームとオシャレ 家の性能面以外の「 オシャレ」という点では、確かにタマホームよりも奥様が希望する「 アールギャラリー」の方がオシャレでした。 建材1つ1つの選び方が違うのだと推測します。 コスパ重視なのか、オシャレ重視か、建物に対する基本構想が違うため「標準仕様」がそもそも違うのです。 アールギャラリーでは、設計士が専属で付いて打ち合わせが進む点も大きいのかも知れません。 結局、アールギャラリーを選んだ理由 ただ、個人的にはオシャレなんて飽きるだろ。 家は性能とコストパフォーマンスだろ。 と思っていました。 それでも、 不本意ながら、奥様の希望を叶えることを優先しました。 奥様の希望を叶えてあげたい。 とは考えずにはいられない面があった訳です。 我ながら、「家」という「高額商品」にオシャレを優先させるのはどうかとは思いましたが、仕方ありません。 どうかしていると思わないでもありませんでした。 「家」は高額商品です。 数百万円単位で金額が違ってくる訳ですから、スーパーで買い物する時に節約とかしても、本当に無意味に思えるくらいの違いになります。 しかし、アールギャラリーの家も「吹付断熱」「耐震等級3」「全棟構造計算」「制震ダンパー」と、しっかりしていたのと、担当してくれたアールギャラリーの営業マンがかなり優秀でした。 そして、何よりアールギャラリーは不動産部門があり、建築条件付きの土地で「希望条件に合う土地」があったのが決め手となりました。 アールギャラリーの担当営業の方は、何を聞いても打てば響く鐘のように返してくれました。 「賢いな」この人って思いました。 そして、分からない事を聞いてもちゃんと調べて回答しれくれるのでした。 誠実なんですよね。 不動産業界に珍しく!? これならブログ書くのに色々教えて貰えるな。 最近、愛知県で伸びてきているアールギャラリーのルポ的なブログが書けるかな。 というブログ根性の思惑もありました。 他にアールギャラリーのブログ書いている人も数いない様子でしたし、これは良いぞ。 という思惑もありました。 という事で、私はタマホームのコストパフォーマンスに惹かれながらも、 アールギャラリーでオシャレかつ、コストパフォーマンスの高い家を目指すことにしました。 まぁ、不本意ですけども。 ちなみに、奥様はかなり満足毛でした。 まぁ、それなら良かったかなぁと、思う事にしました。 まぁ、不本意ですけれども。

次の

実大振動実験で見せたタマホームの実力

タマホーム 耐震等級

当ページではタマホームの注文住宅について、評判や口コミ、坪単価、構造や特徴、価格別の実例などを詳しくまとめています。 タマホームといえば「ローコスト住宅」の先駆けとなったハウスメーカーです。 創業は1998年と他の大手ハウスメーカーに比べると歴史も浅いのですが、「よりよい物をより安く提供することにより社会に奉仕する」をモットーとしており、着工件数も大手ハウスメーカーに比肩するまでに急成長しました。 タマホームが手掛ける注文住宅はローコストながら品質が良いなどの口コミも多いのですが、その中でもベストセラーとして有名なのが「大安心の家」です。 ローコストながら長期優良住宅に対応しており、タマホームの主力商品となっていますね。 このページをご覧の方はタマホームの注文住宅を検討している方だと思いますが、マイホーム購入は一生で一度の高額な買い物となります。 絶対に失敗や後悔はしたくないとお考えの方も多いと思いますので、当サイトではタマホームの評判・口コミ・坪単価・価格別実例などの項目をチェックして行こうと思います。 Contents• タマホームの構造と特徴 タマホームの注文住宅について、まずは構造や特徴から詳しくまとめていきます。 住宅の構造は後からは変える事が出来ない為、非常に重要なポイントとなります。 タマホームの注文住宅では、基本的には木造の住宅を取り扱っていますが、土地の広さや用途地域などによりそれぞれ適した商品を展開しています。 どの商品があなたの予算や生活スタイルにあっているか、しっかり見極めましょう。 タマホームの構造別 商品ラインアップ タマホームの注文住宅の構造は、基本的に「木造」となります。 もし鉄骨造のマイホームが欲しいとお考えなら、他のハウスメーカーを選びましょう。 タマホームの注文住宅 大安心の家 階数:2階建て向き タマホームのベストセラーで主力商品。 タマホームは無駄なコストを抑えながら、長期優良住宅に標準仕様で対応する「大安心の家」を始め、ほぼ全ての商品で「ローコスト・ハイグレード」な家造りを行っています。 「安かろう悪かろう」などの話も聞きますが、タマホームでは国の建築基準より厳しいとされるヒノキ土台やオール4寸角柱、耐力壁、剛床工法などを標準化している点も大きな特徴です。 家を建てる際に「コストパフォーマンス」を重視したい方は、必ず候補に入れておきたいのがタマホームの注文住宅です。 主力商品の「大安心の家」の他にも、更に低価格に特化した「木麗な家」や3階建て住宅向きの「木望の家」、平屋とビルドインガレージに注力した「GALLERIART ガレリアート 」などもありますが、本ページではタマホームの主力商品「大安心の家」について特集したいと思います。 なお、住宅のタイプによって坪単価などが異なりますので、詳しく知りたい人はまずは資料請求をして比較検討することが重要です。 タマホームの特徴 タマホームのベストセラー商品が「大安心の家」です。 無駄なコストを抑え、高い住宅品質を維持しており、ローコスト住宅ながら長期優良住宅に標準仕様で対応しているのが大きな特徴です。 勿論、思い描いた住まいを実現出来る自由設計や、最新のシステムも導入している人気商品です。 タマホームの注文住宅を実際に見てみると、「この品質なのにこんな低価格で」と驚かれる方も多いかもしれません。 タマホームは同業大手ハウスメーカー平均の6割前後の水準にまで、坪単価を引き下げることを目標に展開しているそうです。 低価格のカラクリとしては「無駄なコストの削減」が大きく、例えば一般的な新築住宅の現場では、現場管理会社に委託して各業者を管理していますが、タマホームではこの管理会社の中間マージンをカット、直接施工管理を行う事で、コスト削減に成功しています。 