漏電 ブレーカー 仕組み。 漏電遮断器の原理がわかる!1アンペアも見逃さないその仕組みとは!|生活110番ニュース

あなたは説明できる?配線用遮断器と漏電遮断器の原理や違い・使い方

漏電 ブレーカー 仕組み

漏電ブレーカーの仕組みとテストボタンがついている理由 みなさんは分電盤の中にある「漏電ブレーカー」の役割をご存じでしょうか?ブレーカーの中では目立たない漏電ブレーカーですが、じつは家の中で漏電が発生した場合、電気を遮断して私たちに漏電を知らせるてくれる大切な役割をもっています。 漏電ブレーカーの中にはテストボタンというものがついており、これは漏電ブレーカーが正常に機能するか確認することができるボタンです。 漏電事故が発生したときにいち早く対処できるよう、漏電ブレーカーとテストボタンの仕組みについてご紹介していきます。 漏電ブレーカーはこんな仕組みになっている 分電盤の中には3つのブレーカーが備わっています。 ・総電力の使用量が上回ったときに作動する「アンペアブレーカー」• ・ひとつのコンセントの電力使用量が上回ったときに作動する「安全ブレーカー」• ・漏電が発生したときにブレーカーを落として供給電力を遮断する「漏電ブレーカー」 漏電ブレーカーは、家の中で漏電が発生したときに作動するブレーカーです。 漏電ブレーカーが落ちることで、漏電による事故を防止してくれる働きがあります。 そしてこの漏電ブレーカーには、きちんと作動するかを確認することができるテストボタンがついているのです。 テストすれば漏電時にブレーカーが作動するか確認できる 漏電ブレーカーのテストボタンを使用することで、漏電ブレーカーがちゃんと作動しているかを確認することができます。 もし、漏電が発生したときに漏電ブレーカーがちゃんと作動しなかったら、大きな感電事故につながってしまう危険性があるので注意しましょう。 漏電に気づかないままでいると、事故にならなかったとしても電気代の高騰につながってしまうこともあるので、こまめに電気代の請求書を確認するようにしてください。 また、定期的にテストボタンで漏電ブレーカーに不具合がないか確認するようにしましょう。 テストボタンの具体的な使用方法 漏電ブレーカーのテストボタンの役割を理解することができたら、今度は実際にテストボタンを押して、漏電ブレーカーのテストをしてみましょう。 テストボタンの具体的な使用方法についてこれからご説明していきます。 漏電ブレーカーをオンにする まずは、分電盤の中にある漏電ブレーカーをオンにしてください。 四角の枠内に丸いボタンがついているブレーカーが漏電ブレーカーです。 このときブレーカーが抵抗なくオンになるか確認しておいてください。 テストボタンを押す 漏電ブレーカーをオンにすることができたら、次にブレーカーのとなりにあるテストボタンを押しましょう。 ボタンを押したときに漏電ブレーカーがオフになれば正常に作動しています。 以上で漏電ブレーカーのテストは終了になります。 もし、漏電ブレーカーがオフにならなかった場合 漏電ブレーカーをオンにしている状態からテストボタンを押しても、ブレーカーがオフにならない場合は漏電ブレーカーかテストボタンに異常が発生しているかもしれません。 これでは万が一漏電が発生してしまったときに、大事故につながってしまう危険性があるので、事故が発生する前に、漏電ブレーカーを修理してもらうことをおすすめします。 漏電ブレーカーの故障を放置するとどんな危険があるの? 漏電ブレーカーの故障をそのまま放置しておくのは非常に危険です。 