朝 蜘蛛。 络新妇(日本传说中的妖怪)_百度百科

朝クモや夜クモ、昼のクモ、言い伝えの意味

朝 蜘蛛

もくじ• 朝の蜘蛛が良い理由 朝の蜘蛛は縁起が良いという話を聞いたことはありませんか?蜘蛛が苦手で退治しようと思っていたのに、朝の蜘蛛の退治だけは止められた、なんて人もいるかもしれませんね。 朝の蜘蛛が縁起が良いという理由については、意外と知らない人が多いようです。 そこで、朝の蜘蛛は縁起が良いという理由について調べてみました。 幸運が訪れるから 蜘蛛は天気が良い日にしか巣を作りません。 雨が降った後はもちろん作りませんが、晴れていてもこれから雨が降る時には巣を作らないのです。 晴れているときはとても気分が良くて、良いことがたくさん起こりそうな予感がしますね。 気分も晴れ晴れしてすっきりします。 良いことはその人の明るい気持ちが引き寄せますから、晴れているときには良いことがたくさん起こりやすいのです。 そんな晴れの日を知らせてくれる蜘蛛は、幸運の訪れを示すサインと考えられています。 朝に蜘蛛を見るということは、巣作りをせずにうろうろしていることになります。 「蜘蛛が巣を作らない=今日は一日晴れ」というところから、今日は良いことが起こるという考えが生まれたようです。 幸運を持ってきてくれる人が現れるから 日本書紀に、蜘蛛が登場するお話が書かれています。 衣通姫(そとおりひめ)はたいそう美しい姫君で、帝の寵愛を受けていました。 ですが、帝には他にもたくさんの姫がいて、なかなか衣通姫(そとおりひめ)に会いに来てくれません。 毎日帝に会いたいと恋焦がれていたある朝、寝室の軒下に蜘蛛が巣を作っているのを見つけました。 衣通姫(そとおりひめ)は「これは帝がいらしてくださる吉兆かもしれない」と考えました。 するとその日、本当に帝が衣通姫(そとおりひめ)を訪れたのです。 この神話から、朝の蜘蛛は良縁をもたらしてくれる縁起の良い虫とされています。 朝の蜘蛛がもたらしてくれる良縁は、恋愛に関する良縁だけではありません。 その人が最も必要としている良縁をもたらしてくれますから、仕事関連の良縁も含まれます。 蜘蛛は神様のお使い 石川県と岐阜県にまたがる白山には、菊理姫(くくりひめ)という神様がいます。 白山神社では、白山比咩神(しらやまひめのかみ)として祀られています。 菊理姫(くくりひめ)は恋愛成就や良縁に強い神様です。 特に良い縁談を求めいたり、恋愛そのものに縁遠い人は、白山神社へお参りに行くのだとか。 その菊理姫(くくりひめ)の眷属は金の蜘蛛です。 また、蜘蛛そのものが菊理姫(くくりひめ)の化身だとも言われています。 また、神様のご神託は朝にもたらされることが多いため、朝の蜘蛛は菊理姫(くくりひめ)の眷属で良い知らせを持ってくれたと考えられているのです。 朝の蜘蛛のご利益 朝の蜘蛛にはどんなご利益があるのでしょうか。 良いことが起こる前触れであることはわかるけれど、具体的にどんなご利益があるのかわからない、という人もいるでしょう。 朝の蜘蛛にはどんなご利益があるのか紹介しましょう。 良縁がやってくる まず一番多く言われているのが、良縁がやってくるというご利益です。 蜘蛛にまつわる伝説には、良縁に関係したものが数多く存在します。 日本書紀に書かれている蜘蛛の伝説も良縁に関連したことですし、菊理姫(くくりひめ)の伝説も良縁に関係しています。 このことから、朝に見つけた蜘蛛は良縁がやってくる前触れだと考えられています。 蜘蛛にまつわる良縁の伝説の多くは恋愛に関係したものです。 ですが、ご利益があるのは良縁に限ったことではありません。 その人が求めている縁がもたらされるサインですから、すでに結婚している人には仕事などのようなそれ以外での良縁がもたらされることになります。 金運がアップする 金運がアップのご利益も、朝の蜘蛛はもたらしてくれます。 これは蜘蛛の足数に関係してます。 蜘蛛の足の数は8本ですよね。 