他にも、国産木材を安定供給する為の独自流通システム「タマストラクチャー」を構築し、森林組合・林業者や製材・プレカット工場と直接つながることで、中間マージンをカットする事に成功。 また、キッチンやユニットバスなどの設備品を決まったメーカーで大量注文をしている為、価格を抑える事に成功しています。 タマホームの主力商品「大安心の家」のような、高品質ながら低価格で商品を提供出来ている理由は、徹底した中間マージンのコストカットに注力出来ているからですね。 勿論、コストパフォーマンスが優れているのは確かなのですが、他の人に自慢出来るかというと微妙な点も否めません。 勿論、「コスパ重視」の方なら、必ず候補に入れておくべきハウスメーカーの一つでしょう。 タマホームの基礎 戸建て住宅の基礎は、家そのものを支える土台です。 この部分は後から手を加える事が出来ない為に、どのような工法で造られているのか知っておくべき重要項目となります。 布基礎とは…鉄筋で補強された逆T字型の基礎で、帯状の連続的に一体化した構造を持ち、上部からの力や地盤の構造によって不同沈下を防いでいます。 ベタ基礎とは…床全体に格子状に鉄筋を入れ、床面にコンクリートを打つ基礎です。 地面への設置面積が広い為、基礎全体で建物を支える事が出来ます。 タマホームの「大安心の家」では、建物を底面全体で支えることで不動沈下を起こしにくいベタ基礎を標準採用としています。 従来の布基礎と違って、地面への設置居面積が広いベタ基礎を採用する事で、建物の荷重を基礎全体で分散して受け止める事が出来ます。 ベタ基礎のメリット ・シロアリの地中からの侵入を防げる ・地面からの湿気を防ぐ事が出来る ベタ基礎のデメリット ・コンクリート使用量が多い為、費用が高い ・床下環境対策が必要 尚、ベタ基礎と布基礎はどちらにもメリットがありますので、どちらが優れていると判断するのは難しいところではあるのですが、タマホームのようなローコスト住宅メーカーが、コストの掛かるベタ基礎の方を標準採用にしている事には驚きですよね 他のローコスト住宅は多くがオプション扱い。 木造住宅にはベタ基礎と相性が良いとされていますので、木造住宅に拘っているタマホームとしても譲れなかった部分なのかもしれませんね。 基礎で使用されるコンクリートは計画共用期間が約65年 JASS5基準 の高い耐久性と強度を確保し、鉄筋は徹底した品質管理が行われている工場で溶接・加工されたユニット鉄筋を採用しているそうです。 タマホームの耐震性能 タマホーム「大安心の家」の耐震性能については「実台振動実験で、高耐震性を証明」しています。 数百年に一度起こるとされる震度7を想定した揺れを与えて実験を実施し、タマホームの家は倒壊・崩壊しない事が確認され、高いレベルの安全性・耐震性を確保している事が証明されています。 これはテレビCMでも大々的に放送していたので知っている方も多いかもしれません。 ちなみにこの実験で用いたのは「大安心の家」で、標準耐震等級3 最高等級 の構造で設計。 世界最大級の振動台テーブル上で検証実験を複数回に渡り行なったそうです。 大手メーカーと変わらない耐震等級を出せるのは素晴らしい事だと思います。 ローコスト住宅というと、やはり耐震性はとても気になるのですが、タマホームなら耐震性に関しても安心出来そうです。 タマホームは寒い?断熱材・断熱性能 タマホームの注文住宅はローコスト住宅となりますので、大手ハウスメーカーに比べると気密性能の面で劣る部分があるのは否めません。 タマホームの主力商品「大安心の家」の断熱材・断熱性能はどうなんでしょうか。 まとめてみたいと思います。 タマホーム「大安心の家」の標準断熱材は以下の断熱材を使用しています。 この辺りがローコスト住宅の宿命といったところでしょうか。 勿論、オプションで断熱材の増量が出来ますので、断熱性を重視する方はオプション付けておいた方が良さそうです。 またタマホームの「大安心の家」シリーズには【愛】【暖】というプランがあります。 こちらは寒冷地向きの仕様となっていますので、これと同程度の断熱材にすれば効果も強く見込めると思います。 タマホーム「大安心の家」【愛】【暖】仕様の断熱材 天井部分:吹き込みグラスウール断熱18K 320㎜ 壁:吹付けウレタン断熱20K 105㎜ 床:フェノールフォーム断熱1種 66㎜ 「大安心の家」【愛】【暖】仕様では、壁内結露を防ぐ為にペーパーバリア施工となっていて、オプションで断熱材の厚みを変更する事が出来ます。 また断熱性を語る上で欠かせないのが「窓」です。 タマホームの「大安心の家」の標準仕様では、窓は「アルミサッシ」となりますが、断熱性を気にする方は「樹脂サッシ」をオプションで選ばれた方が良いかもしれません。 樹脂サッシを選んだ場合、金額も平均で総額30万円程アップする事になりますが、断熱性や気密性で一番重要なのは「窓」です。 ここをケチってしまうと、後々後悔してしまうかもしれません。 家を建てるなら 断熱性能は超重要です! というのもマイホームを建てた人の後悔ポイント1位が 「室内の寒さ・暑さ」、2位が 「光熱費が高いこと」だと言われているからです。 コレ、どちらも高気密・高断熱の家なら解消できていた後悔ポイントです。 せっかく注文住宅を建てるなら「夏涼しく冬暖かい省エネ住宅」が良いのは当たり前ですよね。 マイホームの気密・断熱で失敗したくないなら、必ず 「カタログの数値」で比較してください。 営業マンに 「気密・断熱はどうですか?」と聞くだけじゃダメです。 だいたい皆「うちは悪くない」というはずです。 カタログの数値に嘘はありません。 逆にカタログに数値が載っていなければ、その会社は 「自信がない」と判断してOKです。 これをやっておけば「気密・断熱での失敗」はまずありません。 気密・断熱性はハウスメーカー各社で力量差が非常に大きく表れるポイント。 先輩方と同じ後悔をしないために 気密・断熱の数値は必ずカタログで比較しておきましょう。 LIFULL HOME'Sの無料おまとめ取り寄せは タマホームの外観・外壁 タマホームはローコストながら自由設計の注文住宅を取り扱うハウスメーカーです。 勿論、外観に関しても屋根や外壁、玄関扉などの素材・色・種類など自由に決める事が出来ます。 特に外観は大事ですよね。 