同期 の サクラ。 『同期のサクラ』高畑充希に「イラつく」「不快」と酷評噴出…橋本愛の迫真演技が台なし

同期のサクラのあらすじとキャスト!相手役旬のイケメン俳優は誰?

同期 の サクラ

もくじ• ドラマ「同期のサクラ」原作 ありがとうございました。 過保護のカホコは、2018年にスペシャルドラマで、カホコの一年後の話を放送していました。 遊川和彦さんの今までの作品には、高畑充希さんと竹内涼真さんが共演した「過保護のカホコ」平均視聴率14・0%や「家政婦のミタ」(2011年・松嶋菜々子主演・視聴率40・0%)は衝撃的でかなり話題になりました。 「女王の教室」(2005年・天海祐希主演・視聴率25・3%)などの衝撃作品があるので楽しみです。 同期のサクラは、どんな作品になる? スポンサーリンク ドラマ「同期のサクラ」あらすじ・ネタバレ ご無沙汰しております。 同期たちもそんな強い思いを持って入社したと思い込んでいたら、大手だから~など思いにかなりのギャップがあって衝撃を受けます。 「わたしには夢があります。 ふるさとの島に橋をかけること」 「わたしには夢があります。 一生信じ合える仲間を作ること」 「わたしには夢があります。 その仲間と沢山の人を幸せにする建物を造ること」 しかし、新入社員研修で、「どうしても自分を貫いた」ことで、会社人としての歯車が徐々に狂い出す。 でも、サクラはそんな状況でも夢のためには、どんな障害にも自分を曲げない、忖度しません。 たとえ社長にだって自分の意見を貫く「忖度できない女」自分を貫きすぎるサクラに、同期たちは引きます。 出会った時は、関わりたくないと思ったけれど…「夢」のために何があろうと自分を貫くことの素晴らしさを教えてもらって、同期たちが変わっていきます。 そして、サクラが夢や愛する人を失って、絶望の淵に沈んだ時に、同期たちがサクラのために立ち上がります! サクラの夢のひとつ「一生信じ合える仲間を作ること」も叶いそう! そんなサクラの2009年の春に花村建設に入社してからの10年間を1話ごとに1年ずつ描きます。 これは、絶対に夢をあきらめないサクラと、 彼女を見守った同期たちとの10年間の記録です。 サクラを演じる高畑充希さんは、現在27才(2019年7月現在)です。 同期のサクラは、 新入社員の 22才からの10年間が描かれますから、32才までを演じることになります。 高畑充希さんの髪が短くなって、10年間のメイクや服装の変化も楽しみです!• キャストには、花村建設の同期たちや社長や上司、地元の過疎の島の家族や島民などがいます。 同期入社の仲間 サクラと同期入社して、研修期間に一緒のグループになる仲間が5人います!• 月村百合役は、橋本愛さんです。 サクラに影響されて、ありのままの自分でいいことに気付いていくのでしょうか。 木島葵役は、新田真剣佑さんです。 兄にコンプレックスを感じていて、逆転しようと花村建設の社長を目指します。 社長になる目標を果たすためなら、どんなこともできるまっしぐらな性格はサクラと一緒です。 しかし、周りの空気を読めないサクラとは違います! 空気を読みながら、上司とも部下とも上手くやっていく器用なキャラクターです! 同じようなタイプで野心にまっしぐらな2人は、恋の相手?仲間?なのでしょうか! ドラマ「同期のサクラ」のキャストの役名には、花の名前が付いていて、それぞれ性格やキャラクターのイメージに合った花や花言葉の花の名前がついています。 葵の花言葉は、「大望」「野心」芯が強そうなイメージですね!• 清水菊夫役は、竜星涼さんです。 熊本出身のアツい男で、大学では応援部だったので、仲間や頑張っている人の力になりたいと思っている。 しかし、サクラのような明確な夢や目標はなく、応援部の先輩に勧められるまま花村建設に入社したことに少し引け目を感じています。 土井蓮太郎役は、岡山天音さんです。 努力家で能力はあるに、なんでも悪いほうに考えてしまうネガティブ男です。 最初は、何にでも前向きで、夢を熱く語るサクラに懐疑的ですが、同期の仲間との共同作業に、次第に心を開いていきます。 他にも注目キャスト さくらが 愛する人を 失って絶望するキャストが気になります。 絶望するくらい愛する人ですから、橋が架かることを楽しみにしていた地元の家族でしょうか。 さくらの祖父役は、津嘉山正種さんです。 夢にまっしぐらなサクラですから、恋には興味ないのでしょうか? 過保護のカホコでは、旬の俳優の竹内涼真さんが出演していたし、ハケン占い師アタル(脚本が遊川さんで一緒)でも間宮祥太朗さんや志尊淳さんが出演していました。 サクラの同期に、旬の20代後半イケメンがもっと出演することに期待します。 スポンサーリンク 高畑充希のコメント 今回は、私が演じるサクラという主人公の10年間を、1年で1話ずつ描いていくオリジナル脚本のドラマになります。 「生まれ育った離島に橋を架けたい!」という夢だけをもって、東京の大手建設会社に就職をするのですが、同期全員が何か「強い想い」を抱いて仕事をするものだと思い込んで上京してきたのに、実は全くみんな違っていて、サクラは驚き、戸惑います。 でもサクラは、どんなことがあっても忖度しません。 サクラという女性は、ひたすら変わりません。 変わることのほうが簡単な環境のなかで、10年間変わらない、ひとりの姿を描きます。 「変わっていくことが大人になること」って言われがちですが、「大人になるって何なんだろう?」、「変わらないって何だろう?」「変わるって何だろう?」というのを繊細に描いていければと思っています。 今回は、「過保護のカホコ」でご一緒した信頼できる方々と、またご一緒させて頂くことが出来て大変光栄です。 よく知っているチームの皆さんとやるからこそ、新たに「飛び込んでいく勇気」をもって、ドラマを作っていけたらいいなと思います。 私にとってもサクラは、新しい挑戦の連続になると思うので、不安も恐怖もありますが、みんなで絶対に面白い作品にしようという気持ち満々で取り組んでおりますので、ぜひ楽しみにしていただければ嬉しいです。

