サンフレッチェ 北村。 稲垣祥

Jリーグ

サンフレッチェ 北村

新しいサッカースタジアムの建設について協議する県や広島市など4者によるトップ会談が先ほど行われ、建設予定地を中央公園広場の西側にすることなどを盛り込んだ基本計画が策定されました。 サッカースタジアム建設推進会議には、湯崎知事や広島市の松井市長、広島商工会議所の池田会頭など4者が出席し、基本計画案が了承されました。 基本計画案では、広島城などへの回遊性や地下の埋蔵文化財などに配慮するため、スタジアムを中央公園広場の西側に建設するとしており、当初およそ190億円とされていた概算の事業費が、230億円から270億円に増額するとしています。 また、市民から募集した意見を反映して、広場エリアに子どもの遊び場を確保するなどの案が前回の素案に加えられています。 スタジアムは3万人規模で2024年の開業を目指しています。 【松井市長】 「広島市の活性化にも資するし、県全般街づくりの象徴的な取り組みという位置づけ。 最終完了年に向けて、確実な作業をしていくためにも引き続き4者、関係者の協力をお願いしたい」 広島城の遺構があるとか、近隣住民への配慮が必要とか、不安になる話が続いていたのですが、意外とすんなりと西寄りに配置できることになりました。 ツイッターの反応 こんな状況下でもちゃんと進んでるようで何より sanfrecce — bale GarethFB 広島の新スタ計画がいよいよ現実味を帯びてきたなぁ ガンバや京都、長崎などの新スタ計画が出るたびに「一方で広島は….. 新スタジアム基本計画を決定 広島市など4者で合意(HOME広島ホームテレビ) — ショウジ shoji0515 信じていいんだな!? sanfrecce 広島のサッカー場、3万人規模に トップ会談で基本計画決定 24年の開業目指す(中国新聞デジタル) — Hiroshi hiroshiii1224 広島の フットボールスタジアム 建設が順調に進捗してるのが嬉しい反面、何か落とし穴があるような疑心暗鬼なこの気持ち… RT— 大人さいと adultsaito グリーンアリーナの北側にサッカー場が出来るんだ。 街中に作るのはさすがだ広島市RT— ライコピン lycopene212 広島市サッカースタジアム、事業費230-270億円の見込みに。 現在エディオンが30億円、マツダが20億円寄付申し出。 絶対生き抜いてやる。 — ヒロタカコイケ supporterSHFC• 13,305• 734• 871• 1,000• 1,261• 929• 1,204• 961• 1,070• 432• 673• 857• 958• 1,052• 1,160• 937• 1,161• 829• 470• 9,654• 577• 580• 374• 704• 331• 751• 739• 346• 674• 581• 750• 347• 753• 671• 475• 272• 530• 452• 336• 779• 601• 111• 2,289• 128• 536• 114• 308• 474• 104• 1,118• 227• 1,905• 1,588 月別.

