お盆 の お供え 料理。 お盆で振る舞う料理に決まりはある?定番から簡単レシピまで紹介|終活ねっとのお坊さん

お盆のお膳を完璧に!基本知識・メニュー・宗派の違いも解説|ナデシコ

お盆 の お供え 料理

お盆のお供えって、地域や宗派によってもいろいろしきたりが違って難しいですよね。 お盆のお仏壇にあげるお膳を作るのにもいろいろ決まりがあります。 嫁ぎ先だったらお義母さんに聞ければ一番いいけれど、それができないときもありますよね。 何度かお義母さんと一緒に準備していたけど、今年からは一人でやらないといけなくなったってこともありますよね。 ここでは、お仏壇のお供えするお膳について、基本から丁寧に説明していきます。 お膳の配置や簡単な献立もお伝えしますよ。 また、お膳っていつ下げればいいの?それを食べてもいいの?という疑問にもお答えしていきます。 お盆のお供えのお膳について、しっかり調べていきましょうね。 お盆のお膳の配置はどうするのが正しいの? お膳の配置について、一例をご紹介します。 宗派によっても違いがあるので、ご確認ください。 1.飯椀 ご飯が炊けたら、最初にお供えのご飯をよそいましょう。 白飯か炊き込みご飯を丸くなるようによそってください。 2.汁椀 お味噌汁もしくはお吸い物をよそいます。 3.壺椀 和え物、お浸し、酢の物を入れます。 煮豆でもいいですね。 4.平椀 野菜の煮物、高野豆腐やこんにゃくなどの煮物をよそいましょう。 できるなら五品目使えるといいですね。 5.高杯 酢の物やお漬物をよそいます。 梅干でもいいですよ。 お漬物は2切れ乗せるようにしてくださいね。 お箸は、右隅においてくださいね。 ご飯にお箸を立てると思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、それは四十九日までです。 それ以降のお膳には、右手前にお箸をおいてくださいね。 お膳については、セットになっているものも売られているので、そこで買えばそれ得るのも簡単です。 スポンサーリンク お盆のお膳のレシピは?簡単な方法はある? 精進料理の基本 仏様にお供えするお膳は 精進料理です。 精進料理には、肉や魚を使用せず、野菜や豆類を中心に使います。 お寺ではお出汁は昆布やシイタケを使い、鰹出汁は使わないほど厳格に守られています。 いくら生前のご先祖様が好きだったからといっても、仏様の世界にいると好みも変わるそうです。 お肉やお魚でない好物をお供えしてくださいね。 そして、お供えはご先祖様を守ってくださる仏様にするものなんですよ。 ご先祖様をよろしくお願いします、と仏様にお供えをしているんです。 なので、お供えにはお肉とお魚は使わないというルールを守っていきましょうね。 そして、使ってはいけないお野菜も決まっています。 にんにく、ねぎ、玉ねぎ、にら、らっきょうは精進料理には使いません。 情欲や憤怒が起こるとして禁止されているんですね。 なので、精進料理を作るうえでの注意点は二つですね。 1.肉と魚は使用しない 2.にんにく、ねぎ、玉ねぎ、にら、らっきょうを使用しない これさえ守れば、あとはいつもの和食で十分です。 