ノン アルコール 除 菌 シート コロナ。 ノンアルコールの除菌グッズはアルコールタイプに勝るとも劣らない効果があった

雑菌シートですが コロナ対策として 携帯用に購入するにあたり、「ノンアルコー...

ノン アルコール 除 菌 シート コロナ

新型コロナウィルスの拡大が収まりません。 2月21日には、これまで比較的感染しにくいとされてきた子供への感染も認められ、社会的な不安は募るばかりです。 日本国内でも既にここまで広範に感染が拡大している以上、行政の対策だけでは不十分であり、私たち一人一人が正しい知識を基に出来る範囲の対策を講じていくことが必要です。 しかし、そんな状況の中、問題となっているのが『マスク・消毒液の品薄』です。 一人一人が対策を行わなければならないにも関わらず、そのための道具が店頭から姿を消しています。 この転売ヤー問題について、行政などによる早急な対策が求められますが、現実問題として品薄が続いている以上、イマ何が出来るのかを考えていく必要があります。 そんな中、新型コロナウィルスの対策グッズとして注目されつつあるのが『ウェットティッシュ』です。 確かに、手を拭いたり身の回りを清潔に保つ上でとても便利なグッズですし、アルコール成分を含む製品も多く販売されています。 果たして、ウェットティッシュがコロナウィルスに有効なのか?現時点での情報をまとめてみました。 新型コロナウィルス対策として効果が認められているもの ウィルスには、エンベロープ(封筒)と呼ばれる膜を持つもの(エンベロープウィルス)と、持たないもの(ノンエンベロープウィルス)の2種類があります。 このエンベロープウィルスには、代表的なものとしてインフルエンザウィルスやエイズウィルスが挙げられますが、『新型コロナウィルス』もエンベロープウィルスに属します。 そして、エンベロープウィルスの特徴として、アルコール消毒によって感染力を失う(不活化)ことが分かってるのです。 (アルコール成分がエンベロープを破壊し、ウェルスの持つ感染力を失わせる。 ) 同じような理由で『次亜塩素酸ナトリウム』も有効だとされています。 また、これまでの研究で、人体への消毒を行う場合には消毒用アルコール(70%)、物の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0. 1%)が有効であることが分かっています。 (もちろん、手洗い、うがい、咳エチケットについて、それ自体でウイルスの不活化はできませんが、体内への侵入を防ぐ感染防止や拡散防止のために必要不可欠です。 ) 詳細は国立感染症研究所のホームページをご覧ください。 ウェットティッシュは有効か? 先述の情報を基に『ウェットティッシュ』が新型コロナウィルスへの対策として有効かどうか見ていきましょう。 一般的にウェットティッシュと呼ばれる製品は、成分として以下のようなものを含んでいます。 ・主成分としての水 ・かびや細菌などの微生物の繁殖を抑える防腐剤 ・手あれ防止のための「湿潤剤・保湿剤」 ・油脂分を除去するためのアルコール・洗浄剤 これを見ればお分かりかと思いますが、基本的にウェットティッシュは湿らせて汚れを拭き取る目的に作られたものであり、見た目上キレイにはなってもウィルスに対する消毒効果はほとんどありません。 一部製品にアルコール成分を含んだものがありますが、これも含有割合としては低く、アルコール濃度は、20~40%が多いようです。 あくまで油分を受かせるための目的で、消毒効果は期待できません。 一方で、ウェットティッシュの中でも、『除菌』という言葉が書かれている製品もあります。 ではこういった『除菌ウェットティッシュ』には、新型コロナウィルスへの消毒効果があるのでしょうか? まずは除菌ウェットティッシの種類についてみていきます。 似たようなパッケージのものも多いですが、パッケージをよく見るとどこかに必ず『除菌』のタイプが書かれています。 主な分類としては『アルコールタイプ』と『ノンアルコールタイプ』です。 『アルコールタイプ』はその名の通り、アルコール(エタノール)を主成分として含有しており、『ノンアルコールタイプ』では「ベンザルコニウムクロリド」や「セチルピリジニウムクロリド」などの殺菌作用を持つ成分が多く使用されています。 いずれも除菌効果を謳った製品ですが、『ノンアルコールタイプ』については先述の通り、現状では新型コロナウィルスへの対策として有効かどうか実証されていません。 そのため、現時点では本当に除菌できているのかは分かりません。 一方で『アルコールタイプ』についてですが、実は「99. 9%の除菌効果」を謳っている高濃度のウェットティッシュでも含有成分をみると「50%未満」なのです。 これはペーパーを使っているという観点から、引火などに対しての危険性を配慮しているためです。 また、アルコールは揮発性を持ちますので、濃度が高くなるほど揮発性も高くなり乾きやすくなります。 そのため、使用する際にウェットティッシュとしての役割を果たすためにはアルコール濃度に限界があると考えられます。 つまり、『除菌』を謳っているアルコールタイプのウェットティッシュといえども、新型コロナウィルスへの消毒として有効とされる70%のアルコール濃度には届いていないのです。 しかし、効果がゼロか、と言えばそういう訳ではありません。 アルコール自体は含んでいますので、効果は薄まりはしますが、使用しないよりははるかに良いです。 ただ、それだけで万全に完全に消毒できているわけではありませんので、過信しないことが賢明です。 アルコール(エタノール)消毒液がどうしても手に入らない際の一時的な代替品としての使用をおススメします。 あなたが行っている対策は本当に有効なものでしょうか? 今一度振り返ってみて、正しい知識の基、有効な対策を選択出来るように心掛けてください。 (他にも新型コロナウィルス関連の記事を書いています。 お時間があればご一読ください。 ) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・•

