言葉 が どもる。 子供のどもり(吃音)とは?2〜3歳でどもる原因は?治療法はある?

吃音で一言目の「あ」「お」といった母音や「カ行」「タ行」が言いにくいときの対策|吃音治療院

言葉 が どもる

また、あまり吃音との関係性が細かく知られていないのは、発達障害以外の障害でも、吃音の悩みを抱えている人もいますし、原因不明で吃音に悩まされてしまう人もいるからです。 今回は、発達障害と吃音の関係についてをご紹介します。 スポンサーリンク 心理的な問題を抱えている 肉体だけでなく、精神が不安定な場合も吃音に悩まされることが多くなります。 例えば、強いストレス、恐怖を体験したことがある場合、もしくは、発達障害によるいじめを経験されていると、心理的な問題を抱えることが多くなります。 強いストレスとは事件、事故などが影響して、心理的不安が高まりやすい人が該当します。 また、精神的な問題と発達障害がセットになっていることは多く、その理由は、精神的な問題は発達障害によって発生しやすくなるからです。 そもそも、発達障害を意識して生活している人は、普通の人と自分は違うことをなんとなく理解していますし、さらに、自分の行動に対して特殊な見解を持ち合わせていることが多いのです。 そのため、自分の生き方をいきなり変えることもできないため、周囲の人と上手くコミュニケーションできない、孤立していると考えるようになると、常に精神的な問題を抱え込むようになります。 そして、あまり人と会話をしない生活が続いてしまうと、発声方法はわかっているのに、なぜか声が出ない問題を起こすようになり、これがキッカケとなって吃音に悩まされることが多くなっていくのです。 しかし、精神的な問題が引き金になっていることが多いだけなので、精神的に楽になれる生活方法、環境を手にしてから、吃音の問題がまったく起きない人もいます。 スポンサーリンク 脳に大きな要因があるケース 幼少時に体験したトラウマが元になって、発達障害で吃音が目立つという人もいます。 生まれた頃からずっと吃音の問題を引きずっている場合は、先天性の問題と判断できるのですが、人によっては、後天性の障害を抱えてしまう人もいますし、そのような人ほど良くなったり、悪くなったりを繰り返してしまうことが多いです。 また、トラウマの原因がいつであったのかを思い出せない人もいます。 そのため、発達障害で吃音が目立つようになったと捉えるようになり、肝心のトラウマについてはスルーしてしまう人もいるのです。 このような人ほど、幼少期に過ごしていた環境を訪れてみると、その原因がわかるなど、意外と簡単な方法で問題の特定、そして解決方法がわかることもあるのです。 また、トラウマによる吃音の場合、第一声が上手く出ないなど、声が常に小さいのではなく、部分的に声が小さくなるなどのトラブルが顕著です。 環境の影響も受ける 家庭の環境の影響を受けて、後天性の発達障害による吃音が目立つ人もいます。 近年では、あまり地域との付き合いを行わない親もいますし、そのような親の中には、子どもとのコミュニケーションが少ないこともあります。 また、部屋全体が汚れているなど、呼吸器系に悪影響を及ぼす環境では、喉そのものが傷んでしまい、発声そのものが上手に行えないこともあるのです。 家庭の環境の影響を受けてしまい、発達障害の吃音が目立つようになる場合は、民間療法に頼るのではなく、病院で診断を受けたほうが良いでしょう。 物理的に喉が傷んでいる場合、治ったと思って大きな声を出してしまうと、喉の炎症など、通常ではあまり見ることのない病気を患うこともあります。 このような問題は、ただ安静にしているだけでは解決しづらく、治療薬を飲む、もしくは、注射などを使用して免疫力をアップさせるなど、特別な処置を要求されることがあります。 そして、このような治療を受けてからは、なるべく清潔な環境で休養を取る必要もあるのです。 スポンサーリンク - , , , ,.

