アイビス ペイント 髪の毛 塗り 方。 アイビスペイントを使った髪の塗り方!奥行きのある影で立体感のある髪を表現|お絵かき図鑑

髪の毛の塗り方

アイビス ペイント 髪の毛 塗り 方

1.紙に下描き(下絵)を描く それでは早速絵を描いていきます。 鉛筆やシャーペンで、紙に好きな絵を描きましょう。 「え、ibisPaint(アイビスペイント)は使わないの?」と思うかもしれませんが、実はibisPaint(アイビスペイント)は、 カメラで撮った絵を、下絵として使えるんです。 これってすごいですよね。 下描きをスマホに描くって結構大変なので、紙で描けるのはありがたいです。 勿論ibisPaint(アイビスペイント)に下描きしていっても良いのですが、私は紙に描くことをおすすめします。 こんな感じで下描きが完了しました。 この記事のアイキャッチ画像(記事の一番上に表示される画像のことです)に使いたかったので、絵を描いている女の子にしてみました。 私は左向きの顔と、手を描くのが苦手なので、なるべく積極的に描くようにしています。 後はお好みで配置や拡大・縮小をして調整します。 ペン入れ(線画)の準備 下絵の色を薄くする 先ほど取り込んだ下絵の色を、薄くしていきます。 これをすることで、ペン入れをするときに下絵の線とごっちゃにならずに済みます。 うっすら見えるくらいまでに調整しましょう。 新規レイヤーを、下絵の上に追加する:レイヤーとは? 新規レイヤーを下絵の上に追加して、ペン入れをしてきます。 ここで、 レイヤーについて説明しておきます。 レイヤーとは、日本語で「層」という意味です。 一つ一つのレイヤーは透明で、デジタルイラストは、このレイヤーを何枚も重ねて描いていきます。 「下描き」「線画」「色塗り」「影・ハイライト」など、レイヤーを分けることで、それぞれの色が混ざりません。 また、レイヤーは重ねる順番が決まっていて、下絵(写真)の下にレイヤーを追加しても、そのレイヤーの色は見えません。 ・線が震えても気にしない(補正してくれる&後から修正できる) ・手の側面にタオルなどを敷く ・途切れてしまった線は、つなぐ 線が震えても気にしない 線が震えても、 気にしないでとりあえず描いてしまいましょう。 手ぶれ補正がかなりいい仕事をしてくれますし、後からでも線の修正をすることができます。 手の側面にタオルなどを敷く また、スマホでお絵描きをすると、慣れない内は 「手の側面が画面についてしまって、変な線を描いてしまう」ことが多々あります。 これを防ぐためにも、手の側面に タオルを置いて、手をスマホ画面につけないようにしましょう。 手も安定するから、描きやすくもなりますよ。 途切れてしまった線は、つなぐ 途切れてしまった線は、つなぐようにしましょう。 これは、のちの色塗りの際に必要な作業です。 色塗りは 「塗りつぶし」で、パーツを一つずつ塗りつぶしていくのですが、この時に途切れた部分があると、パーツ外も塗りつぶされてしまいます。 ただ、最初から 「線を途切れないようにしなければ…」とガチガチに描いてしまうと、自然な線が描けなくなってしまいます。 途切れた線は後からつなぐことができるので(後述します!)、 「意識しておく」程度でOKです。 線を修正する 途切れてしまった線や、がたがたになってしまった線は、 「拡大」を駆使して修正しましょう。 後からまとめて修正しても良いのですが、「修正し忘れ」が出てきてしまう可能性があるので、私はその都度修正するようにしています。 このように線が途切れてしまったところは、思いっきり拡大して、そっとつなぎます。 ペンの太さは若干細目にしておくと、自然につなぐことができますよ。 こんな風に、線が途切れまくっても、気にせずにとりあえず描いてしまいます。 画面左下のアイコンを選択することで、消しゴムに切り替えることができます。 こんなガタガタの線でも… 消しゴムで消して、線を継ぎ足せば、 修正することができました! 線画はこんな感じで、 「描いて」「拡大して」「修正」を繰り返していきます。 私はこういうことが良くあるので、左右反転チェックは欠かせません! デッサンの狂いを見つけたら、ここで修正しておきましょう。 この作業をするだけで、完成度が全然違いますよ! ペン入れ(線画)完了! 最後に小物(絵具と筆)を描いて… こんな感じで線画が完了しました。 まとめ ~ペン入れ(線画)は地道な作業の繰り返し~ 今回は、ibisPaint(アイビスペイント)での、線画完了までの工程をお届けしました。 いかがでしたか?初心者による拙い解説でしたが、参考にしていただけたら嬉しいです。 ペン入れって本当に 地道な作業です。 最初のうちは、線が上手く引けなくて嫌になってしまうかもしれません。 (私はそうでした…笑) でも何度も繰り返していくうちに絶対に慣れていくので、とりあえずたくさん描いてみましょう。