お盆の期間中毎日作るのは大変という方は、お煮しめをたくさん野菜でつくっておき、それを取り分けるのも簡単ですね。 1日目は人参とシイタケ 2日目はがんもどきと昆布 3日目は全部のお煮しめ などとすれば簡単にできますよね。 どうしても、時間がなくて作れないという方は、簡単に作れるフリーズドライのタイプも売られているので試してみてもいいですね。 水の子の簡単レシピ 水の子のレシピもお伝えしますね。 水の子はたくさんのご先祖様や供養してくれる家族のいない霊にも召し上がっていただけるようにという意味が込められています。 たくさんのお米とお野菜を細かく切って、お供えしましょうね。 3.蓮の葉を器にし、1と2と水を入れて盛り付けます。 作り方はとっても簡単ですが、お野菜を毎回こまかく切るのは時間がかかりますよね。 そこでワンポイント。 お野菜はまとめて切り、それぞれ野菜を分けてお水につけておきます。 なすは、つける前に何度か水を交換してアクをしっかり抜きましょう。 そうすればなすの色がかわることもなく、きれいなまま3日間持ちますよ。 とうもろこしなどをいれてもいいですね。 また、ハスの葉がないときは、フキの葉や里芋の葉でも代用ができます。 最近では蓮の葉に似せた器が売られているので、それを使ってもいいですね。 お盆のお膳はいつ下げるのが正しい?食べてもいいの? 準備ができて、お仏壇にお供えをできて一仕事終えた気持ちになりますね。 でも、次に困るのが、お膳を下げるのはいつ?ということですよね。 お供えはいつするの? お盆の期間でお膳をお供えするのは、8月13日の夜から16日までです。 8月16日に送り火でご先祖様を送るまで、毎食後お膳をお供えしましょう。 といっても、毎食はちょっと大変という方は一日一回にすることもできます。 それでも朝は、きれいなお水をお供えすることは忘れないでくださいね。 そしてご飯を炊いたときに、一番にそれを仏様にお供えしてください。 お供えの時間は、食事をする前がいいですね。 お供えはいつ下げるの? 仏様にお供えをしますが、仏様は食べ物自体でなく、食べ物の湯気や香りを召し上がります。 なので、湯気が消えるころには下げていいんですよ。 お供えしたものを仏様からいただくことがマナーでもあるので、食べ物が傷んでしまう前に下げましょう。 自分たちの食事前にお供えをして、お線香をあげます。 そこから自分たちの食事の用意ができたら、仏様のお膳を下げてしまっても大丈夫。 また、自分たちの食事が終わったときにお膳を下げるのもいいですね。 お供えは食べていいの? 先ほどもお伝えしましたが、仏様にお供えしたものはお下がりとしていただくことがマナーです。 なので、食べ物が傷む前に食べましょう。 お盆は夏場なので、お供えをしたら早めにお膳を下げて、お下がりをいただいてしまうといいですね。 お盆のお膳のマナーについてのまとめ お盆のお膳についてまとめました。 それぞれの家庭によってしきたりが違うこともありますが、基本を学んでおけばあとは少し変更するだけで済みますね。 お膳の配置や、献立などもしきたりに乗っ取りながらも、ご先祖様を思って用意をすれば喜んでいただけますね。