次の

吃音(きつおん)とは?吃音の3つの種類や症状、原因、治療法について詳しく解説!【LITALICO発達ナビ】

言葉 が どもる

ご了承ください。 番組では皆さまからの質問やお便りを募集します。 登壇者への質問、メッセージなどを下記の投稿フォームからお送りください。 【登壇者からのメッセージ】 古田徹也さん 『』(医学書院)で伊藤亜紗さんが展開された吃音の分析は、拙著『』(講談社)の議論と、非常に面白い結びつきをもっているように思います。 たとえば、拙著で関心を向けた〈言葉が喉もとまで出ているが、それを思い出せない〉という現象と、吃音の〈言葉自体は思い浮かんでいるが、それをうまく口に出せない〉という現象は、明らかに違います。 けれども、その後にしばしば為される〈別の言葉に言い換えることで口に出す〉という対処の仕方については、共通しているようにみえます。 ほかにも、実にさまざまな論点の交錯が、『どもる体』と『言葉の魂の哲学』の間には見て取れます。 今回の鼎談では、山本貴光さんという願ってもない方に手綱を引いていただきながら、『どもる体』をはじめとする伊藤さんの興味深い諸研究と、拙著で示したいくつかのアイディアを引き比べていければと思っています。 そのなかで、物の見方の転換と言葉のかかわり、あるいは、パターン的な言語使用と言語の創造性の関係など、言葉をめぐるさまざまな論点について、新しい手掛かりが得られるのではないかと期待しています。 でも崩壊の向こうには創造の可能性もある。 古田さんの動的な世界観は、私が専門とする障害や体の問題にも、大きな示唆をもたらしてくれました。 当日は、山本さんとともに、古田さんが言葉について語ったことを、吃音や認知症の具体的なエピソードと結びつけながら、さらに深めてみたいなと思っています。 ちなみに、『言葉の魂の哲学』が出版されたとき、僭越ながら書評を書かせていただきました。 新聞紙上でのゲシュタルト崩壊実演は、いまでも語り草になっています(笑)。 例えば、TwitterやLINEなど、文字と画像をベースにした仕組みをはじめ、SkypeやZoomのように音声や映像を使ったサーヴィスもあり、私たちは以前にも増して、多様な手段で互いにやりとりできる技術環境にあります。 また、オンラインゲームやVR空間で、アヴァター(化身)を介した、普段とは異なる身体感覚での行動に慣れ親しんでいる人も少なくないでしょう。 他方、目下進行中の新型コロナウィルスの感染と対処がせめぎ合うなかで、私たちは互いの物理的な接触や距離について否応なく意識させられる状況にも置かれています。 いま、私たちの身体や言語や感覚はどのような状態にあるのでしょうか。 今回、伊藤亜紗さんと古田徹也さんという、この課題を検討するうえで願ってもないお二人に話を伺える機会をとても楽しみにしています。 私からは、議論の出発点として、自分にコントロールできること/コントロールできないこと(権内/権外)という見方を提示したいと思います。 身体も言葉も、自分のもののようでありながら、意のままにできることとできないことが入り交じったなにものかです。 また、それらをコントロールできるか否かの境界は、心身の状態、ともにいる人、利用する技術などの環境によってもさまざまに変化します。 身近な例でいえば、SNSへのテキストの投稿は、身体やその状態を抜きにして、書かれた言葉だけを送り出す営みです。 投稿する文面は、書き手がコントロールしているとしても(ここにも考えるべきことがいろいろありそうですが)、誰に届き、どのように受け止められるかはコントロールできず、炎上も共感も予測できない出来事です。 多様な身体のあり方とその経験を探究している伊藤さん、言語で私たちがなしうることを多元的に捉える古田さんとの議論を通じて「しっくりくる言葉、どもる体」あるいは「どもる言葉、しっくりくる体」について、みなさんとともに考えてみたいと思います。 どうぞお楽しみに。 【イベント概要】 「ゲンロンカフェ VOLVO STUDIO AOYAMA」シリーズ第25回は、東京大学准教授の古田徹也さん、東京工業大学准教授の伊藤亜紗さん、文筆家の山本貴光さんをお招きしての鼎談イベントを開催いたします。 古田さんは『』で第41回「サントリー学芸賞(思想・歴史部門)」を受賞。 同書をめぐっては、昨年8月に山本さんを聞き手にゲンロンカフェでイベントを開催しました。 ウィトゲンシュタインやカール・クラウスの言語論の考察にはじまり、言葉を選び取ることの責任がわれわれの社会の倫理の問題にどのように関わってくるのか、刺激的な議論が展開されました。 先日、第13回「(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」を受賞されたことでも話題の伊藤さんは、今回のイベントで古田さんとは初対談となるそうです。 伊藤さんは、同書の刊行時に讀賣新聞紙上に書評を寄せられました。 また古田さんは、伊藤さんの著書、特に『』について、ご自身の研究と関連して強い興味を持たれているそうです。 言葉の魂、言葉と体……言葉をめぐる白熱の議論は必見です! 古田徹也『』(講談社選書メチエ) 当日のtweetのまとめは!.

