オコジョ 画像。 オコジョ

ホンドオコジョ

オコジョ 画像

ネコ目イタチ科に分類されるイタチの一種で、日本では「ヤマイタチ」と呼ばれることもあります。 分布範囲は広く、北米、ヨーロッパ、アジアの中北部に生息。 オスは体長16~33cmほど、体重150~320gで、メスはこれよりも一回り小さいサイズです。 長い胴体と短い足が特徴で、強い跳躍力をもつ後ろ足が前足よりも長くなっています。 1年間に2回毛が生え変わるので、夏場と冬場で見た目が変わるのが特徴です。 夏場の背中は茶色く、腹部は白色。 一方の冬場は全身が白くなります。 尻尾の先は通年をとおして黒いのもポイントです。 主に食べるのは野ネズミや魚。 時には自分よりも大きな野ウサギやライチョウを襲って食べることや、トカゲや昆虫類を食べることもあるようです。 寿命は野生下で1~2年ほどと短いですが、飼育下では7年生きたという報告があります。 実は35以上の亜種が存在しています。 ここでは日本に生息している2種をご紹介しましょう。 ホンドオコジョ その名のとおり「本土」である東北地方や中部地方に生息しています。 体長は18~20cm、体重は200gとオコジョのなかでも小さめ。 基本的には単独行動をしていて、各個体が縄張りをもっています。 長野県の志賀高原では「山の妖精」と呼ばれていて、県が指定する天然記念物に登録されています。 白馬や志賀高原では野生の個体を見ることができるそうです。 エゾオコジョ 北海道とロシアの極東に生息しています。 ホンドオコジョよりも一回り大きく、体長は24cmほどです。 乱獲が原因で、2種とも準絶滅危惧種に指定されています。 オコジョの性格は?かわいいのに気性が荒い? 著者の太田達也は動物写真家で、野生動物に魅了され「生命の絆」をテーマに撮影の旅を続けています。 本書は、そんな彼の自然への畏敬と愛情を感じられる写真集です。 オコジョをはじめ、シカやモモンガ、リス、フクロウなど森をすみかにしている動物たちの姿が収められています。 じっとこちらを見つめていたり、ユーモラスなポーズをしていたり……見ているといつのまにか作品の世界に取り込まれているように感じるでしょう。 かわいさはもちろん、彼らが暮らしている森の美しさも圧巻です。 神秘的にも思える自然界に触れてみてください。 森の妖精とも呼ばれるオコジョを紹介しました。 そのかわいらしい見た目とは裏腹に気性が荒いところや、夏と冬で見た目が変わるなど、ギャップがたくさん。 野生の個体を目にするのはなかなか難しいので、ぜひご紹介した2冊でその魅力に触れてみてください。

次の

【オコジョ】可愛すぎ!日本での生息地と面白い伝説!ペットにできる?

オコジョ 画像

ネコ目イタチ科に分類されるイタチの一種で、日本では「ヤマイタチ」と呼ばれることもあります。 分布範囲は広く、北米、ヨーロッパ、アジアの中北部に生息。 オスは体長16~33cmほど、体重150~320gで、メスはこれよりも一回り小さいサイズです。 長い胴体と短い足が特徴で、強い跳躍力をもつ後ろ足が前足よりも長くなっています。 1年間に2回毛が生え変わるので、夏場と冬場で見た目が変わるのが特徴です。 夏場の背中は茶色く、腹部は白色。 一方の冬場は全身が白くなります。 尻尾の先は通年をとおして黒いのもポイントです。 主に食べるのは野ネズミや魚。 時には自分よりも大きな野ウサギやライチョウを襲って食べることや、トカゲや昆虫類を食べることもあるようです。 寿命は野生下で1~2年ほどと短いですが、飼育下では7年生きたという報告があります。 実は35以上の亜種が存在しています。 ここでは日本に生息している2種をご紹介しましょう。 ホンドオコジョ その名のとおり「本土」である東北地方や中部地方に生息しています。 体長は18~20cm、体重は200gとオコジョのなかでも小さめ。 基本的には単独行動をしていて、各個体が縄張りをもっています。 長野県の志賀高原では「山の妖精」と呼ばれていて、県が指定する天然記念物に登録されています。 白馬や志賀高原では野生の個体を見ることができるそうです。 エゾオコジョ 北海道とロシアの極東に生息しています。 ホンドオコジョよりも一回り大きく、体長は24cmほどです。 乱獲が原因で、2種とも準絶滅危惧種に指定されています。 オコジョの性格は?かわいいのに気性が荒い? 著者の太田達也は動物写真家で、野生動物に魅了され「生命の絆」をテーマに撮影の旅を続けています。 本書は、そんな彼の自然への畏敬と愛情を感じられる写真集です。 オコジョをはじめ、シカやモモンガ、リス、フクロウなど森をすみかにしている動物たちの姿が収められています。 じっとこちらを見つめていたり、ユーモラスなポーズをしていたり……見ているといつのまにか作品の世界に取り込まれているように感じるでしょう。 かわいさはもちろん、彼らが暮らしている森の美しさも圧巻です。 神秘的にも思える自然界に触れてみてください。 森の妖精とも呼ばれるオコジョを紹介しました。 そのかわいらしい見た目とは裏腹に気性が荒いところや、夏と冬で見た目が変わるなど、ギャップがたくさん。 野生の個体を目にするのはなかなか難しいので、ぜひご紹介した2冊でその魅力に触れてみてください。

次の

5分でわかるオコジョの生態!かわいいのに気性が荒い⁉生息地や特徴を解説

オコジョ 画像

出典:PIXTA 日本に生息するオコジョのもう1亜種が「エゾオコジョ」です。 俗称はエゾイタチといいます。 ホンドオコジョに比べると、エゾオコジョの方が大きいのが特徴のひとつです。 冬眠はしないで1年を通して活動する動物です。 エゾオコジョの生息地 エゾオコジョは、北海道の山岳地帯に生息しています。 以前は平地でも見られましたが、乱獲の影響により数が減少し、現在では見られなくなっています。 主に単独で生活し、ネズミや両生類などの動物食のほか、木の実なども食べます。 かわいいからペットにしたい!? 見た目の愛らしさから、ペットにして一緒に暮らしたいと思う人も多いかと思います。 はたしてそれは叶うのでしょうか!? ペットにはできません!.

次の