クレアチニン を 下げる に は。 【腎臓リハビリ】高いクレアチニンを下げる方法 筋トレと運動、体操で改善できる!

クレアチニン 高い数値を下げる為の食品・食べ物・食事療法

クレアチニン を 下げる に は

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。 しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。 特に、毛細血管の塊のような腎臓では、それらの血流が腎機能を左右することもあるのです。 心臓から送り出された血液は、太い動脈から細い動脈へ流れ、毛細血管にたどり着きます。 そして、細胞へ酸素や栄養を届け、細胞から老廃物や二酸化炭素を受け取って細い静脈に入り、太い静脈を通って心臓に戻ってきます。 このように、毛細血管は動脈と静脈の間で、大事な物質のやり取りをしているのです。 もしこの流れが滞ってしまうと、細胞の活動は低下し、臓器の機能も落ちてしまいます。 また、私の治療の柱である西式健康法(故・西勝造氏が考案した自然治癒力を高める治療法)では、毛細血管こそが血流を促進する原動力で、血液を引き寄せて体のすみずみに送っていると考えています。 したがって、毛細血管の血流をよくすることが、健康を維持するうえで非常に重要なのです。 そのために、西式健康法で指導しているのが、「毛管運動」という体操です(やり方は下記を参照)。 私は、腎機能の衰えた慢性腎臓病(CKD)の患者さんに、この毛管運動を勧めています。 毛管運動は、あおむけになり手足を上に伸ばし、小刻みに手足を動かす運動です。 この運動を行うと、たちまち毛細血管の流れがよくなります。 二足歩行を行う人間は、重力の影響で、血液やリンパ液が足の下のほうにたまってきます。 これを心臓へ送り戻すのが、ふくらはぎの筋肉です。 歩いたり走ったりすると、ふくらはぎの筋肉のポンプ運動で下肢の血流がよくなり、心臓へ戻っていきます。 ところが、手足を使わず座ってばかりの生活をしていると、手足の末端の血流が滞り、老廃物や二酸化炭素が細胞にたまります。 老廃物が増えれば、血液をろ過する腎臓にも負担がかかるようになります。 そこで、あおむけになって手足を上げます。 こうすると、血液が心臓へ戻りやすくなります。 さらに、手足をブルブル動かすことで、毛細血管が刺激され、いっそう血流が促進されます。 手足の毛細血管の血流がよくなれば全身の血流もよくなり、血圧は安定してきます。 老廃物もスムーズに排出されるので、腎臓にかかる負担が減って、腎機能も改善してきます。 この毛管運動を中心とした西式健康法を行って、腎臓病が改善した例を紹介します。 5年前の6月、Aさん(73歳・女性)は足にけいれんとむくみが出現し、近くの総合病院を受診しました。 検査の結果、ネフローゼ症候群(尿中に多量のたんぱくが出て、血中のたんぱくが減少する症状)と診断され、即日入院してステロイド(副腎皮質ホルモン)の治療が始まりました。 入院当初9. 36g/日あった尿たんぱくは、薬の効果で1ヵ月後には1. 63g/日まで低下。 しかし、薬は飲みたくないと当院を受診。 食事療法や毛管運動などの運動療法を行ったところ、3週間後に尿たんぱくは0. 62g/日まで下がり、足のむくみなどの症状もキレイに取れました。 Bさん(20代・男性)は、アトピー性皮膚炎で当院の治療を受けていた患者さんです。 症状は落ち着いていましたが、社会人になって仕事が忙しくなり、アトピーが再発しました。 当院で血液や尿の検査を行ったところ、アレルギーや炎症を示す数値が上昇していました。 尿たんぱくが606mg/dl(基準値は10mg/dl以下)、腎機能を示すクレアチニン値も1. 56mg/dl(基準値1. 04mg/dl以下)と高く、急性腎炎が疑われました。 入院して食事療法や、毛管運動などを主体にした治療を行ったところ、1週間でBさんのアトピーは劇的に改善。 腎炎においても、血尿や尿たんぱくが多少認められましたが、クレアチニン値が改善したため、退院してもらいました。 その後、自宅で毛管運動などを続けた結果、クレアチニン値も正常値まで下がりました。 毛管運動は、朝晩2回くらい行うといいでしょう。 その際、両手、両足をなるべくまっすぐ上に伸ばしてください。 その状態で1分を目標に、手足をブルブルとゆらします。 1分がきつい場合、できる範囲で結構です。 両手、両足を同時に上げられない場合は、手と足を別々に行ってもかまいません。 この運動と並行して、食事にも気をつけてください。 食べ過ぎると胃腸に負担がかかり、血液中の老廃物も増加します。 これまでの食事量より2割ほど減らしてみる。 あるいは、朝食を抜いて1日2食にすると、老廃物が減って腎臓にかかる負担も軽減します。