例えば和風にしたい、洋風やカントリー風にしたい、など自分の建てたいマイホームは外観もきっと十人十色。 そこでこの項目では、タマホームのベストセラー商品「大安心の家」における外観に関わる「屋根」や「外壁」などについてまとめたいと思います。 タマホームの屋根 タマホームの注文住宅では、基本的には「陶器瓦」か「コロニアル」から選べます。 またはオプションなどで「ガルバニウム」も選べるようです。 屋根材 陶器瓦とは…陶器瓦は古くから屋根の素材として使用されている屋根材で、和風タイプの住宅で良く利用されています。 陶器で作られているので、強い衝撃を与えない限りは陶器瓦の寿命は半永久的とも言われており、耐久年数に優れた屋根材となります。 屋根材 コロニアルとは…コロニアル屋根は俗にいう化粧スレート屋根の事で、セメントと繊維、アスベスト 現在は石綿 を混ぜ合わせた屋根材の事です。 屋根材の中では比較的安価な為に普及率が高く、多くの業者が施工を経験している為に対応出来る業者が多いのもメリットとなります。 割れ易いなどのデメリットもあるようです。 屋根材 ガルバニウムとは…1972年に米国で開発された金属素材で、耐久性や耐熱性に優れた屋根材として人気です。 金属なのに錆に強く、陶器瓦に比べて軽量の為に耐震性にも優れています。 但しメンテナンスをしなければ水溜まり部分が腐食する為、水平な屋根には不向きと言われています。 タマホームの屋根材「陶器瓦」では新東と鶴弥の2社から選ぶ事が出来ます。 新東 三州陶器瓦 セラムFシリーズ 陶器瓦というと和風なイメージを持たれる方も多いと思いますが、洋風なものを選ぶ事が出来ます。 鶴弥 三州陶器瓦 スーパードライ110シリーズ 「タイプI」「スマート」「サンレイ」の3種類から選ぶ事が出来ます。 勿論、和風モダンなものから洋風カントリー風まで色々選ぶ事が出来ます。 タマホームの外壁 タマホームの注文住宅「大安心の家」の外壁と外観についてまとめていきたいと思います。 注文住宅の外壁は外観だけではなく、建物の強度や耐久性も左右する重要な要素となります。 勿論、せっかく注文住宅を建てるのですから、耐久性・強度はもちろんの事、外観や見栄えにも拘りたいところです。 タマホームの主力商品「大安心の家」は注文住宅なので、選ぼうとすれば選択肢はたくさんあります。 例えば外壁と玄関ドアの組み合わせだけでも住まいの表情は大きく変わって来ます。 本ページではタマホーム「大安心の家」における代表的な外壁についてピックアップしたいと思います。 タマホームの標準仕様で選べる外壁材のメーカーは以下の通りです。 旭トステム:15Pシリーズ 耐火等級:4等級 特徴としてはフッ素コートを使用していて、親水機能により雨で汚れが落ちる優れ物です。 15年保証が付いているのもありがたいですね。 ケイミュー:ネオロック16ミリ 耐火等級:3等級 特徴としては、こちらも親水機能に優れているため、雨で汚れを洗い流す事が出来ます。 また紫外線をガードして色あせや日焼けを抑える事も出来るそうです。 東レ:完璧 耐火等級:4等級 住宅用窒素系外装材「完璧」シリーズです。 木造軸組外壁1時間耐火構造 耐力壁 の認定を取得しています。 10年保証付き。 ニチハ:モエンエクセラード16 耐火等級:3等級 国産木材チップを利用したニチハの高品質外壁材モエンエクセラードです。 多彩なバリエーションで住まいの表情を変えてくれます。 マイクロガードやプラチナコートで10年保証が付いています。 神島化学工業:- 耐火等級:- 凸凹感のある深堀りデザインを採用しており、紫外線に強く、汚れを雨水で流す事が出来ます。 他と大きな違いは18ミリある点でしょうか。 凍害に強みもありそうです。 「ぬり壁」も選べるようですが、基本的にタマホームの外壁は「窯業系サイディング」を採用しています。 窯業系サイディングとは、セメントと木質成分を混合して製造される人工の外壁材の事で、セメント系の素材強度と木材系の特性である断熱性を最大限生かした壁材となります。 また表層部のガラス質のコーティングで耐久性も確保出来る為、戸建て住宅の7割以上が「窯業系サイディング」を採用しているといわれています。 「窯業系サイディング」外壁の特徴• 地震に強い• 耐火性に優れている• デザインが豊富• リフォーム性に優れている• 耐久性向上のために通気講法が可能 タマホームの外壁に関しては、自社生産ではなく外壁専門の大手メーカー商品を採用しています。 特に「窯業系サイディング」は現在主流の外壁ですし、その分野で主要メーカーの「ニチハ」や「ケイミュー」の外壁を採用している点で安心出来そうです。 外壁は特に写真で見るのと実物を見るのでは雲泥の差がありますので、外壁を決める際は必ず実物の確認をしておきたいところです。 タマホームの内装 タマホームの注文住宅「大安心の家」の内装についてまとめたいと思います。 建売と注文住宅の最大の違いと言ったら、やはり「間取りの自由設計」を挙げる方も多いのではないでしょうか。 また、タマホームが得意としている「スキップフロア」などについてもまとめたいと思います。 タマホームの間取り タマホームの「大安心の家」の間取りについてまとめたいと思います。 ですがタマホームに限らず、注文住宅の間取りは土地の広さや用途によって大きく変わって来ます。 注文住宅の間取りは十人十色であり、それが注文住宅の醍醐味でもあります。 勿論、住宅に詳しくない人が自由に間取りを設計してしまうと、生活導線を考慮してないなど、後から後悔してしまう可能性もあります。 その辺りは担当の営業マンと入念な打ち合わせを繰り返し、自分の理想の家を造り上げて行って下さい。 気を付けたいのは、ハウスメーカーによって間取りの提案力は大きな違いがある点です。 必ずしも大手ハウスメーカーだけが良い提案をしてくれる訳ではありませんので、間取りを考える際はなるべく複数のハウスメーカーと競合させて比較するべきです。 比較してみるとハウスメーカーや営業マンによって、こんなに提案力が違うのかと驚かれると思います。 良い家を建てる為には、良い間取りは必要不可欠です。 良い間取りを作る為にも、出来るだけ多くのハウスメーカーから無料の間取り図を提案して貰うようにしましょう。 資料請求から間取りの提案までは、どこのハウスメーカーでも無料でやって貰えます。 