スナップえんどう 茹で方。 スナップエンドウの茹で方はレンジが簡単!クックパッドで人気のゆで時間は?|日々のつれづれ

スナップエンドウの茹で方はレンジが簡単!クックパッドで人気のゆで時間は?|日々のつれづれ

スナップえんどう 茹で方

スナップえんどうの筋の取り方 スナップえんどうは絹さやよりも、 筋が太く、筋の取り方もより丁寧に行う必要があります。 また、ヘタを除いた部分からゆでる時に水が入ってしまうので、 ゆでた後の水気の切り方もポイントに。 そのあたりもぜひ参考にしてみてください。 まず、スナップえんどうは 先端がとがっている側面に太い筋があるので、ヘタをポキっと折って、先端まで引っ張って太い筋を取ります。 続いて、 ヘタ側の筋を除いた所と反対側に爪を立て(こちらは細めの筋が取れることがあるので)、同じく先端にむかって筋を取ります。 つまり、スナップえんどうは 両側の筋を取る必要があるのですが、スタート地点がどちらもヘタ側から筋を取るようにすると、(筋がある場合は)きれいに取れると思います。 筋も同様で、先端よりもヘタ側が硬めで太い筋になっている場合が多いかと。 そういった意味合いでも、ヘタ側から筋を取ったほうが良いと感じています。 冷えたら水を切るのですが、ざる上げしただけだと、下の写真左のように スナップえんどうの中の空洞に水が残っていることが多々あります。 これが料理を水っぽくさせるので、ざるで水気を切ることに加え、 スナップえんどうを数本手に持ち、ヘタ側を下にして勢いよく振って水気を切るとよいです。 水気を嫌う料理の場合は、さらにさらしやキッチンペーパーでヘタ側を下に軽くたたき、水気を吸いとるなどしてもよいと思います。 水気がしっかり切れたら、料理に合わせて必要があればスナップえんどうを半分に切るなどして使用します。 冷蔵保存なら2日ほど日持ちします。 【補足】スナップえんどうの開き方など レストランなどでスナップえんどうを開いて、サラダやパスタに使うこともあります。 食べやすくなり、見た目にも動きが出やすく、かさも増える、味も絡みやすい、そんな理由もあってのことだと思います。 開き方は、ゆでたスナップえんどうのカーブした部分に爪を入れ、そこから開くと中に入っている豆も半分にきれいに分かれてくれます。 ここからは参考までの情報ですが、 水が入りやすいならゆでた後に筋を取れば?とも思いますよね(実際うちの妻がそう質問してきました)。 しかし、スナップえんどうをゆでた後に筋を取ろうとすると、筋は取れるものの、自然とスナップエンドウが開いてしまいます。 ゆでる前に筋取りすると不思議とくっついたままなのです。

次の

えんどう豆の保存、冷凍方法や期間は?茹で方は水から?

