前立腺肥大症 治療薬。 ザルティア錠はEDに使えるのか?シアリスとの違いや薬の特徴について|イースト駅前クリニックのED治療

前立腺肥大、薬の選び方次第では射精障害に?:日経ビジネス電子版

前立腺肥大症 治療薬

前立腺肥大症による排尿障害と治療薬 排尿障害(前立腺肥大と過活動膀胱) 排尿が正常に行われないとき、 排尿障害と表現される。 この排尿障害としては、「なかなか尿が出にくい」、「尿がもれてしまう」などの症状がある。 このような排尿障害としては、主に2種類ある。 ・排尿障害(尿が出にくい) ・蓄尿障害(トイレが近い、尿がもれる) 病名 排尿障害 蓄尿障害 症状 ・排尿困難(尿が出にくい) ・頻尿(トイレが近い) ・尿失禁(尿がもれる) 関連する疾患 ・ 前立腺肥大 ・尿道狭窄 ・神経因性膀胱 など ・ 前立腺肥大 ・ 過活動膀胱(OAB) ・膀胱炎 など 前立腺肥大症とは 尿のトラブルで多い症状として前立腺肥大がある。 前立腺は前立腺液(精液の一部)を作る過程に関与しており、男性のみが持つ生殖器官となる。 そのため、 女性で前立腺肥大になる方はいない。 これら前立腺肥大症は年齢が高くなるにつれて発症しやすくなる。 主に50歳を越えると前立腺肥大症に悩む人が増えてくる。 ・前立腺と前立腺肥大症 膀胱の真下に前立腺があり、この前立腺は尿道を取り囲むように位置している。 前立腺肥大症患者では、その名の通り前立腺が肥大してしまっている。 前立腺が大きくなっているため、その分だけ尿道が圧迫されてしまう。 つまり、尿が出にくくなってしまうのである。 そこで、前立腺肥大による排尿障害を改善する時は「尿道をゆるめる(拡げる)」や「前立腺を小さくする」などによって治療していく。 前立腺が尿道を圧迫しているため、尿道を拡張すればこの前立腺による圧迫を軽減できるはずである。 排尿には神経系として交感神経が関わっていく。 交感神経は「運動時」などに活発となる神経であり、これら運動時ではトイレに行くよりも目の前の出来事に集中しなければいけない。 そのため、尿が溜められるように働く。 つまり、交感神経が興奮すると排尿を抑制するために尿道が閉じられてしまうことが分かる。 交感神経興奮の逆の作用をすれば尿道が拡張され、尿道が拡がると予測できる。 そのため、前立腺を小さくすることができれば前立腺肥大症の症状を改善させることができる。 前立腺は生殖器の一つであり、男性にしか存在しない器官である。 この前立腺は男性ホルモンの作用が大きく関わっており、男性ホルモンが作用することによって前立腺が肥大していく。 そのため、前立腺に作用する男性ホルモンの作用を弱めてしまえば、前立腺を小さくすることが出来ると分かる。 このため、 男性ホルモンの作用を阻害する薬は前立腺肥大症の治療薬として使用される。 これら抗アンドロゲン作用によって前立腺肥大症を治療する薬として クロルマジノン(商品名:プロスタール)などがある。 このような男性ホルモンの一つとしてテストステロンがある。 このジヒドロテストステロンはテストステロンよりも作用が強く、前立腺に作用することでより効率的に前立腺を肥大させることができる。

