約束のネバーランド158話。 約束のネバーランド158話ネタバレ考察と感想「生まれてきた意味」(18巻収録予定)

【約束のネバーランド】最新話「第159話」ネタバレと感想【ありがとう】

約束のネバーランド158話

スポンサーリンク 前回、復活した女王VS弟ソンジュの戦いとなった約ネバ。 王族の秘密の遺伝により、女王レグラヴァリマには核が2つ存在する。 第2の核は腹にあると予測し、素早く攻撃を仕掛けるソンジュ。 しかし女王もこれまでに食らった者達の能力を操り、ソンジュを圧倒します! そんな中、ムジカは女王を恐れることなく可哀想と言い放ち……!? そして今回、女王にあなたは既に破滅していると衝撃的な言葉を告げるムジカ。 激高しムジカに襲いかかる女王ですが、その身体は過剰摂取により崩壊を始めます……! 鬼という種を変えるために生まれた、と自らが生まれた意味を語るムジカ。 鬼世界の変化を知らしめるように、崩壊する女王に別れを告げます! ということで、女王の末路とムジカとのやり取りに注目して、158話の内容をお届けしていきます! スポンサーリンク ムジカの苦悩 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」158話より引用 生まれた時から周りと違っていた、そんな自身の過去を回想するムジカ。 何を食べても変わらない形質、人肉を食べなくても失われない姿と知能。 奇跡の子と崇められたことも、代用人肉だと狙われたこともあった。 そして飢えた村々を救えた時の嬉しさ。 しかし仲間は王達により殺され、ムジカは牢の中、1人生き残ります。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」158話より引用 それ以来、700年逃げ回る日々。 なぜ私だけが違うのか。 私は特別なのか、異端なのか? 私は何者で、なぜ生きているのか。 何のために生まれてきたのか、生まれてきてもよかったのか? ムジカはそんな苦悩をずっと抱えて生きてきました。 それにしても700年前、仲間が殺された後もムジカは牢に入れられていたようですが、なぜ1人殺されなかったんでしょうか。 何らかの利用価値を見出されたんでしょうか? その後ソンジュが牢から助け出したのでは、ということは想像できます。 スポンサーリンク ムジカと女王 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」158話より引用 自分から親や仲間、全てを奪った女王と相対するムジカ。 言いたいこと、ぶつけたい想いが山ほどあったけれど、今目の前にいる女王は、ムジカの目には可哀想な存在に見えていました。 「あなたはなぜそんなにもひもじく飢えているの?」 誰より豊かで何だって手に入るはずなのに。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」158話より引用 そこでソンジュが女王との間に割って入り、ムジカを庇います! ソンジュに弾かれ、後退する女王。 ムジカはソンジュにお礼を言いますが、大丈夫だとも言います。 前回女王の化物ぶりに苦戦したソンジュは疑問の様子。 女王もムジカの言葉の真意が分からないように言います。 「何かと思えば…妾が…ひもじい?飢えている?」 それを肯定し、ムジカはきっぱりと告げていきます! いくら食べても、手に入れても、上りつめても満たされず可哀想に、憐れだと。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」158話より引用 本当は何が欲しかったのか、何を恐れているのかと問いかけるムジカ。 足りていると感じられたなら別の未来もあったはず。 際限ない欲望に囚われ、神への敬意を忘れ命を貪った結果、自らを破滅に導いてきたことにあなたは気づいていない、とムジカは言います。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」158話より引用 それに対し、くだらぬ、と切り捨てる女王。 欲望は美徳だと反論します。 欲ゆえに皆求め、動く。 欲は全てを動かす力、果てなき欲は果てなき力だと。 神や命への敬意を嘲笑い、私は誰にも謙らぬ、生まれた時から周りと違った、誰より特別なのだと女王は言います。 そして恐るるものなど何もないと叫びます! 奇しくも女王とムジカは、自分は生まれた時から周囲と違った、という同じ感覚を持っていたんですね。 自分が生まれた意味を苦悩し続けてきたムジカに対して、自分は特別だと言い切り、疑う様子もない女王、かなり対照的です。 幼い女王の姿がちらっと登場していて可愛いんですが、その足元には縛られた人間や切られた腕が。 やはり気性は当時から変わっていなさそうです。 