数式バー ショートカット。 数式バーのサイズを変更したい?:エクセル2010基本講座

Microsoft Office Excel のショートカットキー一覧

数式バー ショートカット

リボンから設定する方法• 「表示」タブの表示グループに「数式バー」のチェックボックスがあります。 チェックボックスをオンにすると数式バーが表示されます。 チェックボックスをオフにすると数式バーが非表示になります。 Excelのオプションから設定することもできます。 ファイルタブをクリックして、バックステージを表示します。 バックステージで[オプション]を選択します。 Excelのオプションで「詳細設定」を選択します。 表示で「数式バーを表示する」のチェックボックスをオンにすると数式バーが表示されます。 数式バーが表示されています。 チェックボックスをオフにすると数式バーは非表示になります。 数式 計算式 の可読性を高めたいときなど複数行で書くことがあります。 既定では数式バーは1行の高さしかないので、数式バーの高さを調整します。 数式バーの右端の展開ボタンをクリックします。 下図は説明用にシート幅を狭くしています。 数式バーが展開されました。 複数行の数式が数式バーに表示できました。 任意の高さに調節したいときは、数式バーの下端付近にマウスポインターを置き、下図の状態でドラッグして数式バーの高さを調整することができます。

次の

セルの編集だけじゃない!F2キーの超活用法~エクセルショートカット~

数式バー ショートカット

理系の大学生は毎週のように実験レポートに追われます。 僕もそのうちの一人であります。 レポートを書く際に利用しているのはMicrosoft OfficeのWordです。 つい最近MacにもWordを入れました。 導入した記事はこちらです。 さて、理系大学生の人はご存知だと思いますが、レポートには文章だけでなく、 数式も書いていきます。 数式はとても入力するのが面倒でした。 そこで、数式を簡単に入力出来るショートカットがないかGoogle先生にお伺いを立てたところ、あっさり出てきました。 2年間知らぬままでレポートを書き続けていた衝撃 今回は、Wordに関する目から鱗の数式のショートカットを、図を交えて解説していきます。 理系大学生は絶対に覚えておくべき内容です。 行列 省略形を含む場合) 行列は対称な中身の場合もあります。 そんな時に覚えておきたい方法です。 もっと大きな規模で行列を書きたい時には、斜め3点ダッシュが必要になるかもしれません。 そんな時でも大丈夫。 斜め3点ダッシュも用意されています。 rは右 right のrと考えて、右肩上がりのと覚えましょう。

次の

Excel基本あらかると ショートカットキー

数式バー ショートカット

URLをクリップボードにコピーしました 経理業務でExcelを利用している会社は多いでしょう。 Excelの作業を効率的に行いたいのなら、ショートカットキーによる操作は身につけておきたいテクニックです。 ショートカットキーとは、キーボードを使ってパソコンの操作を簡単に行うための機能のことです。 しかし、全てのショートカットキーを覚えるのは大変です。 そこで、とりあえず押さえておきたい役立つショートカットキーと、ショートカットキーを利用するにあたってのポイントを紹介します。 ショートカットキーは意識して使えば使うほど手が覚えていき、操作が早くなります。 そうなるとよりたくさんのショートカットキーを利用したくなります。 ここで紹介したショートカットキーをステップに、他のショートカットキーを身につけていけば、業務処理のスピードをアップさせることができるようになります。 これが「貼り付け」のショートカットキーです。 ショートカットキー表示はすべてのコマンドに表示されるわけではなく、比較的利用頻度の高いものに表示されます。 表示される代表的なコマンド• コピー• 切り取り• 貼り付け• フィルター• Sum関数 自分が利用するコマンドはどうなっているかを確認してみましょう。 覚えておきたいショートカットキー30選 では本題に戻って、利用頻度の高いショートカットキー30個を紹介します。 右クリックと同じ動作をしますので、「右クリックキー」といいます。 ただキーボードによってはないものもあります。 ただ一つのキーで済むアプリケーションキーの方が楽ですので、キーボードについているのであれば、「アプリケーションキー」を利用しましょう。 「ショートカットメニュー」の見方 「コマンド」の横に表示されている「英字」がショートカットのためのキーとなります。 「コピー」をしたい場合は[C]をタッチします。 つまり、「アプリケーションキー」をタッチして、[C]をタッチすると選択しているセルがコピーされます。

次の