次の

サンフレッチェ北村の解説するっち。鹿島アントラーズ戦

サンフレッチェ 北村

昨日エディオンスタジアム広島で行われたJ1リーグ戦第5節で、サンフレッチェは終盤の猛攻も及ばずC大阪に1-2で敗れ、順位を9位に下げました。 永井が古巣相手に今季初先発し、ツートップの布陣で戦いました。 ファーストシュートはセレッソで、8分にロングパスを受けた都倉が反転して打ってきます。 また9分にもCKのこぼれをシュート。 広島は16分にレアンドロ・ペレイラの守備から川辺が飛び出す、と言うシーンを作りましたが、それ以外の時間はプレスが嵌まらずセレッソにボールを支配されます。 そして前半19分、坂元がキックフェイントで清水をかわして低いクロス。 これに佐々木が触れたもののクリアしきれず、そのままオウンゴールとなってしまいました。 その後広島も反撃に出て、21分には永井がシュートを放ちましたがブロックされますが、36分には清武のFKがクロスバーを直撃する、と言うシーンを作られます。 広島は42分に右サイドでのパス交換からチャンスを作り、最後は青山がミドルシュートを放ったもののGKに防がれ、1点のビハインドで前半を終えました。 後半の頭からドウグラス・ヴィエイラと藤井を投入して流れを変えようとする城福監督。 しかし4分に川辺が奪われC大阪のショートカウンターとなって、最後は藤田が林の股を抜いてシュートを決められてしまいます。 しかし広島もその直後に森島のスルーパスで抜け出したドウグラス・ヴィエイラがヨニッチに倒されPKをゲット。 これを自ら蹴って決めて、再び1点差に詰め寄りました。 その後城福監督は茶島を右WBに入れ、ハイネルを中央に移して攻勢を強めます。 そして13分にはレアンドロ・ペレイラが強引に突破してシュートしましたが枠外。 27分にもレアンドロ・ペレイラが抜け出してシュートしましたがGK正面に行ってしまいます。 セレッソもセットプレーとカウンターから追加点を狙いに来て、18分には坂元のヘッドがクロスバーを叩き、30分の坂元のシュートも枠を外れて助かります。 後半の後半は広島がほぼ一方的に押し込み、31分には野津田、ハイネルが続けざまにシュートしましたがキム・ジンヒョンがセーブ。 33分のドウグラス・ヴィエイラのシュートもDFに当たります。 更に34分の青山の強烈なミドルも、38分のレアンドロ・ペレイラのドリブルからのシュートもキム・ジンヒョンの牙城を破ることができません。 後半アディショナルタイムにもレアンドロ・ペレイラが、佐々木がヘッドで狙いましたがネットを揺らすことができず、久々のホームのサポーターに勝利を届けることはできませんでした。 今季初めて3-5-2でスタートしたサンフレッチェ。 前からの守備でボールを奪う、と言う形を狙っていたものの、上手くいったのは前半16分のシーンぐらい。 むしろ中盤のスペースを埋めることができずにボールを回され、ずるずると下がってしまうシーンが目立ちました。 また失点シーンもこれまでには無かった形で、守備と攻撃のバランスがうまく取れていなかった印象を持ちました。 大分戦、鳥栖戦と内容が悪くなって行く中で結果も出なくなったサンフレッチェですが、選手を入れ替え戦術を変えてみたもののうまくいかなかった、と言うことではないかと思います。 ただその一方で、2点目を取られた後にすぐに1点を取り返し、その後は圧倒的にボールを支配して攻め続けたことはポジティブに考えて良いように思います。 やはり今季の基本戦術は前からのプレスで、それもチーム全体が連動して動くこと。 過密日程と暑さでペースを落とさざるをえない時間帯があるのは止むを得ないとしても、やはりチーム全体が思いきって戦いを挑むことが重要だと言うことが、改めて分かったのではないでしょうか。 この試合でも途中から出場した藤井、茶島、野津田らがチームを活性化させましたが、先発の11人だけでなくベンチスタートのメンバーや、この日はベンチ外だったメンバーも含めてこころを一つに強い気持ちで戦うことが、3試合連続勝ち無しの苦境から脱する一番の道なのではないかと思います。 次の試合はまた3日後なので、コンディションの良い選手を見極めて、戦えるチームを送り出して欲しいと思います。 ブログ速報 ゲキサカ 日刊スポーツ サッカーダイジェストWeb によるとサンフレッチェの左WBの先発に予想されているのは清水。 またGKも林が2試合連続で起用される可能性が高そうです。 一方のC大阪は前節名古屋戦と同じメンバーが先発に予想されています。 お互いにベストメンバー同士の戦いとなりますが、ポイントとなるのは交代選手。 特にC大阪で育った永井の古巣相手のプレーが試合を決めることになるかも知れません。 今日の試合会場はエディオンスタジアム広島で、午後7時キックオフ。 当日券の販売も予定されていますが現地では買えないので、で購入してご来場下さい。 