スナップえんどう 茹で方

スナップエンドウを茹でる前の下処理 スイスイできる下処理 春野菜のひとつ、スナップエンドウ。 少し歯ごたえを残して茹でるのが美味しく、ハリのあるさやの中から、はじけるように甘い香りがして…春の訪れを感じます。 さて、スナップエンドウの茹でる前の下処理は、キヌサヤや、サヤエンドウよりも筋が太いので、丁寧に行いましょう。 残っていると食べた時に硬い筋の食感が邪魔をします。 スナップエンドウは両側の筋を取る必要があります。 サッと水洗いした後、しっかり取り除いてください。 ———先端からスタートして、先端に戻る…くるっとさやを一周して筋をとる• スナップエンドウを先端が尖っている方を左手に持ちます。 尖っている先端をぽきっと折ってヘタに向かって、すーっと硬い筋を取ります。 そのままヘタをぽきっとカーブしている筋側に折り、カーブにそって、反対側の筋を取ります。 この方向で筋を取ると途中で切れることが少ないです。 もし途中で切れたり、ヘタや筋が硬くて取れにくいときは爪をたてるか、ナイフで切り込みをいれてください。 スナップエンドウのゆで方 お湯をわかす 鍋に1〜1. 5Lほど、沸騰した湯に、塩を小さじ1. 5杯ほど入れます。 茹で上がったときに、スナップエンドウにほんのりと塩味がついていると野菜の甘みが引き立ちます。 スナップエンドウを鍋に入れる 丁寧に筋を取ったスナップエンドウを沸騰したお湯が入った鍋に入れます。 スナップエンドウのゆで時間 食べる用途に合わせて、時間を計ってください。 鮮やかな緑がふわっと立ち上がった頃がだいたい1分〜1分半です。 そのまま食べる時:1分半• 柔らかめが好みなら:2分• 茹でた後、料理に使うとき:1分 冷やす ざるに上げて、サーッと流水をかけます。 その後、3分程冷水につけさまします。 ざるに上げてすぐに冷水にいれると冷水がぬるくなってしまうので、流水であらかた熱を取ります。 冷水につけると色が鮮やかになります。 これを「色止め」といいます。 茹で上がりは冷水につけるがよし! 茹でたあと、そのままざるにあげて冷ますことを「陸上げ(おかあげ)」または「生上げ(きあげ)」といいます。 水で冷ますことで、水っぽくなることを嫌う場合にこの方法を使います。 確かに、「陸上げ」したものの方が味が少し濃く感じました。 ただスナップエンドウのシャキシャキッとした食感、鮮やかな色は冷水につけた方が美味しく仕上がります。 スナップエンドウはかつてはスナックエンドウとよばれていたこともありました。 スナック…そう!スナック感覚でポリポリと!花見弁当に添えてもよし。 春味を楽しんでください。

次の

きりっと色が冴える! スナップエンドウの茹で方

スナップえんどう 茹で方

なじみの八百屋さんから「スナップエンドウ入りますけど、今年も使いますか?」と声をかけられました。 あ、そうかそうか、スナップエンドウの美味しい季節ですもんね。 こんにちは、おが屋です。 毎日の家事おつかれさまです。 春になると八百屋さんやスーパーなどに飾られ始めるスナップエンドウ。 さやも柔らかく、なんなら生でも食べられます。 でも一番はササッと塩茹でしてそのまま、もしくはマヨネーズをちょっと付けていただく…が私は好き(簡単だしね) 栄養豊富で甘くてみずみずしいスナップエンドウ。 下の図をご覧ください。 分かります?• ヘタがない方の外側(弓なりになっている方)を軽くちぎり(折り)• ヘタに向って内側(短い方)の筋を取っていきます。 ヘタまできたらヘタを折り(取っちゃだめよ)• そのまま外側のカーブにそって筋を取ります。 ポイント:内側の筋は硬いので途中で切れないように注意してください ものによっては途中で筋が途切れちゃうこともあるかもしれませんが、それはわきにおいといて、他のスナップエンドウの筋取りをドンドンしちゃいましょう。 で、最後に途中で切れてしまったスナップエンドウの筋が内側の硬い部分ならペティナイフなどで剥いてしまいましょう。 外側の筋がちょっとなら…見てみぬふりも 笑 スナップエンドウの茹で方 では茹でていきましょう。 小ぶりの鍋に水を500㏄と塩を小さじ2程度入れる• 沸騰したらスナップエンドウを入れる• 1分30秒でお湯から上げる• すぐに冷水にさらす。 10秒ほどで冷水から上げる。 茹で過ぎると食感が悪くなるので1分半くらいで良いのではないでしょうか(柔らかめが好きならもう30秒)。 冷水にさらすのは茹でたときに色鮮やかになったスナップエンドウの色落ちを防ぐため。 この辺は個人差あり、ですね。 食べ方はいろいろ お肉の付け合わせやサラダなどいいですねぇ。 豚肉と一緒にオイスターソースなんかで炒めても美味しいですし、シンプルにスナップエンドウのみを塩コショウと醤油でサッと炒めて最後に香り付けでゴマ油を少々…ってのもいいつまみになりますよ(もう一度炒めるのでスナップエンドウは固めに茹でたほうがよい) 季節を感じるのは旬のものをいただくに限ります。 筋取りも慣れるとあっという間に作業終了。 茹で時間は上記を参考にあなたに合ったものを見つけてくださいね。 以上、スナップエンドウの茹で時間と筋の取り方をご紹介しました。 ぜひ実践してみてください。 「スナップエンドウ」がポピュラーな名称です。

次の