一生に一度の大きな買い物である訳ですから、出来るだけ良い提案をしてくれるハウスメーカーを選ぶようにしたいですね。 タマホームのスキップフロア タマホームの注文住宅「大安心の家」で人気の間取りとして注目を集めるのは「スキップフロア」です。 タマホームの注文住宅では、階段の踊り場スペースを利用して、書斎や子供部屋を作ってしまうという大胆な空間の使い方を提案する事が多く、その間取りを気に入って、タマホームで注文住宅を建てる人が多いようです。 スキップフロアは1. 5階や2. 5階など、いわゆる「中二階」「中三階」を設ける作りをしており、床の一部に高低差を設ける事で部屋を広く見せる効果などもあります。 その反面、デメリットもありますので注意が必要です。 スキップフロアのメリット ・狭小地でも有効に空間を活用出来る 例えば狭小地などは大きな家を建てる事が出来ない為、どうしても間取りに圧迫感が出てしまいがちです。 スキップフロアを取り入れる事で、使用頻度の少ない空間を圧縮する事が出来ますので、無駄のないスペース利用が可能です。 ・二階建てでも、三層以上を確保出来る 法律により建物の高さを制限されている土地でも、有効面積を増やす方法の一つがスキップフロアとなります。 二階建てでも1. 5階スペースを利用する事で、諦めていた書斎などのスペースを確保出来るかもしれません。 ・階段下部などを利用して収納スペースが作れる 階段数段上にスキップフロアを設けた場合は、その下部を収納スペースとして活用する事が可能です。 ・視覚的に部屋が広く見える スキップフロアは階段だけではなく、例えばリビングなど平坦なフロアに数段の階段で段差を付けて書斎を作ると、視界がずれる為に視覚的に部屋が広く感じる効果が出ます。 またスキップフロアを活用する事で、光を通す為の工夫もし易いなどの効果も見込めます。 ・高低差のある土地で効果的 傾斜地などに注文住宅を建てる場合に有効な方法としてスキップフロアを活用する方が多いようです。 階段数段分の高低差を利用してデッドスペースを削減、または高低差を利用したビルトインガレージを作る際にも利用出来ます。 スキップフロアのデメリット ・バリアフリーでなくなる スキップフロア最大のデメリットはバリアフリーでは無くなる点でしょうか。 高齢の方や足が不自由な方が同居する際には、スキップフロアがあると逆に生活し難い家へと変貌してしまう可能性もあります。 ・空調や断熱に配慮が必要 スキップフロアを例えば階段の踊り場を利用して作った場合、そこの断熱や空調まで配慮しなければならない事になります。 もし配慮しなかった場合は、夏や冬に使えないデッドスペースと化してしまう可能性もあります。 スキップフロアを間取りに加える際は、空調や断熱まで考慮する事をおすすめします。 ・電気代が高くつく 当然ながら、スキップフロアを作れば壁が少ない分、空調などの電気代も増える事を考慮しなければなりません。 これから数十年間に渡って、毎月の電気代が高くなる事も想定しなければなりません。 ・建築費用が高くなる 当然ながら、階段や床板に工夫が必要なスキップフロアは、同じサイズの家を建てるのに比較して手間が掛かる分、費用も掛かる事になります。 ・自治体によっては認可が下りない スキップフロアを認めない自治体もあるそうです。 その辺りはスキップフロアに慣れた建築業者 タマホームなど に任せれば安心です。 タマホームの「大安心の家」は、モデルルームなどでもスキップフロアを取り入れている為、間取りに取り入れている方も多いようです。 複数の性質を持つスペースを有効活用するスキップフロアは、光や空気の入り方であったり、プライバシーの確保や音の響き方など、一般的な戸建てよりも専門的な知識や技術が必要となります。 図面でもイメージする事が難しいので、3D画像などで示して貰える業者に依頼したいところです。 スキップフロアの設計や施工に慣れているタマホームなら、その点は安心かもしれませんね。 スキップフロアの施工例 タマホームの床 タマホーム「大安心の家」の標準仕様では、「剛床工法」という床工法を採用しています。 この「剛床工法」は一般的な床構造とは異なり、床組に根太を用いずに十分に厚い合板を直接固定し、床下地とする「根太レス」と呼ばれるものになります。 根太を用いないため室内の天井高が大きく取れたり、床の水平面強度が大きくなるメリットがありますが、和室や洋間のバリアフリー施工が難しくなるなどのデメリットもあるようです。 この工法を使っているから、高い耐震性を確保出来ているのかもしれませんね。 タマホームの平屋 平屋住宅に憧れている方も多いと思います。 二階建てや三階建て住宅は老後の事を考えると、階段が厳しそうですし、土地にゆとりがあるのなら、断然平屋住宅が理想ですよね。 「平屋こそ最高の贅沢」かもしれません。 首都圏に注文住宅を建てようとした場合、平屋住宅は中々難しいでしょうが、地方だったら平屋建ても視野に入れられる方も多いと思います。 気になるのは「贅沢」とされる平屋建て、ローコスト住宅で有名なタマホームではどの位の価格で建てられるのか?、ですよね。 そこでこの項目では、タマホームの平屋建て住宅商品である「GALLERIART ガレリアート 」についてまとめたいと思います。 ローコスト住宅のハウスメーカー、タマホームの平屋建て住宅「GALLERIART ガレリアート 」は以下の商品を取り扱っています。 GALLERIART(ガレリアート)• GALLERIART [大地]• GALLERIART [暖]• GALLERIART [愛] 基本的には同じ商品ですが、「大地」「暖」「愛」はそれぞれ建築対象となる地域によって仕様が異なります。 例えば北海道や北東北などの寒冷地では「大地」、南東北や北陸地方などは「暖」、比較的温暖なエリアを「愛」とそれぞれ対象としています。 断熱材や窓の仕様が主に変わる事になるのですが、勿論オプションで自由に仕様を変更する事も可能となっています。 特にこの「GALLERIART ガレリアート 」は平屋住宅だから実現したゆとりのあるガレージスペースを中心に、ウッドデッキや玄関からのぞむ坪庭など、家族構成やライフスタイルなどのヒアリングを行った上で、贅沢な提案をしてくれるそうですよ。 