次の

言葉に詰まるを改善!緊張するとどもる吃音の人はコミュニケーションが苦手?

言葉 が どもる

スポンサーリンク 3歳児の言葉が突然ひどく「どもる」原因 「どもる」という状態を抱える子供は 20人に1人くらいの割合のため、実は身近な状態であることがわかるはず。 3歳で言葉がどもると感じることが多いのは、子供自身の言葉の発達が関係しています。 今までは単語単位の簡単な返答ばかりだったのが、文としてのお話ができるような時期になり、長く話すということが日常的にみられるようになるはずです。 でも、まだ所詮は3歳なのです。 上手に話すスキルが磨かれていないので、的を得ていない説明が多かったり、いつまでも長々と伝えようとするなど、大人にとっては伝わりにくいと感じられることも多い時期。 その一つの様子として、どもるという状況が感じられるはずです。 どもることを正しくは 「吃音」と表現するのですが、この状態は言葉の流暢さに影響していることを指します。 「ぼ、ぼ、ぼ、ぼくね」といった「連発」• 「ぼーーーーーくね」といった「伸発」• 「ぼっ・・(しばらく沈黙)ぼくね」といった「難発」 このような症状が出ているときには 「どもりがある」という疑いが持たれます。 言葉だけでなく体にも影響していることもあり、話すときに足をバタバタ動かしたり、首を縦に振ったりといった 「随伴症状」というものが出現していることもあります。 自分の体で話すためのリズムを取っているように見えるのが特徴です。 3歳で言葉がどもることが多いのには理由があります。 また、保護者が心配していることは、実はどもることには関係していないこともあるので、正しい知識を持って接することで、育児不安を大きくしないように気を付けましょう。 言葉の成長が著しいことが関係する 3歳という年齢は言葉の成長が加速する時期です。 できることも増えて、どんどん日常の中で新たな言葉に触れる機会があります。 言葉の数を表す語彙数も爆発的に増えて、保護者にとってはみるみる成長していく姿に喜びを感じるのではないでしょうか。 その一方で、 「最近言葉を話すのが詰まっている気がする」といったどもりの症状が目に付くことがあります。 それが一度や二度ではなく、どんどん日常会話の中で見られるようになると、 「何かおかしなところがあるのでは?」という心配が膨らみます。 言葉が滑らかに出てこない流暢さが失われてしまうと、会話のテンポがズレたような感じがするはずです。 まだ言葉の操作をするにも慣れていない時期なので、 「考えてまとめて話す」というスキルは磨かれていません。 だからこそ、どもる状態が目立って見えてしまうのです。 言葉の成長だけでなく、会話のスキルがアップすると、それだけでもどもりが少なく感じられるでしょう。 複雑な操作を始めようという3歳前後は、どもりはじめの時期としても心配されやすいのです。 家庭環境が悪い・ストレスからではない 子供のどもりが出たのは 「育児の仕方が悪かったのでは?」と心配される保護者も多いのですが、 実際には関係ありません。 下の子が産まれたタイミングでどもるようになったので、 「愛情不足が原因では?」と考えてしまうこともあるようですが、これも関係ないということを知るべきです。 どもる原因は脳機能が関係しており、滑らかに話すことが阻害される状態が起こります。 ただし、まだまだ色々な研究を行っている段階なので、脳のどこが影響して吃音の症状が出るのか、予防するための治療法はないのかといったところまでははっきりしていません。 心理的な要因がどもる状況を起こしやすくしているということはわかっています。 でも、これには個人差があるので、緊張すると出やすいという子供もいれば、家庭ではどもりが出ているけれど幼稚園や保育園では気づかれていないということもあります。 このように、家庭環境がどもる症状の原因であるということは言えません。 それでも、日々の関わりの中で間違った対応を行っていると、どもりが酷くなっていくリスクは潜んでいます。 正しい対処法を学んで子供と接することで、現在抱えている言葉のどもりの悩みが小さくなります。 