お 宮参り 大安。 2019年のお宮参りに縁起のいい日はいつ?仏滅でも大丈夫なの?

お宮参りは大安じゃなきゃダメ!?地域による行く時期の違いは?|ひなたぼっこ

お 宮参り 大安

赤口 の吉凶を占う6つの曜日から成り立っていて 6日ごとに繰り返すので六曜と言うのです。 六曜は元々1ヶ月を5等分して6日を一定の周期として、それぞれの日を星毎に区別するための単位として使われたものです。 それでは六曜を個別に見てきましょう。 先勝(せんしょう、さきがち)のお宮参りは午前中 「先んずれば勝ち」との意味で万事急ぐことが吉とされます。 具体的には午前中は吉、午後2時より午後6時までが凶。 お宮参りは赤ちゃんの機嫌も午前中に受けてしまうのが良いでしょう。 友引(ともびき)のお宮参りは朝・夕方 「凶事に友を引く」との意味ですが、かつては勝負事が引き分ける「共引」とも呼ばれました。 朝は吉、昼は凶、夕は大吉。 ただし葬式を忌むとされて、火葬場・葬祭場は友引を休業とすることが多いです。 先負(せんぷ、さきまけ)のお宮参りは午後早め 「先んずれば負け」との意味で焦って勝負などをすれば負けてしまうと言う日。 先勝とは逆になっており、勝負事や急用は避けるほうがよいとされます。 このことから平静を保った方が良い日とされています。 午前中は凶、午後は吉とされています。 夕方になるとぐずってしまう赤ちゃんも多いものです。 午後にお参りをする際は早めの時間に神社へ行けるようにしましょう。 仏滅(ぶつめつ)のお宮参り 「仏も滅するような大凶日」の意味。 元は「空亡」「虚亡」と言っていましたが、すべてが虚しいと解釈して「物滅」と呼ぶようになり、これに近年「仏」の字が、当てられたものなのです。 六曜の中で最凶の日とされ婚礼などを慎む習慣があります。 字面から釈迦が入滅した日と解釈されるとが多いのですが、本来は無関係です。 また『物滅』として「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」とされ、「大安」よりも物事を始めるには良い日との解釈もされています。 大安(たいあん、だいあん)のお宮参りはどの時間帯でもOK 「大いに安し」との意味で、何事にも吉とされる日です。 大安は一日中どの時間でも良い日とされ、お祝い事には最適な日と言えるでしょう。 赤口(しゃっこう、しゃっく、せきぐち)のお宮参りは正午頃 「赤」という字がついていることから 火の元、刃物に気をつける日とされています。 正午頃のみ吉、あとは凶とされる日です。 一般的に厄日とされますが、午前11時ごろから午後1時頃のみ吉とされています。 六曜にこだわる方であれば、赤口の日は避けるか、このお昼の時間を使って参拝しましょう。 スポンサーリンク 六曜は中国発祥で一般的に普及 六曜は中国発祥と言われていますが、いつの時代から暦として確立されたかについてはよく分かっていません。 一説には唐の李淳風の作であるともいわれますが、これも真偽不詳です。 中国では六曜を時刻の吉凶占いに用いてきました。 日本には鎌倉時代末期から室町時代に伝わり当時は現在の曜日に相当するものでしたが、江戸時代の終わり頃から今のように吉凶を表すものに変化しました。 各六曜には、吉凶・運勢が定められています。 「縁起を担ぐ」ことから元々は勝負師などの間で用いられでいたのではないかと考えられています。 一般的なカレンダーや手帳にも記載されるほど広く用いられてきました。 今日の日本においても影響力があり 「結婚式は大安がよい」「葬式は友引を避ける」など主に冠婚葬祭などの儀式と結びついて使用されています。 しかしながら、行政をはじめとする公共機関が作成するカレンダーでは使用しません。 実は掲載を取りやめるよう行政指導を行っている機関すらもあります。 その理由は、六曜というのは根拠がない迷信であるということが基本にあるようです。 スポンサーリンク 六曜と神社とお寺の関係 様々な歴史と経緯から今でも冠婚葬祭に関して、一種習慣として 六曜の影響は大きいようです。 神社の祭事についても六曜の良し悪しで決める方もいらっしゃって当然です。 晴れの子供さんの初のお宮参りならなおさらです。 何をしても吉の日に、 赤ちゃんの未来を最高の日に託したいという気持ちは、偽りのないママたちの気持ちを表しているでしょう。 六曜に関してコメントしている神社の公式サイトでは 「一般的に神社の参拝および祭事などと、六曜は何ら関係ありません。 仏滅だからお参りに向かない、お祭りを控えるというのは必要ありません。 」と述べておられます。 仏滅とか友引とかいう六曜の言葉から連想してお寺とか仏教とかにも関係があるようですが、お釈迦様は占いを禁じていますし、六曜は中国で生まれたといわれるもので、仏教の生い立ちとは関係がないものです。 このように、仏教は六曜と関係ありませんし神社については「六曜と神社の祭事に関しては、無関係だ」とコメントしていますので、あまり神経質にならなくて大丈夫でしょう。 ちなみに仏教ではお葬式は友引を避けますが、お祝い事の多い神社ではむしろ友を引く方が良いと言われます。 スポンサーリンク 六曜は生活サイクルに根付いている では、 六曜とは単なる迷信なのでしょうか? その側面はあると思いますものの、信じている方、少なくとも、気になっている方が多いという事も偽らざる現状ですから、簡単に否定できるものではありません。 六曜は習俗習慣の俗信として日本の歴史の中で国民が、生活に浸透させてきたものだからです。 六曜は民間信仰の古くからの慣習ですから、これに影響を受けないということの方が、無理な注文でしょう。 例えば厄年や前厄などは人生のサイクルに不思議と関与してきたり、姓名判断などでも、名前が意外とその人の運命を引っ張ることも体験しますよね。 つまり六曜と呼ばれる大安や仏滅の影響も、 人間の社会や生活サイクルそのものと微妙に関わっているのではないでしょうか。 その理由は、やっぱり気分よくお参りしたいということ 一般的に神社の参拝および祭事などと六曜は関係ないと言われていること。 けれど、六曜の俗信は、日本の中に浸透した社会習慣であり、その影響について軽視はできないこと 仏滅は神社には関係がないと言いますが、六曜は習慣に浸透したものなので、やはり気になりますよね。 一生に一度の赤ちゃんのお宮参りが万全の晴れやかな心持で実現できるように、そして未来を祈願できるような日程を整えてあげていただきたいですね。

