ブルー ムーン オーディオ。 BLUE MOON AUDIO(ブルームーンオーディオ) SX165

dealer's topics 1ページ目

ブルー ムーン オーディオ

こんばんは、『くるまや工房』のテツです。 本日ご紹介するのは先日作業させていただいた【ジムニー シエラ】です。 人気のスピーカーブランド【ブルームーンオーディオ 】から発売されたジムニー・シエラ専用スピーカーの取付けをご紹介させていただきます。 取付けするスピーカーはコチラ まずはドアの内張りを外して 専用のインナーバッフルを取付け アルミで出来たしっかりとした高級インナーバッフルです。 ドアの鉄板の加工などは一切なく専用バッフルなのでポン付けとなります。 インナーバッフルに5インチ専用スピーカーを取付け こんな感じです。 専用なので誰が付けても一緒 笑 ツィーターはドアミラー内側カバー部分にビスで固定して取付け 運転席のヘッドレストに向けて取付け 純正スピーカーとはちょっと違ったきめの細かい高音、そして低音も重からず軽からず良い感じに高音と調和して聞いていて疲れないサウンドを奏でてくれます。 加工などない専用商品になっているので取り付けは日帰りOK ジムニーやシエラにはブルームーンオーディオの専用スピーカーはお勧め商品です。 お支払いは現金、またはローンも大歓迎です。 ===================== くるまや工房 〒283-0048千葉県東金市幸田113-4 0475-58-1020 fax0475-58-1022 ホームページ: 板金塗装カスタムホームページ: 施工実績:.

次の

BLUE MOON AUDIO(ブルームーンオーディオ)紹介

ブルー ムーン オーディオ

BLUE MOON AUDIO(ブルームーンオーディオ)のフラッグシップRX-165はアルミフレーム、ミッドバスのコーンには高い高剛性のカーボンファイバーを採用し、人の耳で確認されたフェイズプラグで最適化を測っています。 又、マグネットはネオジウムを採用しマグネットの裏には冷却用穴を設け性能を十分に発揮させる構造となっています。 ツィーターには独特な形状をしていてツィーター振動部の周りのブルーの部分はスピーカーの様にコーン型をとっており、いわゆるダイレクターでツィーターが広がって行こうとする音を絞ってより高域のフォーカスを鮮明にするようになっています。 ちなみにこのブルーの部分は振動はしません。 パッシブクロスネットワークはバイワイヤリングできるようになっていますのでナビゲーションなどのフロント、リアーチャンネルなどをダイレクトに接続可能となっています。 5cmウーハー、25mmボイスコイルツィーター、バイワイヤリングネットワーク、アルミグリル付き、標準小売価格¥18 0,000(税別) セカンドモデルのAX165は高剛性アルミフレーム採用しRX165同様と同じくボイスコイルを均等に振幅させる為にリード線を両端180度に設定。 トップグレードのスパイダー、純鉄に限りなく近いヨーク。 マグネットはフェライトながら坑磁力の大型マグネットを採用。 コーンには軽量なカーボンファイバー。 フェイズプラグはRX165同様に人の耳で確認されたフェイズプラグで最適化を測っています。 エントリーモデルのSX165は初めてスピーカー交換したいと思った方にも、手に入リ安い価格39,000円(税別)でブールームーンオーディオの高音質を低価格で手に入れることができます。 5cmのミッドバスと25mmのツィーター、パッシブクロスオーバーネットワーク付きでフラッグシップのRX165の音質イメージを損なうことなく最大限に煮詰めて量産化したモデルです。 フレームは鉄フレームですがしっかりとした塗装がされ、長く使うことができるように配慮されています。 5cmウーハー、25mmボイスコイルツィーター、ネットワーク、グリル付き、標準小売価格¥44,000 MX80は8cmミッドレンジで上質で幅広い周波数特性(140Hz~12KHz)と汎用性に優れたスピーカーです。 BLUE MOON AUDIO(ブルームーンオーディオ)の2ウエイシステムの3ウエイ化にも最適です。 コーンはRX165、AX165同様カーボンファイバー、フェイズプラグ付き。 マグネットはネオジュームを採用。 3ウエイ化することでBLUE MOON AUDIO(ブルームーンオーディオ)サウンドが更にリアリティあふれるサウンドへとグレードアップします。 人の感性を重視して作ったスピーカーだけあって魅力もあるスピーカーです。 ジャンルにこだわらず素直にいろいろ聴きたい人にはおすすめのスピーカーだと思います。 如何でしょうか。 BLUE MOON AUDIO(ブルームーンオーディオ)のスピーカーを紹介しましたがまだ、スピーカー交換したことがないという方には一度試聴してみてはいかがでしょうか。 当店のデモカーポルテにエントリーモデルのSX165を取付てありますのでデモカーにて試聴できますので店頭までお出かけくださいませ。 お待ちしております。 これから取付してみようと来店される方へ ネットで最も信頼のできるお店を探している方が非常に多く、同じお金を使うならしっかりとした信頼できる店に頼みたいと思って来られる方が来店されているように思います。 当店ではどうしたら一番良いかを来店されたお客様と共に十分に話し合って、音響的なメカニズムを理由にやらなければいけない取付とは何かをいつも説明しております。 カーオーディオは完成品ではありませんので取付によって音質の出来具合が非常に変化してしまいます。 ただデッドニングをすればいい、バッフルをつければいい、抵当にスピーカーをつければいいというものではありません。 それだけ知識と技術が必要な特殊なものなのです。 もし、貴方が音質に不満を持っているなら当店へ遊びにきてみてください。 きっと何かヒントが見つかるかもしれませんよ。