次の

クレアチニンを下げる方法でわかる生活のなかで食事の大切な部分

クレアチニン を 下げる に は

【注目!】クレアチニンを下げる方法を伝授! 自覚症状がないことも多く、沈黙の臓器とも言われる腎臓。 血液中の老廃物を綺麗にろ過し、尿として排泄してくれる腎臓の機能が低下し腎機能の悪化が進行すると腎不全となって人工透析なしでは生きていけなくなります。 そんな大切な臓器である腎臓の機能が正常かどうかを判定するのがクレアチニン値です。 クレアチニン値を下げて、腎不全のリスクを下げる方法を伝授します! クレアチニン値を下げる効果的な3つの方法とは? クレアチニン値を下げるには、次の3つの方法があります。 生活習慣を改善する• 血液中のクレアチニン値を抑える• 血液中の尿酸値を下げる この3つの方法を積極的に実行し、クレアチニン値を下げ、腎不全のリスクを防ぎましょう。 生活習慣を変える具体的な方法とは何? それでは、次に具体的に3つの方法についてそれぞれまとめていきます。 生活習慣病とクレアチニン値の上昇は研究により因果関係があるとされています。 糖尿病、高血圧の人やそのリスクの高い生活習慣病予備軍の人は、適度な運動、節酒、禁煙、栄養バランスのとれた食事をし、規則正しい生活を送るようにしましょう。 いきなり全てを実行しようとするとモチベーションも下がりますので、例えば運動であれば「毎日15分ウォーキングをする」だとか、食事であれば「塩分を1日6g以下に抑える」または「インスタント食品は控える」など出来そうなことから実践していくと良いですよ。 クレアチニン値を抑えるにはどうしたらいいの? 生活習慣を改善するのが一番だとわかっていてもなかなか難しいですよね。 そこでおすすめなのはサプリメントを活用することです。 クレアチニン値を抑えるには、 ノコギリヤシがおすすめです。 中でも、天然色素フィコシアニンは血中クレアチニン値の上昇を抑える働きがあるとされています。 血中クレアチニン値の改善に期待できますね。 尿酸値を下げるにはどうしたらいいの? 腎不全に至には、実はクレアチニン値の陰に隠れて真犯人がいます。 それは、尿酸! 尿酸は肥満やストレスで血液中に増加し、痛風の原因でもある物質です。 この尿酸が、実は最新の研究では、腎不全のリスクを4倍〜9倍にも上げるということがわかったのです。 尿酸値を下げるには、ひじき・ワカメ・大豆・昆布・さつまいも・干ししいたけなど、 アルカリ性の高い食事もオススメ! 尿をアルカリ化し、尿酸を尿中に多く溶け出させることが尿酸値を下げ、更にはクレアチニンの数値を下げる働きがあり、注目されています。 食材以外もサプリメントでも売られていますので、肉類など動物性タンパク質をよく食べる人は、積極的にクレアギニンEXをはじめとする腎臓サプリを摂取するのがおすすめです。 まとめ 今回は、血中クレアチニン値を下げるための方法をいくつかご紹介しました。 大切な腎臓のはたらきをほとんど失う前に、とっておきの方法でクレアチニン値を下げましょう。