スポンサーリンク 過剰摂取で女王破裂! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」158話より引用 妾が破滅とは笑わせる、と言う女王に、ムジカが断言します! 「いいえあなたは既に破滅している もう死んでいるのよ」 その言葉に激高した女王は爪を構えムジカに襲いかかります! 「ほざけ!吠えて死ね」 慌てるソンジュ、ムジカの名を叫ぶエマ達。 しかし次の瞬間、女王の左腕が弾け飛びます! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」158話より引用 次々と破裂は続き、何が起こったのか分からず倒れ込む女王。 ムジカはそれを過剰摂取、食べ過ぎだと告げます。 あなたの細胞はもうとっくに限界なのだと。 第2の核に特別な力はない。 女王は第1の核を潰された瀕死の状態で乱暴に、毒と大量の細胞を一度に取り込み過ぎた。 さらに食べた者達の全てをそのまま引き出せた時点で、それらを消化しきれていなかったのだとムジカは言います。 女王の破裂した腕には再び食われた者達の顔が浮かび上がり、口々に女王への恨み言や恐怖の声をあげます。 女王を蝕んでいく、どんどん肥大化していく無数の顔。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」158話より引用 「やめろ 意識が記憶が全て流れ込んでくる…!」 女王は前回までに圧倒的な力を見せつけていただけに、第2の核に特別な力がないというのは意外でした。 女王が手当たり次第に毒で汚染された死体を食らわず、退いて回復を待っていれば、完全復活も可能だったんでしょうか。 ムジカの言う通り、際限ない欲のために女王は自滅に向かってしまった形です。 スポンサーリンク ムジカが生まれた意味 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」158話より引用 流れ込んでくる他者の意識に苦しむ女王を前に、ムジカは過去、救いに訪れた村での村人の言葉を思い出していました。 「いいわねムジカ あなたはずっとあなただもの」 村の長老のような鬼も、我々は何者にもなれるが何者でもない、と言います。 飢えや退化が恐ろしい。 長く生きてさえ、どこまでが自分なのか、自分は何者か、何者になりたいのか、たまに分からなくなると。 700年ずっと、自分がこの世に生まれた意味を考え続けてきたムジカ。 そしてそれがエマ達と出会ってようやく分かった、とムジカは思います。 自分の生まれた意味を、そんな鬼という種を変えることに見出したムジカ。 「私は我ら種を変えるために生まれてきたんだ そして今こそ鬼世界は変わる時なのよ」 人間より強靭に見える鬼という生物には、食べたものの形質を得られる代わりに、自分が何者なのか非常に不安定だという苦しみがありました。 そんな鬼という種を変える。 スポンサーリンク 今度こそ女王絶命! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」158話より引用 食べた者達の顔に全身を侵食され、絶叫する女王。 クローネ、ミシェル、ギーラン……女王に食われた者達は口々に名乗っていきます。 では自分は一体何者なのか。 それすら分からなくなった女王は、頭を抱えつぶやきます。 「私は…私は誰だ」 ソンジュやエマ達が驚愕の表情で見つめる中、女王に引導を渡すムジカの言葉が静かに響きます。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」158話より引用 「あなたは食べた命に食い潰される さようなら レグラヴァリマ女王陛下」 無数の顔に覆われ、腐り溶けるように絶命した女王の骸が描かれ、158話の内容はここまでとなりました! スポンサーリンク 『約束のネバーランド』ネタバレ158-159 話のまとめ ムジカの過去と苦悩、女王とムジカの対照的な主張、過剰摂取による女王の自滅、そして絶命する女王を前にムジカが告げた、自身が生まれた意味。 ムジカと女王の対比や、自分が誰かすら分からなくなってしまった女王の憐れな最期が印象的な158話でした! ソンジュすら苦戦させ、果たして倒せるのかと思われた女王ですが、まさかの自滅という結末となりました。 王と五摂家が全滅した今、王族であるソンジュや邪血のムジカが新たに鬼達をまとめることになるんでしょうか。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」158話より引用 今回鬼という種を変えることが生まれた意味だと自覚したムジカ。 彼女を中心に鬼がまとまれば、エマ達と協力して鬼世界の変革を目指せそうです。 いよいよクライマックスが近づく中、次回も注目です!.

