ゆう 名前。 男の子の名前「ゆうと」の人気の漢字と名づけ由来エピソード

男の子の名前|「ゆう」と読む漢字の意味・ランキング10!優/悠/祐

ゆう 名前

「ゆうと」と読む男の子の名前について 「ゆうと」と読む名前の印象 「ゆうと」と読む名前は、かっこいい印象があります。 また、「ゆう」という読み方から連想されるように、優しさを感じる名前でもあります。 「ゆうと」と読む名前の漢字ランキングTOP15 まずは、早速ですが「ゆうと」と読む名前の漢字ランキングをご紹介しましょう。 どんな漢字が使われている「ゆうと」が多いのでしょうか。 「ゆうと」と読む名前の漢字ランキングTOP15• 1優人:優しい人に成長してほしい• 2悠人:スケールの大きなことを成し遂げてほしい• 3勇人:困難から逃げない人になってほしい• 4優斗• 5悠斗• 6侑登• 7勇士• 8侑斗• 9祐人• 10結人• 11佑斗• 12雄斗• 13友都• 14裕人• 15結斗 「ゆうと」のように「と」で終わる男の子の名前である「あきと」も、近年人気が高まってきています。 「あきと」という名前は、どんな漢字を用いて名づけられているのでしょうか。 ぜひ次の記事を参考になさってください。 漢字の「優」が含まれる「ゆうと」と読む男の子の名前 「優」の漢字の由来・命名時の意味は? 「優」の漢字の由来・命名時の意味は、人への思いやりの気持ちにあふれているということです。 自分の気持ちを大切にし、相手にも気を配れるような優しい男性になってほしいという願いから、この漢字が使われています。 漢字の「優」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP15 ここからは、漢字の「優」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングをご紹介します。 「優」はとても人気がある漢字で、男の子の名前にだけではなく、女の子の名前にもよく用いられる漢字です。 漢字の「優」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP15• 1優人:優しい人に成長してほしい• 2優仁:優しい心を持った人に成長してほしい• 3優冬:優しさと冬を超える強さを持ち合わせた人になってほしい• 4優友• 5優宇翔• 6優羽斗• 7優翔• 8優大• 9優斗• 10優智• 11優有斗• 12優朋• 13優登• 14優飛• 15優都 漢字の「悠」が含まれる「ゆうと」と読む男の子の名前 「悠」の漢字の由来・命名時の意味は? 「悠」の漢字の由来・命名時の意味は、スケールが大きいことの象徴です。 大きな成功を成し遂げるために努力をしたり、大きな広い心をもつ大人に育ってほしいという願いが込められて、「悠」という漢字が用いられています。 漢字の「悠」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP9 ここからは、漢字の「悠」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングをご紹介します。 「悠」という漢字は、男の子の名前に使う漢字として、とても人気があります。 漢字の「悠」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP9• 1悠人:スケールの大きなことを成し遂げてほしい• 2悠仁:大きく広い思いやりの心を持ってほしい• 3悠叶:世界に羽ばたく人になってほしい• 4悠宇翔• 5悠斗• 6悠羽斗• 7悠隼• 8悠羽飛• 9悠翔 漢字の「勇」が含まれる「ゆうと」と読む男の子の名前 「勇」の漢字の由来・命名時の意味は? 「勇」の漢字の由来・命名時の意味は、常に前を向いていきるということです。 どんなに苦しく辛い状況でも逃げることなく、勇気を振り絞って前を向く強さを身に着けてほしいという、両親からの願いや期待が込められている漢字です。 漢字の「勇」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP8 漢字の「勇」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングをご紹介します。 「勇」はどんな漢字との組み合わせで、「ゆうと」と読む名前として用いられているのでしょうか。 漢字の「勇」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP8• 1勇人:困難にも立ち向かう人になってほしい• 2勇仁:困難に立ち向かう強さを持つ人になってほしい• 3勇飛:逆境を乗り越え喜びに変えていく人になってほしい• 4勇斗• 5勇登• 6勇都• 7勇音• 8勇士 「ゆうと」のように、「ゆう」で始まる「ゆうま」という名前について、次の記事でご紹介しています。 「ゆう」が付く男の子の名前は、今も昔も非常に人気のある名前です。 ぜひ参考になさってください。 漢字の「侑」が含まれる「ゆうと」と読む男の子の名前 「侑」の漢字の由来・命名時の意味は? 