次の

同期のサクラ

同期 の サクラ

もくじ• ドラマ「同期のサクラ」原作 ありがとうございました。 過保護のカホコは、2018年にスペシャルドラマで、カホコの一年後の話を放送していました。 遊川和彦さんの今までの作品には、高畑充希さんと竹内涼真さんが共演した「過保護のカホコ」平均視聴率14・0%や「家政婦のミタ」(2011年・松嶋菜々子主演・視聴率40・0%)は衝撃的でかなり話題になりました。 「女王の教室」(2005年・天海祐希主演・視聴率25・3%)などの衝撃作品があるので楽しみです。 同期のサクラは、どんな作品になる? スポンサーリンク ドラマ「同期のサクラ」あらすじ・ネタバレ ご無沙汰しております。 同期たちもそんな強い思いを持って入社したと思い込んでいたら、大手だから~など思いにかなりのギャップがあって衝撃を受けます。 「わたしには夢があります。 ふるさとの島に橋をかけること」 「わたしには夢があります。 一生信じ合える仲間を作ること」 「わたしには夢があります。 その仲間と沢山の人を幸せにする建物を造ること」 しかし、新入社員研修で、「どうしても自分を貫いた」ことで、会社人としての歯車が徐々に狂い出す。 でも、サクラはそんな状況でも夢のためには、どんな障害にも自分を曲げない、忖度しません。 たとえ社長にだって自分の意見を貫く「忖度できない女」自分を貫きすぎるサクラに、同期たちは引きます。 出会った時は、関わりたくないと思ったけれど…「夢」のために何があろうと自分を貫くことの素晴らしさを教えてもらって、同期たちが変わっていきます。 そして、サクラが夢や愛する人を失って、絶望の淵に沈んだ時に、同期たちがサクラのために立ち上がります! サクラの夢のひとつ「一生信じ合える仲間を作ること」も叶いそう! そんなサクラの2009年の春に花村建設に入社してからの10年間を1話ごとに1年ずつ描きます。 これは、絶対に夢をあきらめないサクラと、 彼女を見守った同期たちとの10年間の記録です。 サクラを演じる高畑充希さんは、現在27才(2019年7月現在)です。 同期のサクラは、 新入社員の 22才からの10年間が描かれますから、32才までを演じることになります。 高畑充希さんの髪が短くなって、10年間のメイクや服装の変化も楽しみです!• キャストには、花村建設の同期たちや社長や上司、地元の過疎の島の家族や島民などがいます。 同期入社の仲間 サクラと同期入社して、研修期間に一緒のグループになる仲間が5人います!• 月村百合役は、橋本愛さんです。 サクラに影響されて、ありのままの自分でいいことに気付いていくのでしょうか。 木島葵役は、新田真剣佑さんです。 兄にコンプレックスを感じていて、逆転しようと花村建設の社長を目指します。 社長になる目標を果たすためなら、どんなこともできるまっしぐらな性格はサクラと一緒です。 しかし、周りの空気を読めないサクラとは違います! 空気を読みながら、上司とも部下とも上手くやっていく器用なキャラクターです! 同じようなタイプで野心にまっしぐらな2人は、恋の相手?仲間?なのでしょうか! ドラマ「同期のサクラ」のキャストの役名には、花の名前が付いていて、それぞれ性格やキャラクターのイメージに合った花や花言葉の花の名前がついています。 葵の花言葉は、「大望」「野心」芯が強そうなイメージですね!• 清水菊夫役は、竜星涼さんです。 熊本出身のアツい男で、大学では応援部だったので、仲間や頑張っている人の力になりたいと思っている。 しかし、サクラのような明確な夢や目標はなく、応援部の先輩に勧められるまま花村建設に入社したことに少し引け目を感じています。 土井蓮太郎役は、岡山天音さんです。 努力家で能力はあるに、なんでも悪いほうに考えてしまうネガティブ男です。 最初は、何にでも前向きで、夢を熱く語るサクラに懐疑的ですが、同期の仲間との共同作業に、次第に心を開いていきます。 他にも注目キャスト さくらが 愛する人を 失って絶望するキャストが気になります。 絶望するくらい愛する人ですから、橋が架かることを楽しみにしていた地元の家族でしょうか。 さくらの祖父役は、津嘉山正種さんです。 夢にまっしぐらなサクラですから、恋には興味ないのでしょうか? 過保護のカホコでは、旬の俳優の竹内涼真さんが出演していたし、ハケン占い師アタル(脚本が遊川さんで一緒)でも間宮祥太朗さんや志尊淳さんが出演していました。 サクラの同期に、旬の20代後半イケメンがもっと出演することに期待します。 スポンサーリンク 高畑充希のコメント 今回は、私が演じるサクラという主人公の10年間を、1年で1話ずつ描いていくオリジナル脚本のドラマになります。 「生まれ育った離島に橋を架けたい!」という夢だけをもって、東京の大手建設会社に就職をするのですが、同期全員が何か「強い想い」を抱いて仕事をするものだと思い込んで上京してきたのに、実は全くみんな違っていて、サクラは驚き、戸惑います。 でもサクラは、どんなことがあっても忖度しません。 サクラという女性は、ひたすら変わりません。 変わることのほうが簡単な環境のなかで、10年間変わらない、ひとりの姿を描きます。 「変わっていくことが大人になること」って言われがちですが、「大人になるって何なんだろう?」、「変わらないって何だろう?」「変わるって何だろう?」というのを繊細に描いていければと思っています。 今回は、「過保護のカホコ」でご一緒した信頼できる方々と、またご一緒させて頂くことが出来て大変光栄です。 よく知っているチームの皆さんとやるからこそ、新たに「飛び込んでいく勇気」をもって、ドラマを作っていけたらいいなと思います。 私にとってもサクラは、新しい挑戦の連続になると思うので、不安も恐怖もありますが、みんなで絶対に面白い作品にしようという気持ち満々で取り組んでおりますので、ぜひ楽しみにしていただければ嬉しいです。

