ザマゼンタ インファイト。 ザマゼンタ

ザマゼンタ

ザマゼンタ インファイト

説明文 たたかうわざ まもりを すてて あいての ふところに とつげき する。 じぶんの ぼうぎょと とくぼうが さがる。 ・ まもりを すてて あいての ふところに とつげきする。 じぶんの ぼうぎょと とくぼうが さがる。 漢字 守りを 捨てて 相手の ふところに 突撃する。 自分の 防御と 特防が さがる。 ・ まもりを すてて あいての ふところに とつげきする。 じぶんの ぼうぎょと とくぼうが さがる。 漢字 守りを 捨てて 相手の ふところに 突撃する。 自分の 防御と 特防が さがる。 このデメリットを恐れてや等を選択することはほとんどない。 元々かくとうタイプに高耐久のポケモンが少ないこともあり、非常によく使われる技。 一応、この技で仕留め損ねると反撃や先制技を受けて返り討ちに遭うこともありうるため、注意が必要。 ポケモンカードゲームにおけるインファイト 使用した次の相手の番に自分の受けるダメージが増えるワザとして登場。 ポケモン不思議のダンジョンにおけるインファイト PP7。 正面の敵に攻撃し、使用後は自身のとが1段階下がる。 はしない。 アニメにおけるインファイト ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 わざの初出 野生 技の仕様• 使うと能力が下がる技の一種。 も参照。 初登場のは、タイプのとしてはに次いで2番目に高い威力を誇っていた。 ではに抜かれ、ではが登場したことで4番目。 技のエフェクトがパンチを連打するために勘違いされやすいが、の範囲外である。 第七世代まではやのラインナップに入っていなかったため、覚えるにはレベルアップかを使う必要があったが、第八世代でに収録されたことによって覚えるポケモンが増えた。

次の

ザマゼンタ (ざまぜんた)とは【ピクシブ百科事典】

ザマゼンタ インファイト

説明文 たたかうわざ まもりを すてて あいての ふところに とつげき する。 じぶんの ぼうぎょと とくぼうが さがる。 ・ まもりを すてて あいての ふところに とつげきする。 じぶんの ぼうぎょと とくぼうが さがる。 漢字 守りを 捨てて 相手の ふところに 突撃する。 自分の 防御と 特防が さがる。 ・ まもりを すてて あいての ふところに とつげきする。 じぶんの ぼうぎょと とくぼうが さがる。 漢字 守りを 捨てて 相手の ふところに 突撃する。 自分の 防御と 特防が さがる。 このデメリットを恐れてや等を選択することはほとんどない。 元々かくとうタイプに高耐久のポケモンが少ないこともあり、非常によく使われる技。 一応、この技で仕留め損ねると反撃や先制技を受けて返り討ちに遭うこともありうるため、注意が必要。 ポケモンカードゲームにおけるインファイト 使用した次の相手の番に自分の受けるダメージが増えるワザとして登場。 ポケモン不思議のダンジョンにおけるインファイト PP7。 正面の敵に攻撃し、使用後は自身のとが1段階下がる。 はしない。 アニメにおけるインファイト ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 わざの初出 野生 技の仕様• 使うと能力が下がる技の一種。 も参照。 初登場のは、タイプのとしてはに次いで2番目に高い威力を誇っていた。 ではに抜かれ、ではが登場したことで4番目。 技のエフェクトがパンチを連打するために勘違いされやすいが、の範囲外である。 第七世代まではやのラインナップに入っていなかったため、覚えるにはレベルアップかを使う必要があったが、第八世代でに収録されたことによって覚えるポケモンが増えた。

次の

【ポケモンソードシールド】ザシアンの入手方法と覚える技

ザマゼンタ インファイト

5倍をその相手に与える。 第8世代からは、音系の技。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 必ず後攻になる 優先度:-4。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。

次の