遺伝的な要因が関係するかもしれない 言葉がどもる状態は、 遺伝的な要因も関係することがあります。 保護者やその親といった近親者に 「吃音」を持つ人がいるという場合には、遺伝的要因でどもりが出ていることを疑います。 子供の言葉がどもるという相談を受ける際、家族の状況を伺っていくと、吃音という診断を受けたことが無かったとしても、会話の流暢性が怪しい人がイメージされることがあります。 ただ、全てが遺伝で決まるわけではありません。 どもりやすい環境が重なって起こっていることもあるので、近しい方に吃音をお持ちの場合でも、それを責めることは間違いです。 ただし、どもりにとってマイナスな環境がないことや、家族歴がないという条件での数値ですから、どもることへのからかいがあったり、近親者でどもりがあるという場合には自然治癒の確率は低くなります。 「どもりが治る」という概念をどのように設定するかによっても 「治る」という解釈は違うのですが、一般的には 3分の1くらいが症状が全く見られなくなる状態になり、 もう3分の1が日常生活には支障がでないくらいの症状へと軽快します。 ここまでを 「治る」というまとまりにするのであれば、子供のどもりは治る可能性が高いと感じられるはずです。 吃音やどもりなど、どもる状態についての情報収集を行っていくと、 「吃音(どもり)は治らない」という情報を見かけることがあり、それを見つけてショックを受ける保護者がいるのですが、正しい知識を身に着けておくことが大切です。 言葉の成長により治った・自然治癒する確率は高い 言葉がどもる状態は2~4歳くらいに出現するため、3歳児健診で保護者が気になって相談をするということもあり、そこから言語聴覚士のいる施設に繋がって関わりの指導を受けて軽快するというケースが地域によっては確立されています。 でも、保護者が正しい知識で関わっていて、 子供を取り巻く環境の調整が行えているのであれば、特別な支援を受けることなく 「どもる状態」が自然治癒する可能性があります。 逆に、環境が子供にとってマイナスに働くようなものであれば、どもる状態はどんどん進行し、 「うまく話せない」という気持ちが大きくなっていきます。 癇癪が酷くなったり、人とのコミュニケーションを避けてしまうことも出てしまいます。 そうなる前に手を打つことが必要です。 「どもりは治らない」は間違った認識 3歳の子供がどもる状態が出現すると、保護者はインターネットで色々な情報を探るのが一般的。 そこで目にするのが、 「どもりは治らない」という情報ではないでしょうか。 大人になってもどもる状態が残る方も確かにいるのですが、 全ての子供がそのままの状態で推移するわけではありません。 どもる状態にも波があり、強く出る場合もあれば全く出ないということもあります。 一喜一憂するのではなく、子供の成長を見守りながら、どもる状態が出ていてもコミュニケーションを取ることを楽しく感じてもらう接し方が必要です。 通信販売などでも 「吃音が治る!」といった商材が販売されていることもありますが、あくまで関わりのノウハウを学んでもらうためのものです。 どもる状態が治る特効薬はありませんし、日常的な関わりの中で 「うまく伝わった」という体験を積み重ねることが何よりも大切だということを保護者は学ぶべきです。 どもっても好きなことが話せるという環境ができると、それだけでも子供が抱える心理的負担を軽減させられます。 「言いたいけれどうまく出てこない」という自覚が少ない時期ではありますが、意思が伝えられなくて機嫌が悪くなったり、癇癪が強くなって困ってしまうという事態に陥る家庭も少なくありません。 そういった状況は親子関係にも影響するため、早めに対処法を学んで良好な関係を築くようにするべきです。 育児にお困りの場合には、言語聴覚士がいる施設を探してどもりの対処法を学びましょう。 地域の保健センターに相談すると、どこに行けば良いかを教えてくれるでしょう。 子供の言葉に関するお悩みは、 「様子を見る」よりも相談して解決に向かった関わりを知る方が良いでしょう。 