次の

ストーリー|同期のサクラ|日本テレビ

同期 の サクラ

「」より 「『過保護のカホコ』制作チームが再集結!」、なかでも「高畑充希と遊川和彦が再タッグ」というトピックスはメディアが一斉に報じていた。 さらに、「1話1年で10年間を描く」というトリッキーな構成も放送前から話題を集めた ドラマ『 同期のサクラ』(日本テレビ系)。 しかし、10月9日に放送された1話は視聴率8. 1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と関係者が目を疑う惨敗。 録画やネット視聴が増えた現在、視聴率はひとつの指標にすぎないとはいえ、これほど低い数字とは夢にも思っていなかっただろう。 一方、物語に対するネット上の評判は、「さすが」という称賛と「またか」という失望の声が、ほぼ五分五分。 ここでは、その理由と今後のポイントを挙げていきたい。 遊川和彦の作為を見抜く視聴者たち 物語は2019年の病院からスタート。 「重い脳挫傷で意識回復は難しい」という北野桜(高畑充希)に、同期の月村百合(橋本愛)、木島葵(新田真剣佑)、清水菊夫(竜星涼)、土井蓮太郎(岡山天音)が、「桜のおかげで変われた」「私たちはあなたがいない世界なんかに生きていたくない」と声をかけていた。 ここで、視聴者の頭に「これは桜と同期の絆を描いて感動させる話なのか」「最後に桜は奇跡的に意識を回復するのかな」という8~9割方の結論が浮かぶ。 まるで「これから感動的な青春群像劇が始まるので見てください」と説明するようなオープニングは、安心感を得たい保守的な視聴者にはいいものの、「この先がどうなるのかわからない」という連ドラらしさを求める視聴者には物足りないもの。 近年、視聴率を確保するために、最初からあえてネタバレをするような連ドラが増えているが、「予定調和のドラマ」とみなされてしまうリスクも大きい。 その直後、物語は10年前の2009年にさかのぼるのだが、ネット上の声を見て感じたのは、桜のキャラクター設定に引っかかる人の多さ。 入社式で社長の祝辞にダメ出しし、完璧主義で休日も同期たちを振り回す桜の姿を見て、「また遊川和彦のドラマは空気を読めない、忖度しない変わり者のヒロインなのか」という声が目立っていたのだ。 遊川和彦が日テレで手がけるドラマには、『女王の教室』『曲げられない女』『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』などの空気を読めない、忖度しない変わり者のヒロインが多い。 もちろん、それを楽しみにしているファンがいるのだが、「またか」と思ってしまう人もいる。 さらに、1話最後のセリフは「私には夢があります。 故郷の島に橋を架けることです。 私には夢があります。 一生信じ合える仲間をつくることです。 私には夢があります。 その仲間とたくさんの人を幸せにする建物をつくることです。 それだけはあきらめられないので、私は自分にしかできないことをやります」だった。 これらを見て「あざとい」という声が飛び交ったのは、現在の視聴者が「作為を見抜く」という意味で、スタッフサイドを上回っていたからではないか。

次の