8は末広がりで、特に金運に幸運をもたらす数字として考えられています。 特に模様に黄色が入っている蜘蛛は金運アップに強いと考えられ、朝に見るとその日のうちにお金にまつわる嬉しい出来事が起こるとされています。 仕事が成功する 朝の蜘蛛は仕事運のアップにもご利益をもたらしてくれます。 これも蜘蛛の足の数に関係してます。 8本の蜘蛛の足は末広がりを連想させ、商売がますます繁盛する縁起の良い数字です。 例えば大切な商談がある日の朝、蜘蛛を見かけたらその商談は成功する可能性が高いというサインだということです。 悩みや問題が解決する 神様は人間が抱えている不安や悩みを取り除き、心穏やかに人生を歩んで欲しいと願っています。 そのため、深刻な問題を抱えているときには眷属を遣わして助けてくれるということもあります。 蜘蛛も神様の眷属です。 神様は朝にご神託を授けることが多くあるため、朝に蜘蛛を見かけたら、抱えている悩みや問題が解決するサインとなります。 蜘蛛は特に人間関係に深いかかわりがあるため、人間関係の悩みや問題が解決する前触れとされています。 朝の蜘蛛を見たらやるべきこと 朝の蜘蛛を見たら縁起が良いと喜んでいるだけでは充分ではありません。 幸運を確実に掴む為には、本人の努力や行動も大切な要素になります。 朝の蜘蛛がもたらしてくれる幸運をより確実にするための方法がありますから、ご紹介します。 玄関を掃除する 朝に蜘蛛を見かけたら、玄関を掃除しましょう。 玄関は人間が出入りする場所です。 幸運は人間にくっついてもたらされることが多いため、玄関は幸運の出入り口でもあります。 その玄関を綺麗に掃除しておくと、たくさんの幸運が舞い込んでくるようになります。 履かない靴は靴箱に片づけておきましょう。 丁寧に箒で塵や埃を集めて片づけましょう。 最後に玄関を水拭きすると、更に効果がアップします。 トイレを掃除する 水回りの中でも特にトイレを掃除すると、朝の蜘蛛のご利益がアップします。 蜘蛛はじめじめしたところに集まりやすいからです。 蜘蛛は神様の眷属ですから、集まりやすいトイレを綺麗にしておくと神様に喜ばれます。 汚れた場所が好きだという人は少ないでしょう。 神様もそれは同じなのです。 楽しい気持ちでトイレを掃除すると、よりたくさんの幸運がもたらされます。 玄関先に水を撒く 玄関先も幸運の出入りに大きく影響する場所です。 そのため、玄関先も綺麗にして浄化しておく必要があります。 玄関先を綺麗に掃除するのはもちろん、最後に水を撒くことを忘れないようにしましょう。 水には浄化の作用があります。 玄関から入ってくるものは幸運ばかりとは限りません。 悪い縁や運気も入ってきます。 玄関先に水を撒くことによって、それらはすべて浄化され、幸運だけが入ってくるようになります。 家中の窓を開けて空気を入れ替える せっかく朝の蜘蛛がもたらしてくれた幸運も、家の中の空気がよどんでいては台無しです。 空気がよどんでいる部屋は、エネルギーもよどんで悪いものになっています。 すると、朝の蜘蛛がもたらされた幸運も悪運に変わってしまいます。 朝に蜘蛛を見たら、家中の窓を開けて空気を入れ替えましょう。 空気の流れがエネルギーを浄化して良い状態に保ってくれます。 もたらされた幸運が悪運に変化してしまうこともなくなりますから、幸運をつかみやすくなるのです。 まとめ 蜘蛛はその姿から嫌う人も多いでしょう。 ですが、実は蜘蛛は幸運をもたらしてくれる使者なのです。 蜘蛛がラッキーをもたらしてくれるという考えは日本だけではなく、世界中にも存在しています。 それくらい蜘蛛は身近な存在であり、幸運の虫として広く知れ渡っているのです。 無理に蜘蛛を好きになる必要はありません。 ですが、見つけたら退治してしまうのではなく、外へ逃がしてあげるくらいの心のゆとりを持ってみてください。 その優しい気持ちや行動が、あなたに幸運をもたらしてくれるでしょう。