言語聴覚士による関わり調整が有効 言葉のどもる状態が続いているようであれば、言語聴覚士が介入して関わりの調整を行うべきです。 育児環境を考えるだけでも子供にとってはプラスとなることがたくさんあります。 3歳の場合は保育園や幼稚園に通っていることも考えられます。 保育先での対応をコンサルティングしてもらうことで、子供の困り感を軽減することができるでしょう。 関わり調整は色々な角度から行われますが、 会話のルールを学んでもらうことも大切です。 保護者が気を付けるべきルールは以下の通りです。 ・不必要な声かけをしない 「ゆっくり話していいよ」「もう一回言ってみようか」といった促しはしないでください。 子供にとってはマイナスの働きかけにしかなりません。 意識させることで緊張してしまい、さらにどもりが酷くなるといったことが起こります。 「待っているからね」という声掛けもいりません。 自然と言葉が出てくるまで不安な表情を浮かべることなく待つ姿勢こそ、子供がリラックスできます。 ・言葉の先取りをしない 子供は伝えたくてお話をしているはず。 それを、どもるから話しの内容を予測して先取りするのは厳禁です。 子供にとっては 「言いたかったのに」という気持ちが募るばかり。 「うまく伝えられなかった」という意識を持ってしまうこともあります。 どもる状態が多くなるほど、保護者にとっては 「苦しそう」という気持ちが膨らみます。 でも、先取りをしてしまうのは子供にデメリットとなることを知りましょう。 ・会話のレベルを下げてやり取りを行う 3歳の子供は言葉の発達が著しい時期なので、つい質問することが多くなります。 そのときに質問の難易度が高くなると、説明するのが大変になってしまいます。 子供に意思を表示してもらう場合には、選択肢を与えるようなやり取りをするべきです。 ただし、子供によっては 「あ・い・う・え・お」で始まる言葉は言いにくいということもあるので、どもる傾向が見えている場合には詰まりにくい言葉の選択肢を与えてあげるコツも知っておくと便利です。 他にも、どもる状態に有効な方法はたくさんありますが、家庭の関わりの中で気を付けつつ、子供が関わる保育園や幼稚園でも関わりの調整ができると良いでしょう。 家庭とは違った気を付けるべきポイントも存在しますので、それを保育する専門職の方に知ってもらうだけでもやり取りのしやすさを作れます。 まだ吃音を自覚していない子供がほとんどなのですが、早くに改善させたいという意識は強く持つはずです。 でも、関わり次第で症状が酷くなることもあり、人とのやり取りが嫌になってしまうという体験に至ることも珍しくありません。 だからこそ、育児スタイルにメスを入れて、やり取りが楽しいと思えるような日常を送る環境づくりをしなければならないのです。 どもりがあっても巧みにやり取りを行い、人との関わりが楽しくて、自分の考えていることを表現することに喜びを感じられるのが、育児としては大切な心掛けになります。 言語聴覚士への相談により、親子の関係を演出する働きかけが行われると、今までの悩みを軽減できるのは確実です。 保護者が悩みを抱えているのであれば、地域の保健センターや言語聴覚士がいる施設に相談するのが良いでしょう。 3歳の子供がどもる割合は、決して低い確率のものではありません。 20人に1人は吃音があるとなれば、クラスに1人はお話の滑らかさが欠けているかもしれないという見立てになります。 周囲がコミュニケーションを取る上で、伝えたいことが伝えられる準備ができていると、どもりがあってもやり取りに支障はきたしません。 育児の方針を伺うだけでも子供のどもりにプラスの効果が与えられるやり取りが意識できます。 素人ながらに闇雲に関わるよりも、正しい知識で対処できるのが良いでしょう。 インターネットで子供の吃音のことを調べるとネガティブな情報を見かけることもありますが、 決してそうではないことを自らの育児で感じるべきです。 現在の育児スタイルに足りないものを、専門家からアドバイスしてもらうのが良いでしょう。

次の