次の

お宮参り 大安(六曜解説ページ)|お宮参りドットコム

お 宮参り 大安

お宮参りに縁起のいい日はいつ?仏滅でも大丈夫? 可愛いわが子の誕生と同時にお母さんは慣れない育児に奮闘することになりますが、お宮参りという生後30日を目安に赤ちゃんが神社にお参りする「お宮参り」という一大イベントを迎えます。 まずは、お宮参りについて簡単にご紹介します。 お宮参りとは? お宮参りとは、赤ちゃんが生まれたことを 生まれた土地の産土神(うぶすながみ)様に報告をし、赤ちゃんの健やかな成長を願うためにお参りする伝統的な行事です。 地域によっては 「初宮詣(はつみやもで)」「初宮参り」「産土参り(うぶすなまいり)」などと呼ばれることもあります。 お宮参りはいつするの? お宮参りを行う時期ですが、 生後1ヵ月前後を目安に行うことが一般的で、地域によって違いはありますが、男の子は 生後30~31日目、女の子は 生後31~33日目に行うのが良いとされています。 ただし、この時期の赤ちゃんやママの体調は不安定ですので、 1ヵ月検診の後の赤ちゃんとママの体調がよく、天候のよい日を選んでお参りするのがいいかもしれません。 また、冬の一番寒い日や夏の猛暑の日、お天気の悪い日に無理やり強行突破してしまうと、赤ちゃんやママの体調を崩してしまうことも十分考えられますので、 大幅に時期を遅らせても問題はありません。 生まれたばかりの赤ちゃんへの負担は大きいので、無理をさせないことが大切です。 お宮参りは、赤ちゃんやママの体調のよい日や天気のよい日を選んで行うのがおすすめですので、お日柄については基本的に 大安の日がいい日とか、仏滅や赤口などは避けなければならないということはありません。 ですが、せっかくの子どもの一生に一度のお宮参りですし、できるだけ日がいい日であったり、縁起のいい日に行いたいと思う方もたくさんいます。 そこで、下記にお宮参りに縁起のいい日についてご紹介します。 このように、お宮参りに日がいい日をご紹介しましたが、お宮参りは 基本的にどの日に行ってもタブーという日はないので、お日柄はあくまでも日にちを決める際の目安としてとらえる方がいいかもしれませんね。 つまりこの日は絶対に避けるべきという日もないですし、この日が絶対にいい日というのもないため気負い過ぎずに日程を調整するといいでしょう。 ただ、やはり出来るだけ良いお日柄に合せてお宮参りを行いたいという人もいるでしょうし、気になる人はお日柄を参考に参加する人の日程と合わせて調整してみてください。 また、両親は気にしなくても祖父母は気にして大安でなければならないとか仏滅は絶対に避けるべきという人もいるでしょうから、後々のトラブルを避けるためにもよく相談しながら日にちを決定するようにしましょう。 ただ、何よりも大事なのが日にちにとらわれるのではなく、 赤ちゃんに合わせてあげることが重要です。 また、お母さん自身も産後に無理をし過ぎるのはよくありません。 地域によっては、冬に生後30日前後を迎えても暖かい春を待って行う人などもたくさんいます。 生後100日ごろに行って、お食い初めも一緒に行うというケースもあります。 お宮参りに集まる人の都合などもトータルで考えると、家族ごとにどういったスタイルを選択するかも様々です。 特に初めての子どもの場合には気合も入りますし、出来るだけ完璧にこなしたいと思う人もいるでしょう。 昔からの決まりならば決まった日にしてあげたい、その気持ちも良くわかります。 しかし、「この日でないと」という風に思い込み過ぎてしまうよりも、ゆったりした気持ちで 「この日に神様に報告に行けたら行く」というようにするのがいいでしょう。 また、天気や赤ちゃんの体調が悪い場合もありますので、 いくつか候補の日をあらかじめ決めておくと焦ることもないのでおすすめです。 祖父母も交えてお宮参りに行こうと考えているのであれば、なおのことみんなの日にちを合せなければと思ってしまいますが、 赤ちゃんのことを第一に考えて余裕を持って計画を立てるようにしてくださいね。 また、お宮参りの後でみんなで食事や記念写真をすることもあります。 その場合は、いつまでならキャンセルできるか、日にちをずらすことは可能かということも聞いておくと慌てることなく予定を変更することができるので事前に確認しておきましょう。 こういったことはママが手配することも多いようです。 でもママは自分の産後の体調だけでなく赤ちゃんのお世話でも大変です。 なので全て自分で抱え込もうとせずに旦那さんにお願いをするなど協力してもらいながら無理なくすすめるといいでしょう。 まとめ いかがでしたか? 今回は、2019年のお宮参りに縁起のいい日はいつなの?仏滅でも大丈夫?などお宮参りのお日柄についてご紹介しました。 お宮参りのお日柄を選ぶことも大切かもしれませんが、赤ちゃんが生まれたばかりのときは、赤ちゃんやママの体調も不安定なこともおおいので、こちらに気を配ることが何よりも大切なことですよ。