平屋暮らしならではの注文住宅に期待出来そうですよね。 文章だけではあまりイメージ出来ないですが、ビルドインガレージを中心とした注文住宅は、特に旦那様の心が躍るのではないでしょうか。 尚、気になるお値段は…流石ローコスト住宅の「タマホーム」です。 他の大手ハウスメーカーに比べると圧倒的な低価格帯を実現しています。 詳細については後述の「タマホームの坪単価一覧」をご参照下さい。 タマホーム 平屋の実例 では、タマホームが提案する平屋建て住宅は「GALLERIART ガレリアート 」以外でも建てる事が出来ます。 外観・実例を見てみましょう。 タマホームの坪単価 一覧 タマホームで注文住宅を建てる場合の坪単価についてまとめたいと思います。 注文住宅に限らず、マンション・建売住宅など、マイホーム購入を検討する場合、まず第一に決めるべきは「予算上限」です。 予算に直結する「坪単価」はマイホームを建てる上で最重要ポイントなのでしっかりと下調べしておきましょう。 タマホームでは主力商品の「大安心の家」を中心に、上級グレードの「大安心の家PREMIUM」、平屋向き住宅「GALLERIART ガレリアート 」や3階建て向き「木望の家」、更に低価格に特化した商品「木麗な家」などのラインナップがあります。 ローコスト住宅の「タマホーム」の坪単価、気になりますよね。 各商品の坪単価を調べてみました。 ちなみにタマホームのベストセラー商品「大安心の家」の標準仕様 坪単価は28万円前後で建てられるそうですが、標準仕様のままでは建売と変わりませんので、自由な間取りやオプションを付けたいところです。 そうすれば坪単価も上がって行く事となります。 尚、下記は標準価格から一般的なオプションを選択した場合などのおおよその坪単価となります。 オプションを多く付加すれば価格も上昇する事になりますし、あくまで目安程度にご参考頂ければ幸いです。 大安心の家 坪単価:40万~50万円前後 大安心の家PREMIUM 坪単価:45万~60万円前後 木麗な家 坪単価:35万~45万円前後 木望の家 坪単価:40万~60万円前後 GALLERIART ガレリアート 坪単価:45万~60万円前後 和美彩 坪単価:45万~70万円前後 グリーンエコの家 坪単価:45万~60万円前後 注文住宅でマイホームを建てるなら、必ず 「予算に合うハウスメーカー」を複数社みつくろって比較・相見積もりしてください。 注文住宅は基本的にオーダーメイドの一点モノ。 ほとんど「定価」という概念がありません。 つまり自分の条件であいみつをとらなければ 「自分の条件のマイホームの適正価格」があいまいのまま。 適正価格があいまいのまま、なんとなくフィーリングで決めてしまうことだけは絶対にやめましょう。 注文住宅は似たような見た目や性能でもハウスメーカーが違えば 「300万円~1000万円単位で価格差がある」のが当たり前の世界です。 後から 「向こうのほうが安かったのに…」と後悔しないためにも 必ず複数社のカタログを比較・相見積もりを取るようにしてください。 タマホームの注文住宅は高い? 安い?価格設定は? ローコスト住宅の代表格ともいえるタマホームの注文住宅は「高いのか?安いのか?」という点についてまとめたいと思います。 結論から言えばタマホームの注文住宅は他の大手ハウスメーカーと比べて「安い」と思います。 但しローコスト住宅の括りで考えた場合は「そこそこ高い価格設定」と考えるべでしょう。 価格面だけで見れば、ローコスト住宅の中にはタマホームよりも低価格を打ち出しているハウスメーカーや工務店が増えて来ました。 但し、タマホームは高品質ながら低価格と「コストパフォーマンス」に優れた注文住宅を提供しているハウスメーカーだと感じています。 タマホームを家具メーカーで例えるなら「お、ねだん以上」をキャッチコピーに打ち出しているニトリのような感覚がピッタリだと思います。 徹底した中間マージンのコストカットなどにより無駄なコストを削減する事で、コストパフォーマンスに優れた商品展開を行っています。 但し、他の「高級注文住宅ハウスメーカー」が展開している住まいに比べれば、やはり格落ち感は否めません。 それよりも上質な品質を求めようとオプションを付け過ぎてしまっては、坪単価が大きく上乗せされてしまい、ローコスト住宅を選んだ利点も失ってしまいます。 それでは本末転倒ですよね。 上級ではないけど、中級クラスで十分。 そして何よりもコストパフォーマンスを重視したい方にとっては、タマホームの価格設定は「安い」と感じられるのではないでしょうか。 タマホームの注文住宅は値引き出来る? 何しろマイホームは相当高額な買い物です。 出来れば少しでも値引きをして、家具の購入などに資金を回したいところですよね。 タマホームはローコスト住宅の代表格として有名ですが、値引きは出来るものなのでしょうか。 もしかして、他のハウスメーカーより安いから、値引き交渉は出来ないのではないか…と考えてしまっている方もいらっしゃるでしょう。 結論から申し上げれば、殆どのハウスメーカーで注文住宅を建てる場合は、値引きは可能なものとお考え下さい。 例えばオプション分を値引いて貰うなどは日常茶飯事です。 但し、タマホームの場合は元々の値段設定が安い分、他のハウスメーカーに比べると「値引きが難しい」ハウスメーカーとなります。 ですが、注文住宅の営業マンにとって、値引き交渉まで商談が進んでいるお客様は「絶対に逃がしたくないお客様」です。 ある程度の価格交渉やオプションのサービスは当然あるモノと考えて交渉すべきです。 値引きに厳しいタマホームといえども、付け入る隙はあります。 例えば最大の狙い目は「5月末」です。 タマホームの決算期ですね。 この時期だけは営業マンもノルマ達成の為に、値引きに交渉し易い傾向にあるようです。 3月ないし、4月上旬から商談を進めて5月に値引き交渉してみるのも良いかもしれませんね。 但しギリギリまで引っ張り過ぎると交渉失敗になってしまう場合もありますので、営業マンと上手く折り合いを付けましょう。 また、競合する他のハウスメーカーと比較するのも大きな武器です。 これは自動車の購入でもそうですが、基本的に高額な買い物は競合他社と競争させる事が、より安く購入するコツでもあります。 