また今日もネットからの「リモート応援システム」を実施しますので、スタジアムに行けない方はからご参加下さい。 今日も試合中継はDAZNのみで、での速報も行いますので、スタジアムに行けない&DAZNを見れない方はそちらをどうぞ。 明日はJ1リーグ戦第5節。 サンフレッチェは5ヶ月ぶりに観客を入れて、C大阪とのホームゲームを戦います。 ロティーナ監督が率いて1年目の昨年は右肩上がりに内容も結果も向上し、最終的には5位に入ったC大阪。 今季はこの流れを継続して、リーグ優勝を目指してチーム作りを進めてきました。 そしてその結果は出てきていて、開幕から3連勝で3位に付けています。 今季の公式戦の戦績は次の通り。 やや選手層の薄さを露呈したC大阪ですが、しかし中5日で迎える明日のゲームはベストメンバーで来るはず。 首位奪還を目指して、必勝体制で広島に乗り込んでくるのではないでしょうか。 対するサンフレッチェですが、こちらも中5日と言うことで、レギュラーメンバーで戦うものと思われます。 と言うことで予想メンバーは次の通り。 林 野上 荒木 佐々木 青山 川辺 ハイネル 浅野 ドグ 森島 ペレイラ SUB:大迫、井林、清水、藤井、野津田、東、永井 大分に痛恨の逆転負けを喫し、鳥栖とはスコアレスドローに終わったサンフレッチェ。 ここからまた中3日で3試合を戦わなければならないことを考えると、初戦に勝って流れを取り戻したいところです。 明日は久々のホームのサポーターの声援を受けて、チーム全員で勝利を目指して欲しいと思います。 先週発売された「紫熊倶楽部」8月号 Vol. 270 を紹介します。 トップ記事は神戸戦の先発メンバーの写真を使って、「リモートマッチ」としてようやく再開したリーグ戦の雰囲気を書いています。 そして特集で取り上げているのはドウグラス・ヴィエイラとエゼキエウ。 コロナウイルス禍のためサッカーができず、また家族が来日できないため孤独に苦しんだ日々をどう乗り越えたか。 リーグ戦の再開によって「暗いトンネルに光が射したような気がする」と言う言葉が、彼らが経験した苦境を物語っていると言えるでしょう。 厳しい真夏の連戦をどう乗り切るか、と言う記事と「アウェイ見聞録・神戸編」及び「READERS AREA」を挟んで、後ろのカラーページでは「サンフレッチェを支える人々」として山陽木材の徳井良信社長とフレスタの渡辺裕治部長を紹介。 また「走れて、戦えて、知性も輝く新8番」として川辺駿選手を、「新しいポジション そして、新しい家族」として野津田岳人選手を取り上げています。 「MATCH REPORT」は第2節神戸戦。 そして最後はいつものように「SIGMA CALENDER」と「紫熊短信」となっています。 サンフレッチェオフィシャルマガジン「紫熊倶楽部」は税別360円。 ホームゲーム会場と広島県内の大手書店等でご購入下さい。 また通販はからどうぞ。 日本サッカー協会は先週U-19日本代表候補を発表し、広島からは鮎川が、また広島ユース出身の山崎も選ばれました。 今回選ばれたのは次の30人。 【GK】山田(鹿島)、鈴木彩(浦和)、野澤(FC東京) 【DF】山崎(順天堂大)、田平、西尾(C大阪)、三原(愛媛)、 加藤聖(長崎)、バングーナガンデ(FC東京)、半田(山形)、 畑(湘南)、鈴木海(磐田U-18)、佐古(東京Vユース)、 中野(鳥栖U-18) 【MF】本田、松岡(鳥栖)、柴田(湘南)、小田(神戸)、 松本(C大阪)、鮎川(広島)、鈴木唯(清水)、荒木(鹿島)、 武田(浦和)、成岡(清水ユース)、田中(湘南U-18) 【FW】大森(順天堂大)、晴山(町田)、斉藤(横浜FC)、染野(鹿島)、 唐山(G大阪) この年代の代表の活動は昨年12月のU-18のトレーニングキャンプ以来で、山田、田平、西尾、三原、バングーナガンデ、加藤、半田、畑、鈴木海、中野、小田、松本、鮎川、成岡、大森、晴山、唐山の17人がその時に続けての選出となっています。 このメンバーは土曜日からトレーニングを行っていますが、によると13人はクラブでの活動を優先して昨日から合流したとのこと。 キャンプは明日までで、10月に開催されるU-19アジア選手権のメンバー入りを争います。 昨日アウェイで行われたJ1リーグ戦第4節はスコアレスドローに終わり、6位に後退しました。 林、東と清水が今季初めて先発して、以下の布陣で戦いました。 序盤は広島の高い位置からのプレスが効いてペースを握ります。 4分には森島のパスからハイネルが打ちましたがわずかに外。 続いてCKから青山がミドルを放ちましたが枠を捉える事ができません。 6分には森島からのパスからレアンドロ・ペレイラが決定機を迎えましたがDFに防がれます。 その後は鳥栖が反撃を開始し、21分には小屋松がハイネルをかわしてシュートしましたが野上がブロック。 25分にはロングパスで抜け出した小屋松からチアゴ・アウベスに決定機を作られます。 