次の

お盆のお膳の配置は?レシピは簡単?いつ下げるのが正しい?

お盆 の お供え 料理

ちょっとした手間でもご先祖さまにとっては、その気遣いは嬉しいものなのです このお盆の時期は祖霊へのお供えものとして、親族の方や知人の方からのお供えものをいただきますが、仏壇へお供えする前に、是非気をつけていただきたいことがあります。 包装紙に包んだままお供えしていませんか? よく考えると、そのままではご先祖さまが何をお供えしてもらったか知りたくても、中身がわかりません。 <point2>果物 ぶどう等は、洗って小鉢に入れる。 なしやりんごなどは、皮をむいて食べられるように。 <point3>ソーメンなどの乾麺 必ず茹でて、おつゆもつけること。 もちろんお箸も添えましょう。 いただいたお供えをとりあえず供えるのではなく、ご先祖さまにもちょっとした気遣いが大切です。 お供えしたらそのまま放置せずに、下げることを忘れないでください。 お盆のお供え物の基本は「五供(ごく)」 仏壇は薄暗いイメージがありますが、明るくしたほうが、温かい気持ちになれます 宗派は違っても、仏壇に明かりを灯し、線香を上げ、花や供物を添えることは供養の基本。 一般的に、香・花・灯燭・浄水・飲食の5つを五供(ごく)と言います。 悟りの世界に至るための修行道。 ご先祖さまに香りを感じてもらいます。 法事のときは抹香を使いますが、普段は長持ちする線香を使います。 故人の好きだった花や庭の花や野の花でもかまいません。 喜んでもらえると思う花をお供えしましょう。 仏前を明るく照らし、その明るさが仏さまの知恵の象徴と、ゆっくりと燃えながら、いつしか燃え尽くす様子が、人生の無常を表していると言われます。 線香をつける役目もあり、おまいりする時は、必ずロウソクをつけます。 人間の息は不浄とされ、仏さまに失礼であるとされています。 毎日新鮮な水(水道水でOK)をお供えします。 霊供膳は、一汁三菜の精進料理ですから、魚や肉などの生臭いものは、避けます。 あまり長い時間お供えしっぱなしにしないで、下げるように。 のしや掛け紙を結び止める「水引」のマナー 法事用の水引は地域によって違うので気をつけましょう 祝儀袋やのし紙の右上に紅白の折方がついていますね。 これを「のし」といいます。 「のし紙」は、のし・水引・奉書紙を組み合わせて印刷してあるものです。 慶事にはこの「のし紙」を使いますが、弔事などには、この「のし」が印刷されていない「掛け紙」を使います。 この「掛け紙」や「金封」などお金包みなどにかける帯紐のことを水引と呼びます。 水引の使う目的は、贈り物やお金包みを結び止めること。 またけがれのないものを贈るという意味もあります。 また一度きりでよいことには結び切りを使う…つまり繰り返してほしくない事に使います。 結婚、弔事全般、病気お見舞いなども結びきりですが、お供えも結びきりです。 たとえば入学、出産など。 水引に使われる色は、白、赤、金、銀、黒、黄、などがありますが、一色で使用する場合と組み合わせて使用する場合があります。 関西地方では四十九日法要から黄色の水引。 関東地方は一般的に黒白を使います。 住む地域によって慣習がありますので、年配の方やお寺、葬儀屋さんに尋ねてみて下さい。 お盆のお供え物の相場 本来、せんこう、ろうそく、菓子などの供物や供花を持参するものでしたが、最近は供物料(現金)を包むのが一般的に。 相手との関係性もありますが、3,000円~5,000円。 初盆や新盆でしたら5,000円~10,000円が相場です。 現金と品物、どちらでもかまいません。 表書きは上段に「御仏前」「御供物」「御供」下段に自分の氏名など記入します。 初盆供養に、提灯の代わりに贈る金包みとして「御ちょうちん代」など。 いかがでしたでしょうか? 知らなかったではすまされない、正しいお供えの決まりごと。 しっかりと身につけておけば、安心です。 【関連記事】•

次の

お盆には何を食べる?お盆の食べ物、肉を食べてはいけないって本当?