「侑」の漢字の由来・命名時の意味は、思いやりの心があることです。 「人」「有」という漢字との組み合わせであることから、優しく広い心がある、人の心をもった大人になってほしいという願いが込められているのでしょう。 漢字の「侑」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP8 ここからは、漢字の「侑」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングをご紹介します。 「侑」は近年とても人気が高まっている漢字で、男の子の名前にだけではなく、女の子の名前にもよく用いられる漢字です。 漢字の「侑」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP8• 1侑人:思いやりのある優しい人になってほしい• 2侑仁:思いやりの心を持つ人になってほしい• 3侑和:思いやりを持ち人との絆を大切にする人になってほしい• 4侑斗• 5侑生斗• 6侑登• 7侑都• 8侑隼 漢字の「結」が含まれる「ゆうと」と読む男の子の名前 「結」の漢字の由来・命名時の意味は? 「結」の漢字の由来・命名時の意味は、人とのつながりを大切にするということです。 人はひとりでは生きていくことができず、たくさんの人とのかかわりを持って生きていきます。 そのように、自分のことはもちろん、人との絆を尊重できる人になってほしいという願いから、この漢字が使われています。 漢字の「結」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP7 漢字の「結」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングをご紹介します。 「結」はどんな漢字との組み合わせで、「ゆうと」と読む名前に用いられているのでしょうか。 漢字の「結」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP7• 1結人:人と絆で結ばれている人• 2結仁:心と心につながりを持てる人• 3結友• 4結士• 5結羽人• 6結都• 7結飛 漢字の「佑」が含まれる「ゆうと」と読む男の子の名前 「佑」の漢字の由来・命名時の意味は? 「佑」の漢字の由来・命名時の意味は、人を救える強さです。 人生にはさまざまなことが起こりますが、相手が苦しいときに支えることができ、自分が苦しいときは人に頼って支えてもらえるような、人とのつながりのある人になってほしいという願いが込められています。 漢字の「佑」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP7 ここからは、漢字の「佑」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングをご紹介します。 「佑」という漢字は、男の子の名前に使う漢字として、とても人気があります。 漢字の「佑」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP7• 1佑人:苦しいときに支え合える人• 2佑仁:支え合う心を持っている人• 3佑和• 4佑翔• 5佑門• 6佑斗• 7佑飛 漢字の「祐」が含まれる「ゆうと」と読む男の子の名前 「祐」の漢字の由来・命名時の意味は? 「祐」の漢字の由来・命名時の意味は、人と助け合う中に喜びを見出すということです。 お互いに助け合って生きることはもちろん、それにより幸せを感じることができたり、より幸運を呼び込むことができるような人になってほしいという願いが込められて用いられている漢字です。 漢字の「祐」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP7 ここからは、漢字の「祐」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングをご紹介します。 「祐」という漢字は、「佑」という漢字と同様に、男の子の名前に使う漢字としてとても人気のある漢字です。 漢字の「祐」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP7• 1祐人:幸運に恵まれた人• 2祐仁:心に常に幸せがある人• 3祐大• 4祐斗• 5祐翔• 6祐都• 7祐飛 次の記事では、「ゆうと」のように「と」で終わる男の子の人気の名前「えいと」についてご紹介しています。 「えいと」は近年とても人気の高まっている名前です。 どういった漢字を用いて名づけられているのでしょうか。 ぜひ参考になさってください。 漢字の「友」が含まれる「ゆうと」と読む男の子の名前 「友」の漢字の由来・命名時の意味は? 「友」の漢字の由来・命名時の意味は、どんなときも人とともに支え合うということです。 自分が人に手を差し伸べるのはもちろん、自分が困ったときにもたくさんの人から支えてもらえるような人になってほしいという願いが込められて、用いられている漢字です。 