次の

【メイキング】デジタルイラスト初心者がibisPaint(アイビスペイント)で線画を完成させるまで|弱く生きる

アイビス ペイント 髪の毛 塗り 方

スポンサーリンク アイビスペイントのレイヤーってどんな意味があるの? デジタルで絵を描く時に欠かせないのがレイヤー機能です。 これを活用することで、アナログで描くよりとてもカンタンに絵を仕上げられますよ。 ガラス板でも、プラスチック板でもかまいません。 その透明な板に絵を描くと、 絵が描いてある部分以外は透けて下が見える状態ですよね。 その板の上に、もう一枚透明な板を重ねて絵を描いたら、どうなると思いますか? そうです。 上の板の絵が描いてある部分以外には、下の板の絵が透けて見えていますよね。 板の順番を反対にすれば、上に来る絵が変わって、下の板の絵は上の絵と重ならない部分だけが見える状態になります。 この 透明な板の役割がレイヤーなんです。 例えば、レイヤーを2つ作ってみます。 上から順番に、 線画レイヤー 色塗りレイヤー としておくと、どんなに乱暴に色塗りをしても、線画は常に前面に表示されているので、 消えることはありません。 (クリックで再生) このレイヤーを使えば、背景、線画、色塗り、文字入れなどを分けて描くことができ、それぞれに干渉しないので好きなだけ描き直したり、位置を変えたりなどの編集ができるようになります。 活用すれば、より「楽」に絵が描けるんですよ! そして、レイヤーを使うときに便利な機能は他にもあります。 これを覚えると非常に便利なので早速使ってみましょう。 クリッピングとは? レイヤーが2つ以上ある時、上にある方のレイヤーを下のレイヤーにクリッピングすることができます。 その状態で上のレイヤーに絵を描くと、 下のレイヤーに絵が描いてある部分だけに描かれて、そこからはみ出すことはありません。 これを利用して、影や服の模様などを描くと便利ですね。 例えば、肌の色だけを塗ったレイヤーの上に新規レイヤーを作りクリッピングして影を塗るとか。 これなら他の部分にはみ出さないし、失敗しても影レイヤーだけを描き直せるのでオススメです。 不透明度ロックとは? これは、選択したレイヤーの不透明度(少しでも絵が描いてあるところ)をロックして、 その部分にだけ絵を描けるようにする機能です。 逆に 何も描いていない透明な場所には描画ができないようになります。 クリッピングと似たような感じですが、こちらは 同じレイヤーの中で描くので、失敗したらやり直したいという場合には不向きです。 なので、例えば「線画の色を変えたい場合」などにはオススメですね。 線画レイヤーの不透明度をロックして、サイズ大きめにしたお好きな色のブラシでざーっとなぞれば、簡単に色を変えることができます。 もちろん、部分部分で線の色を変えることもできますしね。 これをタップすると、乗算やスクリーンなど、たくさんの項目が出てきますよね。 これってどういう意味なんでしょうか? このブレンドモードを変更すると、今までのように描いたものがそのまま表示されるのではなく、 ちょっと違った効果が出ます。 例えば、肌色を塗った後、上にレイヤーを作ってその肌色のまま普通に塗っても、同じ色ですからわかりませんよね? そこで、上のレイヤーを乗算または焼き込みカラーにして、同じように塗ってみてください。 どうですか? 影のように暗い色になりましたよね。 逆に、スクリーンや覆い焼きにすると、薄い色や白になると思います。 ちょっとわかりにくいですが、 この画像 の星の部分のブレンドモードを変えてみた画像がこちらです。 色によって見え方がまた違ってくるので参考になるかわかりませんが、こんな感じでそれぞれ違います。 どんな場面で利用するのかは人によると思いますが、例を上げるなら、• 簡単に影を付けたいときは乗算か焼き込み• 簡単にハイライトを入れたい時はスクリーンか覆い焼き• 光っている感じを出したい時は加算・発光 といった感じでしょうか。 色々試してみて、自分なりの使い方を見つけてみてください。 まとめ どうでしょう、少しはレイヤーについてわかりましたでしょうか。 レイヤーというのは透明な板で、パーツごとに分けて重ねることで1枚の絵として完成します。 これを利用すると、背景と人物を分けて描くことができたり、一つの失敗が作品全体の失敗にならず描き直せるので、とっても便利ですね。 ただ、 絶対にレイヤーを使わなきゃいけないという事はありません。 厚塗りをされる方なんかは、1枚のレイヤーだけで描かれますしね。 難しかったら最初は「線」と「色塗り」の二つに分けるだけでもいいと思います。 使いながら追々慣れていけばいいんじゃないでしょうか。