飲水タイムの後も鳥栖に攻め込まれるシーンが続き、42分にはチアゴ・アウベスのクロスに豊田が飛び込みましたが林が好反応で防ぎます。 逆に42分には清水のクロスからレアンドロ・ペレイラがヘッドで狙ったものの枠をとらえることができず、じりじりした展開でハーフタイムを迎えました。 後半に入ると広島はパスミスが目立つようになり、鳥栖に攻め込まれるシーンが増えます。 後半13分にドウグラス・ヴィエイラと藤井を投入すると、16分には藤井の突破からクロスがレアンドロ・ペレイラに通りましたがシュートはGKにキャッチされます。 鳥栖も選手交代で攻撃のピッチを上げてきて、19分には代わったばかりの原川が危ういシュートを放ちます。 広島も後半30分には野津田と永井が投入し、37分には野津田が決定的なシュートを放ちましたがわずかに枠外。 41分には青山のスルーパスでドウグラス・ヴィエイラがGKとの1対1のシーンを作りましたが、シュートは枠を捉える事ができません。 最後は野津田のCKにドウグラス・ヴィエイラが合わせたものの枠外に外れ、両者無得点で痛み分けに終わりました。 林卓人、清水、東を先発で起用してきたサンフレッチェは序盤は良い形で試合を進めることができました。 そして高い位置でのボール奪取やパスワークでチャンスを作ることができたのですが、しかしその時間帯は長続きせず。 前半の後半から相手にチャンスを作られるようになり、後半の前半はずっとボールを支配されて苦しい時間となりました。 後半途中から藤井、野津田、ドウグラス・ヴィエイラらを投入してビッグチャンスを作ったのは良かったと思いますが、そこまでの時間帯は鳥栖の流れ。 こちらが高い位置でボールを奪ってハーフカウンターを狙ってくるとそこを凌いで押し返す、と言う鳥栖の狙い通りの試合だったと言えるかも知れません。 そのような展開の中では勝点1でも確保できたのは、長い目で見れば良かったと言えるように思います。 ここまでのサンフレッチェの戦いを観る限りでは、レギュラーが万全の状態で戦った時にはJ1リーグ屈指のクォリティを持っている、と言っても良いと思います。 ただ、やはり問題は真夏の過密日程。 連戦で選手の運動量が落ち、ミスも増えればチーム全体のパフォーマンスが落ちるのは避けることができない、と言うことが明らかになりました。 後半41分の青山のスルーパスが決定機を作ったように疲れていても質の高いプレーができる選手がいるのは確かですが、しかし11人で90分を戦うのがサッカー。 トータルで高いパフォーマンスを発揮できる選手を起用することが、今後ますます重要になるに違いありません。 ブログ速報 ゲキサカ 日刊スポーツ サッカーダイジェストWeb 明日はJ1リーグ戦第4節。 サンフレッチェはアウェイでサガン鳥栖と対戦します。 フェルナンド・トーレスらビッグネームを獲得してタイトルを狙いに行っていた鳥栖でしたが、成績は上がらず最終節でJ1残留を決める、と言う苦しいシーズンを送りました。 そして今季は経営危機もあって方針を転換し、若手中心のチームに切り替えようとしています。 今季のこれまでの戦績は次の通り。 ここまで公式戦4試合を戦って得点無しと深刻な得点力不足に陥っている鳥栖。 明日は久々にサポーターの前で戦えるだけに、まずは得点を取って勢いに乗りたいと言う気持ちで戦いを挑んでくるのではないでしょうか。 対するサンフレッチェですが、先発を1人入れ替えただけで戦った大分戦は途中から運動量が落ちたことを考えると、ある程度選手を入れ替えてくる可能性が高そうです。 大迫 野上 荒木 佐々木 柴崎 川辺 茶島 浅野 エゼキエウ 東 永井 SUB:林、井林、ハイネル、ドウグラス・ヴィエイラ、藤井、森島、レアンドロ・ペレイラ 昨年全試合に出場した柏が負傷し、出場停止の1試合を除いて全試合フル出場だった野上が足を攣って途中交代を余儀なくされたところを見ても、夏場の連戦は予想していた以上に選手の身体に負担をかけるのは間違いないところ。 明日はベンチ入りメンバーも早め、早めに準備して、全員の力で厳しい試合を乗り切って欲しいと思います。 このピースマッチは広島が被爆地で活動するクラブチームとして、サッカーを通じて核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けた発信を行って行くもので、一昨年の長崎戦、昨年の札幌戦に続いて3回目となります。 これまでは「平和祈念ユニフォーム」を用意してプレーしていましたが、今季は新型コロナウイルスの影響で平和祈念ユニフォームの生産は行わず、今季の1stレプリカに「86 HIROSHIMA」の番号加工をしたものを期間限定で販売するとのこと。 価格は大人用が税込で14,300円、ボーイズが9,900円、番号加工代が4,620円。 売り上げの一部は原爆ドーム保存事業等基金に寄付するとのことですので、ぜひご協力下さい。