次の

前立腺肥大症の治療。薬物治療と手術治療の特徴

前立腺肥大症 治療薬

泌尿器科の病気について 前立腺肥大症 前立腺肥大症とは、文字通り前立腺が肥大して、様々な排尿の症状を引き起こす病気です。 前立腺が肥大する原因は完全にはわかっていませんが、男性ホルモンなどの性ホルモン環境の変化が関与すると言われています。 前立腺肥大症を発症する明らかな危険因子は加齢ですが、その他に遺伝的要因、食生活、肥満、高血圧、高血糖、脂質異常などがあげられます。 前立腺と前立腺肥大症 前立腺は男性にしかない生殖器の一つで、前立腺液といわれる精液の一部を作り、精子に栄養を与えたり、精子を保護する役割を持っています。 前立腺は直腸と恥骨の間にあり、膀胱の出口で尿道を取り囲んでいます。 このため、前立腺が肥大すると尿道が圧迫されて、排尿に関わるいろいろな症状が出現します。 前立腺は、尿道の周囲にある内腺とその周りにある外腺に区分されますが、前立腺肥大は尿道周囲の内腺に発生し、前立腺癌は外腺に発生します。 一般的な成人男性での前立腺の大きさは、体積で表した場合には20ml以下と言われています。 よく、「クルミぐらい大きさ」と例えられます。 ところが、前立腺が肥大すると、クルミ程度の大きさのものが、卵やみかんの大きさになります。 前立腺肥大症の原因と症状 前立腺肥大症になりやすい人 前立腺肥大症の頻度は、年齢とともに多くなり、50歳から頻度が増加します。 組織学的な前立腺肥大は、30歳代から始まり、50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%に見られますが、そのすべての方が治療を必要とする症状を伴うわけではありません。 肥満、高血圧、高血糖および脂質異常症と前立腺肥大症の関係が指摘されており、メタボリック症候群との関係についても、検討されています。 野菜、穀物、大豆などに多く含まれるイソフラボノイドは前立腺肥大症の発症抑制効果があることが指摘されていますが、喫煙やアルコール、性生活との関係は明らかではありません。 原因 前立腺が肥大する原因はまだはっきりとは解明されていません。 しかし、「男性ホルモンの働き」が関与していることは間違いなく、中高年になって男性ホルモンを含む性ホルモン環境の変化が起こることにより、前立腺が肥大すると考えられています。 症状 前立腺肥大症では、排尿症状(排尿困難をはじめとする、尿を出すことに関連した症状)、蓄尿症状(尿を貯めることに関連した症状)、排尿後症状(排尿した後に出現する症状)がみられます。 排尿症状 排尿困難とは、尿が出にくい症状の総称ですが、「尿の勢いが弱い」、「尿が出始めるまでに時間がかかる(尿を出したくでもなかなか出ない)」、「尿が分かれる(尿線が分かれて出る)」、「排尿の途中で尿が途切れる」、「尿をするときに力まなければならない」などの症状があります。 蓄尿症状 前立腺肥大症では、多くの場合頻尿がみられます。 頻尿については、一日に何回以上という定義はありませんが、昼間(朝起きてから就寝まで)については概ね8回より多い場合、夜間は就寝後1回以上排尿のために起きる場合、それぞれ「昼間頻尿」、「夜間頻尿」と考えられます。 「尿意切迫感」は、急に我慢できないような強い尿意が起こる症状を言います。 また、尿意切迫感があって、トイレまで間に合わずに尿が漏れてしまうような症状を、「切迫性尿失禁」と言います。 尿意切迫感があり、頻尿を伴うものを過活動膀胱といいますが、前立腺肥大症の患者さんの50~70%が過活動膀胱を合併します。 過活動膀胱では、まだ膀胱に十分尿が貯まっていないのに、膀胱が勝手に収縮してしまうので、すぐに排尿したくなってトイレに行く、つまり頻尿になります。 前立腺肥大症で、排尿後に膀胱内に尿が多量に残るようになると、膀胱に貯められる尿量が減って、結果的に頻尿になる場合もあります。 排尿後症状 「残尿感」とは、排尿後に「どうもすっきりしない」、「尿が残っているような感じがする」といった感じのことです。 また、尿が終わったと思って、下着をつけると尿がたらたらっともれて下着が汚れることがありますが、これを「排尿後尿滴下」と言います。 前立腺肥大症の進行と合併症 前立腺肥大があっても、必ずしもすべて治療が必要になるわけではなく、前立腺肥大によって起こる症状がどの程度か、またどれくらい生活の支障となるかが重要です。 また、一般的には前立腺肥大症は加齢とともに徐々に進行しますが、前立腺サイズや症状がまったく変わらないことも少なくありません。 したがって、前立腺肥大症でも自覚症状が軽度であれば、経過観察で様子をみればよいし、予防的に治療をする必要もありません。 しかし、前立腺肥大症が進行すると、症状の悪化のみでなく、次のような様々な合併症を引き起こすことがあります。 肉眼的血尿 前立腺肥大のために、尿道粘膜の充血が起こり、前立腺部の尿道粘膜から出血して、血尿が出やすくなります。 尿路感染 排尿障害のために、膀胱内に残尿が残るようなると、尿路感染が起こりやすくなります。 尿閉 膀胱内に尿が充満しているにも関わらず、尿が出せない苦しい状態となり、これを尿閉(にょうへい)と言います。 前立腺肥大が高度なほど(前立腺が大きいほど)起こりやすく、飲酒、風邪薬の服用が尿閉を引き起こす要因として頻度の多いものです。 膀胱結石 膀胱内に常に残尿がある状態が長期間続くと、膀胱内に結石ができることがあります。 腎機能障害 膀胱内に多量の残尿が残るようになったり、排尿障害のために膀胱壁が高度に肥厚(厚くなる)すると、腎臓から膀胱への尿の流れが妨げられ、腎臓が腫れる状態(水腎症)となり、腎不全になることがあります。 溢流性尿失禁 溢流性(いつりゅうせい)尿失禁は、膀胱内に常に多量の残尿が存在するために、膀胱内にそれ以上尿が貯められなくなり、まるでダムから水が溢れるように、尿道から尿が溢れ出て、いつも尿がちょろちょろと漏れる状態を言います。 後述するように、前立腺肥大症に対しては、まず薬物治療が行われますが、上記のような合併症を発症した場合には、手術による治療が行われます。