例えあなたが「タマホームに決めた」と思っていても、必ず他のハウスメーカーや工務店と比較しておいた方が値引き交渉も有利に働く事でしょう。 まずは 希望の予算・エリアに対応しているハウスメーカーを何社か見つけることから始めましょう。 せっかく相見積もりをするなら性能スペックやデザインが希望条件にある程度あてはまらないとあまり意味がありません。 そこで最初の ふるい落としに役立つのが「住宅カタログ」です。 何冊かカタログに目を通すだけで 各ハウスメーカーの特徴・強みがだいたいわかってきます。 何社かお気に入りをみつくろったら「あいみつ」を取ってみてください。 似たようなスペックでも 「ハウスメーカーごとにこんなに価格が違うの?! 」と驚くと思います。 価格差を知らずになんとなく決めてしまってたら…ゾッとしますね。 すごくカンタンな作業ですが、これをやるかやらないかで マイホーム計画の失敗率は格段に下がります。 「カタログ比較」は注文住宅の登竜門。 まずはライフルホームズから始めましょう! タマホームのキャンペーン タマホームの注文住宅でも、他の大手ハウスメーカーと同じようにお得なキャンペーンを開催している事があります。 少しでもお得に注文住宅を購入したいとお考えの方は、こういったキャンペーンを利用するのも良いかもしれませんね。 例えば2019年4月から5月にかけてのキャンペーンでは「20周年フェア」が開催されていました。 このようなキャンペーン中は、いつもよりも少しお得な特典を付けてくれる場合がありますし、実質的には「値引き」のようなものです。 但し、キャンペーン内容はその都度変わりますので下調べをしておいた方が良いかもしれません。 また「通常のお値引きとキャンペーン特典は併用できません」と言われるケースもあり得ますので、キャンペーンに固執し過ぎるのはオススメしません。 キャンペーンに関しては「タイミング良く使えればラッキー」くらいに考えておきましょう。 その他、値引きに関する裏技に関しては、下記リンクよりチェックしてみて下さい。 きっと役に立つと思いますよ。 また、タマホームで注文住宅を建てた人が、新しく家を建てたい友人や知人を紹介した場合に特典が貰える「ご紹介制度」もあるようです。 タマホームでもしも欠陥があった場合の保証とアフターサービス せっかく注文住宅で夢のマイホームを手に入れたとしても、購入後に万が一「欠陥住宅」だった場合はシャレになりません。 その辺りは、やはり「安かろう悪かろう」といった言葉があるように、ローコスト住宅の場合は不安も大きいですよね。 また例え欠陥が無かったとしても、実際に長く住んでいるとと住居は様々な不具合が発生するものです。 住居は建てた後の方が重要です。 中には建てるだけ建てて「はい、おしまい」とアフターフォローが最低な会社もあるようですし、タマホームは家を建てた後のアフターフォローや保証はどうなっているのか、気になるところですよね。 タマホームの建築後の保証 タマホームでは、ずっと快適に暮らせるように引き渡し後の10年間は住まいに保証と保険を付けています。 地盤保証制度 着工前の地質調査の実施・地盤の補強は勿論ですが、引き渡し後10年間で万が一、地盤沈下による建物の損害が発生した場合に備え、大手損害保険会社の保険による賠償資力の確保を適切に行い、地盤保証を行っています。 シロアリ10年補償 万一、シロアリ被害が発生した場合は、保証約款に基づき補償します。 タマホームのアフターサービス 更にメンテナンスや補修をする事で安心して暮らせるアフターフォローを兼ね備えています。 詳しいアフターサービス内容は下記の通り。 3ヶ月点検 お気づきの点や維持保全の状態を確認いたします。 6ヶ月点検 半年経過後の夏の暑さや冬の寒さによる影響がないか等をお尋ねし、3ヶ月と同様の点検をおこないます。 1年目点検 お気づきの点をお尋ねし、それに伴う1年目の点検を行います。 2年目点検 住まいへの影響がないかお尋ねし、1年目と同様の点検をおこないます。 5年目点検 これまでの点検に加え、防蟻処理の性能、防水性能および構造躯体について点検いたします。 10年目点検 必要に応じて有償補修工事を実施して頂く事で、5年の保障期間の延長をします。 タマホームでは他の大手ハウスメーカーと同様に「最長60年長期保証・点検」を行っています。 長期優良住宅の認定を取得した住宅の場合には、最長60年間の保証に対応出来るそうです。 尚、タマホームでは60年間の長期に渡って無償点検を実施しています。 大手ハウスメーカーでも60年間の無償点検を実施しているのは極僅かですから、これは物凄い厚待遇ですよね。 但し保証延長には有償メンテナンス工事が必須になりそうですし、その点は把握しておきましょう。 アフターサービスや保証に関しては、タマホームの価格帯を考えれば十分な内容と考えて良いかもしれませんね。 保証制度に関しては担当の営業マンにしっかりと説明を受けるようにしましょう。 どんなに保証がされていたとしても、結構後から揉めるケースはありますからね。 タマホームで注文住宅を建てるメリットとデメリット 最終的にどこのハウスメーカー・工務店で注文住宅を建てるべきかは非常に大きな悩みどころです。 出来れば複数の候補から比較して、自分の理想に一番近い住まいを建てたいですよね。 何しろマイホームは高額な買い物です。 人生で一番悩む買い物と言っても過言ではない筈。 コストパフォーマンスに優れたタマホームの注文住宅ですが、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。 この項目ではタマホームで注文住宅を建てた場合のメリット・デメリットについてまとめたいと思います。 タマホームのメリット ・価格が安い 大手ハウスメーカーに比べ、坪単価で比較してもタマホームは相当安いというのは分かると思います。 ・コストパフォーマンスに優れる これも「価格が安い」と被る部分ではあるのですが、タマホームの注文住宅は、決して「安いだけではない」の大きなメリットです。 決して高級住宅ではありませんが、中の上クラスの住宅を安く購入する事が出来る、コストパフォーマンスの良さは、数あるハウスメーカーの中でも、屈指の存在と呼べると思います。 ・耐震性能が優秀 耐震等級3 例えばタマホームの看板商品である「大安心の家」は耐震性も最高等級を獲得しています。 これは他の大手ハウスメーカーと同等の耐震性能を有しながら価格が安いという大きなメリットですね。 ・保証が最長60年 タマホームの注文住宅で「長期優良住宅」にすると60年保証となります。 これは業界最長タイなので、高級住宅を売りにしている競合のハウスメーカーに負けていないアフターフォローに期待出来るといったところでしょうか 10年目以降は有償メンテが必要ですが。 ・標準設備が他のローコスト住宅より良い 同価格帯のローコストハウスメーカーや工務店と比較してみれば判るのですが、タマホームのキッチンやお風呂などの標準設備が少しだけグレードが高いです。 これはタマホームが、よく選ばれる設備を標準としており、大量購入をする事や中間マージンのコスト削減を行っているから可能となっています。 なので標準仕様でも、ほぼ全てが希望の設備グレードで整うかもしれません。 勿論、もっと上級な設備が欲しい場合はオプションで選ぶ事も出来ます。 ・省令準耐火が標準装備 マイホームを建てた場合、必ず加入する事になるのが「火災保険」だと思います。 この火災保険は毎年のランニングコストとして必要不可欠なものですが、タマホームが標準で導入している「省令準耐火」があれば、毎年の火災保険料を削減する事が出来ます。 ・営業エリアが全国規模 例えば万が一大規模な大震災になり、住居のメンテナンスが必要となった場合に、何千戸のメンテナンスを発注しても県内の大工さんだけでは人手が足りない状況に陥ります。 その点、営業エリアが全国規模のタマホームならば県外から大工さんを派遣する事も可能なので、安心というメリットもある訳ですね。 例えば家を建築する際はどのハウスメーカーでも足場のネット部分に会社名を掲げます。 建築中に「タマホーム」の看板を見た近所の人が「お金無いのに無理して家買ったのか」などと思われるかもしれません。 足場があるのは数カ月ですが、これを気にする方には大きなデメリットとなりそうです。 ・自慢出来ない これも「安い」ゆえのデメリット。 やはりタマホームには高級注文住宅のブランド力はありませんので、知人友人を招待した際に自慢出来ない面はありますよね。 また家を建てると必ず「どこで建てたの?」と聞かれますから、「タマホーム」と答えるのに負い目を感じるような方にはデメリットとなります。 ・オプションの価格が高い タマホームは標準仕様の設備を大量購入する事でコストダウンを行うなどの施策を行っています。 その為、オプションを選ぶと結構高額な追加料金が発生する事になります。 特に拘りのある部分はオプションを選びたいところですが、これもデメリットとして考えておきたいですね。 ・断熱材は標準仕様では物足りない 断熱材に関しては寒冷地仕様の【大地】や【愛】に比べると、やはり物足りない面は否めません。 夏の冷房、冬の暖房の効き方や電気代などのランニングコストに直結する問題なので、これはデメリットとして考えるべき。 勿論、オプションで断熱材の量を増やす事は可能ですが、高額なオプション費用が発生します。 ・営業マンが忙しく入念な打ち合わせの回数が限られる これもコストカットの弊害かもしれません。 タマホームはローコスト住宅の代名詞的な存在ですが、営業マンの人件費も削減する事で「高品質低価格」を実現しています。 なので、営業マン1人あたりの担当顧客数も他社ハウスメーカー営業マンに比べると多い訳ですね。 その為、一組に掛けられる時間が少なくなるなどのデメリットは考慮しなければならないです。 注文住宅は営業マンと入念な打ち合わせの上で建てるべきですから、これは大きなデメリットでしょう。 タマホームで注文住宅を建てて後悔しないために口コミ・評判をチェックしよう 注文住宅の他にもマンション購入や建売住宅の購入など、マイホームの選択肢はいろいろありますが、当サイトの読者様は注文住宅に興味を持っている人が大多数のはず。 なぜ注文住宅にしたいのでしょうか?すでに「土地を保有しているから」とか「実家を立て替えるから」とか、いろいろな事情もあると思いますが、やっぱり注文住宅にする一番の理由は 「自分好みの思い通りの家を建てたいから!」 これだと思います。 自分好みの住宅作り、上手くいけばこれほど楽しいことはありません。 ですが、だからこそ「失敗したくない・後悔したくない」ものです。 せっかく自分の思い通りの間取りや設備を選べる注文住宅を選択するのですから後悔しないためにも口コミや評判をチェックしておくことはマイホーム購入の必須項目です。 この項目ではタマホームで注文住宅を建てて公開しない為にタマホームで注文住宅を建てた先輩たちの口コミを見ていきましょう。 マイホーム購入において、実の体験談ほど分かり易くためになるものはありません。 人生で一番大切な買い物。 後悔することのないよう、タマホームの口コミ・評判をしっかりチェックおきましょう。 タマホームの口コミ 品質もコスパも優秀 中堅クラスのハウスメーカーと比較しましたが、品質は変わらないのに坪単価は十万円以上も安く、コストパフォーマンスが優秀です。 営業マンは正直忙しそうにしていて、頼りない感じはしたのですが、完成した家と他社との価格差を考えた時にとてもバランスの取れた素晴らしい家を提供してくれる会社だと思います。 正直、ローン返済の事を考えてもタマホームに決めて良かったと思っています。 皆に値段を言うと驚かれる タマホームで家を建てて2年、友人や親戚を招待しましたが、建てるのに掛かった費用を言うと皆に驚かれます。 それだけ品質が良く、値段が安いという事なのでしょう。 特にキッチンなどの設備は大手ハウスメーカーと変わらない豪華なものですし、満足感も大きいです。 少し気になるのが2階の足音が響く事かな。 断熱材は増量しないと後悔する タマホームで新築したが、特に大きな問題も無くまずまず快適に暮らせている。 ただ、付けておけば良かったと後悔したのが断熱材の増量だ。 住んで見て始めて分かったのだが、標準仕様のままだと案外寒い。 樹脂サッシのオプションも高額だが付けておくべきだ。 家の中が寒いのは老後に応えそうだ。 他はおおむね満足しているし、断熱部分だけはケチるべきではないと思う。 