次の

稲垣祥

サンフレッチェ 北村

所属クラブ [ ]• 小坪少年サッカークラブ• 星月サッカークラブ• 読売日本サッカークラブJr• 2003年 - 2004年• 2005年 - 2008年• 2009年 - 2012年• 2013年4月 - 2014年 個人成績 [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 日本 リーグ戦 期間通算 23 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 25 10 0 - - 10 0 7 東海1部 7 0 - 0 0 7 0 31 1 - 2 0 33 1 35 0 - 2 0 37 0 13 1 - 1 0 14 1 JFL 32 1 - 0 0 32 1 26 0 - 4 0 30 0 J2 4 0 - 0 0 4 0 7 東海1部 - 通算 日本 J1 0 0 1 0 0 0 1 0 日本 J2 39 0 - 2 0 41 0 日本 JFL 89 2 - 6 0 95 2 日本 東海1部 7 0 - 0 0 7 0 日本 東海2部 10 0 - 0 0 10 0 日本 北信越1部 13 1 - 1 0 14 1 総通算 158 3 1 0 9 0 168 3 代表・選抜歴 [ ]• 1998年 神奈川県選抜、神奈川県国体選抜 指導歴 [ ]• 2013年8月 - 2014年 コーチ(選手兼任)• 2014年 - 2016年 FC岐阜SECONDコーチ• 2017年 - コーチ• 2017年8月 - 脚注 [ ] [].

次の