次の

朝の蜘蛛は大事にしましょう

朝 蜘蛛

朝の蜘蛛を殺してはいけない本当の理由3つ 一度は聞いたことのある謎の言い伝え 「朝の蜘蛛は仇でも殺すな」。 でもこの言い伝え、実はほとんどの人がなんでこのように言うのかは知らないんです。 恐らくあなたのまわりの方も 「親から言われたから言っているだけ」 「理由なんてあるの? 」 といった方ばかりなのではないでしょうか。 ここからは、 朝蜘蛛のありがたい理由、殺してはいけない本当の理由についてお話ししていきます。 朝の蜘蛛は福を運んでくる 昔から、 朝の蜘蛛は幸福を運んでくる象徴だといわれています。 朝の蜘蛛は吉兆、つまり幸福の兆しとして昔からありがたがられているだけでなく、 商売人にとってはお客さんを運んでくる生き物・縁起物の一つとして大切に扱われていたそうです。 ですので、商売をしている方たちにとって朝蜘蛛お店の前に現れることは商売の成功を意味し、その日一日幸福が訪れると信じられていました。 今では昔ほど朝蜘蛛の幸福を信じている人は少なくなりましたが、それでも 商売人の方を筆頭に縁起を担ぐ方たちにとって縁起のいい生き物であることは変わりません。 朝に蜘蛛を見るのと天気が良くなる 蜘蛛と言えば網を張るイメージが常に浮かびますが、 実際に蜘蛛が網を張るのは晴天の日のみとされています。 そのため、朝蜘蛛が網を張っているのを見る=その日は一日天気が良い、とされてきました。 また、朝蜘蛛=晴天のイメージから変化していき 朝蜘蛛は天気がいい一日=気分の良い一日を運んできてくれる とも考えられるようになっていき、やはり縁起のいいものとして大切に扱われるようになっていったのです。 朝蜘蛛は天国からの使い そして、最後にとっておきの朝蜘蛛情報を。 なんと朝蜘蛛・・・ 天国からの使いとされているのです!! 蜘蛛と天国、といえば芥川龍之介さんの小説『蜘蛛の糸』が浮かんでくるところですが、まさにこの小説にあるように朝の蜘蛛は天国の使いとされる言い伝えが存在していたのです。 そもそも、 蜘蛛と言う生物自体があの世とこの世をつなぐ生き物と昔から言われ続けていました。 また、上にも書いたように福をもたらす生き物、お客さんを連れてきてくれる生き物として大変ありがたがられており、真偽は不明ながら 朝蜘蛛が多くの方にとって幸運の兆しとして見られているのは間違いないようです。 何時までが朝蜘蛛になるの? ところで、 一体何時までに見つけた蜘蛛が朝蜘蛛と呼べるのでしょうか? 調べてみたところ、 12時までに見つけた蜘蛛、すなわち午前中に発見した蜘蛛は全て朝蜘蛛と呼んでいいそうです。 ですので、 朝目を覚ましてから正午になるまでの間に遭遇した蜘蛛は朝蜘蛛と考えて間違いはないようです。 朝蜘蛛じゃなくてもありがたい存在 朝蜘蛛が縁起のいい生き物だというのは伝わったのではないかと思います。 ですが、実は 朝蜘蛛に限らず蜘蛛自体が大変ありがたい生き物なのはあまり知られていません。 その外見からあまり好かれることのない蜘蛛ですが、 実は益虫(利益をもたらす虫)を呼ばれるほど家にとってありがたい虫なんです。 というのも、家の中にいる蜘蛛は同じく家の中にいて、とってもいや~な虫である• ゴキブリ といった害虫を食べてくれるんです。 ちなみに、 朝蜘蛛の巣は害虫を捕獲するための巣ともいわれています。 このことからも、朝蜘蛛は良い生き物だとされているそうです。 朝家で蜘蛛を見つけたら・・・ いかがだったでしょうか? 今回は 朝蜘蛛を殺してはいけない本当の理由3つを紹介させてもらいました。 朝蜘蛛は殺すな、と言うだけあって大変縁起のいい生き物でしたね。 昔の人たちは現代人よりもずっとそうした縁起物やゲン担ぎといったものを大切に考えていました。 そのため、縁起のいい朝蜘蛛は大切に扱われてきました。 その気持ちが、最初に述べたように『朝蜘蛛は仇でも逃がせ』と言う格言になって現代まで伝わっているのです。 福を招き、晴天を導き、おまけに害虫も食べてくれる。 こんな生き物、まずいませんよね? 皆さんも、これからは家の中で朝蜘蛛にあったらそっと見逃してあげてくださいね。

次の

「朝蜘蛛は殺すな、夜蜘蛛は殺せ」は迷信?3つの由来とその意味★昼と夜の違いは?

朝 蜘蛛

幽霊の多くは、髪が濡れた姿で描かれますよね。 そして朝の新鮮な空気は、自然の浄化力が強いとも言われています。 それだけであなたの一日はガラリと変わるはず。 ずっと閉め切っていると、部屋に澱んだ気が溜まり、あなたの一日も湿っぽいものに……。 神経のピリピリやイライラを取り除いてくれますよね。 しかし、夜に残ったお茶を、翌朝飲むのはやめましょう。 神棚への水も仏壇の水も、朝必ず取り替えますよね。 それは礼儀でもありますが、これから始まる一日に感謝をするという心構えでもあるのです。 そのため、宵越しのお茶を口にするのは、あなた自身を蔑む行為。 必ず新しいお茶を淹れてくださいね。 この言い伝えには、実は隠された意味があるのです。 蜘蛛が朝に巣を張るのは、ほぼ晴天のときで、雨天時には滅多に出てきません。 蜘蛛はお釈迦様の使いとされていますし、生物学的にも他の害虫を駆逐する益虫です。 朝であろうと夜であろうと、殺さないに越したことはありません。 無益な殺生はあなたの運を下げるばかりですから……。 朝の行動は、あなたの一日を支配しています。 しかも、習慣というのはなかなか変わらないもの。 だからこそ、朝の行動には要注意です。

次の