次の

除菌マニアが教えるピアノ除菌のポイントと注意【コロナウィルス除菌対策】

ノン アルコール 除 菌 シート コロナ

新型コロナウイルス肺炎にアルコール エタノール 消毒は効果がない? テレビではアルコールが効果的と見たのですが、こんなツイートがありました。 医療現場において、ウイルスはアルコールでは消毒出来ないというのが通説です。 よくアルコールゲルなど一般商品で「ウイルスを除去」と記載されていますが、医療従事者はみな苦笑いしています。 新型コロナウイルスの正しい検証が成されていない今、「アルコールは無効」という判断が確実と言えます。 — はすみ としこ hasumi29430098 えっ?????? 効果ないの???? と見て、初めは思ったのですが、こちらの方に返信された方は真逆をいっています。 アルコールはコロナウイルスである限り有効です。 医療従事者はこれを見て苦笑いどころか激怒してます。 — t㍍㍍o㍍㍍y wyvern4034 調べている側からすると、「どっちなんだ??」と迷いますが、こちらの方のツイート返信や他の方を見ても、 「コロナウイルスにアルコール消毒は効果がある!!」 という方が多かったです。 なにやら、アルコールが効くウイルスと効かないウイルスがあるようですね。 この違いも調べてみました。 エンベロープウイルスとノンエンベロープウイルスの違い 私のような医療に携わったことのない人間には、全く初めて聞く用語でしたが、ウイルスの種類のことのようです。 エンベロープは脂質に作用するもので壊れやすく、エンベロープのあるウイルスはそれにより失活します。 エンベロープのあるウイルスは、アルコール消毒剤からダメージを受けやすいのに対し、エンベロープのないウイルス(ノンエンベロープウイルス)は、ダメージを受けにくく、アルコール消毒剤が一般的に効きにくい傾向にあります。 手を介して口から侵入し腸管に感染するウイルスは、胃酸や腸管の胆汁酸に抵抗できるエンベロープのないウイルスです。 次にどのウイルスが当てはまるのかも調べてみました。 コロナウイルス• インフルエンザ• ヘルペス• 風疹 など 【ノンエンベロープウイルス】• ノロウイルス• アデノウイルス• ロタ など となっていて、コロナウイルスはアルコールが効く「エンベロープウイルス」となっています。 ですので、コロナウイルスはアルコールに効果があるということになりますね! 新型コロナウイルスに効果があるアルコール度数は? 効果はあるということはわかりましたが、具体的にどんなアルコールを使えばいいのか調べてみました。 新型肺炎を起こすコロナウイルスですが、エンベロープと呼ばれる構造を持ったウイルスとなります。 この構造を持ったウイルスには70度以上の消毒用アルコール、或いは濃度0. 日々の手洗いうがいと併せて予防する手段となります! 参考までに。 エタノールは数あるアルコールの中でも安全性が高く、除菌効果も高いというのが理由です。 市販されているエタノールには• 無水エタノール• エタノール• 消毒用エタノール がありますが、除菌に向いているのは 「消毒用エタノール」です。 これ以上に濃度が高くなると、殺菌する前に蒸発しちゃうそうなんです。

次の

キレイキレイ 除菌ウェットシート(ノンアルコールタイプ / アルコールタイプ)|ハンドケア

ノン アルコール 除 菌 シート コロナ

平成28年9月20日~12月20日 3 テスト方法 一様に細菌の付着したテーブルをテスト対象商品にて拭き取り、拭き取り1回目、2回目、3回目で細菌の数がどのように変化するのかテストを行いました。 実際の生活環境に近い細菌を使用するため、使い古しのスポンジから細菌を得ました。 細菌の種類については特定していません。 拭き取りはテスト対象商品を三つ折りにして縦方向に1回、更に折面を変えて横方向に1回の合計2回行いました。 4 テスト結果• アルコールタイプ、ノンアルコールタイプのいずれの除菌ウエットティッシュも、1回の拭き取りだけで全ての細菌を除去することは困難でした。 除菌ウエットティッシュ(アルコールタイプ)が最も除菌効果がありましたが、除菌表示のないウエットティッシュや水道水を含ませたティッシュペーパーでも除菌をすることができました。 いずれのテスト対象商品も拭き取りの回数を重ねることで細菌数を減少させ、3回目の拭き取り後は大部分の細菌を除去することができました。 ウエットティッシュの拭き取り回数と除菌効果(白い点が菌) 5 考察• 細菌数を確実に減少させるためには2回、3回と繰り返し拭き取りを行うことが有効と考えられます。 テストの結果、除菌効果は除菌ウエットティッシュに含まれるアルコールなどの成分以外に、物理的な除去(拭き取り)が大きく関与している可能性が考えられます。 消費者へのアドバイス 1 除菌によって全ての種類の菌を除去できるわけではありません。 アンケートの結果、比較的多くの消費者が「除菌によって大部分の菌が取り除かれる」と考えていることが分かりました。 しかし、除菌ウエットティッシュの商品表示には「除菌によって全ての種類の菌を除去できるわけではありません」と書かれています。 除菌という言葉は消費者に広く浸透しています。 除菌の対象となる菌や効果については、国の意見を参考にした業界団体の自主基準が定められていますが、公的に定められたものはありません。 環境中には多種多様な菌が存在しており、除菌によって全ての種類の菌を除去できるわけではありません。 使用上の注意を確認し、商品の特徴を理解して使用しましょう。 2 1回の拭き取りで全ての菌を除去することは困難です。 こまめな清掃を心がけましょう。

次の