お盆 の お供え 料理

初盆・新盆とは ・初盆と新盆とは同じ意味。 地域による違いだった! 初盆・新盆とは忌明け後に初めて迎えるお盆のことをさし、僧侶を招いて法要が行われます。 初盆と新盆とは同じ意味です。 全国的には大半の地域で初盆(はつぼん)と言われていますが、関東甲信越地方のみで新盆(にいぼん、あらぼん、しんぼん)と呼ばれていたようです。 [注1] [注1](NHKが1978年に農林水産通信員を対象にした調査による。 詳細は参考ページ「NHK放送文化研究所「初盆」と「新盆」についての使い分けや決まりはある?」を参照。 仏教の盂蘭盆(うらぼん)・盂蘭盆会(うらぼんえ)が元になっています。 旧暦の7月15日頃は新暦では8月15日前後にあたりますが、東京や横浜市の一部等では、新暦となった今でも7月15日頃にお盆の行事を行うため、日本全国でみると新暦の7月15日頃にお盆を行う地域と、8月15日頃にお盆を行う地域とが混在しています。 最近は初盆の法要の際にお供えをしたい場合、品物を持参したり送る代わりに「御供物料」として現金を包む人も多くなっているようです。 品物よりも現金を用意する理由としては、法要の会場によってはお供えするスペースが限られている場合があったり(お寺・自宅・斎場その他)、お供物として頂いた品物は、法事が終わると遺族や親族などで取り分けることになり好みや人数によっては遺族や親族が困るケースも想定されること、などが挙げられます。 また、 お供え・お供物を用意するとしても出席者が持参する場合と送る場合があります。 例えば初盆の案内状をもらっても出席できない場合には、会場と日程があらかじめわかっているため、事前に手配して送ることもあります。 送る場合の注意点などは次のページの項目4. 「お供え・お供物・御供物を送る場合」で解説しています。 2-2)初盆・新盆のお供えの飾り方 初盆・新盆に際し、仏壇にお菓子、果物 やお花などをお供えすることがあります。 参列者(親戚・親族・友人など)から頂くお供え物だけでなく仏壇の周辺が寂しくないようにとお供えする目的で、遺族が手配することもあります。 初盆・の儀式(盂蘭盆、盂蘭盆会)の儀式のために、精霊棚をしつらえることがあります。 地方や宗派によって異なり、浄土真宗では精霊棚は飾らないとされます。 精霊棚については初盆の飾り付けのページへ 精霊棚をしつらえる場所は仏壇の前などが一般的で、お盆の期間は仏壇から位牌を出して精霊棚に飾ります。 もし精霊棚をしつらえた場合には下記のお供え物は、精霊棚の前に飾って下さい。 初盆のお膳(お供え膳)つづき お供え膳の献立 お膳の向きは、遺族は自分に向けて置き、仏壇用のお膳は仏壇を向けて置きます。 (つまりお供え膳はお箸のある側が仏壇側となります) 精進料理の献立は、五色、五味、五法に則って立てられます。 五色…赤、緑、黄色、白、黒 五味…甘味、塩味、酸味、辛味、苦味 五法…煮る、焼く、蒸す、揚げる、切る(または「生」「漬ける」という言い方もあります) 宗派によっては、上記にこだわらずに故人の好きなものを用意することもあります。 お膳を置く場所はお仏壇の前ですが、もし精霊棚をしつらえた場合にはその前に置いて下さい。 【一汁五菜の場合】 ご飯、汁物とは別に五菜(5種類のおかず)を用意します。 一例をご紹介します。 故人がお好きだったものや、季節の旬の野菜を取り入れた献立が良いでしょう。 煮物 2. 和え物 3. 煮豆 4. 漬物 5. 佃煮、海藻など 【一汁三菜の場合】 ご飯、汁物とは別に三菜(3種類のおかず)を用意します。 一例をご紹介します。 故人がお好きだったものや、季節の旬の野菜を取り入れた献立が良いでしょう。 煮物 2. 和え物 3. 漬物 など 落ち着き団子あるいはお供え持ち、お供え団子とはl,精霊様(おしょうらいさま)が滞在中の14〜15日にお供えするお供物です。 仏様へのお供え物を盛る器「華足(=けそく)」からきているようです。 ピラミッドの形に積み上げられたものをお供えすることもあります。 その他の盆飾りやお供え お盆のために用意される飾りは、お供えの一種でもあります。 主なものは以下の通りです。 「初盆・新盆のしかた」のページで詳しく説明しています 1. 精霊棚(しょうりょうだな)…お盆の期間に、仏壇の前にしつらえます。 お盆の期間中、ご位牌は仏壇から出して精霊棚に安置されます。 詳細は初盆のページへ 2. 精霊馬(しょうりょううま)…お盆の期間に帰ってくる故人やご先祖様の乗り物として、なすやきゅうりで、馬や牛を作ります(なすの牛、きゅうりの馬)。 詳細は初盆のページへ 3. 盆提灯 盆提灯は祖先の霊が提灯を目印にして戻って来られるように飾ると言われています。 お盆に使われる盆提灯には、白提灯と絵柄の入った提灯があります。 白提灯だけは初盆にのみ用い、軒先や玄関先などに飾ります。 絵柄の付いた盆提灯は精霊棚の両脇に飾り、初盆以外のお盆にも用います。 白提灯は近親者から贈られることが多いようです。 …詳細は初盆のページ「盆提灯」へ 4. 盆花 盆花とは、精霊棚に吊るす花をさします。 代表的な盆花としてほおずき、蒲の穂、枝豆などが逆さに吊るされます。 精霊棚をしつらえない場合には、お盆のために花立てに盆花または故人がお好きだった花を飾ります。 詳細は初盆のページへ.

次の