次の

クレアチニン値を下げるには!?普段のことから数値を改善する方法

クレアチニン を 下げる に は

高いのであれば下げたいんですが、でもどうやって? そもそもなにが原因でこうなったんでしょう? 今回はクレアチニン値が高くなる原因と、数値を下げるために何をしたら少しでも良くなるか考えてみましょう。 クレアチニンの意味をもう一度おさらいです 筋肉を動かす際には筋肉中に含まれるクレアチンという物質がエネルギー源として使われます。 その使われた後に発生する老廃物を 「クレアチニン」といいます。 クレアチニンは老廃物ですのでそのまま体内に在っても意味を成しません。 その後、腎臓でろ過され尿と一緒に排出されます。 血液検査の結果クレアチニン値が正常範囲内であれば、 腎臓機能に問題なく排出作業が行われているということが分かります。 クレアチニン値が高い原因とは ではどうしてクレアチニン値は高くなってしまうのでしょうか。 【原因その1】息が上がるほどの過度な運動をしている 筋肉を動かす際に使用されるエネルギー源の老廃物がクレアチニンです。 マラソンや筋肉を酷使する筋トレ運動を日々行っている方は、その都度クレアチニンが大量に発生していることが考えられます。 それが原因でろ過作業が追い付かなくなり、結果としてクレアチニン値が上がってしまっているかもしれません。 もし再検査を促されているのであれば、検査前の数日間は激しい運動を止め、その上で血液検査に臨むようにしてみてください。 【原因その2】腎臓機能の障害 過度な運動をしている訳ではないのにクレアチニン値が高いのであれば、ろ過作業や排出作業がうまく行われていない、つまり腎臓機能になんらかの障害がある可能性が疑われます。 このまま障害が進んでいくと 急性腎炎や慢性腎炎、急性腎不全、慢性腎不全、尿毒症などの腎臓病に発展してしまう恐れがあります。 腎臓病の多くはかなり進行してからではないと症状が表に出てきません。 クレアチニン値が正常より高いことがすぐに重度な腎臓病に結び付く訳では決してありませんが、多少なりとも不安要素があればすぐに医師へ相談することをお勧めします。 どうすればクレアチニン値は下がるの? 腎臓病の恐れ・・・なんて言われてしまっては、個人レベルで一体何が出来るのだろうとお思いになるかもしれません。 でも大丈夫です。 ちゃんと調べました。 兎にも角にも 腎臓への負担を減らすことです。 日々の生活に多少の改善を意識すればかなり効果が出ます。 ・食生活の改善 まずは肉・野菜・炭水化物・果物などをバランス良く食べるようにしましょう。 更に腹八分目で収めることが腎臓への負担をより軽減させます。 そして注意すべきは糖質や塩分、脂質の摂り方です。 摂取過多は糖尿病、高血圧症、脂質異常症などに繋がり、結果的に腎臓の機能障害を促進させてしまいます。 タンパク質の摂り過ぎも注意です。 タンパク質は筋肉を作り出すための栄養源となり、体力増進のためには欠かせない食品なのですが、逆に摂り過ぎてしまうとクレアチニンが多く発生し腎臓に負担が掛かってしまいます。 各食品の栄養素一覧は検索すればサイトから簡単に入手出来るので、それを上手く使いこなし適量を摂るよう心掛けましょう。 ・日々軽い有酸素運動を取り入れてみる 軽い有酸素運動を行うことで汗と一緒に毒素も排出されるので、腎臓にそれほど負担を掛けずに老廃物の排出を行うことが出来ます。 運動が苦手な人であれば、例えばエスカレーターを使うのではなく階段で昇ってみるなど小さいことからでよいのです。 その積み重ねがいずれ大きな結果をもたらします。 より効果が高いのはジョギングや水泳などの有酸素運動になります。 しかし血中の塩分濃度が高いのも腎臓にとって負担になりますので、汗をかいたらその分水分補給はしっかりと行いましょう。 水分を摂ることで血中の塩分濃度が下がります。 それも腎臓にとっては嬉しい効果です。 ・サプリメントを利用してみる 毎日忙しくて食事改善とか軽い運動とかなんて無理だよ~という方へ。 サプリメントを摂り入れてみるのはいかがでしょうか。 最近では腎臓の機能を回復させる効果が期待出来る優秀なサプリメントも多く販売されています。 又、アンセリンはクレアチニン値が上昇する腎臓病だけでなく、尿酸値が高くなる「高尿酸血症」の改善にも高い効果があると言われています。 食事でアンセリンを1日の目安量摂取しようとすると、とんでもない量を食べなくてはいけません。 その点、サプリメントだとメーカーにもよりますが、たったの数粒で1日摂るべき量が確保されます。 もともと毎日の食事で摂り切れない栄養を補給してくれるのがサプリメントの役割です。 手軽に出来ることから体質改善をしてみてください。 クレアチニンを下げる方法【まとめ】 腎臓という器官は一度悪くなると、改善させるには本当に大変な努力が必要です。 その努力の仕方は個人個人でもちろん違います。

次の