前述しましたが漏電ブレーカーとは私たちを漏電事故から守ってくれる大切な役割を果たしています。 漏電すると感電や火災発生の可能性も・・・ 漏電は放置し続けていると、電気を使用し続ける状態になるので電気代が跳ね上がってしまうことがあります。 また、漏電することによって私たちの身を襲う事故につながることがあるかもしれません。 たとえば漏電箇所にホコリなどが入り込むことで発火し、火災につながってしまう危険性があります。 また、電気を通しやすい水を扱うお風呂やトイレで漏電が発生してしまうと、大きな感電事故につながりかねません。 人の身体は電気を通しやすいので、わずかな感電でも命が脅かされることもあります。 故障した漏電ブレーカーはすぐに修理してもらうようにしましょう。 月に1回程度はテストしよう 漏電したときにすぐに対応できるよう、漏電ブレーカーのテストボタンは月に1回は押して、きちんと作動しているかどうかテストをおこなうようにしましょう。 漏電してしまうと、いずれ大きな事故につながる危険性が高いです。 また、漏電被害を拡大させないためにも、漏電箇所にホコリが入らないよう、部屋をいつもきれいにしておきましょう。 ペットのいるご家庭ではペットが電気コードを噛みちぎらないように、コードをペットの届かない位置に上げておくなどの対策をするのも大切です。 テストボタンが正常に作動しない場合は・・・ 漏電ブレーカーのテストボタンを押してもブレーカーが落ちないときは故障しています。 前述しましたが、ブレーカーの故障を放置しておくのは危険です。 漏電による被害が拡大する前に早めに対処するようにしましょう。 漏電ブレーカーのテストボタンを押してもブレーカーが落ちない場合は、ブレーカーではなくテストボタンが故障している可能性もあります。 どちらが故障しているにせよ、漏電ブレーカーの故障はすぐに修理してもらうことをおすすめします。 プロにメンテナンスを依頼しよう! 漏電ブレーカーが故障したときは、専門の業者にメンテナンスを依頼するようにしましょう。 とはいっても業者はたくさんあるので、初めての方はどの業者に依頼すればいいかわからないかもしれません。 業者選びに失敗しないための方法をいくつかご紹介していきます。 公式サイトを利用する 公式サイトを持っている業者であれば、作業内容や費用についての詳しい情報がサイトに記されているかもしれません。 また、そういったサイトを持っている業者は実績があるところが多く、安心安全なサービスを受けることができるでしょう。 口コミを参考にする 口コミサイトでは、いろんな悩みを抱えた人が個人の視点で業者を評価しています。 もし自分と同じような悩みを抱えた人を見つけることができたら、自分にとって最適な業者を見つけることができるかもしれません。 見積書をとってもらって比較する 業者に依頼する前に複数の業者から見積書を取ってもらい、業者同士を比較するのもよい方法です。 見積書の内容と金額を比較することで相場がわかり、自分に合った業者を見つけることができるでしょう。 まとめ 漏電ブレーカーのテストボタンを押すことで、自宅の漏電ブレーカーが正常に作動するかどうかチェックすることができます。 万が一の漏電事故のために漏電ブレーカーは月に1回はテストするようにしましょう。 漏電ブレーカーが故障してしまったときは、すぐに業者に頼んで修理してもらうようにしましょう。 漏電に気づかないままでいると、後に大きな事故につながってしまう危険性があります。 業者選びに困ったときは公式サイトや口コミ、業者の比較をするときっとよい業者を見つけることができます。

