みのもんた 病気。 みのもんたの現在は病気で目がおかしい?痩せたとか顔が変わったのか画像で比較!

みのもんたの現在の目がおかしいのは薬物?しゃべらない原因は鬱か!

みのもんた 病気

みのもんた番組で無言!?眠る場面まで?一体何が? みのもんたさんは年齢が現在(2020年2月) 75歳になりました。 もう「おじいちゃん」と言っても過言じゃない年齢の彼は番組中に無言を貫くことや、こくりこくりと居眠りしてしまうことまであったそうです。 「みのは番組冒頭、『さあお待たせしました、カミングのお時間です』『エブリケンミン、カミング』と、はち切れんばかりの笑顔で始告げた後、時折り出演者ので大笑いすることもありますが、その他はほとんど。 というより、直立不動で微動だにせず。 かと思うほど動いていません。 さらに、彼が言っていた通り、パの会話に対して、すぐ入っていけていない場面も見受けられました」 同 さらに驚くべきは、番組から38分、みのは、腕組みしたまま目を閉じていたのだ。 おそらくしてしまっていたのだろう。 「女性誌の取材では、関係者の証言として、みのは『時には、うつらうつらして寝てしまうこともありました』というものがありました。 つまり、今回の降板は、こういった行為が繰り返されてきた当然の結果とも言えるでしょう」 同 また通常、親しまれてきたが番組を去る際は、名残惜しい声が聞かれるものだが、上では「のように立ってるだけ」「さん置物になっちゃってるね そりゃ降板勧告されるわな」「そりゃ見てれば分かったよ」「死に際見てる感じする」と、納得する声が相次いでいる。 余生を楽しんでのだ。 nicovideo. 1週間で11番組、CM時間を除くと21時間42分の出演記録が認められた記録を持っています。 しかしそれから14年、時の流れは残酷ですね。 スポンサーリンク みのもんたが会話に入れない理由は!? 「自分が今の人たちの会話のテンポに合わなくなってきたなと思っていて…もうすぐ喜寿(77才)だから…潮時だと思ったんですよ。 いい区切りと思ってね」 そう語るのはみのもんたさん本人です。 ひな壇で喋るタレントさんの会話やテンポについていけないとなるとMCとしては致命的ですよね。 しかし会話に入れない理由に意外な意見が出てきました。 それは、 「ホロ酔い説」です! 何とみのもんたさんは、お酒が好きみたいで銀座の高級クラブでかなりの寮のお酒を飲むそうです。 そして 寝ないでそのまま番組になんてこともあったのではないかという噂もあります。 みのもんたは鬱病だった!? みのもんたさんが 「鬱(うつ)」だった可能性がありました。 というのも彼があまりに喋らない元気がないということで視聴者やネットでは「病気では?」と言われていました。 その鬱になった時期はみのもんたさんの息子である次男の逮捕の頃だと言われています。 当時、世間で話題になった事件だな 息子(次男)の御法川雄斗が起こした窃盗容疑。 事件詳細 名前:御法川雄斗(みのりかわ ゆうと) 出身地:千葉県 生年月日:1983年生まれ(年齢32歳) 出身高校:慶応義塾高校 出身大学:慶応大学 窃盗容疑については、2013年8月31日に酔って眠っていた、40歳代の会社員のカードを使って現金自動預け払い機(ATM)から現金を引き出そうとしたという疑いで逮捕されました。 逮捕後は相手との示談により、不起訴というか起訴猶予に。 当時、息子の起こした事件により甚大な批判を浴びたのがまぎれもない「みのもんた」さん本人でした。 その後、謝罪会見をしみのもんたさんは深々と頭を下げました。 この期を境に顔色はますます悪くなっていきました。 みのもんた重病?顔色からみる内臓疾患の可能性!? みのもんたさんの顔色に注目してほしいのですが彼は若い頃から地黒ではありました。 しかし年を重ねるごとに顔の黒さに違和感が出始めます。 しかもむくみも感じ取れるんです。 少し赤みがかった黒さです。 これ実は、 内臓系の疾患がある方の典型的な顔色なんです。 肝臓病(肝炎、肝硬変、肝臓ガン)が長引くと、血液内の老廃物が十分に解毒できず、血液が汚れてきます。 すると、その色を反映して、 顔色が黒ずむのです。 腎臓病でも、血液中の老廃物が尿として十分に排泄されないため血液が汚れ、顔色が黒ずみます。 しかし、腎臓病の場合は、はじめに「目の周りが黒ずんでくる」という特徴があります。 目の周りは皮膚がうすいため、早めに血液の汚れの色を反映するからです。 顔色が赤黒い 友人や知人の顔色が「赤い」と、一般の人は「血色がよくて健康そうですね」などと言いますが、それは大きな勘違いです。 脳卒中、心臓病、ガン……などで亡くなった方、急死した友人・知人達の顔色を思い浮かべてみられるとよいでしょう。 たいていは「赤ら顔」であったはずです。 漢方医学では、顔や手の平が赤くなる症状を「瘀血(おけつ)」といいます。 「瘀」とは「滞る」の意味で、「瘀血」とは「血液の流れの悪い状態」を指しており、漢方医学独特の用語です。 php. 当時から老害だったぞ!武田鉄矢お前もな! — hiro hiro1141539 みのもんた、番組降板真相告白「会話のテンポが合わない」「それにしても、降板を発表しても、『やめないで』とか『残念だ』とかいう声、ぼくのところにはまったく届いていないんだけど。 アッハッハ!」2,3回彼の司会番組に出たが、司会の妙には感心しました。 彼の広さは今の偏狭な局に会わない。