漢字の「友」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP6 ここからは、漢字の「友」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングをご紹介します。 「友」はどんな漢字との組み合わせで、「ゆうと」と読む名前に用いられているのでしょうか。 漢字の「友」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP6• 1友人:友人を大切にする人• 2友仁• 3友絃• 4友斗• 5友都• 6友都 漢字の「裕」が含まれる「ゆうと」と読む男の子の名前 「裕」の漢字の由来・命名時の意味は? 「裕」の漢字の由来・命名時の意味は、たくさんのことに恵まれているということです。 物理的なものに恵まれることはもちろん、広い心をもち自分の人生を切り開く勇気にも恵まれている人になってほしいという期待が込められている名前です。 漢字の「裕」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP6 ここからは、漢字の「裕」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングをご紹介します。 「裕」は昔からとても人気がある漢字で、男の子の名前にだけではなく、女の子の名前にもよく用いられる漢字です。 漢字の「裕」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP6• 1裕人:恵まれた人生を送る人• 2裕仁• 3裕翔• 4裕大• 5裕斗• 6裕音 漢字の「雄」が含まれる「ゆうと」と読む男の子の名前 「雄」の漢字の由来・命名時の意味は? 「雄」の漢字の由来・命名時の意味は、広い心を持ち、また才能にも恵まれるということです。 持って生まれたそのような才能を活かして、さまざまなことに挑戦し、人々をリードするような人になってほしいという願いが込められている漢字です。 漢字の「雄」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP6 ここからは、漢字の「雄」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングをご紹介します。 「雄」という漢字は、男の子の名前に使う漢字として、昔からとても人気がある漢字です。 漢字の「雄」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP6• 1雄人:人々をリードしていく存在• 2雄仁• 3雄渡• 4雄士• 5雄飛• 6雄翔 漢字の「夕」が含まれる「ゆうと」と読む男の子の名前 「夕」の漢字の由来・命名時の意味は? 「夕」の漢字の由来・命名時の意味は、情熱的であることです。 夕日が美しく赤く輝いている様子から、なにごとにも夢中になって取り組んだり、さまざまなことに情熱を注ぎながら幸せに生きてほしいという願いが込められている漢字です。 漢字の「夕」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP6 漢字の「夕」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングをご紹介します。 「夕」はどんな漢字との組み合わせで、「ゆうと」と読む名前に用いられているのでしょうか。 漢字の「夕」を使い「ゆうと」と読む男の子の名前ランキングTOP6• 1夕人:心の情熱を絶やさない人• 2夕仁• 3夕十• 4夕士• 5夕斗• 6夕都 次の記事では、「りくと」という名前について具体的にご紹介しています。 「りくと」や「ゆうと」のように、「と」で終わる三文字の男の子の名前はとても人気があります。 ぜひ、次の記事を参考になさってください。 珍しい漢字を使って「ゆうと」と読む男の子の名前 珍しい漢字を使って「ゆうと」と読む男の子の名前一覧 最後に、珍しい漢字を使って「ゆうと」と読む男の子の名前をご紹介しましょう。 さまざまな漢字が使われている「ゆうと」ですが、どの漢字にも両親からの深い愛情や期待が込められていることが分かります。 珍しい漢字を使って「ゆうと」と読む男の子の名前• 1由人:人の手本となりリードする人• 2夢人:夢や希望を持ち続ける人• 3憂斗• 4有斗• 5湧翔• 6宥登• 7柚人• 8諭人• 9遊斗 「ゆうと」は人と支え合える人! 「ゆうと」という名前の印象や、さまざまな漢字から見る、「ゆうと」という名前の意味合いや由来についてご紹介しました。 いかがでしたでしょうか。 使われる漢字により多少意味合いが異なりますが、主に「ゆうと」という名前は、人の支えになったり、人から支えられるような、絆を深められる人になってほしいという願いが込められていることが分かりました。 「ゆうと」は人と支え合える人です。 男の子の名前に悩んでいるようであれば、ぜひ「ゆうと」という名前も候補に入れてみてはいかがでしょうか。