次の

お宮参り 大安(六曜解説ページ)|お宮参りドットコム

お 宮参り 大安

お宮参りとは?時期はいつ頃?準備するものは? 2019年11月13日 こそだてハック 赤ちゃんが生まれて最初の大きな行事である「お宮参り」。 慌ただしく日々が過ぎていくなか、あっという間にお宮参りの時期がやってきて、「何をどうすればいいの?」と悩んでいるママもいるのではないでしょうか。 今回は、お宮参りについて、行う時期や場所、服装、何を準備すればいいのかをご説明します。 お宮参りとは? お宮参りとは、氏神様に赤ちゃんが無事に生まれたことを報告し、今後の成長を祈念するための行事です。 氏神様とは、生まれた土地の守り神で、「産土神(うぶすながみ)様」や「鎮守神」とも呼ばれます。 お参りをする場所は? お宮参りでは、家の近くの神社に参拝するのが一般的です。 最近では、崇敬している神社や家から離れた遠くの神社に参拝する人も増えています。 お宮参りをする日は? 男の子は生後31日または30日、女の子は生後33日または31日にお宮参りを行うのがいいとされていますが、地域によって違いがあります。 伝統を重んじる家庭であれば両親に確認すると安心です。 最近では、参拝時期にこだわるよりも、赤ちゃんとママの体調や天気をみながら、都合のいい日に実施することが多くなりました。 真夏や真冬の場合は、気候が穏やかになる時期にずらすケースもあります。 関連記事 お宮参りで赤ちゃんを抱くのは誰? お宮参りのときに赤ちゃんを抱っこするのは、父方の祖母というのが習わしです。 昔は、お産は穢(けが)れたものと考えられていて、産後1ヶ月のママは穢れを払う忌明けが終わっていないので、その代わりに父方の祖母が抱っこするとされていました。 しかし、お宮参りの儀式自体も簡略化されており、習わしにこだわる必要もなくなってきています。 家族の状況に合わせて、父方の祖父や母方の祖父母が抱っこして、臨機応変に対応しましょう。 お宮参りで準備することは?ポイントは? お宮参りでは、生後1ヶ月の赤ちゃんを連れて長い時間外出をするので、事前にしっかりと準備をして、当日はスムーズに進めましょう。 神社の予約をとる 神社で祝詞をあげてもらうときは、お宮参りの日程が決まり次第すぐに神社に連絡をして予約しましょう。 記念撮影の準備をする フォトスタジオや写真館で写真を撮る場合は、早めの予約がおすすめです。 当日は参拝だけでも体力を消耗するので、前撮りや後日撮影するのもいいですね。

次の