次の

みのもんたの現在は?目がおかしいのとしゃべらないのはうつが原因?

みのもんた 病気

(C)まいじつ 昭和と平成のテレビ界を支えた大物司会者・みのもんたに〝終わりの時〟が近づいている。 1月23日、みのが久本雅美と共同MCを務めるバラエティー番組『秘密のケンミンSHOW』を制作する読売テレビが、4月のリニューアルでみのが番組を降板すると発表した。 代役には『』の田中裕二が就任し、みのの降板に伴い、番組名も『秘密のケンミンSHOW 極』に改題。 みのは同番組が始まった2007年から出演しているが、これで13年の歴史がひと区切りすることとなった。 発表によると、降板理由は「ご本人のご意向もあり、後進に道を譲られ、ご勇退されることになりました」とのこと。 また、現在のみのは「ケンミンSHOW」が唯一のレギュラー番組であるため、ゲストによる出演がなければ、これでみのをテレビで見られる機会はゼロとなってしまった。 番組中にも危険な前兆が!? 高齢による体力の限界説が囁かれている降板劇だが、一部報道にある関係者談によれば、降板は健康上の理由ではないそう。 みの本人は今後もテレビの仕事を続けるつもりだと周囲に話しているというが、最近の「ケンミンSHOW」では〝限界〟を感じさせる前兆もかなり目立っていた。 「最近のみのは、トークを見守るだけでほとんど言葉を発さず、MC席やひな壇前で時折動いてもかなりのスロー動作。 顔つきも以前より随分と痩せ細り、話を聞いているのかさえ不安になるボーッとした場面も目立っていました。 番組中の発言が数回だけということもザラで、ネット上では『居眠りでもしているのか?』と指摘されるほど。 その姿は〝ヨボヨボ〟〝おじいちゃん〟という表現がぴったりで、年齢を感じさせずにはいられませんでした。 75歳といえど異様に老け込んでおり、心配の声が飛び交っていましたね」(テレビ誌ライター) また、残念ながらこれでテレビは終了というウワサも出ているようだ、 「〝健康上の理由ではない〟というのは、病気を抱えていないというだけ。 ここ数年の『ケンミンSHOW』を見れば、年齢からくる衰えは誰がどう見ても明らかです。 とてもじゃありませんがテレビで使えるレベルではなく、オファーがかかることもめったにないでしょう。 往年の名司会者も、時には抗えなかったということです」(芸能プロ関係者) お茶の間で親しまれた司会者の去り際としては、あまりに寂しい今回の降板。 最後にもうひと華咲かせてほしいものだが…。