次の

漏電遮断器の構造、動作原理、性能、保護協調、保守点検について

漏電 ブレーカー 仕組み

漏電遮断器の原理 漏電遮断器は、漏電を検知した際に回路を遮断し、災害を防ぐための装置です。 「漏電ブレーカー」「ELCB(Earth Leakage Circuit Breaker)」と呼ばれることもあります。 電路は常に絶縁状態にある必要がありますが、絶縁が低下することで電流が外部に漏れてしまうもの。 これを止める役割を担っているのが漏電遮断器です。 配線用遮断器と仕組みが似ていますが、配線用遮断器が電路に異常な電流が流れた際に回路を遮断して回路や機器を保護することに対し、漏電遮断器はアースへの漏電を検出した際に回路を遮断して地絡による感電を防止します。 一般的に漏電遮断器は配線用遮断器に零相変流器を組み込んだものを指すため、過電流保護機能と漏電遮断機能をあわせ持っているタイプがほとんどです。 漏電遮断器は、回路内の行きと帰りの電流絶対値の差を検知し、一定以上の差になった場合に回路を遮断するという構造になっています。 電流とは電子の移動であるため、通常であれば出ていった電流と帰ってくる電流には差がありません。 しかし何らかの原因(電線が負傷し銅線が露出した状態で電気機器の外箱に接触する、電気機器やコンセントの水濡れによって絶縁が低下しているなど)によって漏電している場合、電流がアースに逃げてしまうため、電流値に差が出てしまいます。 すると漏電を検知するコイルに電圧がかかり、それが制御回路によって増幅され、一定値以上の差になると回路が遮断されるというわけです。 単相2線式であっても3線式であっても同様の原理となります。 絶縁が低下し、漏電している状態の電気機器の外箱や濡れたコンセントに触るのは非常に危険です。 そこに漏電遮断器を設置することで、一瞬で電流が遮断されるため、感電のリスクを最小限に抑えることができるでしょう。 漏電遮断器の正しい使い方 事故を防ぐための漏電遮断器ですが、どこにどの形式の漏電遮断器を設置しても良いというわけではありません。 間違った使い方をすると、逆に大停電を引き起こすケースもあります。 正しく使って安全を確保しましょう。 漏電遮断器は、感度電流や動作制限によって数種類に区分されます。

次の

漏電ブレーカーにテストボタンがついている理由は?故障に要注意!