次の

前立腺肥大症

前立腺肥大症 治療薬

前立腺肥大症の症状 前立腺肥大症の主な症状は3段階にわかれます。 まず肥大した前立腺が膀胱を刺激することで、トイレが近くなる頻尿や尿意が突然起こり我慢ができなくなる尿意切迫感、尿線が細くなり少しずつしか出ない尿線細小などの症状が現れます。 さらに肥大が進むと膀胱に溜まった尿が最後まで排出できなくなり、残尿が生じます。 残尿は細菌感染や結石の原因となります。 さらに進行した場合、自力では排尿できなくなり、膀胱は常に尿でいっぱいの状態(尿閉)になります。 こうなると腎臓にも尿が留まるので深刻な腎機能障害を引き起こします。 初期の段階では特に治療が行われないこともありますが、尿閉などの重篤な症状には手術が必要となります。 前立腺肥大症の原因 前立腺肥大症の原因は確定されていません。 主に50代以降に患者がみられること、年齢が上がるにつれ患者数が増えることから、加齢が原因の一つであることは間違いないとされています。 また、男性ホルモンなど性ホルモンの働きも、発症に関係があると考えられています。 他にも肥満や高血圧・高血糖、メタボリック症候群を原因の一つに挙げる説もあります。 このようにはっきりした原因がわからない前立腺肥大症ですが、加齢に伴いほとんどの男性に何らかの排尿障害が見られます。 排尿に不便を感じたら、医療機関で適切な治療を受けることが大事です。 前立腺肥大症の治療法 前立腺肥大症を予防するためには、排尿の我慢は禁物です。 排尿を我慢すると尿が出し切れない状態が続き、尿閉を招く可能性があり、感染症や結石を招く場合もあります。 また、アルコールや刺激物は前立腺の充血を促し、むくみが生じる原因となるため酒量には注意が必要です。 座りっぱなしなど、同じ姿勢で長時間過ごすことも前立腺のうっ血を招きます。 適度な運動が効果的です。 体の冷えも血行を悪くし悪影響を与えます。 ぬるめのお湯にゆっくり入ることで前立腺の血行も改善し、前立腺肥大症の予防になります。 前立腺肥大症には内服治療と手術の治療法がありますので、異常を感じた場合は早めに泌尿器科に受診しましょう。 今井 さいこ 私は「心の健康を保つためには、『I love you』より『I love me』を大切にしましょう」とクライエント様に発信し続けています。 自分を大切にできない人は周りも大切にすることはできない、と考えているからです。 悩みを抱える方がこのことに気づけば、自分自身で問題を解決していく力を持っています。 変えられない環境に振り回されるのではなく、どんな環境にいても「あなた」でいられる軸を一緒に見つけるお手伝いをいたします。 また、悩みを抱える多くの方が「眠れない」悩みも抱えていることに気づき、睡眠指導者の資格を取得しました。 睡眠習慣についてのお悩みもお伺いいたします。 「こんな悩み、相談してもいいのかな」と思わず、どんな悩みでもご相談ください。 妊活、不妊治療、産前産後うつ、夫婦間コミュニケーション、親子間コミュニケーション、対人コミュニケーション、依存症、...

次の