次の

みのもんたは現在、目がおかしい!薬物使用?セクハラ騒動でうつとの噂も

みのもんた 病気

【CONTENTS】• プロフィール 名前:みのもんた 本名:御法川 法男(みのりかわ のりお) 生年月日:1944年8月22日 (現在74歳) 出身地:東京都世田谷区 血液型:A型 身長:167cm 職業:タレント・司会者 事務所:ニッコク 【経 歴】 1967年に 「文化放送」にアナウンサーとして入社したみのもんたさんは、1969年にラジオ番組 『セイ!ヤング』の初代パーソナリティに抜擢されたことで、その知名度を高めています。 同時期には 『オールジャパン・ポップ20』などで人気を博すも、1979年に文化放送を退社しています。 退社後は父親の経営する水道メーター製造・販売会社に勤務し、営業として10年間全国を飛び回っていたそうです。 その間には、 『プロ野球珍プレー好プレー』のナレーションを担当するなど二足の草鞋を履き、1989年から放送された 『おもいっきりテレビ』がきっかけで司会者へと転身をしています。 以降は、 『朝ズバッ!』や 『秘密のケンミンSHOW』など人気番組に出演し続け、司会者として不動の地位を確立しているみのもんたさんですね。 現在の目が変でおかしい? 数々の功績を残してきたみのもんたさんですが、加齢に伴う体力の衰えを隠し通すことは難しいようで、ネットでは 「ただのおじいちゃん」と言われるほどに衰退しています。 中でも、みのもんたさんの 「目」に違和感を感じている視聴者が多くいらっしゃるようですね。 (ネットの反応は以下の通り)• 「みのもんた、本番中に寝てるのかな?まぶたが重そうだし、目が変だよね。 「目が腫れてるし、視点が合っていないような感じもする。 依然と比べて様子がおかしいよね。 「最近のみのもんたの目には違和感しか感じない。 目がぶっ飛んでいるし、どうしちゃったんだろう?」 こちらが 「目が変」と言われている画像になります。 たしかに、まぶたが腫れているような印象を受け、今までのみのもんたさんの目とは何か違和感を感じざるを得ません。 この変化が加齢によるものなのか、はたまた何らかの病気によるものなのか、何れにしても心配な部分ではありますね。 みのもんたさんといえば独自の意見をビシバシ伝えるご意見番のようなキャラクターが特徴的であり、それが人気の秘訣でもあったのですが、しゃべらないとなると、これまでのイメージが覆されるどころか司会者としては致命傷であるようにも思いますよね。 最近放送された 『秘密のケンミンSHOW』を見てみても、パートナーの 久本雅美(ひさもと まさみ)さんに進行を任せ、みのもんたさんは置物のようにただ立っているだけという姿をよく目にしました。 調べてみると、みのもんたさんがしゃべらなくなった理由として、 「うつ」などの病気が原因であるという意見も浮上しているようです。 みのもんたさんは過去に 「次男の逮捕」や 「自身のセクハラ騒動」など立て続けにネガティブな話題が報道されており、その際に 「うつ病」になったという噂があるようです。 「しゃべらないこと」と 「うつ病」が関係しているのか、はたまた加齢の影響なのか、たしかな理由については謎のままですが、現在の状況を考えると、すでに芸能界勇退に向けて動き始めていてもおかしくはなさそうですね。 薬の噂も! 近年は薬物使用による逮捕者が続出している芸能界・・・。 次に捕まるのは誰かと世間の関心は高まる中で、一連の疑惑や話題を経て、みのもんたさんに 「薬物疑惑」が浮上していることを皆さんはご存知でしょうか? こちらは2016年に薬物使用で逮捕された、元プロ野球選手の 清原和博(きよはら かずひろ)さんが、その他の薬物使用者を暴露したという記事になります。 この報道が原因で、 「肌が黒い、歯が白い、過去に面識あり」ということ、「大物司会者」ということから、みのもんたさんへの薬物疑惑に繋がったようですね。 今のところ、これ以上の情報は何もないことから、単なるデマ情報という可能性ももちろんあるのですが、もしこの噂が真実となれば芸能界が再び大きく揺れることは間違いなさそうですね。 まとめ いかがでしたか? 最近の様子の変化から様々な噂が浮上していることが判明した、みのもんたさん。 さすが大物司会者と言うべきか、これからの立ち振る舞い次第では、またあらゆる話題が浮上してきそうですね。

次の