回復食 梅流し。 断食後の梅流しで宿便解消!美肌効果やダイエット効果も!

【宿便の出し方】最適な食べ物は梅干し 梅湯断食のやり方を紹介

回復食 梅流し

梅流しを行う目的は、宿便を出すことです。 西洋医学では、内視鏡で大腸内を見ても、宿便は存在しないといわれています。 しかし、断食をして梅流しをすると、驚くほど大量の便が出ます。 それは、普段の便とは形状が異なります。 ドス黒い便、砂のような便、ワカメのような便など、いろいろなパターンがあるようです。 私の師匠は、これを「小腸の粘膜や絨毛にこびりついている、古い組織や汚れが剥がれ落ちたもの」と説明しています。 通常の便も、半分以上は腸内細菌の死骸と腸壁が剥がれたものだといわれているので、便は食べ物のカスだけとは限らないのです。 宿便がたまると腸の消化吸収機能が衰え、体にさまざまな悪影響が及びます。 宿便を出すことは、腸の機能を回復させることにつながるのです。 私は座禅断食を学んだとき初めて梅流しを体験し、その効果を実感しました。 これまで私の断食会に参加した人も、宿便が出なかった人はいません。 梅湯を何杯飲めば宿便が出るかは、人によります。 私は早いほうで、いつも2〜3杯飲めば出ていました。 中には、4〜5杯以上飲まないと出ない人もいます。 また、散歩をして刺激を加えると、出やすくなります。 宿便が出た後は、このうえない爽快感が得られます。 体験した人はみな「すっきりした」「肌がきれいになった」「頭がクリアになった」と言います。 断食と梅流しで宿便を出し、腸の機能が回復すると、体調もよくなります。 何度かくり返し行った人の中には、血圧や血糖値が下がった人、ぜんそくの発作が出なくなった人、10㎏以上やせた人もいました。 ただし、強制的に宿便を出す梅流しは、一時的に腸壁を荒らすので、実践するさいは、いくつか注意点があります。 まず、投薬や治療中の病気のある人は、決して自己判断で行わないこと。 特に消化器系の病気の人、消化器の手術をして1年以内の人は禁忌です。 また、梅流しは48時間以上の断食をして、胃腸をからっぽにしなければ意味がないとされています。 長時間の断食は危険を伴うことがあるので、最初は専門家のもとで行いましょう。 腸が荒れているときは、食べたものを吸収しやすいので、体によくないものを食べるとかえってアレルギーを招きやすくなります。 梅流しの後、1週間は、動物性食品、アルコール、添加物、炭酸、ヤマイモや香辛料など刺激の強い食品は控えてください。

次の

梅流しの作り方は?大根を使った簡単レシピ!宿便もすっきり!

回復食 梅流し

宿便とは? そもそも宿便とは 「長年かけて腸に溜まった老廃物」のことです。 消化不良となった食べ物のカスや、体中の古くなった細胞などは腸内に蓄積されていきます。 それらが腸の内側に長い年月をかけてこびりつくことで、通常の便よりも真っ黒で臭い宿便になってしまうんです。 宿便の危険性 健康的な方で2〜3kg、便秘気味の方は4〜5kgもの宿便が溜まっていると言われています。 腸内にそれだけの老廃物が溜まっていると… ・便秘 ・ニキビや吹き出物 ・肩こりや腰痛 ・食欲不振 ・大腸がん などなど… 様々な不調や病気などの原因となってしまいます。 自分は便秘じゃないから大丈夫!と思っている方も多いですが、通常の便は腸にこびりついた宿便の内側を通り抜けるため、お通じが良いからといって宿便がないとは言えないんです。 原因不明の体調不良が続いている場合、それはもしかすると宿便が原因かもしれません。 宿便の出し方 最も簡単に宿便を排出する方法は「ファスティング」です。 このページでファスティングの手順について詳しく書いてありますが、実はファスティングを行うだけでは宿便が出ない…という方も中にはいます。 そのような方には「梅湯流し」がおすすめ。 梅湯流しとは、梅干しと食物繊維が豊富な大根を一緒に摂ることで、胃腸の働きを活発にして宿便を排出する方法です。 手間と時間はかかりますが、梅湯流しを断食後最初の回復食として行うことで、梅湯の水分と一緒に宿便が排出されます。 便意がおさまるまで数回トイレに行くことになるため、時間があるときに行うようにしましょう。 梅湯流しを終えた後は、通常の回復食1日目に移行してくださいね。 宿便は嘘?存在しない? 今回は宿便の出し方について紹介しましたが、専門家の中には「宿便なんてものは存在しない。 」と主張する方も多く、実際に宿便という言葉は医学的に存在しないようです。 しかしファスティング後に梅湯流しを行うことで、普段より真っ黒で臭い便が出ることや、体の不調が改善されることは確かです。 宿便の存在が嘘か本当かどうか明確にはわかりませんが、あまり深く考えず健康のためにファスティングを行いましょう。 まとめ 宿便を放っておくと、体に様々な不調や悪影響を及ぼします。 今回紹介したファスティングや梅湯流しを定期的に行なって、常に清潔な腸内環境を保ちましょう!.

次の

【失敗談】断食後の回復食「大根梅流し」にデトックス効果があるのか試した

回復食 梅流し

プチ断食をするメリット• 胃や腸を休ませて身体の機能を整える• 便秘が解消される• 大根 300~400g(1/3~1/2本)• 梅干し 30~40g(3つ)• 昆布 10g程度• 水 1000ml• 味噌 お好み 作り方(簡易)• 大根の下準備をする• 鍋へ水と昆布を入れて出汁を取る• 加熱した大根を加え、蓋をして加熱する• 梅干しを加えて煮込む• 大根の皮をむく• 1cm程の厚さに切る• 沸騰する前に昆布は取り出しましょう。 蓋をして5~6分中火で加熱します。 箸を使用して実を少しほぐします。 鍋へ加えて更に5分煮込みましょう。 噛み応えがあり優しい味です。

次の