次の

男の子の名前|「ゆう」と読む漢字の意味・ランキング10!優/悠/祐

ゆう 名前

「ゆう」の響きの特徴は? 「ゆう」の響きの特徴は、なんといっても 「親しみやすさ」です。 「ゆ(yu)」に同じ母音の「う(u)」を組み合わせた「ゆう(yuu)」は、 伸びやかでどこか「やわらかさ」「優しさ」「おおらかさ」を連想させます。 男の子だと「ゆー君」、女の子だと「ゆーちゃん」と呼びやすく、アルファベットにも「U」があることから海外で発音しやすい響きともいえます。 そのため、近年の名付けにおける人気の響きの1つに挙げられます。 男の子に大人気の「ゆう」の読み 「ゆう」の響きを使った名前は男の子、女の子どちらの名前にも人気があり、とくに男の子の名前でよく使われています。 明治安田生命が毎年発表している名前ランキングで、2015年は46位に「ユウタ」、24位に「ユウ」、13位に「ユウキ」、10位に「ユウマ」、7位に「ユウセイ」、3位に「ユウト」と50位以内に6個がランクイン、女の子は40位に「ユウナ」がランクインしています。 これらから分かるように、 「ゆう」は名前の先頭で使われることが多く、名前全体の印象を左右する字ということもできそうですね。 「ゆう」と読む漢字15選 「ゆう」の響きをもつ漢字は多く、そのなかでも トップの人気を誇るのが男の子だと「悠」、女の子だと「結」で、共通でよく使われるのが「優」 です。 ほかにも日常生活でよく見かけたり、名前で目にしたりする「ゆう」の漢字はたくさんありますよね。 ここでは「画数」や「漢字の意味」、「漢字から受ける印象」を交えながら15個の漢字をご紹介します。 「夕」 画数:3画 意味:ゆうべ、日暮れ。 すえ、年・月の末 印象:夕焼けの情景から 「美しさ」「風情」を感じる 2. 「」 画数:4画 意味:友達、仲間。 兄弟の仲が良いこと 印象:仲間に囲まれる 「和やか」な雰囲気 3. 「右」 画数:5画 意味:右、右側。 助ける 印象:手を差し伸べる 「手助け」「優しさ」を連想させる 4. 「」 画数:5画 意味:基づく、経る、手本とする。 理由、方法 印象:「自由」「由緒」など、 「のびのび」や 「趣のある」印象 5. 「有」 画数:6画 意味:ある、実在する。 もっている。 多い 印象:「実在する、物がある」など 「豊かさ」を感じさせる 6. 「」 画数:7画 意味:助ける。 助け 印象:「神の助け」を表し、 「柔らかく優しい」印象 7. 「」 画数:8画 意味:勧める。 助ける 印象: 「人助け」「思いやり」「社交的」な様子を連想させる 8. 「」 画数:9画 意味:果物のゆず 印象:ゆずの 「爽やか」な印象 9. 「」 画数:9画 意味:勇ましい、元気がある。 思い切りが良い 印象: 「たくましい」「活発」「勇敢」など男の子っぽさを表現 10. 「」 画数:11画 意味:遠い、はるか。 想う 印象:物理的な遠さを表し、 「ゆったり」した雰囲気 11. 「」 画数:12画 意味:豊か、満ち足りている 印象: 「おおらか」「豊か」「平和的」な雰囲気 12. 「」 画数:12画 意味:結ぶ。 つなぐ。 労力を互いに貸し合う 印象:「結びつき=絆」から 「結束、団結」を連想させる 13. 「」 画数:12画 意味:生物の雄性の総称。 優れる 印象:男の子の 「たくましさ」「勇ましさ」を表現 14. 「遊」 画数:13画 意味:遊ぶ、気ままに楽しむ。 友達 印象: 「楽しい」「元気いっぱい」な様子が想起される 15. 「」 画数:17画 意味:優しい、穏やか。 優れる、まさる 印象:誰もが 「優しい」印象を受ける ほかにも「脩」「」「湧」「釉」といった漢字も名前に使うことができます。 男の子らしさを出すなら「」「」、人気にあやかるなら「」「」、さわやかな印象の「」、優しい印象の「」「」「」、自由で元気いっぱいの「」「遊」と、印象がそれぞれ異なるので、 子供にどんな成長をしてほしいかイメージを膨らませて、その印象にピッタリの漢字を見つけてあげてくださいね。 「ゆう」の漢字選びで赤ちゃんの名付けを楽しもう! 「ゆう」の響きは「おおらか」で「やさしい」印象を与えてくれます。 その印象通り、「やわらかい」雰囲気の漢字が多く、男の子・女の子どちらにも使える字がほとんどです。 たくさんの漢字から「1字」を選ぶのは苦労をともないますが、その分、名前が決まったときの満足感も大きいはずですよ。 納得のいく漢字選びをして、生まれてくる赤ちゃんにとっても愛着が感じられる素敵な名前が考えられるといいですね。