次の

Advanced 6.5inch separate 2way speaker system AX165

ブルー ムーン オーディオ

もう過ぎてしまったお話ですが3月31日はブルームーンが見れたそうです。 通常は月に一度しか満月は見れませんが、月の満ち欠けは29. 5日なのでごくまれにひと月に2回見れる月があります。 それがブルームーンです。 次にブルームーンが見れるのは2020年10月31日だそうです。 そんな安直な理由ではなく(笑)、もちろん音が好みだったからです。 青く見えるワイドレンジツィーターは、なんと2kHzより再生できます。 通常のツィーターは1オクターブ上の4kHzぐらいからの再生なので驚異的です。 ツィーターの再生域が増えるという事はドアにつけるウーハーが再生する高域側は減ることとなります。 インナーバッフルでは高域の抜けが悪いためワイドレンジツィーターはとてもありがたいのです。 そんなBLUE MOON AUDIOを視聴してお気に召していただき早速ご購入いただいたお車のご紹介をしたいと思います。 ホンダのシャトルです! 先代までは名称がフィットシャトルでしたがこのモデルからフィットの冠が取れてます。 シャトルにお取付したのはBLUE MOON AUDIOのAX165です。 追加料金をいただいての99セットです。 余談ですが99セットはスピーカー代金が6万円までの取り付け込パッケージです。 スピーカー代金の差額をいただくとすべてのスピーカーを使用することができます。 ドアはシンプルにインナーバッフルで。 写真は防水処理前のバッフルです。 MDF製ですが防水処理には気を使ってますから耐久性はバッチリです。 オプションでバーチ合板へアップグレードも可能です。 (ちょっと今日はコマーシャルっぽいですね。 ) パッシブネットワークはイスの下へ。 ハイブリッドなのであまりスペースはありません。 ツィーターはダッシュボードへ ツィーターマウントはたまたま余っていた他メーカーのの流用です。 同梱されていないので通常はとなります。 ナビゲーションはKENWOODですからタイムアライメントやレベルの調整ができます。 おかげでgood soundになりました。 ワイドレンジツィーターのおかげでドアスピーカーの音離れがすこぶるいいです。 ダッシュボード上に音が集まります。 ドアウーハーも良く鳴ります。 99セットのデッドニングでは抑えきれ無い程よく動いてます(笑)。 このBLUE MOON AUDIO情報量も多くウォームトーンでありながらドライな音で何とも言えない懐かしさがあります。 それもそのはず、このスピーカーのプロデュサーはNakamichi出身の方です。 そういえばNakamichiってこういう染入るような音だったなと昔を思い出しました。 そんなBLUE MOON AUDIO、これからもじわじわとファンを増やしていくこと間違いなしの確かなスピーカーです。

次の