営業マンの態度が豹変 本契約前はとても親身になって相談してくれていた営業マンの方が、契約後は電話は繋がらないし、打ち合わせの時間は取れないしで不安で仕方なかったです。 忙しいのは判るのですが、こちらも高い買い物をしている訳ですし、契約したらそこまで!のような営業スタンスはどうかと思いました。 この調子ではアフターメンテナンスも大丈夫なのか?と不安になってしまいますよね。 タマホームの評判 上記の口コミをまとめると、タマホームを実際に建てた方からの主な評判は以下の通りです。 コスパが優秀• 設備が豪華で品質も良好• 防音が気になる• 断熱性が悪い• 営業マンが忙しそう• 契約前後で営業マンの態度が変わる タマホームはローコスト住宅のハウスメーカーとして認知度は全国区ですが、その反面やはり営業マンの質は他の大手ハウスメーカーに比べると評判が良くないようですね。 特に気になるのが契約前と後で営業マンの態度が変わったなどの口コミ。 これはお客側からすると、とても不安だと思います。 タマホームの社員教育や体制の問題だと思いますので、改善して欲しいところです。 尚、良い営業マンとダメな営業マンについては下記リンクにまとめてあります。 良い注文住宅を建てるには良い営業マンと出会う事が重要なので、チェックしておく事を推奨します。 注文住宅のハウスメーカー選びで失敗しないために、最後にアドバイスをさせて頂きます。 住宅に限った話ではありませんが、高額な買い物をする時は 「どの会社が品質・性能が良いか」「どの会社がお得か」必ず比較しますよね?マイホーム購入は特に比較検討が大事です。 見た目は同じような家でも品質・性能・価格は大きく異なります!ハウスメーカーごとにどんな特色があって、どんな価格設定なのか。 注文住宅の知識を身につけておけば必ず判断材料になりますし、また 複数社を比較検討することで最終的な値引き交渉の際も有利になります。 注文住宅を検討しているならまずは無料でカタログを見てみましょう!注文住宅のハウスメーカー選びはここから始まります! 無料カタログをまとめて請求するなら 「ライフルホームズ」が断トツオススメです。 東証一部上場企業が運営する大手不動産サイトですので、あやしいハウスメーカー・工務店が紛れ込まないよう厳しく審査を行っています。 住宅は高額な買い物なので 安心して使えるサイトかどうかは重要なポイントです。 知名度は低いけれど良い家を建てる質実剛健な工務店さんは全国各地にたくさんあります。 ただでさえマイホーム購入は疲れてしまうもの。 省ける時間は省いて賢くハウスメーカーを選びましょう! タマホームのカタログ 実際にタマホームにカタログ請求を行いました。 届いたのはタマホームの主力商品「大安心の家」シリーズの特集カタログで、構造や工法、耐震性や長期優良住宅対応、自由設計の間取りの提案や実例集など、この一冊をじっくり読めば、タマホームの家づくりが理解出来てしまう充実の内容でした。 ローコスト住宅の代表的なハウスメーカーのタマホームですが、具体的にどんな外観や内装の家を建てられるのかが豊富な実例から具体的に見えて来ます。 正直言うとパッと見では、高級注文住宅と変わらない豪華な佇まいの家も多く見る事が出来ました。 これはコスパ重視の方にとっては見逃せないカタログだと思いますよ。 きっと皆様は「こんな家を建ててみたい」と思い描いているイメージがあるとは思いますが、このカタログにはその具体例がかなりの容量で掲載されていますので、必見の内容だと思います。 例えばローコスト住宅に興味の無い方でも、「この価格帯でこれだけの家を建てられるのか」と驚かれる方も多い筈です。 タマホームのキャンペーンをお得に利用する 尚、タマホームでは定期的にイベントやキャンペーンを開催しています。 例えばカタログ請求を行っておけば、下記のような招待状が届きます。 タマホーム キャンペーン この招待状には「憧れの家を無料で設計」してくれるスペシャルチケットも同封してありました。 まずは無料で間取りの設計だけでも見てみたいとお考えの方には嬉しい招待状ですよね。 尚、イベント自体は毎月何かしらの形で開催してくれていますので、時には超お得なキャンペーン開催のお報せが届くかもしれません。 例えばオプション無料キャンペーンや決算期キャンペーンなど、カタログ請求をしておくだけでそういったキャンペーンサービスの恩恵を受けれる可能性は飛躍的にアップします。 タマホームで家の購入を検討している方も、そうでない方も、他社ハウスメーカーとの価格の差やコスパの優秀さなど、チェックしておきたい項目は多い筈。 一括カタログ請求をするなら、タマホームは外せないところですね。 タマホームで夢の一戸建てを建てました。 正直ハウスメーカー選びではお金の問題で妥協した感じは否めませんが、特別大きな不満はないです。 そりゃ本音を言えば住友林業で無垢材をふんだんに使ってバーンと豪邸を建てたかったですよ。 けど老後2000万円問題もあるし、そこまで家にお金はかけられないです。 というか一般的なサラリーマン家庭はローコストメーカーか地元工務店で良い会社を探すしか実質的に選択肢がないです。 で、地元工務店でいいところを探そうとしても情報が少な過ぎてどうしようもない。 決め手に欠ける。 結局、着工数がある程度あって評判が出そろっているところから選ぶしかない。 だからみんなタマホームを選ぶんじゃないですか。 タマホームは庶民の最終候補に残りやすいハウスメーカーです。 個人的には少しモヤモヤが残りますが、金額を考えれば十分満足してます。 :昔は坪単価28万とかで宣伝していたけど、今は普通に坪単価50万位は掛かるだね。 それだけ品質が上がっているなら良いんだが、どうもそこまで品質が変わったようには感じないんだよな。 性能は若干上がったかもしれないが、建売と変わらない家にしか見えない。 昔のタマホームと現在のタマホームでは家のつくりが違うと思いますよ。 2011年の東日本大震災以降はローコスト住宅でも耐震性を重視する家づくりにシフトしています。 それに最近は省エネ性も求められているので、昔のように標準がアルミサッシのシングルガラスなんて事はありませんから。 それだけコストも掛かっていると考えて良いと思います。 私は延床面積40坪で本体価格2000万円ちょっとで新築する事が出来ました。 とても満足していますよ。

次の