次の

【初心者用】手が込んで見える簡単な目の塗り方【アイビスペイントx】

アイビス ペイント 髪の毛 塗り 方

株式会社セルシスが監修した、CLIP STUDIO PAINT PRO唯一の公式ガイドブック 予備知識がゼロでも、表現したい気持ちさえあれば大丈夫! インストールの手順にはじまり、基本的な操作や環境設定から、わかりやすく丁寧に解説しています。 また、プロクリエイターによる作例のメイキングを通して、ビギナーがつまずきがちなポイントもフォローし、実践的な技術もしっかりと習得できます。 画像の加工やロゴデザインの作成など、デザインワークで役立つテクニックも多数掲載。 作例データをダウンロードし、レイヤー構造や設定を紙面と照らし合わせることもできます。 CLIP STUDIO PAINT PROの多彩な機能を使いこなして、もっと自由に創作できる、エントリーユーザー必携の入門書です! 華やかな瞳にするテクニック 記事内ナビゲートキャラクターイラスト:はとはね 瞳が描き上がるまで 作例で瞳を描き込んで完成させるまでを見ていきましょう。 まつ毛は瞳を飾る役割のほか、その濃い色が見る人の視線を誘導します。 これ以降、ほとんどの塗りは[不透明水彩]ツールを使います。 POINT 不透明水彩の設定 作例では[不透明水彩]は[サブツール詳細]パレットで[下地混色]の設定を オフにしています。 そうすると、描画時に下地の色が混ざらない設定になります。 キャラクターイラストの場合、瞳の 上のほうを濃く塗ることが多いです。 [不透明水彩]を使い弱い筆圧で描いたところは、やや半透明になります。 これを利用して、反射光の透明感を出したいところは筆圧を弱くして不透明度をコントロールします。 [Gペン]なので、くっきりと色が出ます。 筆圧の加減で濃淡を出して、ハイライトの端を少しにじませます。 ハイライトを入れるとキャラクターの表情も生き生きしてきます。 瞳の塗りの完成です! 美しいツヤのある髪を塗る 髪の塗りができるまで 髪の塗りについて作例で解説します。 さまざまな髪の塗り方がありますが、一例として参考にしてください。 修正するときも 透明色にした[不透明水彩]で行います。 ところどころのエッジを、透明色を使った[柔らか]でぼかします。 最も明るい色は白を描画色にしました。 すべて[不透明水彩]で塗っています。 何本か書き加えると、軽い髪のサラサラした感じが出せます。 髪の塗りの完成! CLIP STUDIO ASSETSの髪色カラーセット CLIP STUDIO PAINTで使える素材サービスでは、セルシス公式から無料素材「」が公開されています。 右上の「ダウンロード」をクリックしてダウンロードします。 CLIP STUDIO PAINTを起動し、[カラーセット]パレットの右上にある[カラーセット素材の読み込み]アイコンをクリックします。

次の