次の

【約束のネバーランド】最新話「第159話」ネタバレと感想【ありがとう】

約束のネバーランド158話

約束のネバーランド【ネタバレ】158話 〝邪血〟の「能力」を持つムジカは———— 700年前に自分を食べようとした「女王」と遂に対峙する!? ムジカは「女王」に なんでそんなに飢えてるのかと問い、 その「欲求」に任せて 全てを取りこんだことで 自らを「破滅」に導いたのだと 憐みの表情を見せる。 そんなムジカの言葉を一蹴し 襲おうとする「女王」の体に異変が起こる!? 突然左腕が「破裂」し、 そこから夥しい顔が生まれて 口々に叫び始めたのだ! それは次第に全身へと広がり 「女王」の体全てを飲み込んでいく!? 「あなたは食べた『命』に食い潰される。 さよなら・・・レグラヴァリマ女王陛下。 ある時は 『代用人肉(にく)』だと——— 狙われたこともあった。 けど、 飢えに苦しむ村々を 救えた時は とても嬉しかった。 でも、「女王」に目をつけられて 仲間もろとも捕まって 殺しされかけて・・・ かろうじて生き残ったのは私だけ———— そしてソンジュと一緒に・・・ 彼の力を借りて 700年の間、逃げ回っている。 (ムジカはそんな自分に問う) なぜ 私だけが違うのだろう・・・? 私は『特別』? それとも『異端』? 私は一体何者だ? なぜ生きている? (ムジカはひたすら問い続ける) 私は——— 何のために 生まれてきたのだろう? ホントに生まれてきてもよかったの? そして今——— 「宿命」の相手である「女王」と 向き合って改めて思う。 私から 親も仲間も 全てを奪った「女王」・・・ 言いたいことは いっぱいあった・・・ ぶつけたい「想い」も・ 山ほどあったけれど 今、目の前にいる彼女は———— 「可哀想に・・・」 ムジカの口から出たのは憐みの言葉・・・ 「あなたはなぜ そんなにも『ひもじく』飢えてるの?」 ムジカは 今にも自分を襲おうとする 「女王」に向かってそう問いかける。 「誰よりも豊かで・・・ 何だって手に入るあなたが——」 顔がない「女王」は ムジカのその言葉に 一瞬だけ動きを止めるのであった————!? ムジカの「過去」からスタートする 今回の「約束のネバーランド」!? 幼いムジカが その小さな背中に重すぎる「運命」を背負い それに翻弄され続ける様子が 時には奇跡的に、時には残酷に描かれる! そんなムジカは——— 「なぜ私は生まれてきたのだろう?」と 常に自問自答する。 ではこのまま「次章」へと読み進もう。 あなたはもう死んでいる ムジカの前へと 素早く飛び出したソンジュが———— ガキン!! 鋭い「槍」の一撃を 「女王」へと振り下ろす!? タンッ 「女王」は後ろに躱し飛び退く! 「大丈夫よソンジュ、 ありがとう。 」 ムジカが静かに礼を言う。 「何かと思えば・・・ 妾がひもじい? 飢えている?」 「女王」は何のことかと訝る。 「ええ。 」 ムジカは即答する。 「あなたは飢えている。 いくら食べても いくら手に入れても いくら上りつめても 満たされない。 」 「可哀想に・・・憐れだわ。 」 そして面と向かって「女王」に問い質す。 」 「くだらぬ。 」 「女王」はムジカの意見を一蹴する。 「欲望は美徳だ。 ) 「生まれた時から周りと違った。 私は誰より特別なのだ! 妾に恐るるものなど何もない!! そんな妾が破滅だと? はっ! 笑わせるわ。 もう死んでいるのよ!」 ムジカがそう断言する。 「あなたの『細胞』は・・・ もうとっくに『限界』なのよ。 」 「やはり〈第2核〉に特別な力なんてない。 あなたは『毒』と 大量の『死体』の『細胞』を 一度に取り込み過ぎた・・・ 〈一つ目の核〉を潰された瀕死の状態で 乱暴に食べ物の全てを 『そのまま』引き出した時点で———— あなたはそれらを 充分に 『消化』しきれていなかったのよ。 ) 「生まれた意味を考えた。 」 「———私は 『我ら種』(鬼)を変えるために 生まれてきたんだ。 」 そして ムジカはハッキリと言い切る。 「そして今こそ 『鬼の世界』は 変わる時なのよ!」 細かな『細胞』の粒は 「女王」の体を覆い尽くし——— その全てが「頭」となって叫び続ける! 「ぐおおおおおおお!! やめろぉオオオオオ!!」 「私はクローネ」 「私はミシェル」 「私はギーラン」 「私はドッザ」 「私はバイヨン」 「ぐ わ あ ぁ ぁぁぁぁぁ—————!?!!」 私は・・・ 誰だ・・・? 頭を抱えたまま・・・ 「女王」は思考を停止する・・・ 「あなたは——— 『食べた命』に食い潰される。 」 ムジカは静かにそう呟く。 「さようなら・・・ 『レグラヴァリマ女王陛下』。 」 ムジカの前の ほんの少し前まで「女王」だったモノは————— 体中全てを 「小さな頭の瘤」に埋め尽くされ 所々から湯気を出しながら 体中が溶け出していた。 」 という「真の答え」を見つけ出す。 そう、〈ムジカの心の旅〉は 1.その「運命」に逆らえず〈翻弄〉され、 2.700年逃亡しながら自分の存在を〈問い続け〉、 3.エマと出会って〈真の答えを見つけ出す〉。