次の

男の子の名前「ゆうと」の人気の漢字と名づけ由来エピソード

ゆう 名前

この記事の目次• 思いやりをイメージする『ゆうすけ』36選 『ゆう』、そして『すけ』。 相手を思うことを意味する名前 優介・優助・優哉・優丞・侑丞・侑哉・侑将・祐将・祐介・祐助・優祐・有祐・宥祐・宥助・宥介・宥哉・佑哉・佑介・佑輔・佑将・祐介・祐輔・祐丞・癒海介・癒右介・佑扶・侑扶・宥扶・有佐・宥佐・祐佐・優宥・癒羽哉・癒右宥・友宥・佑宥 【侑】人名用漢字 音読み「ゆう」 人気の高い『ゆう』の響きですが、 『侑』 の字はそれほど多くは使われないので、新鮮な印象を与える名前になりそうです。 そこに『人』が付き、「飲食を勧める」転じて「何かをしようと働きかける」の意味が派生し、さらに「力を貸す・助ける」という意味も生まれました。 「相手を思い、その人の力になれる行動ができる子に」 「人を助け、支え、役立つことのできる子に」 のような由来がふさわしいと言えそうです。 (なお、人名用漢字の詳細については、法務省の「」をご参照ください。 人名漢字であり、『ゆう』と『すけ』のどちらにも使うことができます。 怒りや不満を上手にやわらげ、穏やかな気持ちを保ち続ける安定感が感じられる名前にぴったりです。 「相手を責めず、許すことのできる寛大な心を持ってほしい」 「気持ちに余裕のある大らかな子に」 「相手の責任より自分の心の在り方を考えられる器の大きな子に」 などの由来で使うと良いでしょう。 【癒】常用漢字 音読み「ゆ」 『いや(す)』の読みで見かける 『癒』。 音読みの『ゆ』を当てて使うことができます。 「周りの人々の心を癒す、穏やかな雰囲気のある子に」 「穏やかな性格で思いやりを持った会話ができる優しい子に」 「人の心に寄り添う優しい気遣いができる子に」 など、穏やかで思いやりにあふれた人柄を表す名前を作ることができそうです。 (なお、常用漢字の詳細は文化庁が告示してます「」をご参照ください。 名前向きの素敵な意味を持ちますが、見かけることは多くありません。 珍しいながらも立派な名前を作ることができるでしょう。 「人のためを思って自ら行動できる優しい子に」 「人との関わりで心を大きく成長させてほしい」 「相手の心に寄り添う優しい行動ができる子に」 など、思いやりある人柄を表す由来がぴったりの漢字です。 (なお、 優しい男の子を願う名前は、も参考にされください。 ) 壮大なイメージの『ゆうすけ』19選 男の子らしく壮大なスケールを感じさせる名前をご紹介します。 男の子らしさあふれる名前 悠空・悠介・悠翼・悠哉・悠甫・雄哉・雄空・雄介・雄翼・有翼・有空・夕空・裕介・裕輔・裕翼・裕甫・夕宇甫・夢宇空・夕宇空 【悠】常用漢字 音読み「ゆう」人名読み「ゆ」 『悠』 の字は、ここ数年男女ともに非常に人気の高い漢字です。 ゆったりとが落ち着いているような人を「悠々とした人」と言います。 そんな男の子に育ってほしいと願いを込めて使うことができるでしょう。 「小さな物事に執着せず、ゆったりとした大らかな気持ちで生きてほしい」 のような由来がおすすめです。 【宇】常用漢字 音読み「う」 「宇宙」に使われることからも、まさに壮大なスケールを想像させる 『宇』。 『無限の空間』を由来に重ね、 「大きな心と希望を持って生きてほしい」 「無限の可能性を夢見て、楽しい人生を送ってほしい」 と願いを込めることができます。 また、宇宙から星空を連想し、 「輝かしい人生になりますように」 のような由来で使うのも素敵です。 【甫】人名用漢字 人名読み「すけ」 『甫』 の字は人名漢字です。 広い大地をイメージし、壮大な想いを込めて使うことができるでしょう。 「夢を大きく広げ、可能性の限り羽ばたいてほしい」 のような願いで使ってみてはいかがでしょう。 「勇気が湧く・元気が湧く」といった言葉にも使われ、元気で活発なイメージの男の子を想像させてくれます。 「生命力にあふれた元気な子に」 「元気いっぱいの明るい子に」 「楽しい雰囲気を作り出す、明るい魅力があふれる男の子に」 のような願いを込めて使うことができるでしょう。 「楽しい毎日を過ごしてほしい」 「心から楽しめる人との縁に恵まれますように」 「自由に楽しい人生を歩んでほしい」 など、大らかで明るい願いを込めて使うことができます。 「不安や悲しみを癒し、心から愉(たの)しいと感じられる素敵な人生を送ってほしい」 や、 「心身ともに健康で愉しい人生になりますように」 のような由来を持って使うことができます。 