漏電 ブレーカー 仕組み

家の壁の 分電盤をみると、 一目でわかることがある・・ 難しそうなブレーカーの配線 中身は種類や電力会社によってもいろいろ違いますが、こんなかんじで配線とブレーカーがいっぱい。 とても複雑そうに見えます・・・ 実際は、電気の基本的な知識で理解出来ます。 始める電子回路 の 「電子回路の基礎」 と「電子回路」 をだいたい読み終えて理解し終えたなら理解出来ると思います 分電盤(ブレーカーボックス)の仕組み 壁の上にある分電盤(ブレーカーボックス) これ難しそうで専門的に見えるが、これが理解出来ると ちょっと電気がわかった気になれます そして、思ったより簡単なことがわかる 電気のつながりと配線は、意外にも基礎はつながっていて仕組みは単純です。 サービスブレーカー(リミッター)は、総量を制限するもの 電力会社が取り付ける リミッターがあれば(ない場合もある) スイッチを見ると、何アンペアまで使えるのかわかります(契約の容量) (50Aとか書いてあったり、色でもわかる:電力会社によって色分けは違う)• その下に メインブレーカー(漏電遮断器、主幹ブレーカー)とも呼ばれ、規定以上の電気が流れると遮断するブレーカー 1. のリミッターと同様の働きですが、これは安全保護用に取り付けられる• そのさらに下に、 子ブレーカー(安全ブレーカー)がつながっているという仕組みです。 (ない場合もある) 続いて、 漏電ブレーカーに入り ここで電気の総量がオーバーすると遮断 (リミッターと同じく総使用量の制限ですが、こっちは安全保護用) それから、 子ブレーカー(安全ブレーカー)へ 小分けに配線が分かれます。 (小分けで使用量の制限) メインブレーカーと子ブレーカー 上の図は単相3線式という一般的な分電盤(ブレーカーボックス)ですが、一番左のリミッターがないもの(地域)も多い。 わかりやすいように2線で、メインブレーカーと子ブレカーにだけにするとこのような接続です。 (古いとこういう2本線の分電盤もあります) メインブレーカーの下に、並列にいくつもの子ブレーカーがつながっています。 そしてその各 子ブレーカーは、 各部屋などへ、また並列にコンセント2,3個に接続されている という仕組み 部屋で、電気の使用量をオーバーすると、対応する子ブレーカーが まず最初に落ちるしくみです。 専門的に見える分電盤も、意外と仕組みは単純です・・ ブレーカーが落ちる仕組み 電気の使いすぎでブレーカーが落ちるときは、先に(安全ブレーカー)子ブレーカーが落ちます。 子ブレーカーはメインブレーカーの容量にかかわらず1つで通常 20Aまでなので、ブレーカーが飛ぶのは• 子ブレーカーに20A以上かかったとき• または総量で50Aを超えたとき(メインブレーカー50Aの場合) このように親:メインブレーカーの下に 子:子ブレーカーと、2重にブレーカーがつながっているワケは? 子ブレーカーがなかったら・・ もし、子ブレーカーがなければ、 どこかの部屋で電気の使用量をオーバーすると、メインブレーカーが落ちます (配線のショートなどでも落ちます) すると・・ 家中の電気が全部遮断されて、関係ない部屋まで 家中真っ暗 になります。 1部屋だと問題ないのですが、 一戸建てだと、 突然 何がおきた! と驚く それだけでなく、1つのコンセントで 最大の電気を使うことも可能になります。 するとコンセントや配線に大きな電流が流れ 極端な負担がかかるので、小分けに子ブレーカーで区切られています。 (子ブレーカーが下にあれば20Aまでで遮断) 実際は不便だからでだけはなく、このような 安全上の理由も含めて区切られている ブレイカーが飛ばない使い方 さて、クイズです。 (答えは最後) ブレーカー クイズ ブレイカーとこんなふうにつながるコンセントが3つあるとします。 この3つの家電を同時に使うと、よくブレーカーが落ちてしまいます。 掃除機:10A• 電子レンジ:15A• ドライヤー:6A ブレーカーが落ちないように使うには、 それぞれをどのコンセントに差し込めばよいか? もうわかりますよね? (答えは最後にあります) 家庭用の電気の電圧 家の電気 日本では全国100Vです。 周波数だけ西日本と東日本で60、50Hz で違いがある。 これは常識ですね。 それだけに、日本のほとんどの家電は、100V のコンセント用にできています。 しかし、最近 200Vの家電が堂々と販売され始めました。 パワーの大きいエアコンがその代表です。 家庭用なのに200Vコンセント専用になっている 200Vの方が大きい電力を使うには有利なので、家庭用でも200V家電が販売されている。 3線式の分電盤の配線の仕組みがわかるとこれも理解出来る 3線式の100V 最初の例の2線式は、2本なのでわかりやすいですが、単相3線式では 単相3線式の分電盤 このように3本の線が来ています 3線式だと100Vの他、200Vもできます (今ではほとんどの家が3線式です、だから200Vのコンセントも作れる) 今の通常の家庭用は 電柱から3本の線(単相3線)で引き込まれています。 コンセントを200Vにする 通常の家庭用の電線は電柱から 3本の線(単相3線)で引き込まれています。 古いタイプだと2本の線:2線単相があります。 これだと200Vにするには電柱からの引き込み線の変更工事が必要です。 どのように200Vにするのか 交流でも電気の基本は同じなので、 分電盤の3本の線は 仮に3本の線をこのよう理解すると早い 3本の線をそれぞれ A線: +100V 中線:0V(中線) B線:-100V としたら コンセントが100Vの接続は以下のように作られます。 そして200Vコンセントも可能になる。 クイズの答え 上記のように、各 子ブレーカーは 1つ20A以上かかると落ちます。 だから、1つの子ブレーカーに 20Aかからないようにコンセントを選ぶ! 1つの子ブレーカーにつながる 2つのコンセントに注意 このコンセントに 掃除機:10A + 電子レンジ:15A = 25A アウト! または ドライヤー:6A + 電子レンジ:15A = 21A アウト! このときに落ちるので 違う 子ブレーカーにつながる コンセントを使う.

次の