次の

約束のネバーランド第157話【約ネバ通信VOL.57】|maesaqu|note

約束のネバーランド158話

ムジカの過去が描かれることになったわけだけど、わりとシットリとした展開だった。 自分が自分のままでいられる存在。 それこそがムジカの最大の特性だったようだね! 約束のネバーランド158話より引用 ムジカは自分が自分のままでいられる存在! で、そういった回想を経て以下、前話からの引き続きのシーン。 「なぜそんなにもひもじく飢えているの?」という問いは、女王にとって意外すぎるものだったようだ。 しかしともあれ、ここから一気に激しい戦闘になると思いきや…? 約束のネバーランド158話より引用 女王にとって意外すぎる一言! 邪血の少女として存在感を発揮したムジカ。 バトワンとしてはまだ一段階か二段階は戦いが残っていると思ってたんだけど、レグラヴァリマはこのまま崩壊することになった。 約束のネバーランドはこれにて一気にエンディングへと向かうんだろうか? 【スポンサーリンク】 過剰摂取により崩壊する女王! 過剰摂取により崩壊する女王の様子は以下。 こういう 「食い過ぎ暴走系」は、だいたいキャパが多くなりすぎて朽ちることが多い。 わかりやすい例えでいくと、ワンピースではゲッコーモリアとかが好例だったりするだろうか。 しかしともあれ、約束のネバーランドほどの作品が、ラスボスをこのように扱うのはやや疑問。 これまでのシナリオは読者の斜め上を走り驚かせてくれるエピソードも多かったし、これまでの過去を踏まえれば、この終わり方はあまりにも穏やかだ。 約束のネバーランドは別にバトル漫画ではないし、リアリティも考えれば 「それもアリ」かもしれないけど、バトワンとしてはさらに一歩踏み込んで考えていきたい! 約束のネバーランド158話より引用 過剰摂取により崩壊する女王! 原点回帰すると、約束のネバーランドはそもそも 「謎解き&鬼ごっこ」という作品。 このことを思い返すなら、本当のクライマックスはこの後に残されているのかもしれないよね。 バトって女王を倒すよりも難解な何か。 その謎解き。 しかしもしかしたら本作は、最大の謎に立ち向かう日がそこまで迫ってきているのかもしれない…!.

次の