人は人生の中で多くの人と出会い、その縁を大切にすることで絆が生まれ、幸せへとつながっていきます。 そのような想いを込めて、 「幸せへと続く良い出会いに恵まれますように」 「感謝と尊敬の気持ちを忘れず、多くの人と支え合いながら幸せを築いてほしい」 と由来付けてみてはいかがでしょう。 バラバラになったものをまとめる、それを人生に重ねる使い方は、 『結』 の由来として定番です。 「人とのつながりを大切にし、多くの幸せを手にしてほしい」 などの想いを込めて使うことができます。 【唯】常用漢字 訓読み「ゆ(い)」 人名読み「ゆ」 『唯』は常用漢字であり、訓読みで『ゆ(い)』。 『ゆい』という名前、またはそれを使った名前に当てて使われることが多々あります。 人名読みにも『ゆ』があり、どちらをとっても『ゆう』に当てて使うことが可能です。 『唯一無二』という有名な四字熟語にちなむと、我が子が「この世にたった1人の貴重な存在である」という想いで使うことができます。 また、仏教用語の中に『唯心』というものがあります。 「自分の心に正直に、自分らしい幸せを手にいれてほしい」 「あるがままに生き、自然に訪れる小さな幸せを大切に過ごしてほしい」 などの由来も素敵ですね。 自然をイメージする『ゆうすけ』13選 ミカン科の常緑小高木を表す 『柚』。 また果実が旬を迎える『冬』に結びつけることができます。 柑橘類の実からイメージして、 「爽やかな男の子に」 「個性的な魅力のある子に」 との願いを込めて使うこともできます。 落ち着いた印象を与える名前を作ることができます。 また、「夕陽・夕焼け・夕凪」など、季節や風景を表す言葉も多く、それらに重ねると様々な想いを込めて使うことができるでしょう。 「夕陽のように、穏やかながら強いパワーのある子に」 「しっとりと美しい心の男の子に」 のような由来も素敵ですね。 また、7月生まれの男の子であれば、七夕にちなむ由来も良いでしょう。 「彦星のように一途な男の子に」 という願いを込めれば、とてもロマンチックな名前になりますね。 【雪】常用漢字 訓読み「ゆき」 『雪』 は、訓読みである「ゆき」の頭文字を当てて使うことができます。 冬生まれであることを想像でき、美しく繊細なイメージを持たせる名前になりそうです。 真面目なイメージの『ゆうすけ』14選 うそやごまかしがなく、真心を込めて物事と向き合う誠実な男の子を想像し、『真面目』をテーマに考えた名前をご紹介します。 『心』が入っていることからも、真心を持って相手を思いやり行動できる立派な人という印象になります。 「謙虚な心で円滑に物事を進めることのできる子に」」 「丁寧な言葉遣いができる礼儀正しい大人になってほしい」 「周囲への真心ある気配りのできる子に」 などの由来を持って使うことができます。 【典】常用漢字 人名読み「すけ」 『典』 は、『教え・手本・儀式』を意味する漢字です。 「周囲の手本となるような誠実な人柄の男の子に」 「善悪の区別を付け、真面目に生きてほしい」 などの由来で使うことができそうです。 「自分自身を高め、強い心で人生をまっすぐ歩んでほしい」 「立ち止まりながらでも、人のふみ行うべき道をしっかり考えながら成長してほしい」 のような願いを込めることができます。 『すけ』は官職に由来する呼び名!? 古い時代から男の子によく使われていた『すけ』。 そこには、立派な意味がありました! 『四等官』の役職名だった! 奈良時代から平安時代にかけて、日本では律令制に基づく統治が行われていました。 刑法に当たる「律」とそれ以外の法律を「令」という法律をもとに、中央集権的な政治が行われました。 人民や土地を支配する役人は、4つの階級に分けられていました。 『四等官』といわれ「かみ・すけ・じょう・さかん」と呼ばれる役職名がありました。 男の子の名前に「すけ」が付くのは、その名残だという説があります。 様々ある『すけ』の漢字 「かみ・すけ・じょう・さかん」に当てられる漢字は、官庁及び組織によって様々に使われました。 「すけ」はナンバー2の次官にあたる役職の名として使われていた漢字です。 現在の警察官に当たる「弾正台(だんじょうだい)」では『弼(すけ)』、 地方を治める「国司」では『介(すけ)』が使われていました。 その他『輔・亮・助・扶・将・佐』などがあったことがわかっています。 漢字を調べる中で、「日本固有の意味:次官。 〇〇などの次官。 」と記載されている場合は、こういった歴史があることを覚えておきましょう。 家系のルーツを探ると、意外なところで結びつきが発見できることもありますよ!.

次の